好感度アップ!もみあげの整え方・手入れ・デザインをマスターしよう

普段もみあげの形や長さをあまり気にすることはないという方は多いのではないでしょうか?
しかし、意外にももみあげは顔の印象や清潔感を左右する重要な場所なのです。もみあげは、少しの手入れでぐっと洗練された雰囲気になるため、こまめな自己処理がオススメです。
今回は、もみあげの基本的な整え方や、代表的なデザイン、もみあげの脱毛についてなど幅広くご紹介していきます。

この記事の見どころ

  • もみあげのお手入れ方法を紹介
  • もみあげの脱毛について解説
  • おすすめのもみあげまとめ

もみあげの整え方・手入れの仕方

癖毛・長い毛はカット

もみあげの手入れをする前に、癖毛や長い毛は短くカットしておきましょう。
癖毛や長い毛で輪郭が隠れていると形を整えにくいため、最終的にどのような形にするとしてもカットは必須です。

ただし、長髪でパーマをかけるようなヘアスタイルの場合はそのままでもOKです。

もみあげの高さを決める

まずもみあげの高さをどの程度にするのかを決めます。
基本的には耳たぶまでくらいの長さが無難に見え、手入れしやすいためおすすめです。それよりも短めにしたい方は耳の穴、長めにしたい方は顎の骨を基準に高さを決めると良いでしょう。

自分では自分の横顔をチェックできないため、もみあげの高さを左右均等にするのは意外と難しい作業です。左右の高さを揃えるには、眉ペンなどで印をつけておくと成功しやすくなります。

輪郭の形から整える

耳の周りのもみあげ以外の毛を誤って切ってしまわないよう、耳にかけたりピンで留めます。

その後、シェーバーで輪郭の形から整えていきます。いきなりシェーバーで剃るのは不安という方は、眉ペンなどで輪郭の形をとってから剃り始めると良いでしょう。

毛の長さを整える

輪郭の形がとれたら、もみあげの毛をクシで後ろから前へとかしつけ、前側の輪郭からはみ出る長さの毛をカットします。
次に前から後ろへクシでとかしつけ、後ろ側の輪郭からはみ出る毛をカットします。

これで大まかに形が整いますが、上側の部分などの毛が濃い場合は、バランスを見ながらすきバサミなどで毛の量を減らして整えます。

毛と肌のフィット感が大切なので、厚すぎたり肌から浮いている野暮ったいもみあげにならないよう注意しましょう。

もみあげのおすすめスタイル紹介

無難で誰にでも似合う一般的な形

もみあげのスタイルとして最も一般的なのは、耳たぶほどまでの長さで直線的な整え方です。
もみあげの前側を地面と垂直になるように、耳側のラインはフェイスラインに沿うようにします。

自分ではもみあげの手入れをするのが難しいという方は、前側のラインのみを整えるだけでもすっきりとした印象になります。

小顔効果がある前傾スタイル

もみあげの前側のラインを地面と垂直でなくやや前側に傾くような形にすると、小顔効果があります。顔の横幅が気になる方や、顔が大きいのがコンプレックスという方におすすめのスタイルです。

もみあげの前側にあまり濃い毛が生えていないという方は、毛の長さを少し長めに残して前に流すようにすると自然に前傾したもみあげになります。

爽やかに見える短めのもみあげ

耳の穴くらいまでの短めのもみあげは、ショートヘアに似合う爽やかな印象です。
髪をかきあげたり耳にかけたりしたときに違和感なく見えるよう、耳の穴の前あたりで自然な三角形になるように整えるのが一般的です。

また、もみあげの下の部分を平らに四角く整えると、厳格で個性的な雰囲気が出るスタイルとなります。

男性的に見える長めのもみあげ

長めのもみあげには、小顔や面長に見せる効果があります。丸顔がコンプレックスの方におすすめですが、もともと顎の方までもみあげが生えている方は少なく、似合う方も少ないので人を選ぶスタイルではあります。

もみあげを顎髭と繋げるスタイルは、とてもワイルドで男性的な雰囲気があり強面な方によく似合います。

もみあげが女性に与える印象とは?

長い・濃いほど男性的なイメージ

もみあげとは、男性ホルモンの働きにより生えてくる体毛です。そのため、もみあげが生えている範囲が広く、毛が濃いほど男性的な印象を受けます。

人それぞれの好みがあるため、どのもみあげが女性ウケがいいとは一概に言えませんが、ワイルドで男らしいタイプが好きな女性は長めのもみあげ、中性的で爽やかなタイプが好きな女性は短めのもみあげを好むと言えます。

どのようなスタイルのもみあげを選ぶとしても、手入れされていないボサボサのもみあげはNGです。スタイルに合わせて適切に手入れされた、すっきりとしたもみあげが女性から好印象と言えるでしょう。

もみあげの脱毛は効果ある?

脱毛で手入れの手間がなくなり快適に

もみあげが濃いことに悩んでいる方の中には、脱毛を検討している方も多いのではないでしょうか。
特別濃くなくとも、自己処理するには失敗や肌トラブルのリスクがあるためプロの手に任せたいという方もおられるかと思います。

もみあげの脱毛には、脱毛サロンで行われる光脱毛と、医療機関で行われるレーザー脱毛などがあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、予算や個人の好みに合わせて選びましょう。

商品詳細
光脱毛は毛の色素に反応して脱毛する方法のため、白髪や金髪など毛の色が薄い方は施術を受けることができません。もみあげに白髪が混じっているという方も完全に脱毛できないため光脱毛は避けたほうがいいでしょう。
ただし、近年では白髪に反応する光脱毛器も開発されているということなので、白髪が気になる方もお近くのサロンに問い合わせてみると良いでしょう。

バリカンで簡単に整える方法

バリカンで毛の長さを均一にカット

もみあげを自分で手入れする際は、バリカンを使うと簡単に毛の長さを均一に揃えることができます。

バリカンを使う際は、まず6mm〜9mm程度のアタッチメントをバリカンにつけてもみあげ全体の毛の長さを揃えます。
そして3mm程度のアタッチメントをバリカンに付け替え、裾の部分のみを短くカットして肌との繋がりをよくします。

これだけでは不自然な仕上がりになってしまうため、最後にクシとハサミを使って余分な毛をカットして完成となります。

もみあげの肌荒れが気になる方

ニキビにはなるべく触らない

もみあげの部分の肌は、ニキビができやすい場所でもあります。もみあげの部分にニキビがある場合は、なるべくニキビに触れないようにシェーバーを動かし、肌に傷をつけないように気をつけてください。

シェーバーでついた傷から炎症を起こし、さらにひどいニキビができてしまうおそれもあるため、ニキビに小さく切った絆創膏などを貼ってカバーするのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたかか?
もみあげは普段あまり気にしない部分ですが、少しの手入れで大きく印象が変わる場所でもあります。

少し手入れをするだけですっきりとした清潔な雰囲気になれるため、 今まであまり気にしたことがなかったという方も一度もみあげの手入れに挑戦してみてください。

また、もみあげが濃いことにお悩みの方には脱毛がオススメです。もみあげの脱毛は範囲が狭く気軽に挑戦できる場所なので、脱毛に興味があるという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。