王道のネイビースーツを格好良く着こなす方法!シーン別コーディネートも!

ネイビースーツ

ネイビースーツは、サラリーマンなら誰でも一着は持っている定番のスーツです。
ビジネス・結婚式・成人式などどこにでも着て行けて、またネイビーの色合いによっても様々な個性があるので、幅広い着こなしが楽しめます。

今回は、海外のコーディネート例などを参考に、周りに差をつけられる格好いいネイビースーツの着こなしをご紹介します。

この記事の見どころ
  • ネイビースーツはどんなイメージを与えてくれる?
  • ネイビースーツのおしゃれなコーディネートをご紹介!

スーツの王道ネイビースーツ

オフィス街を見渡した時、サラリーマンが最も多く着ているのはネイビースーツです。

ネイビーは日本人の肌と馴染みが良く、私服でも好んで着用しているメンズが多いカラーです。
日本のみならず海外でもスーツの定番カラーなので、仕事で海外に行く時や、外国人と一緒に仕事をする時も使いやすいです。

また、黒スーツは「喪服っぽい」「就活生っぽい」グレースーツは「ぼやけて見える」「チャラそうなイメージ」

などマイナスイメージもある中、ネイビースーツはそういったネガティブなイメージがありません。
そういった意味でも使いやすく、誰でも無理なく着こなせるのも、ネイビースーツが王道になっている理由と言えそうです。

多くの人が着ているネイビースーツだからこそ、着こなしの基本を押さえて格好良くコーディネートしましょう。

ネイビースーツのイメージとは?

ネイビースーツの全体的なイメージとしては、「無難」「真面目」「若々しい」「クール」「シャープ」などの言葉が挙げられます。

まず「無難」というイメージについては、単純にネイビースーツを着ているサラリーマンが多いため、どこに行っても浮くことがない色だからと言えるでしょう。

また、学校の制服にも使われることが多い色のため、「真面目」「若々しい」というイメージもあります。

また、ネイビーは「冷たさ」「静かさ」を感じさせる寒色系かつ、引き締まって見える濃色なので、「クール」「シャープ」といった言葉もイメージされる色です。

ネイビースーツは、その色合いによっても大きく印象が変わります。

ネイビーのトーン別のイメージとしては、黒に近いダークネイビーはよりシックで真面目なイメージ、ブルーに近いライトネイビーは若々しく華やかなイメージです。

人前に立つプレゼンテーションや、親しみやすく見せたい営業では明るめのネイビー、重要な会議など真面目に見られたいシーンでは暗めのネイビースーツなど、シーンに合わせて選ぶといいでしょう。

ネイビースーツの柄別のイメージ

色のトーンだけではなく柄によっても、ネイビースーツのイメージは変わってきます。
無地・ストライプ・チェックの柄別に、ネイビースーツのイメージについて解説していきます。

無地のネイビースーツのイメージ

無地のネイビースーツは、堅くてフォーマルなイメージがあります。

どんなシャツやネクタイとも合わせやすく、定番中の定番と言えるのが無地のネイビースーツです。

コーディネートによっては、結婚式や成人式にふさわしい華やかな着こなしもすることができます。

無地のネイビースーツは生地の質感によってもイメージが異なります。

光沢感が強いほど華やかなイメージになるので、結婚式・成人式といった晴れの場にはツヤ感のある生地で仕立てたネイビースーツを選ぶといいでしょう。

逆に光沢が抑えめでマットなネイビースーツは真面目で実直なイメージなので、ビジネスシーンに向いています。

ストライプのネイビースーツのイメージ

ストライプのネイビースーツは、無地に次いで定番のスーツと言えるでしょう。

特にビジネスシーンで、ストライプのネイビースーツを着ている人が多いです。

ストライプは線の太さや幅によっても印象が変わります。
線や幅が細いストライプほどシャープで若々しく、太いストライプほど華やかで力強いイメージがあります。

絶対にそうしなければいけないという決まりはありませんが、ビジネスシーンでは細めのストライプ、結婚式や成人式には太めのストライプのネイビースーツが着こなしやすいでしょう。

チェック柄のネイビースーツのイメージ

チェック柄のネイビースーツは、無地・ストライプに比べてカジュアルなイメージです。

職種や会社の社風によっては、ビジネスシーンで着ると浮いてしまうかもしれません。

ただし規定として「チェックのスーツを着てはいけない」と明文化されている会社は少ないと思うので、ビジネスシーンでチェック柄のネイビースーツを着てみたいメンズは、先輩や上司の服装を見て空気を読みながら取り入れてみましょう。

結婚式や成人式などビジネス以外のシーンでも、チェックのネイビースーツは場面を選びます。
やはりカジュアルなイメージがある柄なので、格式の高い会場での結婚式や、大きなホールで開かれる成人式の式典では控えたほうがいいでしょう。

チェック柄のネイビースーツは、カジュアルなレストランでの結婚式や、成人式の二次会など、少し砕けたシーンで取り入れるのがおすすめです。

ネイビースーツと各アイテムの選び方

ネイビースーツと合わせて着こなす、シャツやネクタイ、靴などの小物の選び方を解説していきます。

ネイビースーツに合うシャツの色・形は?

ネイビースーツに合わせるシャツは、白かブルーが無難です。

白ならよりフレッシュで真面目な印象、ブルーならクールでスタイリッシュな印象になります。

日本ではシャツといえば白という考え方を持っている人も多いですが、海外のメンズはどちらかというとネイビースーツにはブルーのシャツを合わせる人が多いようです。

ピンクや薄紫、黄色などのカラーシャツを合わせても問題ありませんが、少しカジュアルで派手なイメージになるので、ビジネスシーンにはあまり向かない着こなしです。

結婚式や成人式で、ネイビースーツに蝶ネクタイを合わせたい場合には、白のウイングカラーシャツを選びましょう。

蝶ネクタイは普通のネクタイよりも立体感があるので、レギュラーカラーのシャツに合わせると首回りが苦しくなってしまいます。

そういった理由から、レギュラーカラーのシャツに蝶ネクタイは合わせません。
少しでもファッションの知識がある人や海外の人から見ると、いつものシャツに蝶ネクタイはおかしなコーディネートだと思われてしまうので注意しましょう。

ネイビースーツが映えるネクタイの色・形は?

ネイビースーツと白かブルーのシャツには、基本的にどんなネクタイを合わせてもおかしな着こなしにはなりません。

スーツやシャツと同系色のブルー系のネクタイならより真面目でクールなイメージ、反対色の黄色やオレンジ、赤など暖色系のネクタイは、意思が強そうで洗練されたお洒落なイメージになります。

ちなみに、イタリアンスーツを着る場合には、海外ではネイビーと茶色の組み合わせが「アズーロ・エ・マローネ」と呼ばれる定番の着こなしです。

ネクタイの幅は、細いものはシャープで若々しく洗練された印象、太いものは貫禄があり華やかな印象です。
ただしビジネスシーンでは、あまりに細すぎるネクタイ・太すぎるネクタイは違和感を与えてしまうので注意しましょう。
逆に結婚式や成人式では、ビジネスで使いにくいナロータイやワイドタイ、蝶ネクタイなどで非日常感を出すのがおすすめです。

自分が周りに与えたい印象に合わせて、色と形のイメージの組み合わせでネクタイを選びましょう。

ネイビースーツに合わせたい靴・ベルトの選び方

ネイビースーツには、黒・茶色どちらの靴・ベルトも合わせることができます。
ただし、靴とベルトの色は常に揃えるのがスーツの着こなしの鉄則です。
鞄や革ベルトの腕時計も、可能なら色を統一しましょう。

黒ならより堅実で真面目なイメージ、茶色ならややカジュアルで華やかなイメージにな流ので、シーンによって使い分けましょう。
寒色系のネクタイの時は黒、暖色系のネクタイの時は茶色を選ぶとコーディネートに統一感が出やすいです。

また、暗めのネイビースーツには黒い革小物が、明るめのネイビースーツには茶色の革小物のほうが相性がいいです。
とはいえ、コーディネートに絶対の決まりはありません。

靴とベルトは黒のもの、茶色のもの両方1セットずつ持っていると、ネイビースーツに合わせて様々な着こなしを楽しむことができます。

ちなみに、先ほどもご紹介した海外の定番「アズーロ・エ・マローネ」の着こなしの場合は、靴やベルトも茶色のものを選びます。

シーン別ネイビースーツのおすすめコーディネート

ビジネス・結婚式・成人式のシーン別に、おすすめのネイビースーツの着こなしをご紹介していきます。

ビジネスシーンにふさわしいネイビースーツの着こなし

ビジネスシーンでは、あまり華やかになりすぎず、真面目でシャープに見える着こなしがおすすめです。

絶対に失敗しない同系色で合わせた着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/277182552051183798/

ネイビースーツにブルーのシャツ・ブルー系のネクタイを合わせて同系色でまとめた着こなしは、どんな色のトーンや柄を選んでも絶対に失敗しない定番の着こなしです。

写真では海外のモデルさんなのでかなり明るめの、ブルーに近いネイビースーツを選んでいますが、もう少し暗めのネイビーの方が日本人は着こなしやすいでしょう。

着こなしセンスに自信がないメンズは、同系色でまとめるコーディネートが最も無難です。

茶色のネクタイを合わせた海外風の着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/776448791981894820/

海外の定番「アズーロ・エ・マローネ」の組み合わせ、ネイビースーツに茶色のネクタイを合わせた着こなしです。

大きめのストライプが目立つスーツなので、無地のシャツとネクタイでバランスを取っています。

日本のビジネスシーンであれば、もう少し目立たないストライプの方が着こなしやすいです。
海外風のコーディネートに挑戦してみたいメンズにおすすめの着こなしです。

グレーのネクタイを差し色にした着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/462041243017028429/

地味な色と思われがちなグレーですが、同系色で統一したネイビースーツとブルーのネクタイに合わせると逆に差し色になります。

ネイビーは定番カラーではありますが無彩色ではないので、他の色と合わせるとビジネスシーンには派手すぎる印象になってしまうことがあります。

同系色でまとめるのには飽きたけれど派手になりすぎたくないという時は、グレーなど無彩色を差し色のように使った着こなしがおすすめです。

結婚式におすすめのネイビースーツの着こなし

結婚式には、ビジネスシーンとは差別化した華やかな着こなしで行くのがおすすめです。

反対色のイエローを差し色にしたコーディネート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/552253973043494634/

三つ揃いのネイビースーツに、目を引くイエローのネクタイを差し色にしたコーディネートです。

イエローはブルーの反対色なので、小さい面積でも取り入れるだけで一気に華やかになります。

共布のベストを合わせてフォーマル感を出したことも、結婚式にふさわしい着こなしのポイントです。
ホテルウエディングなど格式高い結婚式なら、スーツを無地かストライプのものに変えるのがおすすめです。

蝶ネクタイを大人っぽくまとめた着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/509610514069805689/

蝶ネクタイは結婚式など特別な場面でしか身につけられないアイテムですが、子供っぽくなりがちという側面もあります。

蝶ネクタイを使って大人っぽい着こなしを楽しみたいなら、こちらのコーディネートのように同系色でまとめるのがおすすめです。

ブルー系の同系色でまとめたことで蝶ネクタイのインパクトが強くなりすぎず、大人のメンズも無理なく着こなすことができます。

二次会やレストランウエディングにおすすめのカジュアルな着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/470978073524712728/

大きなギンガムチェックのシャツをポイントにした着こなしです。

インパクトのあるアイテムでもまとまりを出すコツは、アイテムを全て寒色系で統一していることです。
「海外のモデルさんだから似合うんだろう」と感じるメンズも多いかと思いますが、こういったポップなコーディネートは日本人の顔立ちや若々しいイメージと相性がいいです。
レストランウエディングや結婚式の二次会なら、これくらい遊び心のある着こなしも許されます。

成人式で目立てるネイビースーツの着こなし

成人式にネイビースーツを着て行く時は、若々しさを強調した今しか着られないコーディネートがおすすめです。

ギンガムチェックをポイントにした可愛らしい着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/475059460677828161/

鮮やかなブルーのギンガムシャツをポイントにしたコーディネートです。

さらに蝶ネクタイを合わせることで、より若々しく可愛らしい着こなしに仕上げています。
歳を重ねるごとにこういった着こなしが似合うメンズは限られてくるので、成人式では若さを生かした思い切ったコーディネートをしてみるのがおすすめです。

色柄ではなく光沢感で華やかさを出した着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/368098969528812839/

派手な色柄は好みではないというメンズは、スーツの質感で華やかさを出すのがおすすめです。
ツヤ感が綺麗なスリーピーススーツは、成人式の後も結婚式など様々な場面で使えます。

派手すぎることなく周りと差をつけたいというメンズは、質感を基準に成人式用のスーツを選んでみてはいかがでしょうか。

赤いネクタイがおめでたいイメージの着こなし

出典:https://www.pinterest.jp/pin/664562488737659067/

日本・海外問わず、赤はお祝いの席でよく使われる色です。

また、赤と青の組み合わせは「ヒーローの色」とも言われ、自信に満ちて堂々とした印象になります。
海外の大統領が演説の時、この組み合わせを選ぶという話を聞いたことがあるメンズも多いのではないでしょうか。

おめでたいイメージで、自信に満ちて見える赤いネクタイは、成人の日を祝うのにふさわしいアイテムです。

まとめ

ネイビースーツは、日本・海外問わず定番で、シーンを問わず着こなせるスーツです。
着られる場面が多いからこそ、様々な着こなしを知って幅広いコーディネートを楽しみたいですね。

今回ご紹介したネイビースーツの着こなしのコツやおすすめコーディネートを参考に、ぜひネイビースーツの着こなしの幅を広げてみてください。