メンズマフラーおすすめ人気ブランド15選|冬を着飾る必須アイテム&人気コーデ

マフラーにこだわりを持って選んでいますか?上質な素材を使ったブランド物のマフラーを一つ持っていれば、コーディネートを格上げできますし暖かさも段違いです。

今回は、20代〜30代のおしゃれなメンズにおすすめのメンズマフラーブランドや、メンズマフラーの選び方を解説していきます。20代〜30代メンズのタイプ別にプレゼントにおすすめのブランドもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の見どころ
  • マフラーの選び方を解説
  • メンズにおすすめのマフラーブランド15選
  • マフラーのおすすめコーディネート10選

毎日使うマフラーだから、こだわりを持とう

毎日使うマフラーだからこだわりを持とう

マフラーは、冬のコーディネートのポイントになる大事なアイテムです。冬は毎日同じアウターを着がちになってしまうので、マフラーを何種類か持っているだけでもコーディネート全体の印象を変えることができます。

また、こだわりを持った上質な素材のマフラーを選べば、真冬の寒さに負けることがありません。

首元を温めるだけでも、体感温度はずいぶん違うものです。マフラーにこだわるメンズにおすすめのブランドや選び方を、下の項目で解説していきます。

メンズのマフラーの選び方

メンズのマフラーの選び方を、様々な観点からご紹介していきます。

素材にこだわって選ぶ

マフラーの肌触りや暖かさは、素材が左右します。メンズのマフラーにおすすめの素材について、解説していきます。

お手頃なウール素材

お手頃なウール素材

羊の毛を織って作ったウール素材のマフラーは、手頃な価格で購入できるのが魅力です。保温性もある程度高いですし、種類も多く様々なデザインから選ぶことができます。

ただし、粗悪なものは肌触りが悪くチクチクしてしまうこともあります。

上質なカシミア

上質なカシミア

カシミアは、カシミア山羊の毛を織って作る素材です。繊維が非常に細いためとても肌触りがよく上品な光沢感があるのが特徴です。

軽く、とても暖かい上質なマフラー素材ですが、どうしても値段が高いというデメリットもあります。

自分ではなかなか購入しずらい価格帯のものも多いので、プレゼントにもおすすめです。

なめらかな素材のモヘア

なめらかなモヘア

モヘアは、アンゴラ山羊の毛から作られます。アンゴラ山羊の毛は表面のキューティクルに凹凸が少ないので、見た目が滑らかで光沢感があるという特徴があります。

保温性はウールの2倍以上と言われていて、通気性もいいので蒸れにくいのもポイントです。同じ山羊毛の素材でも、カシミアより安価に購入することができます。

保温性に優れたアンゴラ

アンゴラ

アンゴラは、アンゴラウサギの毛で作ります。とても柔らかい素材のため、ウールやシルクと一緒に織ることが多いです。

保温性が非常に高く、少しの水なら弾きます。肌触りが非常によく、チクチクしにくいのも魅力です。

ただし、繊維が非常に軽いため、織った後も毛が抜けやすいというデメリットがあります。

こだわりのカラーで選ぶ

メンズがマフラーの色を選ぶときには、2種類の方法があります。

①コーディネートに馴染むベーシックカラーを選ぶ

コーディネートで選ぶ

ネイビーやグレーなどベーシックカラーのマフラーはどんな服にも合いやすく、毎日愛用しやすいです。

ただし、毎日のコーディネートが単調に見え、特別おしゃれという印象にはならないかもしれません。

シンプルなコーディネートが好みの方や、あえて主張をしすぎないマフラーを選びたい方におすすめです。

②コーディネートのポイントになるアクセントカラーや柄物を選ぶ

アクセントとなる色で選ぶ

冬場はどうしても、ダークカラーのアウターでコーディネートが暗い色ばかりになりがちです。

 

面積が小さいマフラーで華やかな色を取り入れると、コーディネート全体のポイントになっておしゃれな印象になります。

様々な色が入ったチェック柄は、他のアイテムとカラーリンクさせやすいのでおすすめです。

プレゼントにする場合は、敢えて本人は選ばなさそうなカラーを選んでみるのも良いでしょう。

デザイン重視で選ぶ

デザインで選ぶ

マフラーは、毎日身に付けるものなので、自分が気にいるデザインのものを購入するのが一番です。

同じ色・素材でも、編み方や織り方によって立体感や光沢の出方が変わってきます。

また、ブランドごとにこだわりの柄やデザインが施されたマフラーも多くあります。

できれば実際に試着してみて、自分の顔が映えておしゃれに見えるマフラーを購入しましょう。

シーンに合わせて選ぶ

マフラーも、TPOを守って着用するのが大切です。たとえば会社にマフラーを巻いていく場合、あまり派手な色柄物やニット素材のマフラーは適していません。

ビジネスシーンでは、スーツと同じ黒・ネイビー・グレーなどのカラーで、抜け毛がコートやスーツにつきにくい織地のマフラーを選ぶべきです。

また、逆に私服の時は、スーツのときに使うのと同じマフラーでは面白みがなく、堅苦しくなりすぎてしまう場合があります。

私服用にはポイントになるカラーやデザインの、カジュアル感のあるマフラーを持っているといいでしょう。

プレゼントにする場合は、本人がまだ持っていないタイプのマフラーを選ぶのがおすすめです。

メンズに人気のマフラーのおすすめブランド15選

20代〜30代のメンズに人気のおすすめマフラーブランドを15個ご紹介していきます。

ポロ ラルフローレン

メンズ リバーシブルマフラー

商品概要
  • 商品名:メンズ リバーシブルマフラー
  • 価格:5,980円
  • 素材:ウール
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:11種類

ラルフローレンのシンボルであるポニー刺繍が入り、表裏がリバーシブルで使えるマフラーです。

チェック柄の面と無地の面があるので、巻き方によってコーディネートの印象を変えることができます

ポロ ラルフローレンは、アメリカの歴史あるトラッドファッションブランド「ラルフローレン」のセカンドラインです。

ラルフローレンに比べて安価で、デザインも20代〜30代メンズむけのおしゃれなものが多くなっています。

ブランドのシンボルであるポニーの刺繍は誰でも知っているアイコンなので、誰にでも一目でしっかりしたブランド物とわかる点も魅力です。

好き嫌いの少ない定番ブランドなので、プレゼントにもおすすめです。

Amazonで詳細を見る

バーバリー

マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:46,800円
  • 素材:カシミア
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:ホワイト

バーバリーのシンボルである大胆なチェック柄のマフラーです。生成りのようなホワイトなので、20代〜30代の大人の男性が着けてもコーディネートから浮きすぎることがありません。

上質なカシミアを使用し、肌触りがよく暖かなマフラーです。

バーバリーは、イギリス生まれの高級ブランドです。「バーバリーチェック」と呼ばれるチェック柄が有名で、様々なカラーのチェック柄のマフラーを販売しています。

20代〜30代のメンズにはハードルの高い価格帯ではありますが、憧れる人も多いためプレゼントにもおすすめです。

並行輸入品は安く購入できることもありますが、人気ブランドのためコピー商品も多いので注意しましょう。

Amazonで詳細を見る

グッチ

マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:36,900円
  • 素材:ウール
  • 種類:ニットマフラー
  • カラー:ライトブラウン

グッチのシグネチャーが総柄になった圧縮ニットのマフラーです。総柄ですがカラーがさりげないので、高級ブランドのロゴでも嫌味になりすぎません。

両端に入ったグッチのシンボルであるグリーン&レッドのリボンがコーディネートのポイントになります。

グッチは、イタリア生まれの高級ファッションブランドです。以前は対象年齢層が高めのイメージもありましたが、近年は大胆な若者向けのデザインも多く発表していて20代〜30代のメンズに人気があります。

高級ブランドですが、マフラーなどの小物は比較的安価に購入することができます。ステータスにもなる有名ブランドなので、プレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ポールスミス

マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:6,980円
  • 素材:ウール
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:マルチカラー

ポールスミスのアイコンであるマルチカラーのストライプ柄マフラーです。暗めのグリーンやグレーがベースになっているので、マルチカラーでも派手になりすぎず意外にスーツにも馴染みます

コーディネートに色を取り入れたいおしゃれなメンズにおすすめのマフラーです。

1970年代にイギリスで生まれたポールスミスは、スーツや革小物が20代〜30代メンズに人気のブランドです。

マルチカラーのストライプがブランドアイコンで、服の裏地や小物にポイントとして使われています。

色を取り入れた遊び心のあるデザインが多いため、おしゃれなメンズへのプレゼントとしておすすめのブランドです。

Amazonで詳細を見る

ヒューゴボス

メンズマフラー ネイビー&ブルー

商品概要
  • 商品名:メンズマフラー ネイビー&ブルー
  • 価格:9,504円
  • 素材:ウール
  • 種類:ニットマフラー
  • カラー:ネイビー&ブルー

圧縮ニットを使い、タオル地のような肌触りが特徴のマフラーです。ウール素材ですが、しっかりと圧縮処理されているのでチクチクしません。スーツにも取り入れやすい、程よいネイビーカラーが魅力の商品です。

ヒューゴボスは、ドイツの紳士服ブランドです。特にスーツが世界的に評価されていて、ビジネスマンの憧れとも言えるブランドになっています。

ブラックやネイビーなど、ダークカラーを中心とした男性らしいデザインの商品が多いです。

小物類もスーツスタイルに取り入れやすいデザインのものが多いので、仕事を頑張る男性へのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

カルバンクライン

マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:7,200円
  • 素材:ニットマフラー
  • 種類:アクリル
  • カラー:ブラック

軽さが特徴のアクリル素材のマフラーです。モノトーンのストライプ柄なので、どんなコーディネートにも馴染みます。

年代を問わず愛用できるおしゃれなデザインなので、20代〜30代のうちから1つ持っておくと重宝するでしょう。

カルバンクラインは、1968年にニューヨークで生まれたブランドです。特に働く男女に人気があり、20代〜30代から支持を集めています。

モノトーンを中心とした都会的でシンプルなデザインが多く、洗練された印象のアイテムが多くなっています。

モノトーンやシンプルなファッションが好きなメンズへのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ラコステ

ラコステ カシミヤマフラー

商品概要
  • 商品名:カシミヤマフラー
  • 価格:14,040円
  • 素材:カシミア
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:4種類

上質なカシミアを用いたプレーンなマフラーです。使いやすい4色展開なので、スーツにも私服にも使い勝手がいいデザインとなっています。端にさりげなくつけられたブランドアイコンのワニもポイントです。

ラコステは、1933年にフランスで生まれたブランドです。ワニのアイコンが有名で、誰でも一目で「ラコステ」とわかるモチーフとなっています。

スポーティーで軽やかなデザインのものが多く、アクティブな20代〜30代の男女に人気です。スポーティーなファッションが好きなメンズへのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

エンポリオ・アルマーニ

マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:9,500円
  • 素材:ポリエステル、ビスコース
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:グレー

ブランドロゴであるイーグルのマークがポイントになったシンプルなマフラーです。

軽いポリエステルにしなやかでシルクのような質感のビスコースを混ぜ、肌触りがよく扱いやすい素材になっています。

エンポリオ・アルマーニは、イタリアの高級ブランド「ジョルジオ・アルマーニ」のセカンドラインです。

質な素材と洗練されたデザインですが、手の届きやすい価格が魅力です。アルマーニの世界観を生かしながら、20代〜30代のメンズに馴染む若々しいデザインのアイテムが多いです。

エレガントなデザインが好みの、大人っぽいメンズへのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

モンクレール

モンクレール メンズマフラー

商品概要
  • 商品名:メンズマフラー
  • 価格:20,800円
  • 素材:ウール
  • 種類:ニットマフラー
  • カラー:ブラック

シンプルなブラックですが、立体感のある編み地がコーディネートのポイントになるおしゃれなマフラーです。

空気を含みながらふんわりと編まれているので保温性が抜群で、真冬でも暖かく過ごすことができます。

フランスで創業したモンクレールは、もともと登山用のウエアやグッズを販売するアウトドアブランドでした。

過酷な環境での登山にも耐えられる高機能なアイテムが支持を集め、特にダウンジャケットが20代〜30代メンズの間で不動の人気となっています。

おしゃれだけではなく機能性も重視するメンズへのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ジョンストンズ

ジョンストンズ カシミヤマフラー

商品概要
  • 商品名:カシミヤマフラー
  • 価格:10,790円
  • 素材:カシミア
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:12種類

カラフルなカラーを細かく織り上げたカシミアマフラーです。様々なカラーリングがあるので、好みやコーディネートにあわせて選ぶことができます。

カシミア100%のマフラーとしては安価な価格も魅力的です。

ジョンストンズは、スコットランド最古の生地メーカーです。英国王室が認定するロイヤルワラントも獲得していて、歴史と信頼のある上質な商品を販売しているブランドです。

ジョンストンズはエルメスなど高級ブランドのカシミア製品も製造していて、最高品質を安価に購入できるのも魅力です。

品質にこだわりがある、本物志向のおしゃれなメンズへのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ペンドルトン

マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:12,420円
  • 素材:ウール
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:マルチ

ネイティブ柄が織り込まれた個性的なマフラーです。インパクトがある柄なので、コーディネートのポイントになります。

アメカジファッションやエスニックファッションが好きなメンズへのプレゼントとしてもおすすめです。

ペンドルトンは、150年以上の歴史があるアメリカのウールブランドです。上質なウールを用いた手触りがよく保温性の高いウールは、20代〜30代メンズを始めとして幅広い層に支持されています。

マフラーの他には、ウールのブランケットやシャツが人気です。マフラーは個性的な柄物が多く、人とかぶりたくない個性的なメンズへのプレゼントにぴったりのブランドです。

Amazonで詳細を見る

ヴィヴィアンウエストウッド

ヴィヴィアンウエストウッド マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:11,900円
  • 素材:ウール
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:ブラウン系

ブルーのチェック柄の上に、スプレーで落書きされたようなデザインがヴィヴィアンウエストウッドらしい、おしゃれなマフラーです。モード系やパンク系の個性的なファッションのポイントとしておすすめです。

ヴィヴィアンウエストウッドは、ロンドン生まれの個性的なブランドです。パンクファッションに大きな影響を与えていて、イギリスらしいチェック柄を取り入れたアイテムも多いです。

熱狂的なファンが多いブランドでもあるので、比較的手頃な価格で買えるマフラーはヴィヴィアンウエストウッドが好きなメンズへのプレゼントにぴったりです。

Amazonで詳細を見る

ヒルトップ

ヒルトップ FAH アンゴラ混ウールマフラー

商品概要
  • 商品名:FAH アンゴラ混ウールマフラー
  • 価格:7,980円
  • 素材:ウール、アンゴラ
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:4種類

柔らかなアンゴラをウールに混ぜて織り込んだ、手触りのいいマフラーです。アンゴラの細かな繊維が表に出ることで、独特の優しい風合いに仕上がっています。

幅が広めなので巻くとボリュームが出て、暖かく真冬の寒さにも負けないマフラーとなっっています。

ヒルトップは、世界的に有名なイギリスのウールブランドです。ウールだけではなくアンゴラを用いた製品にも定評があり、20代〜30代メンズだけではなく幅広い層から支持されています。

暖かさと肌触りの良さにこだわったヒルトップのマフラーは、上質さを求める本物志向のメンズへのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ロロピアーナ

ロロピアーナ マフラー

商品概要
  • 商品名:ドット柄フリンジマフラー
  • 価格:84,930円
  • 素材:カシミア
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:グレー

上質なカシミアを100%使用した、最高級のマフラーです。大人しくなりがちなグレーのカラーですが、ドットで遊び心を取り入れたデザインです。

表面と裏面のドットの色が違うので、気分やコーディネートによって巻き方を変えてさりげないおしゃれが楽しめます。

ロロピアーナは、上質なマフラーといえば必ず名前の上がるブランドです。最高級のカシミアを使用した品質の良いマフラーが多く、男女ともに富裕層を中心に支持を集めています。

デザインは穏やかな色使いで、優しげなイメージの商品が多くなっています。20代〜30代メンズにはかなりハードルの高い価格帯なので、特別な人へのプレゼントにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

ヴェルサーチ

ヴェルサーチ マフラー

商品概要
  • 商品名:マフラー
  • 価格:9,500円
  • 素材:ウール
  • 種類:フリンジマフラー
  • カラー:ブラック

メデューサ」と呼ばれるヴェルサーチの特徴的なロゴがさりげなく入ったマフラーです。

ブラックをベースにごく暗いグレーで柄が入っているので、総柄でも主張しすぎずおしゃれです。

短めで巻いた時のボリュームを抑えられるのもポイントです。

ヴェルサーチは、1978年にイタリアで創業したブランドです。マドンナを始め、世界中のセレブリティに愛用者が多いラグジュアリーブランドです。

デザインは挑発的でセクシーなものが多く、エレガントな大人の男性からの支持を集めています。20代〜30代のメンズにも憧れている人は多いので、プレゼントとしてもおすすめです。

Amazonで詳細を見る

メンズにおすすめしたいマフラーコーデ特集

コーディネート①

コーデ①

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:20代メンズにおすすめのカジュアルモノトーンコーデ
  • コーデのポイント:全身のアイテムをモノトーンに統一

全身をモノトーンで合わせ、統一感を出したコーディネートです。ボリュームのあるマフラーなど個性的なアイテムも、全体のカラーのバランスを見て合わせれば失敗しにくいです。

マフラーにボリュームがある分、ボトムはスキニーデニムでボリュームを落としたのもポイントです。

コーディネート②

マフラー コーディネート②

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:30代メンズ におすすめのマフラーが主役のスーツコーデ
  • コーデのポイント:モノトーンスーツのアクセントにチェック柄マフラーを
  • 使用ブランド:バーバリー

シンプルなスーツスタイルに、大きなチェック柄のマフラーを巻いてアクセントにしたコーディネートです。

インパクトのあるマフラーをいつものスーツにプラスするだけで良いので、誰でも簡単に真似できます。

さりげなくドット柄のネクタイを取り入れ、遊び心を見せているのもポイントです。

コーディネート③

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:キャメルカラーがポイントのおしゃれなコーディネート
  • コーデのポイント:コートとマフラーの色を統一して個性的な印象に
  • 使用ブランド:SNUG

大判でボリュームのあるニットマフラーを、敢えてコートのカラーと合わせたおしゃれなコーディネートです。

コートとマフラーの色を合わせることで、一体感が出てモードな印象になります。
その他のアイテムを黒で統一したのも、コートとマフラーにインパクトを持たせるためのテクニックです。

敢えて首回りに巻かず、肩にかけるように着けるのもおしゃれに見せるポイントです。

コーディネート④

マフラー おすすめコーディネート③

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:ブルーがポイントの30代メンズにおすすめカラーコーデ
  • コーデのポイント:鮮やかなブルーのマフラーをコーデのアクセントに

鮮やかなブルーのマフラーを主役にしたコーディネートです。色をコーディネートに取り入れる時は、シャツやコートの柄など細かな部分とカラーリンクをさせるのがおすすめです。

コーディネート全体に統一感を出すことで、30代以降の大人のメンズでも無理なく色を取り入れたおしゃれができます。

コーディネート⑤

マフラーのおすすめコーディネート⑤

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:ネイティブ柄のマフラーが主役のコーデ
  • コーデのポイント:個性的な柄物マフラーでインパクトのあるコーディネートを作る

ダウンジャケットとウールパンツというシンプルなコーディネートに、柄物のマフラーをポイントにしています。

個性的な柄物マフラーは、一つ持っているだけでアクセントになるのでおすすめです。

オレンジ色のブーツをマフラーの柄の一部とカラーリンクさせ、さりげなく統一感を出したのもポイントです。

20代〜30代メンズに真似してほしいカジュアルコーディネートです。

コーディネート⑥

マフラーのおすすめコーディネート⑥

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:ケーブルニット同士を合わせたインパクトコーデ
  • コーデのポイント:セーターと同素材のマフラーで暖かみのあるコーディネート

ケーブル編みのセーターと全く同素材・同色のマフラーを合わせたことで、コーデ全体にインパクトを出しています。

微妙に違う色や素材を合わせると逆にちぐはぐになってしまうので、思い切って同色を合わせるのがポイントです。

ボリュームのあるニット・マフラーとハットで上半身に視線を集中させることで、背が高く見える効果もあります。

背の低さがコンプレックスのメンズにおすすめのおしゃれなコーディネートです。

コーディネート⑦

マフラーのおすすめコーディネート⑦

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:柄マフラーを取り入れたスーツコーデ
  • コーデのポイント:ドット柄のマフラーをジャケットインして柄で遊ぶ
  • 使用ブランド:ロロピアーナ

可愛らしい細かなドット柄のマフラーをジャケットの内側に入れ、程よく柄を取り入れるコーディネートです。

柄物のマフラーはアウターの外に巻くとインパクトが出過ぎてしまう場合もあるので、ジャケットの内側に入れてバランスを取るのもおすすめです。

手袋とネクタイで赤みのある茶色を取り入れ、色味が地味過ぎないように調節しているのもポイントです。

20代〜30代メンズから大人世代まで、誰でも取り入れられるテクニックとなっています。

コーディネート⑧

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:ライダースをカジュアルダウンするニットマフラーコーデ
  • コーデのポイント:ハードなライダースにはカジュアルなニットマフラーを合わせる

ハードなイメージがあるライダースは、ニットマフラーやチェックシャツなどカジュアルなアイテムを合わせることで印象を和らげることができます。

柔らかいリブ編みのニットマフラーは、優しげで暖かみのあるイメージなのでカジュアルファッションが好きなメンズにおすすめです。

ニット帽と色味を統一することで、ちぐはぐにならず統一感のあるコーディネートになります。

コーディネート⑨

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:コートとマフラーでグラデーションを作った上品コーデ
  • コーデのポイント:アウターと同系色のマフラーは立体感のある編み地を選ぶ

コートとマフラーを同系色の濃淡で合わせることで、統一感を出しつつ派手すぎない上品なコーデができます。

ただしコートと色が似ているプレーンなマフラーを選ぶと地味になりすぎてしまうので、マフラーは素材感が出やすい立体感のある編み地のものを選びます。

個性的な編み柄でも、色が統一されているのでインパクトが強くなりすぎず程よいおしゃれが楽しめます。

コーディネート⑩

マフラーのおすすめコーディネート10

出典:Pinterest

CHECK!
  • コーデ名:マフラーをコンパクトに巻いたMA-1コーディネート
  • コーデのポイント:ボリュームのあるアウターにはコンパクトに巻いたマフラーを合わせる

MA-1などボリュームのあるアウターを着る場合には、マフラーは垂らさずコンパクトに巻いて結ぶのがおすすめです。

首元の防寒にもなりますし、よりカジュアルでアクティブな印象にすることができます。ニット帽やパンツも細身のものにして、全身のボリュームにメリハリをつけましょう。

コーディネート全体のカラーを2〜3色にまとめるのも、落ち着いた大人のおしゃれのポイントです。

まとめ

マフラー まとめ

いかがでしたでしょうか。マフラーは、冬のコーディネートのポイントとなる重要アイテムです。

今回ご紹介した素材の選び方やおすすめブランドを参考に、自分にあったマフラーを見つけて冬のおしゃれを楽しんでみてください。