黒スーツの着こなし方法!結婚式・ビジネスにおすすめのコーディネートを紹介

黒スーツ

日本人のメンズの多くが就活の時に手に入れる「黒スーツ」。

定番のアイテムですが、意外に着こなしが難しくて困っていませんか?
また、「黒スーツは喪服の代わりに使える?」「結婚式に行くときの黒スーツのマナーは?」など、マナーの面で迷っているメンズも多いのではないでしょうか。

今回は、黒スーツの着こなしのマナーや、黒スーツのおすすめコーディネートをご紹介していきます。

この記事の見どころ

定番な黒スーツを正しくカッコよく着こなそう!

黒スーツのおすすめコーディネートをご紹介!

黒スーツの種類は大きく2種類

黒スーツには、大きく分けると礼服とビジネス用の2種類あります。
この二つを混同してしまうと、結婚式やお葬式、ビジネスの場で大恥をかいてしまいかねません。
そうならないように、この2つの違いを詳しく解説していきます。

礼服としての黒スーツ

礼服とは、結婚式・お葬式・入学式や卒業式、成人式など式典全般で着用する黒いスーツのことです。
燕尾服やモーニング、タキシードなど正礼装と呼ばれる礼服は、ジャケットの形から違いますし持っている一般人も少ないので、今回は解説を省きます。

一般の人が結婚式などで着るのは、メンズの略礼装である「ブラックスーツ」「ダークスーツ」と呼ばれる黒スーツです。
礼服用の黒スーツは、ビジネス用の黒スーツより光沢が抑えめの深い黒色の生地で仕立てます。柄は必ず無地です。

共布のベストと三つ揃いで販売されていることもあります。
ベストは着るだけでフォーマル感が出て、持っていると便利なアイテムです。

ビジネス用のスーツの多くはラペルに「AMFステッチ」と呼ばれるステッチがありますが、礼服の黒スーツにはありません。
ジャケットを着たままでも動きやすくするための後ろの切れ込み「ベント」も、礼服用の黒スーツにはありません。

ビジネス用の黒スーツ

ビジネス用の黒スーツは、礼服用に比べて黒の色が浅く、光沢もある生地で仕立てられています。
日本では就活スーツの定番は黒無地のスーツになっていますが、外国では喪服に似て見えることから、無地の黒スーツは敬遠されがちです。

こういった風潮が日本にも伝わり、日本でもグローバル意識の強い人は黒無地のスーツを避ける傾向があります。
社会人になってスーツを買い直す時は、無地の黒スーツは避けて、ストライプなど柄の入ったものや、織地に工夫がある黒スーツを選ぶといいでしょう。

スーツの形にはシングルとダブルがあり、どちらもビジネスシーンではマナー違反ではありません。
しかし、日本のサラリーマンの主流はシングルスーツですし、黒のダブルスーツはかなりハードな印象になって、日本人の若いメンズには着こなしが難しいです。

新しく黒スーツを買いたいと思っているメンズは、ストライプ柄か織り柄が入った、シングルの黒スーツを買えば間違い無いでしょう。

黒スーツの着こなし方法・マナーを紹介

黒スーツの着こなしのマナーや、コーディネートのコツについて解説していきます。

特に礼服は、ファッションを楽しむためではなく周りに失礼にならないよう着用するものなので、マナーをしっかり覚えて恥ずかしくない着こなしをしましょう。

喪服として着る場合

喪服で着る礼服としての黒スーツは、黒の染めが深く光沢がない生地のものです。

どうしても喪服を準備する時間がなかった場合は仕方ありませんが、普通のビジネス用の黒スーツでお葬式に参列すると、黒の色合いが違って一人だけ浮いてしまいます。

故人を尊重する意味でも、喪服を買う費用や時間を惜しまず、深い黒の喪服を着て参列しましょう。
お葬式では、メンズは黒の礼服に白無地のシャツ、黒無地のネクタイを着用します。

お葬式の場では光沢のある素材は嫌われるので、カフスやベルトのバックルなどは艶のないものを選びましょう。
同じ理由でネクタイピンや腕時計もつけません。

アクセサリーは基本的に何もつけませんが、結婚指輪はゴールドやダイヤのきらびやかなデザインでない限りつけていても問題ありません。

厳密なマナーとしては、殺生を連想させる動物製品はマナー違反なので、靴やベルトは合皮のものを選ぶべきですが、現代ではそこまで気にしなくていいでしょう。

合皮でも本革でもいいので、黒のなるべくシンプルなものを選びます。
光沢のあるエナメル素材や、装飾の多いウイングチップの靴はNGです。

メンズは鞄を持たず、お香典、数珠、ハンカチなど必要なものは内ポケットにしまいましょう。

ちなみに、以上のマナーは「葬儀」に参列する場合の黒スーツの着こなしです。

「通夜」に参列する場合は、きっちりマナーを守った喪服は「以前から用意していた」と捉えられてしまい失礼に当たります。

「訃報を知らされてすぐに駆けつけた」という形で参列する通夜には、たとえ実際は準備する余裕があったとしてもグレーや紺など喪服ではない地味なスーツで参列します。

この時も、光沢のあるものや色柄ものはなるべく避け、地味な着こなしを心がけましょう。

結婚式・パーティーに着ていく場合の着こなし

礼服の黒スーツの結婚式での正式な着こなしは、白無地のシャツにシルバーのネクタイです。
カフスを付ける場合は白蝶貝など白くて光沢のある素材のものを選び、ジャケットに白いポケットチーフを指します。

ジャケットと共布のベストを着るとよりフォーマルな印象になります。
靴はエナメルの光沢のあるものを履くのが正式なマナーです。

もちろんこれは最も格式の高い結婚式での着こなしなので、友人の結婚式など少しカジュアルな場なら、違う色のネクタイやベスト、ポケットチーフを使っても構いません。

また、黒い礼服はどうしても結婚式よりお葬式のイメージが強いので、相当格式を重んじる結婚式以外には、柄の入ったビジネス用黒スーツや、ネイビー・グレーなど他の色のスーツを着ていきましょう。

入学式・卒業式・成人式などの式典やパーティーには、慶事なので結婚式と同じ着こなしが最も格式高いです。

しかし一般的な学校の式典で結婚式と同じ装いをすると堅苦しすぎるので、適度に色柄の入ったネクタイやベストで華やかさを出しましょう。

光沢がない質感の礼服はやはり喪服と誤解されやすいので、光沢がある素材や織り、柄が入った黒スーツを選ぶのがおすすめです。

パーティーでは、ビジネスシーンでは使いにくい派手な色や、黒スーツに黒シャツといった攻めた着こなしを楽しむこともできます。

普段ビジネスシーンでも着ている黒スーツをパーティーに着て行くときは、色使いやネクタイ・ベストなどの小物使いでガラッと印象を変えた着こなしを楽しみましょう。

ビジネス用に普段使いする場合の着こなし

ビジネス用の黒スーツに合わせるのは、白かブルーのシャツが無難です。

柄は無地かストライプが使いやすいでしょう。
ピンクや淡い紫、黄色などのカラーシャツやチェックシャツも、特別堅い業種でないメンズなら着ても問題ありません。

淡いグレーのシャツも問題ありませんが、黒のシャツはさすがにほとんどのサラリーマンが避けたほうがいいでしょう。

黒スーツに黒シャツはコーディネートとしておかしいわけではありませんが、ホストなど夜の職業のイメージが強い着こなしです。
また、黒は強い色なので、相当整った顔立ちや濃い顔立ちでないと、日本人メンズは顔がスーツとシャツに負けて

しまいます。
黒はベーシックでどんな色とも相性がいいので、基本的に合わせると変になるというシャツの色はありません。
黒スーツに合わせるシャツの色は、会社の社風や本人のキャラクター、周りの服装などに合わせて決めましょう。

ネクタイについても、特にNGな色柄はありません。
黒スーツとのコーディネートというより、シャツの色柄とのバランスを考えてネクタイを選ぶといいでしょう。

ただし黒スーツは他の色よりハードでシックな印象を与えやすいです。
営業職など周りに親しみやすい印象を与えたいメンズは、淡い色や明るい色、小紋柄など黒スーツの印象を和らげるネクタイを選ぶといいでしょう。

逆にシャープな印象を与えたい場合は、寒色系やダークカラーの、無地やストライプのネクタイを選ぶのがおすすめです。

シーン別黒スーツのおすすめコーディネート

結婚式やパーティーとビジネスシーン、それぞれにおすすめの黒スーツの着こなしを3つずつご紹介します。

結婚式・パーティーにおすすめの黒スーツの着こなし

結婚式やパーティーには、ビジネスシーンよりも華やかな色や柄を取り入れたコーディネートがおすすめです。
間違っても喪服には見えないよう、ベストやシャツなど広い面積で明るい色を取り入れましょう。

格式高い慶事での基本の着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/299348706462504930/

親族の結婚式や上司・取引先の結婚式にも着ていける、格式高い黒スーツの着こなしです。
黒スーツに白シャツとシルバーのネクタイ、ベストと白いポケットチーフを合わせた着こなしなら、どんな結婚式でも恥をかくことはありません。

絶対に間違いない結婚式の参列コーディネートを揃えたいメンズは、こちらの着こなしを参考にするといいでしょう。
ベストは共布の黒か、写真のようなシルバーのベストどちらでもマナー的に問題ありません。
若いメンズは、こちらのようなシルバーのベストの方が明るい印象になるのでおすすめです。

ネクタイとチーフで差し色を加えた着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/361132463850939024/

黒スーツと共布のベストに、オレンジのネクタイとポケットチーフで差し色を加えた大人っぽいコーディネートです。

黒スーツに白シャツ、ネクタイとチーフで一色差し色というコーディネートは、どんなメンズでもすぐに真似できて失敗しない着こなしです。

差し色はオレンジに限らず、自分に似合う色ならなんでも問題ありません。
ただし取り入れた差し色が新婦のカラードレスと被ってしまわないよう、事前に新郎新婦にリサーチしておきましょう。

カラーシャツを差し色にした着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/375206212684515194/

こちらは黒スーツにピンクのカラーシャツを差し色にした上級者コーディネートです。
一つ上のコーディネートと同様どんな色でも失敗しませんが、写真のようなピンクなど明るいパステルカラーなら

よりお祝いムードが出て、結婚式にふさわしい着こなしになります。
ただし日本人のメンズが真似するなら、ネクタイはもう少し明るい色にして、顔まわりの印象を和らげたほうが着こなしやすいかもしれません。

ビジネスシーンにおすすめの黒スーツの着こなし

ビジネスシーンにおすすめの黒スーツの着こなしを3つご紹介します。

真似しやすいネイビーのネクタイを合わせた着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/47780446020306648/

どんなメンズも真似しやすい、白いシャツにネイビーのネクタイを合わせた着こなしです。
黒スーツにネイビーのネクタイは、遠くから見ると黒いネクタイにも見えてしまい喪服のような印象を与えかねません。

それを防止しているポイントは、遠目にもはっきりわかる大きめの柄と、喪服とははっきり違う光沢のある黒スーツの生地です。
ビジネス用に地味目の着こなしをすると喪服に見えてしまうというメンズに、ぜひ真似してほしい着こなしです。

好感度の高いブルーでまとめた着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/448741550365814248/

新入社員や若いメンズに真似してほしい、爽やかなコーディネートです。
淡いブルーのシャツと明るめのネイビーのネクタイを合わせ、統一感を出してまとめています。
黒スーツに同系色のシャツ・ネクタイを合わせるコーディネートは、きっちりした真面目なイメージで好印象です。

淡い色をベストで引き締めた着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/329466528980070977/

白シャツと淡い色のネクタイの組み合わせを、ベストを着て引き締めた着こなしです。
淡い色同士の組み合わせはぼやけてしまいがちですが、黒スーツと合わせてベストで面積を狭くすることでシャープな印象になります。

パステルカラーやニュアンスカラーのネクタイをうまく使いこなせていないというメンズは、ベストを合わせて面積を調節してみてはいかがでしょうか。

まとめ

黒スーツの着こなしマナーやおすすめコーディネートをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
黒スーツはどんな色とも相性がよく様々な着こなしを楽しめる反面、慶事・弔事には厳密なマナーがあり着こなすのが難しいものです。
黒スーツのマナーとコーディネートのコツを知って、スーツの着こなしをもっと楽しみましょう。