電気シェーバーのおすすめ人気ランキング10選!毎日大変な髭剃りを簡単に。

毎日の髭剃りには、時短になって肌にも優しい電気シェーバーがおすすめ。
とは言え、電気シェーバーは商品数も多く、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、おすすめの電気シェーバーランキングをご紹介します。
深剃りができるものやコスパがいいものなど、様々な視点からおすすめできる商品を選んだランキングになっているので、電気シェーバーを購入する際にはぜひお役立てください。

この記事の見どころ
  • 電気シェーバーの種類と選び方まとめ
  • おすすめの電気シェーバーランキング紹介
  • カミソリと電気シェーバーの違い解説

電気シェーバーとは?

電気シェーバーとは?

電気シェーバーとは、その名の通り電動式の髭剃りです。
様々なメーカーからたくさんのアイテムが販売されており、深剃りできるものや肌への優しさを重視したものなど、機能はいろいろです。

自分に合った電気シェーバーを探せるよう、選び方のポイントを解説していきます。

電気シェーバーの種類

電気シェーバーには、刃の動き方別に、往復式・回転式・ロータリー式の3種類があります。
これら3つの違いとおすすめの選び方について、詳しく解説いたします。

往復式

往復式

引用元:Amazon

往復式の電気シェーバーは、外刃が寝ている髭を拾って起こし、内部で左右に往復する内刃が髭を剃るという仕組みをとっています。
ハイグレードになるほど刃の数が増えていくのも特徴です。

「パナソニック」や「ブラウン」といったメーカーが採用しており、多くの往復式電気シェーバーを販売しています。

往復式のメリット・デメリット

メリット
  • 深剃りがしやすい
  • 時短になる
  • コスパが良いアイテムが多い
デメリット
  • 動作音が大きい
  • メンテナンスに手間がかかる
  • 深剃りできる分肌への負担が大きくなりやすい

回転式

回転式

引用元:Amazon

回転式の電気シェーバーは、円形の外刃のなかで内刃が回転して髭を剃る仕組みです。
見た目が回転式・ロータリー式とは大きく異なっています。

回転式を採用しているメーカーとして代表的なのは「フィリップス」などです。

回転式のメリット・デメリット

メリット
  • 動作音が静か
  • 肌に刃が当たりにくく肌に優しい
  • オイル差し不要でメンテナンスが楽
デメリット
  • 往復式に比べて深剃りには向かない
  • 比較的髭剃りに時間がかかる

ロータリー式

ロータリー式

引用元:Amazon

ロータリー式の電気シェーバーは、往復式と見た目が似ています。
違いは内部構造で、ロータリー式の刃は円筒形をしていて、外刃の内側で回転して髭を剃ります。

ロータリー式を採用しているメーカーとしては「日立」が有名です。

ロータリー式のメリット・デメリット

メリット
  • 内刃に当たる髭の範囲が広く、短時間で剃れる
  • 内刃と外刃の距離が近いため深剃りしやすい
デメリット
  • 肌への負担がかかりやすい
  • 洗浄などメンテナンスに手間がかかる

電気シェーバーの選び方

それでは、電気シェーバーの選び方について解説していきます。
重視するポイントにより選び方などが変わってきますので、どこに重点を置いた選び方をすれば良いのかを把握しておきましょう。

価格で選ぶ

お金で選ぶ

最も一般的な選び方は、価格・コスパで選ぶということです。
当然ですが、予算オーバーだとどんなに優れている商品でも購入することができませんし、できれば安くて使えるコスパのいい電気シェーバーを選びたいものですよね。

多くのメーカーでは、同じ方式でも刃の数や搭載機能などで差別化したグレードの違う商品を展開しています。
電気シェーバーをどの程度の予算で探したいのか、それはどの程度のグレードにあたるのかを把握しておきましょう。

持ち運びやすさで選ぶ

持ち運びやすさ

旅行や出張が多い方は、持ち運びのしやすさも選び方の基準となります。
持ち運びに便利なコンパクトモデルも各メーカーが展開していますので、電気シェーバーを持ち運ぶ機会があるかどうかも選び方の一つとして頭に入れておきましょう。

お手入れ方法で選ぶ

往復式・ロータリー式の電気シェーバーは、定期的にオイルを差してのメンテナンスが必要となります。
そういった手間を面倒に感じる場合は、回転式の電気シェーバーを選ぶと良いでしょう。

定期的な手入れの他にも、清潔に使い続けるためには、髭を剃った後は刃の洗浄が必要です。

メーカーによっては、内部に入りこんだ髭を振り落とす機能など、洗浄に便利な機能が付いている電気シェーバーもあります。
時短のために、お手入れが楽な機種を選ぶというのも選び方の一つです。

お風呂剃り・防水機能で選ぶ

お手入れ方法

引用元:Amazon

お風呂剃りや防水機能がついているかどうかも選び方の基準の一つです。

電気シェーバーには、防水機能がついているものとそうでないものがあります。
ほとんどの機種がヘッド部分は水洗い可能ですが、本体部分は水に濡れると壊れてしまう場合があります。

お風呂の中で髭を剃る習慣がある方は、防水機能が付いている電気シェーバーを優先的に探すのがおすすめです。

肌への影響で選ぶ

肌への影響

敏感肌の方の選び方としては、深剃り重視よりも肌に優しい機種を選ぶのがおすすめです。
先にもご紹介しましたが、往復式・ロータリー式の電気シェーバーは肌への負担が大きく、回転式は肌に優しいという傾向があります。

中には肌の保護機能が充実している機種もありますが、大まかな選び方の方針として覚えておくといいでしょう。

電気シェーバーのおすすめ人気ランキング10選

髭の生え方や肌質によって、電気シェーバーの選び方は異なります。

ここでは、おすすめの電気シェーバーをランキング形式でご紹介していきます。
大手通販サイトの売り上げランキングや口コミランキングの高いものなど、万人におすすめできる一般的な人気商品をランキング化しました。

第1位 パナソニック ラムダッシュ ES-ST2P-W

パナソニック電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:パナソニック
  • 価格:6,894円
  • 種類:往復式
  • 特徴:三枚刃、お風呂剃り可
電気シェーバーのおすすめランキング1位は、パナソニックの「ラムダッシュ」シリーズ、三枚刃の下位モデルのES-ST2P-Wです。
Amazonや価格.comの電気シェーバー売れ筋ランキングでも1位を獲得していて、他サイトのランキングでも上位常連の人気機種となっています。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

パナソニック ラムダッシュ ES-ST2P-Wを購入した人の口コミ

三枚刃で深剃りもでき、お風呂剃りも可能と、高機能なのに手頃な価格でコスパがいいところが人気を集めています。

利用者の声

「よく剃れて、必要十分。コスパもいい。音は甲高いが我慢できるレベルです」

利用者の声

「剃刀ほど深剃りできないが、1日1回剃れば十分。敏感肌だがヒリヒリしない」

利用者の声

「様々なランキングで上位なので買ってみた。口コミ通り満足な仕上がり」

第2位 ブラウン シリーズ3 3010s

ブラウン電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:ブラウン
  • 価格:4,979円
  • 種類:往復式
  • 特徴:三枚刃、お風呂剃り可

おすすめランキング2位は、ブラウンの三枚刃電気シェーバーシリーズS 3010sです。

こちらも口コミ評価が良く、ランキング上位に頻繁に登場する人気モデルです。
人気の理由はシンプルな機能性と価格の安さで、コスパが良いいう口コミが多くありました。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

ブラウン シリーズ3 3010sを購入した人の口コミ

利用者の声

「不足している機能がなく、安いのでコスパがいいと思う」

利用者の声

「余計な機能がない分価格が安くて、コンパクトなので旅行用にもいい」

利用者の声

「普通によく剃れる。水洗いして清潔に使えるのがいいですね。」

第3位 フィリップス 5000シリーズ S5050/05

フィリップス電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:フィリップス
  • 価格:4,950円
  • 種類:回転式
  • 特徴:27枚刃、お風呂剃り可
おすすめランキング3位はフィリップスの回転式電気シェーバーS5050/05です。
回転式としては安価で、コスパがいいところが人気を集めているモデルです。

深剃りはできませんが、肌が弱く他の電気シェーバーは使えないという人を中心に口コミ評価が高くなっています。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

フィリップス 5000シリーズ S5050/05を購入した人の口コミ

利用者の声

「肌が弱くて他の電気シェーバーは使えないが、これなら大丈夫」

利用者の声

「完全に剃るのは無理だがある程度は剃れる。回転式としてはコスパがいい」

利用者の声

「剃刀負けしやすい人におすすめ。肌が弱いが全くヒリヒリしない」

第4位 IZUMI S-DRIVE IZF-V537-S

イズミ電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:泉精器製作所
  • 価格:1,658円
  • 種類:往復式
  • 特徴:三枚刃、丸洗い可

おすすめランキング4位は、泉精器製作所のS-DRIVE IZF-V537-Sです。
有名メーカーではありませんが、Amazonの電気シェーバー売れ筋ランキングでも上位に入っている隠れた良品です。

機能面は有名メーカーにも全く劣らないという口コミが多く、コスパが良いと評価する声がたくさんありました。
メーカーにこだわらない選び方をする人や、コスパの良い電気シェーバーを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

IZUMI S-DRIVE IZF-V537-Sを購入した人の口コミ

利用者の声

「見た目はチープだが機能は十分。見た目を気にしない人におすすめ」

利用者の声

「深剃りはできないが、マイルドな剃り味で肌に優しい」

利用者の声

「某有名メーカーから乗り換えましたが、剃り味は変わらない。コスパがいい」

第5位 パナソニック ラムダッシュ ES-LV5C-R

パナソニック電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:パナソニック
  • 価格:18,570円
  • 種類:往復式
  • 特徴:五枚刃、パワーコントロール機能
おすすめランキング第5位は、ランキング1位にも選ばれている人気の「ラムダッシュ」シリーズの上位モデルです。
下位モデルに比べれば値段は高いですが、五枚刃で深剃りができ肌にも優しい、充電持ちもいいなど、値段に見合うだけの高性能が魅力です。
購入者の口コミ評価が非常に高く、本当の意味でコスパがいいと言える商品です。
長く愛用できる電気シェーバーを探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

パナソニック ラムダッシュ ES-LV5C-Rを購入した人の口コミ

利用者の声

「髭が濃いので、選び方も真剣になる。少し高かったが後悔はない」

利用者の声

「5枚刃なので素早く仕上がり、毎朝のストレスがなくなった」

利用者の声

「肌を傷つけず深剃りできる。値段に見合うだけの機能があり、本当の意味でコスパがいい」

第6位 ブラウン シリーズ9 9297cc

ブラウン電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:ブラウン
  • 価格:42,587円
  • 種類:往復式
  • 特徴:四枚刃 お風呂剃り可
おすすめランキング第6位は、ブラウンのハイエンドライン「シリーズ9」の9297ccです。
楽天市場の売り上げランキングでは1位になっている商品です。

電気シェーバーとしては高額ですが、見た目の高級感や深剃りもできる剃り味が魅力で、多くの人から高評価を得ています。
買うからには最高の電気シェーバーを選びたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

ブラウン シリーズ9 9297ccを購入した人の口コミ

利用者の声

「自動洗浄機能が便利。高級感があるのでプレゼントにもおすすめ」

利用者の声

「買うからにはシリーズ9と決めていた。コスパよりも自分が満足できるかです。」

利用者の声

「大変スムーズで音が小さく、深剃りもできる。買って満足」

第7位 ブラウン モバイル髭剃り M-90

ブラウン電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:ブラウン
  • 価格:2,031円
  • 種類:往復式
  • 特徴:一枚刃、丸洗い可
おすすめランキング第7位は、ブラウンの携帯用電気シェーバーM-90です。
11.8×5.8cmのコンパクトサイズな上、電池式で持ち運びに便利です。

一枚刃ですが深剃りできるという口コミが多く、購入した多くの人が満足している商品です。
価格も2,000円台でコスパが良いので、自宅用のとは別に一つ購入しておくのもおすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

ブラウン モバイル髭剃り M-90を購入した人の口コミ

利用者の声

「交換用の替え刃がないのが残念。刃がダメになったら捨てるしかない」

利用者の声

「T字剃刀と同じくらい深剃りできる。コスパも電池の持ちも良く満点」

利用者の声

「頰も首もさっぱりと深剃りできる。コンパクト電気シェーバーの最高傑作」

第8位 フィリップス 9000シリーズ S9511/12

フィリップス電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:フィリップス
  • 価格:16,000円
  • 種類:回転式
  • 特徴:72枚刃 お風呂剃り可
おすすめランキング第8位は、フィリップスの最高級ライン「9000シリーズ」のS9511/12です。
最高級ラインとはいえ価格は20,000円を切り、他の高級電気シェーバーに比べればコスパは良いです。

口コミでは肌が弱い人に特に好評で、肌が弱くても痛まないのに深剃りできると絶賛されていました。
肌が弱い方、肌に優しくて深剃りできる電気シェーバーをお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

フィリップス 9000シリーズ S9511/12を購入した人の口コミ

利用者の声

「回転式なのに深剃りできる。スピードも早くて過去ベスト。買う価値があった」

利用者の声

「とにかく痛くない。回転式なのに剃れてる感があっていい」

利用者の声

「刃が長持ちするので、安いものをすぐ買い換えるより結果的にコスパがいいと思います。」

第9位 SweetLF シェーバー

SweetLF電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:SweetLF
  • 価格:2,999円
  • 種類:回転式
  • 特徴:お風呂剃り可 全身使用可能
おすすめランキング第9位は、SweetLFのメンズシェーバーです。
有名メーカー製ではありませんが、安価な回転式電気シェーバーです。

口コミを見ると「パワーは弱めだがそれなりに使える」といったものが多いようです。
回転式のシェーバーとしてはかなり安いため、コスパのいい回転式電気シェーバーをお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

SweetLF シェーバーを購入した人の口コミ

利用者の声

「海外製なのであまり信用していなかったが、思ったより深剃りできる」

利用者の声

「少しパワーは弱いが値段なりだと思う。コスパ面では満足」

利用者の声

「問題なく、ストレスを感じず使えている。コスパがいい」

第10位 ブラウン シリーズ5 5040s-p

ブラウン電気シェーバー

商品概要
  • メーカー:ブラウン
  • 価格:9,050円
  • 種類:往復式
  • 特徴:三枚刃、丸洗い可
おすすめランキングランキング第10位は、ブラウンの中級ライン「シリーズ5」の5040s-pです。
有名メーカーの中級モデルということで、電気シェーバーを初めて買う人に選ばれることが多いようです。
値段も中程度で剃り味もそれなりに良いという口コミが多く、良くも悪くも値段に見合った商品と言えるでしょう。

飛び抜けた深剃りや肌への優しさ、コスパの良さはないかもしれませんが、全てにおいて平均的な定番電気シェーバーです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

ブラウン シリーズ5 5040s-pを購入した人の口コミ

利用者の声

「永遠の定番商品だと思う。替え刃がもう少し安ければ満点」

利用者の声

「有名商品だが、深剃りは他メーカーのものの方ができると思う。デザインは気に入っている」

利用者の声

「気負わず使いやすい価格と性能。コスパ面でもこれくらいがちょうどいい」

剃刀を使うべき?電気シェーバーを使うべき?

昔から剃刀で剃ることに慣れているため、電気シェーバーの購入を躊躇っている方も多いと思います。
ここでは、剃刀と電気シェーバーの違いや選び方について解説します。

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーのメリット

  • 肌に直接刃が触れないため、肌を傷つけにくい
  • 濡らさなくても剃れるので、気付いた時にいつでも髭を手入れできる
  • 刃の寿命が長く、短期間で買い換えが必要なカミソリよりコスパが良い

肌が弱い方や、時短やコスパを重視する人には電気シェーバーがおすすめです。

カミソリのメリット

カミソリのメリット

  • 肌に直接刃を当てて剃るので深剃りできる
  • 産毛などの細かな毛も剃れる
  • 電気シェーバーよりも安く買えるため、長持ちすればコスパが良い

カミソリは、深剃りにこだわりたい方や産毛も綺麗に剃りたい方、一時的な出費を抑えたいという方におすすめです。

まとめ

電気シェーバーは値段の幅が広く、メーカーごとの個性も豊かなので選び方が難しいアイテムです。

今回はおすすめ電気シェーバーランキングとして10点紹介いたしましたが、個人の肌質や髭の生え方、剃り心地やコスパなど、人によって選び方やおすすめ商品は違うため、このランキングは全ての方に当てはまるという訳ではありません。

自分に合った電気シェーバーを選べるよう、ぜひ今回ご紹介した選び方やおすすめ商品ランキングを参考にしてみてください。