チェックスーツのお洒落な着こなし方法!シーン別コーディネートを紹介

チェック

毎日スーツを着ているサラリーマンでも、チェックスーツを持っているという方は少ないのではないでしょうか。
無地やストライプよりおしゃれでカジュアルなイメージがあるチェックスーツを、着こなしてみたいと考えているメンズは多いはずです。

今回は、チェックスーツの着こなしのポイントや、結婚式・ビジネスなどシーン別のおすすめコーディネートをご紹介します。

この記事の見どころ
  • 野暮ったくなりがちなチェックスーツ!カッコよく着こなせるポイントをお伝えします!
  • チェックスーツのおすすめコーデをご紹介!

無地・ストライプの次に気になるのがチェックスーツ

ビジネススーツの柄として、無地・ストライプの次に一般的なのがチェックスーツです。

店舗で売られているのを見て「いいな」と思っても、着こなし方法がわからない、社内で着ている人を見たことがないなどの理由で結局買えなかったという経験はありませんか?

その通り、チェックスーツは無地やストライプよりもコーディネートが難しいですし、会社の社風によっては浮いてしまう場合もあります。

チェックスーツの種類や着こなしのコツ、チェックスーツがふさわしいシーンを知って、ぜひチェックスーツに挑戦してみましょう。

チェックスーツのイメージとは?

チェックスーツのイメージは、それぞれの色や柄にもよりますが、全体的に若々しく可愛らしいイメージです。
また、無地やストライプのスーツよりも、カジュアルな印象に見えます。

そのため、業界や業種によっては、ビジネスシーンでは着づらい柄でもあります。
金融関係や不動産関係など、お堅く真面目な印象が求められる職業のメンズは、日常使いするのは避けたほうが無難です。

こういったメンズがチェックスーツを着たい場合は、カジュアルな結婚式やデートなど、プライベートなシーンで楽しみましょう。

に広告関係やアパレル関係など、トレンド感やファッションセンスが重視される業界のメンズは、個性を出したチェックスーツも普段使いできます。

チェックスーツはそれ自体が主張が強く、頻繁に着ていると着たきり雀のようなイメージがつきやすいです。
チェックスーツを日常使いするなら、ネクタイやシャツでガラッと印象を変えながら着こなしたいですね。

チェック柄の違いについて

スーツに使われるチェック柄には、大きく分けて4種類あります。
それぞれの違いについて、解説していきます。

無地にも見える「ピンチェック」

ピンチェックはマイクロチェックとも呼ばれ、数ミリ単位の格子柄で、近づいて見ないとわからないほど細かなチェック柄のことです。

ピンチェックのスーツは遠くから見ると無地にも見え、他のチェックスーツほど主張が強くありません。
そのため、柄物のシャツやネクタイとも合わせやすく、初心者でも比較的着こなしやすいチェックスーツです。

ビジネスシーンでも、ピンチェックなら業種・業界をあまり選びません。
無地スーツに少し変化を取り入れてみたいメンズにおすすめのチェック柄です。

使いやすい「ハウンドトゥース」

ハウンドトゥースとは、日本では千鳥格子とも呼ばれる柄です。

組み合った四角を崩したような柄が、犬の歯やたくさんの鳥が飛んでいるように見えるのが名前の由来です。
ハウンドトゥースは、エレガントでクラシカルな印象を持つ柄です。

ピンチェックと同様、細かければ遠くから見ると無地にも見えるので、比較的使いやすいチェックスーツと言えるでしょう。

大柄なハウンドトゥースは、かなりパワフルな印象です。
初心者には着こなしが難しいので、ビジネスシーンでは避けたほうがいいでしょう。

カジュアルスーツやジャケットなどにも使われていることが多い柄です。

トレンドの「グレンチェック」

グレンチェックは、数年前から秋冬のトレンドとなっている柄です。

細かい線のチェック柄を数種類重ねた柄で、鮮やかな差し色が柄の中に入っていることもあります。
面積は小さくても赤や黄など鮮やかな色が入ったグレンチェックは、ほとんどの業種・業界では厳しいでしょう。

数色使いのグレンチェックを選びたい場合でも、ビジネスシーンで着こなす場合にはグレー、黒、ネイビーなどベーシックなカラーで構成されたものがおすすめです。

カジュアルな「ウインドウペン」

ウインドウペンとは、細いはっきりとした線が数cm単位の大きめの正方形を描いているチェック柄のことです。

ペンで引いたような線が窓のような形を作っていることが名前の由来となっています。
昔からある伝統的な柄ですが、日本では2015年〜2016年のごろにウインドウペンのジャケットやスラックスがメンズに大流行しました。

そのため、2018年現在にウインドウペンのスーツを着ると流行遅れな印象になってしまうかもしれません。
また、大きな柄でカジュアルなイメージなので、ほとんどの業界でビジネスシーンには適していません。

チェックスーツを格好良く着こなすコツ

チェックスーツは、着こなし方を間違うと野暮ったくなってしまいがちです。
チェックスーツを着こなすための、コーディネートのコツを3つ解説します。

1コーデに柄は2つまで

初心者のメンズがチェックスーツを着こなす時のコツは、1コーデに柄を2つまでと決めることです。

今回はチェックスーツというのが前提になっていますので、ネクタイやシャツに使える柄はあと一つだけです。
チェックスーツには、意外とどんな柄のネクタイも調和します。

チェックスーツ自体がカジュアルで遊び心があるイメージなので、遊びがある柄物のネクタイを合わせたほうがコーディネートのバランスが取れるのです。

初心者が使いやすいネクタイの柄は、ドット、ストライプ、ペイズリーなどです。
こういった柄のネクタイを合わせるときには、必ずシャツは白無地のものを合わせましょう。

「1コーデに柄は2つまで」の鉄則を守れば、初心者のメンズも意外と簡単にチェックスーツをコーディネートできます。

チェックオンチェックは難易度が高い

初心者のメンズは、チェックスーツを着るとき統一感を出そうとチェックシャツやチェックのネクタイを選んでしまうことがあります。

絶対にダメな着こなしというわけではありませんが、チェックオンチェックのコーデは難易度が高いです。
チェック柄は、ネクタイやシャツに使われる柄まで含めると、かなり多くの種類があります。

一まとめにチェック柄といっても、線の太さや重なり方、色使いなど、生地によって雰囲気が様々です。
そんなチェック柄をコーディネートに多用してしまうと、どこかちぐはぐでまとまりのない着こなしになってしまいます。

自分の着こなしセンスに絶対的な自信があるというメンズ以外は、チェックスーツにチェックのネクタイやシャツは避けたほうがいいでしょう。

タイトなシルエットを選ぶ

スーツを着るときは、色や柄、シルエットなどを「都会」「田舎」の要素に分けて考えると簡単に着こなしを考えることができます。

直感的にわかる方が多いと思いますが、スーツの柄はストライプが「都会」、チェックが「田舎」の柄です。
シルエットに関しては、タイトなものが「都会」、リラックスしたものが「田舎」です。

田舎の柄であるチェックスーツに、ゆったりとした田舎のシルエットが合わさってしまうと、田舎くさく野暮ったいイメージになってしまいます。

そのため、チェックスーツをスタイリッシュに着こなしたいときは、体型にあったタイトなシルエットのものを選びましょう。

購入するときは必ず試着をし、緩いところがあれば直しに出すなど、徹底してシルエットにこだわるのがチェックスーツの着こなしのコツです。

【シーン別】チェックスーツのおすすめコーディネート

シーン別に、チェックスーツのおすすめコーディネートをご紹介していきます。

結婚式・パーティーにおすすめのチェックスーツの着こなし

結婚式やパーティーでは、鮮やかな色使いや、ベストなどの小物を合わせた華やかなコーデがおすすめです。
ビジネスシーンとは一味違う、結婚式やパーティーシーンにおすすめの着こなしをご紹介します。

ただし、最近は披露宴のお色直しなどで新郎がチェックスーツを着るケースも多いです。結婚式にチェックスーツを着て行く場合は、事前に主役である新郎新婦に確認しましょう。

自分の結婚式でも着られるチェックスーツコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/371547037986323710/

チェックスーツに蝶ネクタイを合わせた可愛らしいスタイルは、結婚式だからこそ着られるコーディネートです。

最近は自分の結婚式でも、こういったカジュアルなチェックスーツを着るメンズが増えています。

真っ白のネクタイは結婚式などの慶事にふさわしい装いですが、主役である新郎と被ってしまう可能性もあります。
結婚式に列席者として着て行く場合は、他の色の蝶ネクタイに変えたほうがいいかもしれません。

カジュアルな結婚式や華やかなパーティーにおすすめのコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/132222939039256676/

レストランウエディングなどカジュアルな結婚式や二次会、プライベートなパーティーなどなら、これくらい華やかで個性的な着こなしもおすすめです。

大柄で色使いも派手なチェックスーツはかなり個性的ですが、派手すぎないコーデにするポイントは、ネクタイとシャツをスーツと同系色の無地で合わせることです。

年に何度もない結婚式やパーティーだからこそ、華やかなチェックスーツコーデを楽しみたいですね。

同系色でまとめたフォーマルなコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/449726712773416441/

共布のベストを合わせ、全体を同系色でまとめたフォーマル感のある着こなしです。
一見ビジネスシーンでも着られそうなコーディネートですが、遊び心のある大きめなドット柄のネクタイで結婚式にふさわしい華やかさを出しています。

ネイビーと反対色であるオレンジのチーフを差し色にしているのもポイントです。
ビジネスシーンでも着ているチェックスーツを結婚式にも着回すなら、こんなコーディネートがおすすめです。

ビジネスシーンにおすすめのチェックスーツの着こなし

ビジネスシーンでは、柄の主張や色使いが抑えめの着こなしがおすすめです。
グレーやネイビーなどベーシックカラーのチェックスーツを選び、シャツやネクタイも小さめの柄を選びましょう。

ネイビーカラーで統一したビジネスにおすすめのコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/657314508089533929/

ウインドウペンはカジュアルなイメージですが、これくらいタイトなシルエットで線の主張も控えめなら、業種によってはビジネスシーンでも着用できます。

ウインドウペンのチェックスーツをビジネスシーンにふさわしくする着こなしのポイントは、シャツやネクタイをネイビーの同系色でまとめることです。
こうすることで、遊び心のある柄もフォーマルな印象になり、周りにチャラチャラしたイメージを与えません。

淡いチェックスーツをダークカラーのネクタイで引き締めたコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/498984833700921427/

グレーの地色に白や薄ピンクのグレンチェックが入った、淡い印象のチェックスーツの着こなしです。
チェックスーツは地色に細かく他の色が混ざるので、元の色より淡い印象になりがちです。

そういったチェックスーツをビジネスシーンにふさわしいよう引き締めるには、ダークカラーのネクタイがおすすめです。

胸元に白いシャツとダークカラーのネクタイのコントラストがあることで、コーデ全体がキリッと引き締まります。

ギンガムチェックをポイントに個性を出したコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/830914199970785508/

営業マンなど、ビジネスシーンで人に強い印象を残したいメンズは、あえてチェックオンチェックで個性を出した着こなしもおすすめです。

こちらのコーデでは、ギンガムチェックのシャツをポイントに、淡いシャドーチェックと同系色の小紋柄ネクタイを合わせています。

チェックオンチェックでもちぐはぐな着こなしにならないコツは、全てを同系色でまとめることと、主役にするアイテム以外の柄は主張が少ないものを選ぶことです。

デートや私服におすすめのチェックスーツの着こなし

ビジネスシーンでチェックスーツを着られない職種のメンズは、デートなどプライベートでチェックスーツを楽しみましょう。

プライベートなシーンにおすすめのチェックスーツのコーデをご紹介します。

ネクタイいらずのタートルニットをインしたコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/615163630320833753/

ネクタイいらずのタートルニットをチェックスーツに合わせた着こなしは、コーデが苦手なメンズでも間違いなく格好良く決まります。

好きなチェックスーツに黒のタートルニットをインするだけで、ビジネスシーンとは一味違う大人のデートコーデが完成します。

秋冬のデートにチェックスーツを着ていきたいメンズは、手軽に真似することができる着こなしです。
ただし「ネクタイ着用」など厳密なドレスコードがあるレストランには入れない可能性もあるので注意しましょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/774759942116734726/

セットアップスーツでは堅すぎる場面では、チェックスーツのジャケットを使ったジャケパンコーデがおすすめです。

同系色のパンツを合わせるとカジュアルに見えないので、思い切ってベージュのパンツを合わせたのがポイントです。

その分シャツ・ネクタイ・カーディガンは同系色で合わせると、統一感が出て大人っぽい着こなしになります。

ハイカットのスニーカーとリュックでカジュアルダウンしたコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/776448791982883416/

グレーのグレンチェックスーツに、スニーカーとリュックを合わせてカジュアルダウンした着こなしです。
セットアップスーツはフォーマルな印象になりやすいですが、こうしてスニーカーなどカジュアルアイテムと合わせることで私服としても着られます。

ビジネス用に買ったチェックスーツを私服として着まわしたいメンズは、こういった着こなしに挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

様々なチェックスーツの着こなしをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

種類が豊富で、色や柄によって様々なイメージを与えるチェックスーツは、着こなしがとても楽しいスーツです。
チェックスーツの着こなしのポイントを覚えて、毎日のコーディネートを楽しみましょう。