メンズの洗顔・化粧水・乳液をつけるタイミングはいつがベスト?

メンズの洗顔・化粧水・乳液をつけるタイミングはいつがベスト?

毎日当たり前のようにしている洗顔ですが、正しいタイミングを知っていますか?習慣になっていても、実は洗顔のタイミングや方法が間違っているかもしれません。

今回は、洗顔のタイミングに迷っているメンズのために、正しい洗顔のタイミングとやり方をご紹介します。

メンズにおすすめの、洗顔後のスキンケア方法についても解説していきます。

メンズの洗顔のベストタイミングはいつ?

メンズの洗顔のタイミングは、ネットなどで調べると諸説あります。
実際にはどんなタイミングで洗顔をしたらいいのかについて、解説をしていきます。

起床後すぐの洗顔はOK?

起床後すぐの洗顔はOK?

子供の頃から、起床したらすぐ洗顔をするようしつけられているメンズも多いですよね。起床後すぐのタイミングの洗顔は、美容の観点では良いことなのでしょうか。
結論から言うと、朝の洗顔は肌質によって洗顔料を使い分ける必要があります。

CHECK
  • 起床後
    起床後すぐの肌は、夜寝ている間に分泌された皮脂がたまり、皮脂量が多い状態です。普段から皮脂の分泌量が多く、日中に顔のテカリが気になるメンズは、朝しっかり洗顔をして皮脂を落としてから出かけるのがおすすめです。

ただし、メンズの洗顔料は女性用の洗顔料に比べて皮脂を落とす力が強いです。乾燥肌の方や敏感肌の方など、皮脂の量が少なめのメンズは、朝夜2回の洗顔にメンズ用洗顔料を使っていると、皮脂を落としすぎてしまう可能性があります。

だからと言って、朝の洗顔が不要という訳ではありません。夜の間に溜まった皮脂が残ったまま外出すると、不潔なだけではなく皮脂が紫外線により酸化して、肌の黒ずみやくすみの原因となります。

CHECK
  • 女性用洗顔料を使う
    皮脂の量が少なめの方は、朝はぬるま湯ですすぐだけにしたり、女性用の洗浄力がマイルドな洗顔料を使う、化粧水で拭き取るだけにするなど、皮脂を落としすぎない洗顔がおすすめです。

汗を多くかく夏は朝晩しっかり洗顔、乾燥しがちな冬は夜のみ洗顔料を使うなど、季節や肌の状態に合わせて調節しましょう。

お風呂のタイミングの洗顔は?

お風呂のタイミングの洗顔は?

帰宅後お風呂に入るタイミングでの洗顔は、日中分泌された皮脂やホコリなどの汚れを落とすために必要です。この時は、お湯ですすぐだけでは十分に汚れが落ちないので、洗顔料を使ってしっかりと洗いましょう。

CHECK
  • ニキビや肌荒れの原因
    夜の洗顔で汚れを落としきらないと、毛穴の中に残った汚れがニキビや肌荒れの原因になります。洗顔前に湯船にしっかりつかったり、シャワーの場合も洗顔を一番後回しにすると、顔の毛穴が開いて汚れを落としやすくなります。汚れをしっかり落とした後は、化粧水・乳液で肌を保湿するのも大切です。

朝お風呂に入る習慣があるメンズは、洗顔料を使うのは夜のみにして、朝のお風呂ではぬるま湯ですすぐ程度にするのがおすすめです。

お湯ですすぐだけでもOK!

お風呂に入ると毛穴が開いて皮脂が落ちやすくなるので、お湯ですすぐだけでも十分に寝ていた間の汚れが落ちます。ただし次の項目でも解説しますが、朝お風呂に入る場合も就寝前の洗顔は必須です。

就寝前に洗顔をする

就寝前に洗顔をする

外に出かけなかった日や風邪をひいてしまった日、仕事や飲み会で疲れている時など、寝る前にお風呂に入れない・面倒臭いという日もありますよね。

夜お風呂に入らない日でも、必ず就寝前のタイミングに洗顔だけはするようにしましょう。

目に見える汚れはついていなくても、日中徐々に顔の皮脂は分泌されています。肌表面の皮脂を落とさないまま眠ってしまうと、酸化によって肌が黒ずんだり、毛穴の詰まりや肌荒れの原因となります。

顔の皮脂が枕について枕まで汚れてしまうと、枕に顔が触れるたびに皮脂や雑菌がつき、慢性的な肌荒れを起こしてしまいます。

ただし、後の項目でも解説しますが、朝・お風呂・就寝前など、顔を洗うタイミングが3回以上になってしまうのは肌に良くありません。

CHECK
  • 洗い過ぎに注意
    1日に3回以上洗顔をすると皮脂が落ちすぎてしまい、皮膚が危機感を感じて余計に皮脂の分泌量が増えてしまいます。1日に洗顔をするタイミングは、朝とお風呂、朝と就寝前など、1日2回までにとどめましょう。

皮脂は酸化する前に落とそう

皮脂は酸化する前に落とそう

ここまでも何回か「皮脂の酸化」というワードが出てきましたが、皮脂は本来肌の乾燥を防いだり、外部の刺激から肌を守る大切なものです。

ただし皮脂は時間の経過や紫外線などの刺激により酸化して、「過酸化脂質」という肌荒れの原因物質に変質してしまいます。

CHECK
  • 皮脂が酸化するタイミング
    皮脂が分泌されてから酸化するまでの時間は、約5〜6時間ほどです。

5〜6時間ごとのタイミングで洗顔をすればいいかというと、それは違います。

先にも解説したように、日に3回以上洗顔のタイミングがあると、肌を保護するために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

皮脂が酸化してしまった場合

それでは皮脂の酸化にはどのように対応するかというと、洗顔から5〜6時間のタイミングでティッシュやあぶらとり紙で押さえるのがおすすめです。

こうすることで、肌表面の酸化した皮脂がとれ、顔のテカリも抑えることができます。

メンズの洗顔ベストな回数は?

メンズの洗顔のベストな回数は、1日何回くらいなのでしょうか。一般的なタイミングから特殊な肌質への対策方法まで、様々なパターンをご紹介していきます。

朝と夜の2回が一般的?

朝と夜の2回が一般的?

洗顔は、朝と夜の2回のタイミングというのが一般的です。
親からの躾で、習慣的にそうしているメンズが多いのではないでしょうか。

CHECK
  • 起床後
    起床後に寝ている間に分泌された皮脂を軽く落とす
  • バスタイム
    夜お風呂に入る時か就寝前のタイミングで、日中溜まった皮脂や汚れを落とす

朝と夜で目的ごとに洗顔するのがおすすめです。

ただし、スポーツをした時や夏場など、特別たくさん汗をかいた時は、1日2回のタイミングにこだわる必要はありません。汗をかいたまま洗顔をしないでいると、汗の水分や分泌物に雑菌が繁殖して肌荒れやニオイの原因となります。

汗をかいたり顔が汚れてしまった時は、タイミングより汚れを落とすのを優先した方がいいです。

洗顔料は1日2回まで

しかし、1日2回以上顔を洗う場合も、洗顔料の使用は1日2回までにとどめるのがおすすめです。

洗顔料を使うのは朝晩や運動後と夜などタイミングを決め、それ以外の洗顔はぬるま湯ですすいだり拭き取りシートで対応しましょう。

1日3回以上は洗いすぎ?

1日3回以上は洗いすぎ?

先の項目でもご紹介しましたが、1日3回以上の洗顔は洗いすぎです。肌を健やかに保つために必要な皮脂まで落ちてしまい、危機を感じた皮膚が過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。

汗をかく時期や、どうしてもベタつきが気になるときは1日3回以上洗顔をしてもいいですが、洗顔のタイミングで毎回洗浄力の高い洗顔料を使うのは避けましょう。

洗浄力の低いものを

テカリやベタつきが気になって頻繁に洗顔したいメンズは、拭き取り化粧水や敏感肌用のマイルドな洗顔料など、洗浄力の低い洗顔方法を併用するのがおすすめです。

週に1回は少なすぎる?

週に1回は少なすぎる?

週に1回の洗顔は、はっきり言って少なすぎです。

在宅の仕事など外に出る機会が少ないメンズでも、皮脂は生活しているだけで分泌され、洗顔をしないと肌表面に溜まっていってしまいます。

週1回の洗顔では落とすタイミングが追いつかず、肌荒れやニオイの原因となってすぐに不潔な肌になってしまいます。

CHECK
  • 「週一洗顔」の美容方法
    極度の乾燥肌や敏感肌のメンズ向けの対策として、週1回の洗顔を推奨する美容法もあります。極度の乾燥肌や敏感肌は、皮脂の分泌量が人より極端に少ないのが原因です。

洗顔料や人工的なスキンケアで肌に刺激を与えず、肌を自然な状態に戻すことで、適切な皮脂の分泌を促すのがこの美容法の目的です。

ただし、単に洗顔のタイミングを週1回に減らすという意味ではありません。洗顔料の使用を週1回に減らし、それ以外の日は朝晩ぬるま湯でしっかりすすぐというやり方で、肌を清潔に保ちながら乾燥を防いでいきます。

洗顔が週1回になるからといって手を抜けるわけではなく、むしろ洗顔料を使わず十分に汚れを落とすため、手間と時間がかかる方法です。

この美容方法にはデメリットも・・・

この方法では、洗顔のタイミングを変えてすぐは肌が混乱して、Tゾーンのみ皮脂の分泌が増えてしまったり、一時的に乾燥肌が酷くなることもあります。これは肌が適切な状態に戻るまでのプロセスなので、しばらくは我慢して人工的なスキンケアや薬はつけないようにしましょう。

もちろん、全ての乾燥肌や敏感肌がこの方法で治るというわけではありません。生まれつき肌が弱いメンズもいますし、肌トラブルの原因は様々です。

悪化した場合はすぐに皮膚科へ

しばらくこの美容法を試しても効果がない・悪化するという場合には、洗顔のタイミングを元に戻して皮膚科を受診しましょう。

身体は食べ物から作られるので、食生活のバランスを見直し、ナッツやオリーブオイルなど良質な脂を取るのも肌質改善に効果的です。

メンズの化粧水・乳液をつけるタイミングは?

ここまでメンズにおすすめの洗顔のタイミングを解説してきましたが、では化粧水や乳液など、スキンケアのタイミングについてはどうでしょうか。

メンズにおすすめの、化粧水・乳液のタイミングについてご紹介します。

化粧水は必ず洗顔後につける

化粧水は、肌内部に浸透して水分を与えるものです。

肌表面の汚れが落ちていないのに化粧水をつけてしまうと、汚れの成分が毛穴に入ってしまったり、浸透力が落ちてしまい十分な効果を得られません。

CHECK
  • 化粧水は洗顔後に
    化粧水は、必ず洗顔後の清潔な肌につけましょう。洗顔後は肌表面が清潔なだけではなく、毛穴も開いていて化粧水が浸透しやすいタイミングです。

毛穴が閉じてしまう前に潤いを与えるため、洗顔後なるべくすぐに化粧水をつけましょう。

化粧水の浸透を良くするため、蒸しタオルを使ったり、お風呂にしっかり浸かって肌を温めるのもおすすめです。

化粧水は押し込むように

化粧水は適量を手のひらにとり、優しく肌の中に押し込むようにつけるようにしましょう。強く叩き込む付け方では肌に刺激を与えてしまいますし、表面に塗るだけでは肌の内部まで化粧水が浸透しません。

乾燥が気になる頰などを重点的に、優しく包み込むようなイメージで浸透させます。

乳液も化粧水後に必ずつける

乳液も化粧水後に必ずつける

洗顔後のスキンケアを、化粧水だけで終わらせているメンズも多いと思います。しかし化粧水は肌の内部に水分を与える効果しかなく、保湿力を持続させる力がありません。

CHECK
  • 化粧水の後は乳液を必ずつける
    洗顔後に肌の潤いを持続させるためには、必ず化粧水の後に乳液も使用しましょう。乾燥が気になる冬場は、乳液の後に保湿クリームも追加するのがおすすめです。

乳液はクレンジングとしても使える?

さらに乳液は、洗顔後のスキンケアだけではなく、洗顔前のクレンジング代わりとしても使えます。乳液は化粧水に比べて油分の含有量が多いため、顔の余分な皮脂と馴染みやすいのです。

鼻や頰の毛穴に詰まった角栓が気になるメンズは、洗顔をする前に肌に多めに乳液をつけ、くるくるとなじませて乳液クレンジングをしてみましょう。

油汚れは温まると溶けやすいので、お風呂に浸かりながら行うのもおすすめです。乳液でクレンジングをしたあとは、コットンで拭き取ったりぬるま湯で流し、その後いつも通り洗顔をします。

乳液クレンジングは皮脂汚れを落とすことができますが、汗やホコリなど水溶性の汚れは落ちないためダブル洗顔が必要です。

洗顔後に顔パックでもOK!

洗顔後に顔パックでもOK!

出典:https://beautyinsider.sg/

洗顔後、化粧水や乳液など何ステップもあるスキンケアが面倒なメンズは、顔に貼り付けるだけでスキンケアが完了するパックを利用してみましょう。

CHECK
  • パックは2種類
    パックにはスキンケアの仕上げとして使うスペシャルケア用と、ワンステップで全てのスキンケアが完了する日常使い用があります。

パックを購入する際は、どちらのタイプのものなのかを必ず確認しましょう。メンズには、化粧水・乳液の効果もあるオールインワンパックがおすすめです。

顔にパックを貼ったまま髪を乾かしたり、家事をしたりスマホを使うこともできるので、忙しいメンズにぴったりのスキンケア方法です。

洗顔代わりのパックがおすすめ!

また、最近は顔に貼るだけで洗顔代わりになるパックも発売され、話題になっています。洗顔効果のあるパックは水を使う必要がなく、他の身支度をしながら洗顔とスキンケアまで済ますことができるので、忙しい朝の洗顔代わりにおすすめです。

まとめ

今回の記事を読んで、朝に洗顔料を使って顔を洗うのは控えようと思ったメンズは、洗顔パックも検討してみてください。

ただし洗顔パックは洗顔料ほどの洗浄力はないので、お風呂や就寝前の洗顔代わりに使うのはおすすめできません。

お風呂や就寝前の夜の洗顔には、洗顔料を使ってしっかり1日の汚れを落としましょう。


この記事を読んだ方におすすめ

メンズ洗顔料おすすめランキング20選|オイリー肌や乾燥肌への商品とは!? アイキャッチメンズ用スクラブ洗顔のおすすめ人気ランキング10選 関連記事のIDを正しく入力してください