ビジネスマンにおすすめのメンズコート20選|手本になる選び方も紹介

スーツ

ビジネスマンの皆さん、スーツに合うおすすめのメンズコートが欲しくありませんか?

カジュアルスタイルと異なり、ビジネスシーンではデザインなどにこだわったメンズコートは好ましくありませんよね。

また、選び方を誤ると印象も悪くなるため、ビジネスシーンに最適なメンズコートを選びたいものです。

そこで今回は、ビジネスマンにおすすめのメンズコートを紹介します!

この記事の見どころ
  • ビジネスマン向けのコートの選び方を詳しく教えます!
  • 予算に合わせておすすめのコートをご紹介!

ビジネスマンのメンズコートの選び方

ビジネスマンにおすすめのメンズコートを紹介する前に、メンズコートの選び方から紹介しましょう。

選び方のコツが分かれば、TPOに合ったメンズコートを選ぶことができますよ。TPOに合わないメンズコートを着用すると、女子ウケも悪くなり、マイナスポイントが加算されてしまうのです。

ビジネスシーンに合うメンズコートを購入するのが初めての方は、以下の選び方を参考に今後メンズコートを購入するようにしてくださいね。

落ち着きのある色

ビジネスシーンに合うメンズコートの選び方1つ目は、ダークカラーを選ぶことです。

カジュアルスタイルの場合は、ホワイトやブルー・イエローなど明るめの色でも問題ありません。

しかし、ビジネスシーンではカラフルな色は好まれないのです。そのため、以下の色を選ぶようにしてくださいね。

CHECK
  • ブラック
  • グレー
  • ネイビー
  • ベージュ

基本的には、ブラックやグレーが好ましいとされています。

カジュアルスタイルにならないよう、色の選び方には気を付けてくださいね。

シンプルなデザイン

ビジネスシーンに合うメンズコートの選び方2つ目は、シンプルなデザインを選ぶことです。

カジュアルスタイルのコートと異なり、ビジネスシーンでは無地のデザインが好まれます。

チェック柄やストライプ柄、大きな刺繍の入ったデザインのコートはカジュアル向きのコートと言えるのです。

そのため、できるだけデザインはシンプルなもの・無地のものを選ぶようにしてくださいね。

個性的なデザインはプライベート用として着用するなど、デザインの選び方には注意しましょう。

ポリエステルやナイロンの素材のコート

ビジネスシーンに合うメンズコートの選び方3つ目は、適切な素材のコートを選ぶことです。

以下におすすめの素材を紹介しましょう。

ポリエステル・ナイロン
気密性が高いため、防風対策ができる。ステンカラーコートやトレンチコート・スプリングコートに多く使われている素材。薄手で軽く、秋・冬・春まで着られる。
ウール
空気の層を多く作るため、防寒対策ができる。薄手のコートではなく厚手のコートで、保温効果がある。特に冬がおすすめ。特にアンゴラの素材は軽いのに保温性が高い。

カジュアルスタイルの場合は、デニムや起毛の素材でも問題ありません。

しかし、これらの素材はビジネスシーンには不向きなので素材の選び方にも気を付けてくださいね。

肩幅・袖・着丈・脇のサイズが重要

ビジネスシーンに合うメンズコートの選び方4つ目は、身体のサイズに合うコートを選ぶことです。

カジュアルスタイルと異なり、ビジネスシーンではダボダボのコートは好ましくありません。スーツを選ぶ時と同じように、身体のサイズに合うコートを選ぶことが重要となってくるのです。

肩幅や袖丈・着丈・脇のサイズを測った上でコートを選べば、シルエットがきれいに整います。サイズ感が合わないと、不格好な印象を与えてしまうので、サイズの選び方にも注意しましょう。

持っているスーツに合わせる

ビジネスシーンに合うメンズスーツの選び方5つ目は、持っているスーツに合わせることです。

基本的には、コートの色がグレーやブラックの場合は、中に着るスーツの色や柄は何でも合わせやすい特徴があります。

ネイビー系のスーツを持っている場合は、同色のネイビーのコートを選んでもビジネスシーンに適切と言えるでしょう。

価格で選ぶ

ビジネスシーンに合うメンズコートの選び方6つ目は、価格をチェックすることです。

メンズコートと一言で言っても、1万円以内で購入できるものから、10万円以上するものまであります。

素材やデザインが好みでも、予算オーバーのコートは財布にも優しくありません。

そのため、購入前に予算を決めておけば、選択肢が絞られてきますよ。

ビジネス用におすすめのメンズコート5選|1万円以下

それでは、いよいよ本題に入っていきましょう。

以下にビジネス用におすすめのスーツに合うメンズコートを5つ紹介します。

以下の5つは1万円以下で購入できるため、リーズナブルなメンズコートと言えるでしょう。

①roshell

roshellは、ストレッチデニムやカットデニムなどのカジュアルアイテムを始め、スキニーパンツ・ブーツ・スニーカー・コートなどビジネス用のメンズアイテムを展開しているファッションブランドです。

商品概要
  • 商品名:トレンチコート メンズ メルトンダブル ビジネスコート ロング 細身
  • 価格:税込み3,996円(送料無料・楽天より)
  • コートの種類:トレンチコート
  • 素材:ポリエステル83%・ウール10%など、裏地:ポリエステル100%
  • 色:グレー・ブラック・キャメル・ネイビーなど計10タイプ

このメンズコートは、薄手のトレンチコートでデザインもシンプルです。ラインがシェイプされているため、細めのシルエットに仕上がります。

また、メルトン素材を採用しているため、防寒性にも優れていますよ。スーツが薄手でも温かさを維持するため、真冬でも安心です。

②MARUTOMI

MARUTOMIはビジネススーツをベースにメンズ衣服を展開しているブランドです。

ポロシャツやスラックス・ジャケット・ジレ・ネクタイ・ベルトなどを取り扱っていますよ。

商品概要

商品名:メンズ コート カシミヤタッチ ビジネスコート ポリエステル 裏地キルティング
価格:税込み5,900円(送料無料・楽天より)
コートの種類:ステンカラーコート
素材:表地:ポリエステル95%・レーヨン5%、裏地:ポリエステル100%
色:ブラック・チャコール

このメンズコートは、軽い着心地とカシミヤタッチの優しい素材感が特徴的です。

また、ミドル丈となっているため、カジュアル過ぎずスーツに合う最適なシルエットに仕上がっています。

③APTRO

APTROはアメリカで創業されたブランドで、クラッシクなデザインを求めて商品を開発しています。

商品概要

商品名:アプトロ コート メンズ 冬 上質仕様 ビジネスコート ロング丈
価格:税込み8,998~9,998円(Amazonより)
コートの種類:チェスターコート
素材:表地:ウール80%、裏地:ポリエステル100%
色:ネイビー・グレー・ブラウン・ブラック

このメンズコートは圧倒的な着心地と質感が味わえる特徴があります。

シンプルなデザインのため、カジュアルスタイルよりは、スーツとの相性が抜群です。

また、保温性にも優れているため、インナーは薄手のものがおすすめですよ。

④CEEN

CEENはメンズ用のトップスやズボン・パンツ・スーツなどを取り扱っているブランドです。

冬のアイテムだけでなく、春・夏・秋用のアイテムも揃っており、ビジネス用からカジュアルスタイルまで幅広く展開していますよ。

商品概要
  • 商品名 :CEEN メンズ 厚手 上品 防寒ジャケット アウター
  • 価格 :税込み6,160円(Amazonより)
  • コートの種類 :スタンドカラーコート
  • 素材 表地:ウール50%・ポリエステル50%、裏地:ポリエステル
  • 色 :ブラック・グレー

このメンズコートはビジネスシーンはもちろん、きれいめのカジュアルスタイルにも合います。

春と秋は薄手のシャツと合わせ、冬はニットと合わせることで1年中着回せますよ。

⑤KEIMI

KEIMIはメンズ用品に限らず、レディース用品も展開しているブランドです。

インナーシャツやポロシャツ・バッグ・デニム・マスク・パンツ・ブーツなど多くのアイテムを取り扱っています。

商品概要

商品名:ケイミ メンズ 冬 コート ウール アウター ダウンジャケット
価格:税込み5,910円(Amazonより)
コートの種類:チェスターコート
素材:ウール50%・ポリエステル50%
色:ブラック・ダークグレー

このメンズコートは、ウール素材がおよそ50%も使われているため、保温性が高い特徴があります。

また、裏ボア機能によりしっかり防寒してくれるので、インナーは薄手のシャツでも安心ですよ。

ビジネス用におすすめのメンズコート5選|1~5万円

それでは、次は1~5万円のメンズコートを紹介します。

以下の5つもビジネス用におすすめのコートです。

カジュアルでもきれいめスタイルに仕上げたい場合は、ビジネス用のコートでもおしゃれ度がアップしますよ。

①Mordenmiss

Mordenmissはメンズ用品からレディース用品まで取り扱っているブランドです。

シューズやサンダル・バッグ・ブーツ・スニーカーを始め、ショートパンツ・コートなど幅広く展開しています。

商品概要

商品名:モダンミス メンズ 上質 防寒 綿
価格:税込み6,500~15,000円(Amazonより)
コートの種類:トレンチコート
素材:ポリエステル・綿
色:ブラック・ブルー・カーキ・ベージュ・グレー

このメンズコートは、薄手の作りになっていますが、細めの作りなのでシルエットが整います。

春・秋は薄手のシャツと合わせたり、冬はニットと合わせたりすれば、夏以外の季節は着回しができるのです。

また、シンプルなデザインに仕上がっているため、スマートな着こなしができますよ。

また、ミドル丈となっているため、カジュアルで着用すればきれいめスタイルが仕上がるのです。

D’HOMME HOMME

D’HOMME HOMMEは日本のファッションブランド「ノータベネ」の関連ブランドです。

カジュアル衣料チェーンや丸井などで取り扱いがあります。

ターゲットや対称年齢は非公開となっていますが、楽天ではメンズ用のアウターを中心に販売していますよ。

商品概要

商品名:ドムアオム ボンディング ステンカラーコート メンズ ビジネス
価格:税込み19,800円(Amazonより)
コートの種類:ステンカラーコート
素材:メイン素材:ポリエステル
色:ネイビー・ブラック

このメンズコートは、ビジネスシーンにもプライベートにも着用できます。

裏地はキルティング仕様となっているため、薄手ながらも保温性に優れているのです。

そのため、春や秋に着用する場合は、インナーは薄手のシャツがおすすめと言えます。

③MARUTOMI

MARUTOMIはスーツやコートを始めとするメンズ用のビジネスアイテムを販売しているブランドです。

独自の通信販売サイトを持っており、スーツがわずか9,800円(送料無料)と激安で販売している特徴があります。

また、洗濯機で洗えるスーツも扱っているため、お手入れのコストがかからないこともおすすめのポイントと言えるでしょう。

商品概要

商品名:シングルトレンチコート ライナー着脱 ピーチスキン素材 撥水加工 CB75
価格:税込み12,800円(Amazonより)
コートの種類:トレンチコート
素材:表地:綿48%、ポリエステル44%、ナイロン8%、裏地:ポリエステル100%
色:ブラック・ベージュ

このメンズコートは、薄手でシンプルなデザインのコートです。

撥水加工が備わっているため雨に強い特徴があります。

また、撥油加工もされているため、汚れにも強く長持ちしやすいのです。

秋~春まで着用できますが、コートが薄手になっているので冬はインナーにニットなど着用することをおすすめしますよ。

④UNITED GOLD

UNITED GOLDはビジネスコートを展開するブランドです。

シンプルなデザイン・カラーを多く取り扱っているため、多くのビジネスマンから愛されています。

また、秋~春まで着用できるよう加工されているため長く着回せる特徴がありますよ。

商品概要

商品名:ビジネスコート メンズ 撥水 軽い 暖か 秋冬春 スリーシーズン 417653
価格:税込み11,990円(送料無料・楽天より)
コートの種類:スタンドカラーボンディングコート
素材:ポリエステル100%
色:黒・黒紺

このメンズコートは、断熱素材が採用されているため、軽いのに暖かい特徴があります。

また、丈夫な作りとなっているため、長く使えるのです。

さらに、ボンディング加工素材が使われているので、美しいシルエットが保たれます。

保温性が高いだけでなく、風も通しにくいため、寒い冬の時期にもおすすめの1着です。

⑤LIUGOO

LIUGOOは、レザージャケットや本革を専門とするブランドです。

メンズ用品だけでなく、レディース用品も取り扱っており、1着ずつ職人が手作業で作っていますよ。

商品概要

商品名:リューグー 本革 レザーセミロングコート メンズ レザーコート COT02A
価格:税込み29,980円(楽天より)
コートの種類:本革ビジネスコート
素材:表地・プレミアムシープ羊革、裏地・ポリエステル
色:ブラック・ダークブラウン

このメンズコートは、ミドルエイジの男性におすすめのコートです。

ミドルエイジの色気と渋さを引き立てる1着となっています。

サイズ感はややゆったりめとなっており、上質で柔らかい素材が着心地抜群です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビジネス用におすすめのメンズコートを価格別に紹介しました。

ビジネスコートと一言で言っても、価格や素材・コートの種類などブランドによって異なります。

ビジネス用でコートを着用する場合は、カジュアルスタイルと異なりシンプルさが重要ポイントです。

素材やカラー・スタイルなど選び方を参考にして、シンプルでかっこいいコートを選んでみてはいかがでしょうか。