クレアチンのおすすめ人気ランキング10選!他のサプリとの違いは?

サプリ

いま世間で注目度の高いクレアチンについて解説をします。ドラッグストアなどへ行けば、海外・国内様々なサプリメントを購入することができますが、果たして海外・国内、どちらを購入すればいいのでしょうか?

そもそもクレアチンは他のサプリメントと比較してどのような違いがあるのかお話しします。

海外?国内?みなさんにとっておすすめのクレアチンサプリメントはこれです。是非参考にしてください。

この記事の見どころ
  • 筋トレしてる方必見!クレアチンの必要性とは?
  • クレアチンおすすめサプリメント10選をご紹介
  • クレアチンローディングって何?

クレアチンとは?

おすすめのクレアチンとは、そもそもどのようなものを言うのでしょうか。人たちは、運動をしているとき、  アデノシン三リン酸(ATP)が加水分解しエネルギーが使われることになります。

ただし身体の中にある、アデノシン三リン酸(ATP)には限りがあります。ですから、私達が運動をし続けるためには、アデノシン三リン酸(ATP)を常に再合成する必要があります。

アデノシン三リン酸(ATP)を再合成するために必要なのは、ATP-クレアチンリン酸か、乳酸か、有酸素かの方法になります。

ATP-クレアチンリン酸は、無酸素運動の時、一番スピーディーにATP合成することができます。 このクレアチンというものは、 アルギニン、グリシンおよびメチオニンの3種類のアミノ酸から構成されています。

クレアチンは、95%という数値で骨格筋内に存在しているものであり、 肝臓、腎臓、膵臓で合成させて行きます。  身体の中のクレアチンの60%程度は、クレアチンリン酸(PCr)です。

食品の中では、肉・魚に比較的多くクレアチンが含まれていますが、含有量は食品1kgあたりに5g程度です。

「クレアチンローディング」に必要な量を摂取するためには、多量の食品を摂取する必要があります。

クレアチンとその他プロテインの違い

おすすめのクレアチンサプリメント以外にも、プロテイン・BCAAなどと向きあっている人たちもいらっしゃることでしょう。それほど成果が期待出来ない方々は、今後、どのように方向転換していいかもわからないで困っているのではないでしょうか。

おすすめサプリメントも正しい方法で摂取されなければいい効果はなかなか期待出来ないかもしれません。  それぞれ目的に合わせた摂取の仕方について考えてみてください。

おすすめの、  BCAA・プロテインは筋繊維を補修して、新しい筋肉を合成するのに効果を期待することができます。  クレアチンは、筋肉を強くしてくれて、瞬発的で高強度の運動機能を向上させるためにおすすめのサプリメントです。

プロテインの役割

おすすめのクレアチンとともに、プロテインがどのような役割を持っているのか、違いについて把握してみましょう。筋肉を作るために絶対にプロテインが欠かせないと思っている方々は大勢いらっしゃることでしょう。

そもそも、プロテインというものは、英語で、タンパク質を意味します。プロテイン(Protein)は、ギリシャ語の一番大事なものという意味が語源です。

もちろんタンパク質は、三大栄養素の一つで人間の身体に絶対に欠かすことができないものです。

ドラッグストアで購入することができるおすすめのプロテインは、タンパク質を効率良く補給することができるように構成されてある栄養補助食品のことです。

筋トレなどしている人たちにとって、もはやプロテイン摂取は当たり前です。

強い、刺激のあるトレーニグは、常に筋肉を疲労させることになります。その時、プロテイン摂取など栄養を与えたり、休息することで、前の刺激にはしっかり耐えることができるように修復されます。

このことを超回復と言い、そのとき、筋肉トレーニグでは、段々とトレーニグの強度をアップさせて行く必要があります。

HMBの役割

HMBを意識して摂取している方々も多いのではないでしょうか。

HMBと、おすすめクレアチンを一緒に摂取するとよりいい効果を期待することができます。

HMBとは、必須アミノ酸「ロイシン」の代謝物質のことです。摂取することで、筋肉の合成促進・分解抑制効果が期待出来ておすすめです。

クレアチンも、 HMBもアミノ酸の一つなのですが、違いは、HMBは、タンパク質に含まれているアミノ酸であり、クレアチンは、タンパク質には含まれていません。

HMBは、筋肉を作る役割など持っていますが、クレアチンは、エネルギーを作る役割を持ち、それぞれの役割分担があります。

BCAAの役割

おすすめのBCAAはどのような役割を持っているのでしょうか。BCAAも、運動している人たちにとって、書かすことができない存在です。

BCAAは、Branched Chain Amino Acidsを略したものです。 分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれるものであり、 必須アミノ酸にも含まれるバリン、ロイシン、イソロイシンがそれに当たります。

つまり、私達が筋肉を作る上で、筋肉のエネルギー代謝に深く関わって来ます。

クレアチンの役割

クレアチンとは、タンパク質に含まれないアミノ酸のことです。筋肉の中に存在して、エネルギーを作り出してくれます。

クレアチンの選び方

私達が、クレアチンを摂取する時に、どのような方法で決めればいいのでしょうか。国内製品だけでなく、海外のものもあり、おすすめの商品もあります。

コスパの理由などから海外のものが注目されていることがあります。いい加減なものを購入してしまうことで相当リスクもあるので、しっかり表示で成分・メーカーなど確認してください。

ただし、海外のものも、国内のものに負けている訳ではありません。しっかり、海外・国内偏見なく評価しましょう。

種類で決める

おすすめのクレアチンはどれなのでしょうか。みなさんが一番求めているクレアチンをしっかり選んでください。海外メーカーのクレアチンや、コスパのいいクレアチン、インターネットでしか購入出来ないものなどいろいろなものが販売されています。

多くの人たちが、おすすめクレアチンに注目しているから海外も含めた様々メーカーが、クレアチンサプリメントに注目するようになりました。

クレアチンと一言で言うものの種類があることを知っているでしょうか。おすすめクレアチンモノハイドレートもクレアチンの種類の一つです。クレアチンモノハイドレートは、他のサプリメントと比較してコスパがいいのでおすすめです。

海外や様々の企業の商品があり、競争し合っているから今後も、価格の安いサプリメントを見つけることができるでしょう。

クレアチンハイドロクロライドとは、クレアチンと塩酸を化学的に合成したものを言います。クレアチンハイドロクロライドの特徴は、水に溶けやすく扱いやすいので、摂取する量も少なくすることができておすすめです。

バッファードクレアチンは、特殊なカプセルに入ったクレアチンです。クレアチンナイトレートとは、クレアチンと硝酸イオンを化学的に合成したものです。

形状で選ぶ

既におすすめクレアチンの種類についてお話しをしていますが、その中でも、カプセルなど形状は様々です。おすすめのクレアチンを購入するとき、海外か国内か、コスパの問題など検討することも大事ですが、錠剤か、パウダーかという選択肢も大きなポイントでしょう。

一般的にはいままで、クレアチンは、パウダー状のものが多く、水に溶けにくい、そして、持ち運びしにくいという特徴がありました。そのような意味では、タブレットやカプセル化したクレアチンのほうがおすすめです。

ただし、タブレットのものよりも、粉状のクレアチンのほうがコスパは比較していいでしょう。コスパ・効果など比較して、みなさんにとってメリットのあるものを選択してください。

価格で選ぶ

サプリメントなど購入するために、コスパの問題も決して切り離すことができません。そのサプリメントがいいものだとしても、コスパが悪いと長続きすることができませんよね。コスパの良さはさらに独自の方法で追求する必要がありそうです。

海外のサプリメントなどでは、全然成分が期待出来ないというものもあるので注意してください。ただし、価格が安いものでも効果的なサプリメントはいくらでもあります。コスパ大のサプリメントも多くあります。

海外のものだから信用できないということではありません。海外のものでも充分、国内製品の横に並べる実力があります。

品質(メーカー)で選ぶ

もちろん、みなさんは、このような方法で、サプリメントの選択をしていらっしゃることでしょう。しかし価格・海外のものなどに目を向ければ、次第に品質を無視してしまっていることはないでしょうか。コスパとは、質の評価が価格より上回っていることを言います。

海外のが悪いということではなく、海外のものでも、信頼できるメーカーが一番なのではないでしょうか。

選び方まとめ

名前をあまり知らないメーカーでも、いいサプリメントを提供していることはあります。メーカーがすべてということではありませんので、メーカー・コスパ・成分など含めて、総合的判断をしてサプリメントを決めてください。そのとき、海外のサプリメントも対象内です。

クレアチンのおすすめ人気ランキング10選

果たして、多くの方々が注目しているおすすめクレアチンサプリメントがどれなのかチェックしてみましょう。

ごくごく一部ですが、おすすめクレアチンサプリメントをピックアップしてみました。

チョイスニュートリション CREATINE 500g

商品概要
  • 価格:2,959円 (税込)
  • 内容量500g

海外は信用できないという方々におすすめサプリメントです。チョイスニュートリションのクレアチンは、原料にクレアピュアを利用し、かなり、品質の高いクレアチンでおすすめです。

このサプリメントは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の指定期間で検査を行い、証明を掲載しています。アスリートの方やドーピング検査のある大会に出場する方々にもおすすめです。

海外製品でないから安心です。バルクスポーツの500gより安いので満足しています。

Kentai クレアチンALK 210g

商品概要
  • 価格:4,050円 (税込)
  • 内容量:210g

Kentai クレアチンALK 210gは、純粋なクレアチンではなく、クレアチン含有食品と考えてください。

クレアチンの取り込みを高めてくれる炭水化物や、αリポ酸が含まれています。

パイン味で、飲みやすくでおすすめです。

アメリカで特許のあるクレアルカリンを使っています。コスパはそれほど良くありませんが、多くの方々が、既にこの商品を注目しています。

pHが12前後あたりで安定し、消化器官で分解するを防いでくれて消化器系の不快感もありません。副作用が起こらないからこのサプリメントが評価されています。

Kentai クレアチンALK 210gで、記録は伸びるし、下痢にならないです。

ビーレジェンド クレアチン 300g

商品概要
  • 価格:2,800円 (税込)
  • 内容量:300g

ビーレジェンド クレアチン 300gは、海外ではなく、国内メーカー・RealStyle社のブランド・ビーレジェンドによるクレアチンなので、安心して摂取することができおすすめです。品質も、コスパもいいです。クレアピュアを使用しています。

ビーレジェンド クレアチン 300gを、プロテインにブレンドして愛用してます。味は仕方ないですが、効果に期待してずっとリピしてます。

NOW Foods クレアチンパウダー 1000g

商品概要
  • 価格:2,630円 (税込)
  • 内容量:1000g

NOW Foods クレアチンパウダー 1000g  は、アメリカ屈指のサプリメントメーカー・NOW Foods社が提供するクレアチンパウダです。海外のものでも安心して摂取できおすすめです。

NOW Foods クレアチンパウダー 1000g は、コスパも抜群です。長く使用し続けるためには、しっかりコスパにも答えてくれるサプリメントでなければ。

値段が倍以上のクレアチンと比較してみたけど、体感に差はありませんでした。更に重量もレップも伸びが感じられました。

Muscle Pharm クレアチン 300g

商品概要
  • 価格:4,000円 (税込)
  • 内容量:300g

Muscle Pharm クレアチン 300gは、海外メーカーでも、注目度の高い、

マッスルファーム社のクレアチンです。  5種類の異なるクレアチンがブレンドされています。

Muscle Pharm クレアチン 300g  は、モノハイドレート(クレアピュア)・ディクレアチンマレート・クレアチンHCL・クレアチンマグナパワー・コンクレット全部を摂取出来てかなりおすすめです。

コンクリート クレアチンHCL 24回分

商品概要
  • 価格:3,999円 (税込)
  • 内容量:24回分

海外Con-cret社のクレアチンHCLで、1回あたり約1gの摂取によってモノハイドレート5~10gの効果が期待出来るということです。

プレワークアウトに似た使い方をしトレーニング前に摂取しているとのことです。  パイナップル味で長く摂取し続けることができます。

Muscle Tech クレアクター 220g

商品概要
  • 価格:4,660円 (税込)
  • 内容量220g

Muscle Tech クレアクター 220g  は、クレアチンHCLと遊離酸クレアチンが1対1で配合されている、クレアチンサプリメントです。

Muscle Tech クレアクター 220g  に決めた理由は、水へ溶けやすいから少量で済ますことができます。かつレモンライム味で、おいしく飲み続けることができます。

バルクスポーツ クレアチン 500g

商品概要
  • 価格:3,250円 (税込)
  • 内容量:500g

バルクスポーツ クレアチン 500gは、国内メーカーのバルクスポーツ社のクレアチンです。クレアピュアを使用しています。水への溶けやすさも抜群でおすすめです。

試合があるので、ドーピングなどの禁止成分が一切含まれていないことを証明してくれているのは安心です。

EFXsports クレアルカリンEFX 240粒

商品概要
  • 価格:2,805円 (税込)
  • 内容量:240粒

EFXsports クレアルカリンEFX 240粒は、海外EFXsports社の提供するサプリメントです。 カプセルタイプのクレアチンです。

EFXsports クレアルカリンEFX 240粒は、  pHが12前後で設計、

消化器官での分解と消化器系の負担についてかなり軽減させることができます。

EFXsports クレアルカリンEFX 240粒は、海外サプリメントでも、いつも安心して摂取しています。カプセルも評価の一つでおすすめです。

オプティマムニュートリション クレアチンパウダー 600g

商品概要
  • 価格:2,500円 (税込)
  • 内容量600g

オプティマムニュートリション クレアチンパウダー 600gは、クレアピュアを使用していて不純物がなく、微粒子化されていることが特徴で、模範的サプリメントと言ってもいい出来です。

このレベルでこのコスパならオプティマムニュートリション クレアチンパウダー 600gは絶対にお勧めです。

海外サプリメントですが、高品質プロテインで既にお世話になっているから安心して摂取出来ました。

クレアチンの効果的な飲み方・タイミング

クレアチンサプリメントを購入して来て、より高い効果を期待するのなら、正しい飲み方をする必要があります。

飲み方

コスパのいいクレアチンサプリメントは、多くがパウダーでしょう。パウダー状のものは比較して、水に溶けにくく、 水や果汁飲料等に混ぜて摂取するのがいいでしょう。

タイミング

サプリメントをいつ摂取すればいいかタイミングについてもしっかり考える必要があります。

いつ、クレアチンサプリメントを摂取すればいいかといえば、 食後とトレーニング終了後です。

注意点

クレアチンサプリメントと、プロテインや、 BCAAと一緒に摂取するという方々も多いでしょう。それぞれに違う役割分担があります。ただし、最大に効果を引き出すためには、それぞれのクレアチンサプリメント以外のタイミングも、リサーチしておく必要があります。

例えば、プロテインとクレアチンの場合には、2種類の摂取に時間を空ける必要はないです。

ただし、糖質がブレンドされたプロテインの場合には、そちらを先に飲むのがいいです。

クレアチンローディングとは

インターネットなど検索をすれば、ローディングは必要とか、必要でないとかいろいろな情報が入り乱れてしまっているでしょう。

つまり、多くの方々が、クレアチンの正しい飲み方があまりわかっていないようです。

クレアチンサプリメントを摂取するのに、2種類の方法があります。その一つがローディングです。 もう一つは、のんびるやる方法です。

ローディングとは違い、1ヶ月間は、毎日3~5g程度のクレアチンを摂取し、 中間では体内のクレアチンレベルを最大値にあげて行きます。

ローディングの必要性

ローディング法は、短期間でクレアチンの摂取量を増やして行く方法です。

1日に5g×4回で、計20gを摂取するようなプログラムを作ります。5日間続けることで、身体の中のクレアチンレベルを最高値にすることができます。

ローディング方法

5日間20gの摂取を終了し、次はメンテ期であり、トレーニング前後に5g~10g程度の摂取でいいです。

結局、どちらの方法でもいいのですが、一刻も早くクレアチンを体感したいという方々には、ローディングがいいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。海外・国内・コスパ・メーカーなどいろいろ比較しなければならないポイントはあります。

コスパも大事ですが、成分などしっかりチェックしてみましょう。さらに口コミなどもしっかり注目してみましょう。海外・国内、それぞれレベルの高いサプリメントがあります。時間をかけて調査をすれば、必ずベストなクレアチンサプリメントと出会うことができます。