ストライプスーツの基本の着こなし方法!シーン別おすすめコーディネートも紹介

ストライプ

ストライプスーツは、サラリーマンなら誰もが一着は持っている定番アイテムです。
そんなストライプスーツですが、身近なだけにいつも無難な着こなしになっていませんか?

今回は、ストライプスーツの着こなしのコツや、結婚式・ビジネスなどシーン別のおすすめコーディネートをご紹介していきます。

この記事の見どころ
  • ストラプスーツどうやって着こなす?詳しくポイントをご紹介します!
  • おすすめストライプスーツコーデをご紹介!

無地の次に手に入れたい定番のストライプスーツ

ストライプスーツは、無地の次に定番と言える王道のスーツです。
無地ほど単調にならず、誰でも着こなしやすいので、サラリーマンなら誰もが必ず1着は持っているのではないでしょうか。

非常に身近なストライプスーツですが、その種類や上手な着こなし方はよく知らないという方も多いと思います。
定番のストライプスーツについて詳しく知って、よりスーツの着こなしを楽しめるようになりましょう。

ストライプスーツのイメージは?

ストライプスーツは、全体的にスタイリッシュなイメージです。
縦のラインが入るので、背が高く、スマートに見えます。

ストライプスーツは、ラインの太さやストライプの幅によってイメージが大きく変わりやすいです。
一般的に、細めのストライプは無地にも見えて真面目で繊細、フォーマルなイメージ、太めのストライプは、華やかで重厚感があり、ファッショナブルなイメージになります。

色別に見ると、ネイビーやグレーなど定番カラーのストライプスーツは、無難でどこにでも着ていける汎用性の高いスーツです。
黒のスーツもストライプが入っていれば、喪服に見えてしまう心配がなくビジネスシーンで普段使いしやすいです。

ベージュやブラウンなどその他の色や、地色がベーシックでも白以外のストライプが入っているストライプスーツは、ファッショナブルなイメージで一般的なサラリーマンには着こなしは難しいでしょう。

ただしパーティーや結婚式など、華やかな場面なら人目を引き、かつ定番のストライプ柄なので奇抜にならないお洒落なスーツとして使えます。

ストライプ柄の種類を紹介

ストライプ柄には、柄の入り方や線の太さによって種類があります。
細かく分けているとキリがありませんが、今回は代表的な4種類に分けてご紹介します。

柄の入り方がさりげない「シャドーストライプ」

シャドーストライプは、ストライプの色が変わっているわけではなく、生地の織り方を変える事でストライプ柄を出しているスーツのことです。

光の当たり方によって無地に見えたり、はっきりストライプの柄が見えたりします。
ストライプスーツとしては最も柄の主張が少なく、無地スーツのように着こなせます。

柄物のネクタイやベストと合わせることもできるので、ストライプスーツを小物で印象を変えて着回したい方におすすめです。

シャープな印象の「ピンストライプ」

ピンストライプとは、ピン、つまり針の先で描いたような細いストライプのことです。
ストライプが点線になっていることもあり、線同士の幅も狭い場合が多いです。

ピンストライプスーツは、繊細でスタイリッシュなイメージになります。
スマートな印象でストライプスーツを着こなしたい方には、ピンストライプのスーツがおすすめです。

定番で使いやすい「ペンシルストライプ」

ペンシルストライプは、鉛筆で描いたような細くて輪郭のはっきりした線が特徴です。

ストライプスーツの中で定番と言える柄で、どんな場面でも使いやすいです。
ストライプスーツを選ぶセンスに自信がないという方は、ペンシルストライプのものを選んでおけば無難でしょう。

貫禄を感じさせる「チョークストライプ」

チョークで描いたような、輪郭がぼやけた太めの線がチョークストライプです。

チョークストライプは線同士の感覚も太い場合が多く、貫禄がありエレガントなイメージです。
主張が強い柄なので、ストライプスーツの着こなし初心者や若い方には着こなしが難しいかもしれません。

ビジネスシーンでは、マナー違反ではないものの違和感を与えてしまう場合もあるので、会社の雰囲気によっては避けたほうがいい柄です。

ストライプスーツを着こなすポイント

ストライプスーツを着こなす時のポイントについて、解説していきます。

コーディネートに自信がなければ無地ネクタイが無難

ストライプスーツはスーツ自体が柄物なので、ネクタイの柄に迷ってしまうという方も多いでしょう。
スーツの着こなしに自信がない場合には、無地のネクタイを選んでおくと無難です。

シャツやベストも同様で、ストライプスーツに合わせるときは無地にしておけば、少なくともおかしな着こなしになることはないでしょう。

ストライプスーツに合わせやすい柄物ネクタイは?

ストライプスーツに合わせやすいネクタイは、定番のドットやストライプ柄です。
ドット柄のネクタイは可愛らしいイメージなので、特に強めな印象の太いストライプ柄のスーツをマイルドにしてくれます。

太いストライプやはっきりした線のストライプスーツには、ドット柄のネクタイがおすすめです。
ストライプ柄のネクタイも、ストライプスーツに合わせやすいネクタイです。。

ただしストライプとストライプの組み合わせは単調になりがちなので、色や線の幅で変化を出すのが着こなしのポイントです。
黒などダークカラーのスーツには明るめの色のネクタイでメリハリを出したり、ネイビーには赤系、グレーには黄系など、反対色のネクタイを取り入れてみましょう。

また、細いストライプのスーツには太めのはっきりしたストライプ柄のネクタイ、太いストライプのスーツには細めのストライプのネクタイなど、ストライプはストライプでも対照的な柄のネクタイを選ぶとバランスが取りやすいです。

シャツは無地かストライプ柄がおすすめ

ストライプスーツに合わせるシャツは、無地かストライプのものを選びましょう。

チェック柄やドット、花柄などその他のスーツは、主張が強すぎるためストライプスーツの柄と喧嘩したり、シャツだけ着こなしから浮いてしまいます。

絶対にダメというわけではありませんが、上級者向けと思っておいたほうがいいでしょう。
無地のシャツなら、ベストやネクタイはどんなものを合わせても間違いありません。

ストライプ柄のシャツを合わせる場合は、色をストライプスーツかネクタイのどちらかと同系色にすると着こなしにまとまりが出ます。

ベストは共布か無地のものを選ぶ

ストライプスーツに合わせるベストは、共布か無地のものがおすすめです。
スーツにベストを合わせた着こなしはフォーマルなイメージで、結婚式など華やかな場面に最適です。

購入した時に共布のベストも一緒に買っているなら、そのベストを合わせるのが最も格式高く、間違いないです。
挙式から出席する結婚式や、上司、親族の結婚式などかしこまった場面では、共布のベストを合わせた着こなしがおすすめです。

少し着こなしに変化をつけたいなら、無地のベストを合わせるといいでしょう。
ライトグレーなど明るい色は結婚式など華やかな場面に、黒やネイビーなど暗い色はビジネスシーンに最適です。

ベストを変えるだけでコーディネート全体の印象もガラッと変わるので、友人の結婚式に何度も同じスーツで出席するときなど、イメージを変えるのに役立ちます。

【シーン別】ストライプスーツのおすすめコーディネート

ストライプスーツはどこにでも着ていける定番スーツだからこそ、TPOに合わせた着こなしを心がけたいものです。
ビジネスシーンと結婚式やパーティーなど華やかなシーンでの、場面別おすすめコーディネートをご紹介します。

ビジネスシーンにおすすめのストライプスーツの着こなし

ビジネスシーンでのストライプスーツの着こなしは、黒・グレー・ネイビーなど定番のカラーを中心にした主張の少ないコーディネートがおすすめです。
あまり華やかな着こなしは不真面目な印象を与えてしまうので、ビジネスの場では避けましょう。

ネイビースーツに茶色のネクタイを合わせたイタリア風コーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/331859066274232088/

定番のネイビーのペンシルストライプスーツに、共布のベストと無地のシャツ、ブラウンのネクタイを合わせた着こなしです。

定番のネイビースーツの着こなしに変化を取り入れたい方は、茶系のネクタイを取り入れるのがおすすめです。
ネイビースーツにはつい青系など同系色のネクタイを合わせてしまいがちですが、流行色でもある茶色のネクタイで大人っぽくおしゃれなイメージに格上げできます。

茶色は流行色であるだけではなく、ネイビーと茶色の組み合わせはイタリアで「アズーロ・エ・マローネ」と呼ばれる定番の色使いです。

イタリアンスーツのルールでは、ネイビーは空の色で都会の色、茶色は大地の色で田舎の色とされています。
相反する要素の色を組み合わせることで、調和がとれバランスのいい着こなしとなるのです。

地味すぎず派手すぎない黒スーツコーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/327425835400204636/

黒いストライプスーツに暗い色のベストやネクタイを合わせてしまうと、暗すぎたりハードすぎるイメージになってしまいがちです。

逆に明るすぎる鮮やかな色を合わせても、ネクタイの色だけが浮いてしまい不自然な印象です。
こちらのコーディネートでは、黒と同系色の明るめのグレーのネクタイを合わせることで、地味すぎず派手すぎず、ビジネスシーンにふさわしい着こなしに仕上げています。

黒のストライプスーツはネイビーやグレーのストライプスーツに比べて着こなしが難しいですが、同系色で統一するコーディネートなら初心者でも簡単です。

グレーのストライプスーツに無地&同トーンのネクタイを合わせたコーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/379498706092748537/

黒やネイビーに比べて、明るいグレーのストライプスーツは、一般的なサラリーマンには敬遠されがちです。

締まった印象の黒やネイビーとは違い、ぼやけた印象で垢抜けないイメージになりやすいのがその理由。
そんなグレーのストライプスーツは、目を引く色、かつ同トーンの無地ネクタイを合わせるのがおすすめです。

トーンというのは明度のことで、白黒写真にしたとき同じ色に見える色、というとわかりやすいでしょうか。
目を引く色をネクタイに持ってくることでコーディネートがぼやけず、同トーンで合わせることでネクタイの色だ

けが浮きすぎることもありません。
グレーのストライプスーツを着るときには、覚えておきたいテクニックです。

結婚式・パーティーにおすすめのストライプスーツの着こなし

結婚式やパーティーには、ビジネスシーンとははっきり一線を画した華やかな着こなしで出席するのがおすすめです。

結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですが、列席客がお洒落をしていることで後に残る写真が華やかになり、新郎新婦にも喜ばれます。

ただし、結婚式に着ていく服装は、こだわりのお洒落よりも周りに不快な印象を与えないのが一番のマナー。
黒のスーツに白のシャツ、シルバーのネクタイという着こなしが最もフォーマルなコーディネートです。

ただし、友人や同僚の結婚式なら必ずしも黒いスーツでなくても構いません。
グレーやネイビーのスーツで列席する人も多いので、普段会社に着て行っているスーツを着回すことも可能です。

鮮やかなネクタイとポケットチーフがポイントのコーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/779756122958157746/

定番のネイビーのストライプスーツに、はっきりした色柄のネクタイをポイントにしたコーディネートです。
ネクタイとお揃いのポケットチーフが、さらに華やかな着こなしにしています。

いつも会社に着て行っているネイビーのストライプスーツを結婚式にも着回すなら、これくらい変化をつけたコーディネートがおすすめです。

赤いシャツとネクタイがポイントの華やかなコーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/174866398007429053/

黒のストライプスーツに、赤いラインのストライプシャツ、赤がポイントになったネクタイを合わせた華やかなコーディネートです。

それぞれのアイテムは派手ですが、使う色を黒・白・赤の3色に絞っているのがまとまりを出しているポイントです。
昼間の結婚式にはあまり向かない着こなしですが、夜の披露宴や二次会から参加ならこれくらい華やかな着こなしも許されます。

これからの時期のクリスマスパーティーにもおすすめのコーディネートです。

結婚式の定番・シルバーのネクタイを使ったコーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/712272497294234000/

シルバーのネクタイといえば、結婚式列席者の定番アイテムです。
慶次の列席用に一つは持っているという方も多いのではないでしょうか。

お祝いの席の定番アイテムだけあり、シルバーのネクタイには特別なフォーマル感があります。
こちらのコーディネートでは、ネイビーのストライプスーツにシルバーのネクタイを合わせています。
黒、グレーなど他の色のスーツでも、シルバーのネクタイを合わせれば一気に結婚式にふさわしい装いになります。

結婚式の列席の服装に迷ったら、手持ちのスーツにシルバーのネクタイを合わせておけば間違いありません。
共布かシルバーのベストを着ると、よりフォーマルな着こなしになります。

まとめ

ストライプスーツを着こなすコツや、シーン別コーディネートをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
定番アイテムだけに、いつも同じような無難な装いになってしまいがちなストライプスーツ。
これを機にネクタイやシャツを新調して、手持ちのストライプスーツの着こなしを見直してみてはいかがでしょうか。