20代メンズにおすすめのジャケットブランド15選|着こなし・コーデも解説!

ジャケットは、羽織るだけでコーデの印象が変わり、気分も引き締まるアイテムです。

とても目立って主役になりやすいアイテムだけに、いつも似たような着こなしになってしまう、と悩んでいるメンズも多いのではないでしょうか。

今回は、メンズにおすすめのジャケットの着こなしを、タイプ別に解説していきます。

この記事の見どころ
  • 20代メンズの着こなしポイントを解説
  • 20代メンズのジャケットのおすすめコーデを紹介
  • 20代メンズにおすすめのジャケットブランドを紹介

20代メンズのジャケット着こなしポイント

20代メンズ着こなし方

20代メンズのジャケット着こなしポイントは、着られている感が出ないように自分に合ったサイズのジャケットを購入することです。

ジャケットは、同じデザインでも肩幅や丈が自分に合っているかどうかで、コーデの印象が大きく変わってきます。ぶかぶかのジャケットはだらしないイメージになりますし、きつすぎるジャケットは太って見えたり着心地も悪いです。

基本的にジャケットは肩幅に合わせて購入し、着丈や袖丈を調節するようにしましょう。直しに出すほどの手間はかけなくても、腕まくりをしたりインナーとの丈のバランスを調節することでも対応できます。

ジャケットは必ず試着をして、肩幅が合っているかどうか、どんな服とコーディネートしたらバランスがいいかをよく考えて購入するようにしましょう。

20代メンズのジャケット別おすすめ着こなし

20代メンズにおすすめのジャケットの着こなしを、ジャケットの種類別に解説していきます。

テーラードジャケット

テーラードジャケットは、ウールやツイード、コットンなどの素材で仕立てられたスーツのジャケットに似た形のジャケットです。フォーマルなイメージも強いので、デートやオフィスカジュアルにも向いています。

コーディネート①

テーラードジャケット コーディネート

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム EDIFICE メランジジョーゼット2Bジャケット

テーラードジャケットは、シンプルなTシャツとパンツに合わせるだけでもフォーマル感が出ておしゃれに見える便利なアイテムです。

短めの丈のパンツでさりげなく足首を見せたり、腕より短いややショート丈のジャケットを選ぶことで、抜け感が出てよりおしゃれな着こなしになります。遊びのあるヘアスタイルでカジュアルさを足すのもポイントです。

コーディネート②

テーラードジャケット コーディネート②

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム ラディーニ テーラードジャケット

オールホワイトに、リネンのジャケットを合わせた夏におすすめのテーラードジャケットコーデです。

ベルトと靴に濃いめのブラウンを持ってくることで、淡色のコーデでもぼやけることのない着こなしです。

まだ残暑の残っている9月、10月の、徐々に秋冬のコーディネートにシフトしていきたい時期におすすめです。

コーディネート③

テーラードジャケットコーディネート③

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム MANUAL ALPHABET T ホップサック2Bジャケット

秋冬におすすめの、暖かみのある着こなしです。襟の詰まったシャツとローゲージのニットを合わせることで、ワークブーツやカーキパンツとのバランスが取れてカジュアルになりすぎることない着こなしになります。

普段はストリートファッションが好きな方でも真似しやすい綺麗目なコーディネートになっています。

ダウンジャケット

ダウンジャケットは、防寒性能が高く真冬でも着られるジャケットです。
薄手のものならフォーマルにも使え、厚手のものはワイルドでカジュアルな着こなしに向いています。

コーディネート①

ジャケット コーディネート①

出典:PInterest

商品詳細

・着用アイテム NEIGHBORHOOD ダウンジャケット

ボリュームのあるダウンジャケットを使ったカジュアルな着こなしです。

身長が低めの方でも、ダウンジャケットに着られている感を出さないためには、ボトムや靴にもボリュームを出してバランスを取るのがポイントです。中にたくさん着込めるので、真冬にもおすすめのコーディネートです。

コーディネート②

ダウンジャケット コーディネート②

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム BEAMS ダウンパーカー

ボリューミーなダウンジャケットにキャップ、リュックと、あえて上半身にポイントを集中させた着こなしです。

上半身にボリュームを出すと、視線が上にいって背が高く見えます。シンプルでスリムなパンツを合わせ、バランスを取っているのが野暮ったくならないポイントです。

キャップのロゴと靴下のホワイト、ライトグレーのスニーカーで全身がブラックで重くなりすぎないようバランスをとっています。

コーディネート③

ダウンジャケット コーディネート③

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム Magine ポケッタブルインナーダウンジャケット

カジュアルなイメージになりがちなダウンジャケットを、あえて綺麗目に着こなしています。

薄手でステッチが細かいダウンジャケットなら、シャツやワンウォッシュジーンズなどコンサバなアイテムにも馴染みやすいです。コンサバ派のメンズが真冬に防寒したいなら、こんな着こなしがおすすめです。

レザージャケット

レザージャケットは、ハードなイメージで着こなしのポイントになり、モード風にもカジュアルにも着られる便利なアイテムです。

コーディネート①

レザージャケット コーディネート①

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム ライダース(ブランド不明)

スタンダードなダブルのライダースを、Tシャツ、ブラックデニムとスニーカーに合わせた着こなしです。

ごくシンプルなコーディネートでも、レザージャケットを羽織るだけでお洒落な印象になります。レザージャケット自体がポイントになるアイテムなので、他の服は主張の少ないものを選ぶのがおすすめです。

コーディネート②

レザージャケット コーディネート②

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム ライダース(ブランド不明)

レザージャケットはハードなイメージになりがちですが、明るいブラウンのものを選べば軽やかな着こなしもできます。

こちらのようなシングルライダースなら、ライダース初心者でも取り入れやすいでしょう。バッグや靴を同じブラウン系統で揃え、全体の統一感を出しているのもポイントです。

コーディネート③

レザージャケット コーディネート③

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム LOUNGE LIZARD トラッカージャケット

光沢のないスエードのレザージャケットなら、キャップを合わせてストリート風な着こなしもできます。

ジャケットの中にパーカーを合わせれば、冬に近づいて寒くなる時期までレザージャケットを着回せます。明るいベージュのジャケットだけが浮かないよう、インナーと靴紐で白を取り入れているところもポイントです。

マウンテンジャケット

マウンテンジャケットは、防風素材で暖かなアウトドア用ジャケットです。
本格的なアウトドアブランドのものを選べば、真冬でも暖かに過ごすことができます。

コーディネート①

マウンテンジャケット コーディネート①

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム ザ・ノース・フェイス メンズゴアテックスマウンテンレインパーカー

シンプルで、誰でも真似しやすいマウンテンジャケットの着こなしです。

明るい色使いの商品も多いマウンテンジャケットですが、このくらいのカーキカラーが派手すぎず地味すぎないため使いやすいです。足元はタウンユースのスニーカーを合わせることで、アウトドア感が出過ぎないように工夫しています。

コーディネート②

マウンテンジャケット コーディネート②

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム マウンテンジャケット(ブランド不明)

鮮やかな赤いマウンテンジャケットを主役にした着こなしです。マウンテンパーカーはアウトドアアイテムということもあり派手な色のものも多いので、着こなしに色を取り入れてみたいメンズにもおすすめです。

他のアイテムを白〜ベージュ〜ブラウンというグラデーションで統一していることで、派手な色を取り入れてもごちゃごちゃしない着こなしとなっています。

コーディネート③

マウンテンジャケットコーディネート③

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム ザ・ノース・フェイスパープルレーベル マウンテンショートダウンパーカ

面積の広いマウンテンパーカーは、個性的なアイテムのまとめ役としても使えます。ボーダーシャツに迷彩柄のパンツ、赤いスニーカーとごちゃついてしまいそうなコーディネートを、シンプルなネイビーのマウンテンジャケットで締めた上級者向けの着こなしです。

デニムジャケット

デニムジャケットは、カラーとシルエットによって様々な雰囲気のものがあります。
自分のファッションの系統に合わせて、使い回しのしやすいものを選びましょう。

コーディネート①

デニムジャケット コーディネート①

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム LOUNGE LIZARD CHINTZ FINISH DENIM ブルゾン

デニムジャケットを綺麗目に着こなしたいメンズは、濃いめの色でコンパクトなデザインのものを選ぶのがおすすめです。

ボトムにもデニムを合わせるのは上級者向けなので、初心者は画像のようにスラックスなどを合わせましょう。シャツとスニーカーで適度に白を取り入れて、抜け感を出しているのもポイントです。

コーディネート②

デニムジャケット コーディネート②

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム STN Dオーバーサイズダメージデニムジャケット

明るい色や大きめなシルエットのデニムジャケットは、一気にカジュアルなイメージになります。

ボトムはタイトなものを選んで、メリハリをつけて着こなしましょう。スニーカーではなくレザーシューズを合わせると、カジュアルでもだらしない印象になりません。

コーディネート③

デニムジャケット コーディネート③

出典:Pinterest

商品詳細

・着用アイテム デニムジャケット(ブランド不明)

デニムジャケットは、実はインナーとしても使えるアイテムです。上からコートを羽織ればデニムシャツ風の着こなしもできます。コンパクトなデニムジャケットは下に着込むのが難しく、着られる季節が限られてしまうと考えているメンズに真似してほしいコーディネートです。

20代メンズのジャケット別おすすめブランド

20代のメンズにおすすめのジャケットブランドを、ジャケットのタイプ別にご紹介していきます。

テーラードジャケット

テーラードジャケットのメンズ向けおすすめブランドを3つご紹介します。

ローレンバイラルフローレン

ローレンバイラルフローレン テーラードジャケット

商品詳細
  • 商品名: 2ボタン ネイビーブレザー
  • 価格:31,300円
  • タイプ:テーラードジャケット

ベーシックな2ボタンのテーラードジャケットです。金ボタンがポイントになっていて、トラッドな雰囲気を出しています。オフィスカジュアルやデート、ちょっとしたパーティーなどにも使える、汎用性の高いジャケットです。

ローレンバイラルフローレンは、ラルフローレンのセカンドラインです。以前はレディースのみの展開でしたが、現在はメンズのアパレルも扱っています。

ラルフローレンの商品は高価で20代のメンズには手が出にくいので、セカンドライン等も上手に利用して上質なジャケットを手に入れるのがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ビームス

商品詳細
  • 商品名:ストレッチチノ 2Bジャケット
  • 価格:13,456円
  • タイプ:テーラードジャケット

テーラードジャケットを、カジュアルに着こなしたいメンズにおすすめの商品です。ストレッチの効いたチノ素材で、光沢を抑えた生地のため、カジュアルなコーディネートにそのまま羽織っても浮きません。ウエストが適度にシェイプされ、スタイルがよく見えるシルエットです。

ビームスは、20代のメンズにおすすめのセレクトショップです。元々は海外や国内ブランドのセレクトのみでスタートしましたが、現在はオリジナル商品も多数販売しています。

リアルな着こなしやトレンドに合わせた使いやすいアイテムが多く、適度にコスパよくおしゃれな服を手に入れたいときにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ディーゼル

ディーゼル テーラードジャケット

商品詳細
  • 商品名:スウェットファブリック テーラードジャケット
  • 価格:25,272円
  • タイプ:テーラードジャケット

カジュアル服にも合わせやすい、スウェット素材のテーラードジャケットです。ウール地のテーラードジャケットは、自宅で洗えず手入れが面倒だったり、かしこまりすぎている感じで苦手だというメンズも多いです。

そういったメンズには、このディーゼルのジャケットのようなカジュアルな素材のテーラードジャケットがおすすめです。

ディーゼルは、アメリカのファッションブランドです。都会的で洗練されたデザインのアイテムが多く、モデルなどセレブリティにも愛用者が多いです。

価格帯は少し高価ですが、ジャケットはコーデのポイントになるアイテムなので、少し背伸びしたブランドで購入してみるのがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ダウンジャケット

ダウンジャケットのメンズ向けおすすめブランドを3つご紹介します。

モンクレール

モンクレール ダウンジャケット

商品詳細
  • 商品名:モンジュネーヴル
  • 価格:198,000円
  • タイプ:ダウンジャケット

ウール地を外地に使用した、モンクレールの定番モデルです。20代のメンズにはかなりハードルの高い価格帯の商品ですが、定番商品だけに一度購入すれば長く愛用することができます。

暖かさや縫製の良さ、シルエットの格好よさは安価なダウンジャケットとは大違いなので、憧れているメンズも多いダウンジャケットです。

モンクレールは、フランスのファッションブランドです。「ダウンジャケットといえばモンクレール」というほど知名度も高く、日本でも多くのセレクトショップで扱われています。

並行輸入品なら正規店よりも安く購入できる場合もありますが、有名ブランドだけに偽物も多く出回っているので注意しましょう。

Amazonで詳細を見る

タトラス

タトラス ダウンジャケット

商品詳細
  • 商品名:ベルボ
  • 価格:83,240円
  • タイプ:ダウンジャケット

ベルボは、タトラスの中でもコンパクトで綺麗目な印象のモデルです。しっかり中綿が入っていて暖かいですが、身幅や袖は細身で軽快な着こなしができます。20代のメンズはもちろん、歳をとってもコーデ次第で着回しの幅が広い万能なダウンジャケットです。

タトラスは、イタリア・ポーランド・日本の3ヶ国が立ち上げに参加したコラボレーションブランドです。機能性とデザインのバランスが良く、都会的でスマートなシルエットながらしっかりと暖かいのが特徴です。日本ではビームス、ナノユニバースなどのセレクトショップで取り扱われています。

Amazonで詳細を見る

カナダグース

カナダグース

商品詳細
  • 商品名:ラッセルパーカー ショートレングスダウンジャケット
  • 価格:105,840円
  • タイプ:ダウンジャケット

ショート丈ながら抜群の保温性を持つダウンジャケットです。高めのスタンドカラーはデザイン性がいいだけではなく真冬の北風もしっかり防ぎます。

コヨーテのリアルファーを使ったフードのファーは、取り外し可能で様々な着こなしが可能です。

カナダグースは、南極探索隊やエベレスト登山隊なども愛用している、プロ御用達のダウンジャケットブランドです。

機能性はもちろんですがデザインの良さも注目されていて、ショートタイプのジャケットがタウンユースとして人気です。左袖の大きなワッペンがブランドの目印なので、一目見てカナダグースとわかるルックスも魅力的です。

Amazonで詳細を見る

レザージャケット

レザージャケットのメンズ向けおすすめブランドを3つご紹介します。

ショット

ショット レザージャケット

商品詳細
  • 商品名:パーフェクト ジャケット
  • 価格:89,900円
  • タイプ:レザージャケット

ショットのダブルブレストのライダースです。頑丈で柔らかなカウハイドレザーを使い、長すぎず短すぎない丈でどんな着こなしにも合わせやすいです。「パーフェクト ジャケット」という名前の通り、定番中の定番なレザージャケットと言えるでしょう。

ショットは、ニューヨーク生まれのブランドです。1928年に世界で初めてフロントジッパーのライダースジャケットを発表し、後のレザージャケットのデザインに大きな影響を与えました。バイカーにも愛用者が多い、本格派のメンズにおすすめのレザージャケットブランドです。

Amazonで詳細を見る

メゾンマルジェラ

メゾンマルジェラ レザージャケット

商品詳細
  • 商品名:レザージャケット
  • 価格:238,000円
  • タイプ:レザージャケット

モード系のファッションが好きなメンズにおすすめなのが、メゾンマルジェラのレザージャケットです。無駄を廃したシンプルなデザインなので、ダブルのライダースのようにハードな印象になりすぎません。ジェンダーレスなファッションなど、中性的なコーディネートにも合わせやすいです。

メゾンマルジェラは、フランスを拠点とするファッションブランドです。創設当時は「マルタン・マルジェラ」という名称でしたが、2015年以降は「メゾンマルジェラ」と改称しています。カレンダータグと呼ばれる独自のブランドタグが特徴です。

Amazonで詳細を見る

ビューティ&ユース

ビューティ&ユース

商品詳細
  • 商品名:シープレザーボンバージャケット
  • 価格:28,080円
  • タイプ:レザージャケット

価格を抑えてレザージャケットを購入したいなら、セレクトショップのオリジナル商品がおすすめです。本革かつトレンドのデザインで、購入しやすい価格の商品を見つけることができます。

こちらのシープレザーボンバージャケットは、柔らかく軽い羊革を使用していて、どんなファッションにも合わせやすいデザインとなっています。

ビューティ&ユースは、ユナイテッドアローズが展開しているオリジナルブランドです。精神的な美や普遍的な若さをコンセプトとしていて、日常に使いやすいファッションアイテムをカジュアルからオケージョンまで幅広く展開しています。

有名ブランドの別注アイテムなども取り扱っていて、20代メンズも購入しやすい価格帯が魅力的です。

Amazonで詳細を見る

マウンテンジャケット

マウンテンジャケットのメンズ向けおすすめブランドを3つご紹介します。

アークテリクス

アークテリクス マウンテンジャケット

商品詳細
  • 商品名:BETA SL JACKET
  • 価格:28,080円
  • タイプ:マウンテンジャケット

表地にゴアテックスを使用し、耐水耐久性、防風性に優れたマウンテンジャケットです。立体的な縫製で体に沿うような作りになっていて、ゆとりがあってももたつかず動きやすいシルエットが特徴です。タウンユースだけではなく、登山などアウトドアシーンにもおすすめです。

アークテリクスは、ゴアテックス素材のジャケットやコートを中心に展開しているアウトドアブランドです。過酷な環境でも耐えられる防水性・防寒性に優れたアウターは、機能性に基づいた無駄のないデザインが魅力的です。始祖鳥の化石がモチーフになったブランドロゴが目印です。

Amazonで詳細を見る

ザ・ノース・フェイス

ノースフェイス マウンテンジャケット

商品詳細
  • 商品名:マウンテンライトジャケット
  • 価格:33,951円
  • タイプ:マウンテンジャケット

ゴアテックスが2層構造になった防水シェルジャケットです。肩部分に切り替えが入ったザ・ノース・フェイスの定番デザインで、ブラック以外のカラーは二色使いの個性的なカラーリングとなっています。デザイン性・機能性共に高い定番マウンテンジャケットです。

ザ・ノース・フェイスは、1968年にアメリカのカリフォルニア州で創業しました。アウトドアウエアだけではなく、寝袋やテント、バックパックなど、アウトドアをサポートする製品を幅広く取り扱っている有名ブランドです。

Amazonで詳細を見る

マムート

マムート マウンテンジャケット

商品詳細
  • 商品名:マウンテンタフジャケット
  • 価格:15,500円
  • タイプ:マウンテンジャケット

短めの丈で、毎日の着こなしに取り入れやすいマウンテンジャケットです。他のアウトドアブランドのマウンテンジャケットに比べて細身でごわつかず、カジュアルになりすぎずに着ることができます。

マムートは、1862年にスイスでロープメーカーとして創業したブランドです。長年にわたり登山用品を幅広く手がけていて、マウンテンジャケット以外にもバックパックなども人気を集めています。マンモスが描かれたロゴのワッペンが目印です。

Amazonで詳細を見る

デニムジャケット

デニムジャケットのメンズ向けおすすめブランドを3つご紹介します。

リー

リー マウンテンジャケット

商品詳細
  • 商品名:#220デニムジャケット
  • 価格:12,720円
  • タイプ:デニムジャケット

プレーンでコンパクトなシルエットに、前面のジグザグステッチがアクセントになったデニムジャケットです。素材にスパンデックスが入っているため、ストレッチが効いていて中に着込んでも窮屈にならず着ることができます。

リーは、アメリカのデニムブランドです。ジェームス・ディーンが私生活で愛用していたことでも知られていて、王道の定番ブランドと言えるでしょう。他のファッションブランドやセレクトショップとのコラボにも積極的で、ほぼ毎シーズンコラボ商品が発売されています。

Amazonで詳細を見る

リーバイス

リーバイス デニムジャケット

商品詳細
  • 商品名:トラッカー ジャケット
  • 価格:7,560円
  • タイプ:デニムジャケット

1962年に発売された当時から、ほぼデザインの変わっていないオリジナルのデニムジャケットです。

クラシックな定番アイテムなので、服装の系統を問わず使いやすいのが特徴です。リーバイスのデニムジャケットは他のブランドに比べて作りが小さめなので、1サイズ大き目を選ぶのがおすすめです。

リーバイスは、1853年にリーバイ・ストラウス&カンパニーとして創設されました。アメリカの開拓時代を支えたジーンズは、現在もカジュアルファッションの定番アイテムとして多くのファンに愛されています。

Amazonで詳細を見る

エドウィン

エドウィン デニムジャケット

商品詳細
  • 商品名:BASIC Gジャン
  • 価格:8,208円
  • タイプ:デニムジャケット

エドウィンのデニムジャケットは、リーやリーバイスなど他ブランドに比べて作りが大きめです。アメカジ系やストリート系などワイルドでカジュアルなファッションが好みの方や、中にたくさん着込んで真冬までデニムジャケットを着たい方におすすめです。

エドウィンは、1961年に創業した日本のデニムブランドです。ブランド名の由来は「江戸」が「勝つ(WIN)」という意味だと言われています。全体的に大きめの作りの商品が多く、大柄なメンズカジュアルファッションが好きなメンズにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

まとめ

まとめ

メンズのおすすめジャケットコーデとジャケットブランドをご紹介してきましたが、いかがでしたか。ジャケットは、一枚羽織るだけでコーディネートの雰囲気がガラッと変わり、着こなしの幅も一気に広がります。

お気に入りのジャケットを新調して、さらに秋冬のお洒落を楽しめるようになるといいですね。