タバコは好きだけど、歯の黄ばみがどうしても気になる…

タバコ

タバコが原因の黄ばんだ歯で悩んでいる喫煙者の方は多いです。

黄ばんだ歯が相手に与える印象は決して良くないので、喫煙者の方は歯の黄ばみの原因を知り、予防と汚れを取るケアを適切に行う必要があります。

そこで本記事では、自分でできるタバコによる歯の黄ばみ予防法と歯の汚れを取るセルフケア、そして歯医者さんでできるデンタルケアの方法を紹介していきます。

この記事の見どころ
  • 歯の白さで印象で清潔感が変わる!!脱モテない男!
  • 歯の黄ばみを防ぐ方法は?
  • それ!歯の黄ばみの原因になります!

タバコで黄ばんだ歯はイイことなし!

歯が黄ばむ原因や防ぐ方法について話す前に、黄ばんだ歯が相手に与える印象について考えてみましょう。

目を背けたくなりますが、現実と向き合い自分を奮い立たせることは、デンタルケアに限らず自分磨きには大切なので、しっかり受け止めてください。

不潔で近寄りにくい感じ…

「この人、毎日歯磨いてないんじゃないの…」
「身の回りのことケアできてないんじゃないの…」

など歯が黄ばんでいることが原因で相手に「不潔」な印象を持たれてしまいます。

初対面の人と接する時、人は顔から相手の第一印象を決めます。なので、いくら誠実で真面目な人でも、歯が黄ばんでいれば、その人の第一印象は「不潔」となります。

そして、友人でもない限り、他人はそんな不潔な人に近付こうとは思いません。

さらに、この第一印象「不潔」が「清潔」になることはほとんどありません。たとえケアをして清潔になったとしても、元は不潔だったという悪い印象が残ってしまうからです。

つまり、初対面の人に不潔と思われないように歯の黄ばみを防ぎ、ケアするのが大切です!

モテなそうで異性からの印象も悪い…

ズバリ、歯が黄ばんでいると「モテません」!

なぜかというと、モテる人はさらにモテるし、逆に言えば、モテない人はもっとモテないからです。これは錯覚に似たような効果で、モテる男性はそれだけで他の女性から良い印象を受けます。

逆に、モテなそうな男性に女性はよほどのことがない限り近付きません。

先ほど、歯が黄ばんでいて不潔そうな人に他人は近づいてこないと言いました。

女性が近づいてこないから、モテなそうに見える。つまり、「モテない」というわけです。

なので、モテるためにも歯の黄ばみ予防とケアが必須です!

白い歯が相手に与える印象

ここまで、黄ばんだ歯が相手に与える印象がいかに悪いものかを紹介してきました。

今度は逆に、白い歯が相手に与える印象について紹介します。みなさんの白い歯に対するモチベーションが上がる内容なので、ぜひご覧ください!

清潔感があって親しみやすい印象

歯が白ければ、相手に「清潔感がある」という第一印象を与えて、みんなから親しまれます。親しみを持ってもらえば、人間関係がよくなり、交友範囲も広くなります。

さらに、社会人(特に営業職)の場合、この清潔感があって親しみやすいという第一印象は仕事の成果に大きく影響します。仕事の成績を上げるためにも、日頃のデンタルケアは必要不可欠です。

笑顔がステキで爽やかな印象

白い歯は笑顔をステキにして、爽やかな印象を相手に与えます。

白は肌の色に比べて明るい色です。そんな白には肌の色を明るく、引き立たせる効果があります。

また、顔のパーツの中で、白色なのは歯と目だけで、特に笑顔になると目よりも歯の方がよく見えますよね。なので、白い歯は顔を明るく、引き立たせる力があると言えます。

つまり、白い歯は笑顔をステキにして、相手に爽やかな印象を与える効果があるんです。

ステキな笑顔は相手にとてもイイ印象を与えるので、人間関係・友人関係をよくするためにも日頃から白い歯を目指したケアが大切です。

モテそうな感じで異性からも好印象

歯が白い男性は「モテます」!

ここまで、白い歯には笑顔をステキして、清潔感があって親しみやすくて、爽やかな印象を相手に与える効果があると話をしました。そんな白い歯のステキな男性を、女性は好印象に感じ、親しみを込めて近づいてきます。

先ほど「モテる人はさらにモテる」と言いましたが、女性が親しみを込めて近づいてくれば、他の女性からはその男性がモテる人にみえて、その女性たちも近づいてきてくれます。つまり、白い歯の男性は「モテモテになる」というわけです。みなさんが仕事ができて、人間関係をよく保ち、女性にモテたいと思うなら、今すぐにタバコの歯の黄ばみを防ぎ、ケアすることで、白い歯を手に入れる必要があるんです!

歯を黄ばまないように自分でできるケア方法を紹介!

ここまで黄ばんだ歯は相手に悪い印象を与え、逆に白い歯は相手に良い印象を与えて、男性にとってメリットしかないとお伝えしました。それでは、ここからタバコによる歯の黄ばみを防ぐために、自分できるケア方法を7つ紹介していきます。

タバコを吸ったらブラッシングしよう

タバコによる歯の黄ばみの予防法、一つ目は「タバコを吸ったらできるだけ早くブラッシングする」です。

そもそも、歯が黄ばむ原因とは何かを考えていきましょう。それはズバリ、「ステイン」と「タバコのヤニ」!

「ステイン」は食べ物や飲み物に含まれるポリフェノールなどが唾液の成分と一緒になってできた汚れのことです。一般的に、ハンバーグといったソース系料理やワインなどの濃い色の食べ物・飲み物を摂ることで生まれるステインは歯に強く付着して落ちにくいです。

そして、「タバコのヤニ」はこのステインよりもさらに強い粘着力があります。

これらステインやタバコのヤニを長時間放置すると、歯の中にまで浸透し、歯が黄ばんでしまいます。

では、どうすれば歯の黄ばみを防げるのか。答えは簡単、ステインやタバコのヤニが歯に浸透する前に取ること!

歯の汚れを取る方法といったらおなじみ、「ブラッシング」です。タバコを吸ったらできるだけ早くブラッシングをして、ヤニやステインを取ることで歯の黄ばみを防ぎましょう!

水で口をすすいで歯の黄ばみを防ぐ

タバコを吸ったらすぐにブラッシングを!といっても…

「仕事が忙しくてブラッシングする時間がない…」
「タバコの後にブラッシングなんて正直面倒…」

なんて声も多いハズ。そんな方には歯の黄ばみ予防に「水で口をすすぐこと」をオススメします。うがいをしたり、水を飲むだけでも、タバコのヤニやステインが歯に付着するのを防げます。

ガムを噛んで歯の黄ばみを防ぐ

タバコを吸った後に、「ガムを噛む」のも歯の黄ばみ予防には効果的です。

ガムを噛むことで、唾液が多く分泌されます。この唾液には歯の汚れを取る効果があるので、タバコの後にガムを噛むことは、ヤニやステインの付着を防ぐことに効果的です。

正しいブラッシングを心がける

ヤニやステインなどの汚れをしっかり取るために、日頃から正しいブラッシングを心がけることが大切です。正しいブラッシングのポイントは2つ!

まず1つ目は、「歯ブラシを歯の向きに対して直角に当ててブラッシングする」歯の向きに対して直角に歯ブラシを当てると、ブラシの毛先がきちんと歯の表面に触れるので、磨き残しを防げます。

2つ目は、「軽い力で小刻みにブラッシングする」ブラッシングに必要な力は、ブラシを動かすくらいの力で十分です。

逆に、力を入れてブラッシングすれば、歯の汚れをきちんと落とせないだけでなく、歯や歯茎を傷つける原因となり、知覚過敏や歯茎の炎症を引き起こします。

また、ブラシは小刻みに動かしましょう。ブラシを小刻みに動かすことで、歯の表面の汚れだけでなく、歯と歯の間の汚れもきちんと落とせます。

タバコのヤニによる歯の黄ばみを防ぐためには、正しいブラッシングを心がけることが大切です。

綿棒でブラッシングして歯の黄ばみを防ぐ

タバコのヤニやステインによる歯の黄ばみ予防法としては、「綿棒でのブラッシング」も効果的です。

まず、綿棒は使い捨て品です。なので、綿棒を使ったブラッシングは歯の汚れを取るだけでなく、歯や歯茎にとって衛生的です。

綿棒を使ったブラッシングは力を入れずに、滑らせるようにするのがポイント!歯ブラシでのブラッシング同様、汚れを落とし、歯の黄ばみを防げます。

普段から綿棒を持ち歩いて、タバコを吸ったらブラッシングを心がけましょう!

歯に塗ってすすぐだけで白く!ホワイトニングペン

「ホワイトニングペン」はタバコのヤニはもちろん、ブラッシングだけでは落としきれない強い汚れを取るのにも効果的です。また、ホワイトニングペンは白い歯を維持するツールとしても有効です。

使い方はブラッシングの前にホワイトニングペンを歯に塗り、少し時間をおいて乾かします。乾いたら、先述の正しいブラッシングをすればOK!

ブラッシングにホワイトニングペンを取り入れて、タバコのヤニやステインなどの強い汚れを落とし、歯の黄ばみを防ぎましょう!

ここで、市販のホワイトニングペンの中から、口コミでの評価が高い商品はコチラ!

商品概要
  • 商品名:ボディマジック ホワイトニングペン
  • ブランド:ボディマジック
  • 価格:¥ 1,814
  • 性能:本商品を気になる箇所に塗って、ブラッシングするだけで歯の黄ばみの原因となる汚れを落とし、歯の色を明るくする

この「ボディマジック ホワイトニングペン」は歯の汚れを落とし、歯の色を明るくする効果があり、世界的に人気商品です。「コーヒーやカレーが好きで、タバコも吸っていたので歯の黄ばみに悩んでいたが、使い始めたその日に歯の色の違いを実感し、3日目には歯の色が明らかに明るくなった」という口コミがあることから、タバコのヤニによる歯の黄ばみケアとして有効な商品だといえます。

この「ボディマジック ホワイトニングペン」は歯の汚れを吸着する成分が配合されている1液、そして歯の汚れを浮かす成分が配合されている2液の計2種類で構成されてます。

使い方は、歯の黄ばみが気になるところに1液,2液の順に塗って数分おいて乾かします。乾いたら、ブラッシングをするだけでOK!先ほど紹介した口コミでは10分程度乾かしたとあったので、歯の黄ばみが気になる方は10分前後乾かしたほうがいいですね。

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

ホワイトニング歯磨き粉で白い歯を目指す!

「ホワイトニング歯磨き粉」を使うのも、歯の黄ばみを防ぐ方法として有効です。

ホワイトニング歯磨き粉に配合されている成分の一つに「ポリリン酸ナトリウム」があります。この「ポリリン酸ナトリウム」はステインやヤニの歯への吸着力を弱めて 、そして汚れから歯を守る効果があります。

つまり、ホワイトニング歯磨き粉を日常的に使用することで、ステインやヤニなどの歯の黄ばみの元になる汚れを落とすだけでなく、汚れから歯を守る効果が期待できるんです。

ここで、市販のホワイトニング歯磨き粉の中で、「ポリリン酸ナトリウム」が配合されていて、口コミでの評価が高い商品を1点ご紹介します。

コンクール ジェルコートF

商品概要

商品名:コンクール ジェルコートF
ブランド:コンクール
容量:90g
価格:¥ 1,080(税込)
有効成分:ポリリン酸ナトリウム(汚れの除去、歯のコーティング効果)

この「コンクール ジェルコートF」には歯の表面についた汚れを落とす有効成分「ポリリン酸ナトリウム」が配合されているので、タバコのヤニやステインなど歯の黄ばみの元になる汚れを落とすのに効果的な歯磨き粉です。また、「コンクール ジェルコートF」は汚れを落とす効果だけでなく、ムシ歯や歯周病、口臭予防にも効果があるので、口内環境を整えたい方にはオススメな歯磨き粉です。

さらに、口コミで「タバコを吸っているので、日に日にヤニで歯が黄ばんでいくのが悩みだったが、コンクールを使うようになってから歯の黄ばみの進行が抑えられているのを実感した」という声があったので、歯に付着したタバコのヤニを落とすのにもこの
この「コンクール ジェルコートF」が有効であることがわかります。

使い方は、普段使ってる歯磨き粉をこの「コンクール ジェルコートF」に変えていつも通りのブラッシングをします。そして、歯に汚れを付きにくくするコーティング効果を与えるために、今度は「コンクール ジェルコートF」を歯に馴染ませるように軽くブラッシングします。

これでOK!有効成分が歯の汚れを落としつつ、汚れから歯を守ってくれます。
Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

歯を黄ばまないようにするために歯医者さんでできるケア

歯が黄ばまないように汚れを取るとはいっても、素人ができるケアには限界があります。そこでここからは、歯医者さんでできる歯の黄ばみを予防し、そして歯を白くする5つのケア方法を紹介します。

定期的に歯医者さんでのケア

歯を黄ばまないように歯医者さんでできるケアの1つ目は、「定期検診」です。半年に1回は歯医者さんへ行き、歯の汚れを落としてもらいましょう

施術時間は30分弱とすぐに終わりますし、治療費は¥ 3,000(保険適用)前後と歯がキレイになるなら、けっして高い買い物ではありません。ですから、白い歯のためにも「定期検診」を受けましょう!

歯の負担が少ないホワイトニング

先述の歯医者さんの定期検診では、歯の汚れを取るだけに留まります。それでは、すでに黄ばんでいる歯を白くするにはどんなケアが効果的なんでしょうか。

それはズバリ、「歯医者さんのホワイトニング」です。

一般的に、ホワイトニングでは歯に薬を塗り、そこに光を当てることで、歯を白くするケアの方法です。歯に浸透した着色汚れだけを落とすので、歯は自然な白さを取り戻します。また、歯を削ったり、被せたりしないので、歯が傷ついたりなど負担がかかることはありません。

クリニックにもよりますが、治療費は1~3万円程度のところが多いです。

黄ばんでいる歯を、負担がかかることなく自然な白い歯にしたい!そんな方には「歯医者さんのホワイトニング」をオススメします。

口内環境の改善にも!PMTC

歯の汚れを取る、そして新たな汚れを付きにくくするのに効果的なのが歯医者さんでできる「PMTC」という施術です。簡単に言えば、PMTCは歯医者さんでの定期検診よりも豪華なデンタルケア。

PMTCではタバコのヤニやステインなど歯に強く吸着した汚れを除去し、汚れをつきにくくするので歯の黄ばみを防ぐ方法としてとても効果的です。また、歯の汚れを除去するので、虫歯・歯周病予防となり口内環境の改善にも効果があります。

治療費は1万円前後のところが多く、施術中もほとんど痛まず、、むしろ心地いいぐらいなので抵抗することなく、歯科医院へ相談・受診してほしいですね。タバコのヤニやステインなどの歯に付いた強い汚れを除去し、汚れをつきにくくするデンタルケア「PMTC」で歯の黄ばみを防ぎましょう!

歯の神経を抜いた後でも白く!ラミネートベニア

歯の黄ばみだけでなく、歯の死んだ神経による黒ずみでお悩みの方には「ラミネートベニア」をオススメします。

ラミネートベニアは歯の表面を薄く削り、シェルと呼ばれる被せ物を付けることで歯を白くみせる施術法です。ホワイトニングでは白くできない神経が死んで黒くなった歯には、被せ物をつけて白くみせるこのラミネートベニアが有効です。

また、ラミネートベニアは歯に被せ物をするので、軽い歯並びの乱れや歯と歯の隙間を埋めることで、歯並びを整える施術法でもあります。黄ばんだり、黒くなってしまった歯でお悩みの方には、この「ラミネートベニア」をオススメします。

しかし、ラミネートベニアは保険が効かない施術なので、歯1本あたり5~10万円と治療費は高めです。一度歯科医院で相談してみてください。

歯を白くしつつ歯並びもキレイに!セラミッククラウン治療

歯の黄ばみや黒ずみだけでなく、ガタガタな歯並びでお悩みの方には「セラミッククラウン」をオススメします。

「セラミッククラウン」は黄ばみや黒ずみが深刻な歯にセラミックの被せ物を付けることで白くしつつ、歯並びもキレイにできる施術です。歯並びの軽い乱れなら、先述の「ラミネートベニア」で治療できますが、歯並びがかなり悪いなら「セラミッククラウン」がうってつけ!

ただ、治療費が10万円弱とこれまで紹介してきた施術法よりも高価なので、自分の歯の状態に適当かどうか見極めましょう。歯医者さんにもよりますが、無料でカウンセリングを行っている所もあるので、お気軽に相談してはいかがでしょうか。

歯の黄ばみの原因!NGなこと

さて、ここまで歯の黄ばみの原因や防ぐ方法、そして歯のケアの方法を紹介してきました。

最後に、タバコのヤニやステイン以外で歯が黄ばむ原因を2つ紹介します。

歯磨き粉は研磨剤が入ってないものを選ぶ

1つ目は「リン酸水素カルシウム」や「炭酸カルシウム」などの研磨剤が配合されている歯磨き粉を使うこと。

研磨剤は歯の表面を傷つけ、歯が黄ばむ元になる汚れが付きやすくします。歯の汚れを落とすブラッシングで歯に汚れをつきやするなんてまさに本末転倒です。

なので、歯の黄ばみを防ぐためにも研磨剤が入っていない歯磨き粉を選びましょう!

レモンや酢は歯を弱くする

「歯磨き粉の代わりに、レモン汁で歯磨きすると歯が白くなる」そんなウワサを耳にします。しかし!歯磨き粉の代わりに、酸の強いレモン汁や酢などを使うと、歯の表面が傷つき、虫歯などの原因になります。

歯をキレイにするつもりが逆に負担をかけるので、間違ってもレモン汁で歯を磨かないでください。

まとめ

タバコのヤニは歯の黄ばみの原因の一つなので、白い歯のためには禁煙が一番です。でも、スパッと禁煙!なんて中々上手くいかないもの。ここまで紹介してきた歯の黄ばみの予防とケアの方法を参考に、白い歯を目指しましょう!白い歯を目指してあなたもモテ男になりましょう!