「ホワイトニングは痛い!?」痛み止めは効く?痛む理由とは?

「ホワイトニングは痛い!?」痛み止めは効く?痛む理由とは?

歯は美の命とも言われるほど、その人の第一印象が大きく左右されますよね!芸能人やモデルの人たちはみんな白く輝いていて、きっとお金をかけて綺麗な歯を保っている人がほとんどではないでしょうか。

口元が綺麗なことは清潔感を出すためにはととも大事なところで、皆様もホワイトニングに興味を持った人は多くいることでしょう!

ホワイトニングといってもいろんな種類もあり痛さも不安で、まだ始めていないという方もいると思います。この記事ではそんなホワイトニングについてまとめてみました!

ホワイトニングが痛いってほんと?

ホワイトニングにするにあたって不安なのが痛みですよね!その痛みとはどのようなものなのでしょうか。

どんな痛み?

どんな痛み?

ホワイトニングをすることによって知覚過敏(冷たいものを食べた時にしみる)が発生することがあります。

オフィスホワイトニング(歯科医院で行う)で知覚過敏がでたときには、1~2日で徐々に治ることがほとんどです。痛さの種類を表現するならば、色んな箇所がキーンっとしたりヒリヒリしたり突然しみるといったのが多いようです。アルミホイルを歯で噛んでるような感じという人もいます。ホームホワイトニング(ご自宅で行う)中に知覚過敏が発生したときは、少しの間ホワイトニングを休むと治まります。

なぜ痛むのか?その理由は?

なぜ痛むのか?その理由は?

不安を少しでも取り除くために、痛む理由を理解しておきましょう。

CHECK

理由の1つとして、薬剤が原因のときもあります。オフィスホワイトニングをするときに使用する薬剤は、歯を白くするために漂白剤が含まれています。この漂白剤の主成分に過酸化水素が約35%ほど使用されています。この過酸化水素の濃度が痛む理由なのです。

薬剤といってもこの過酸化水素という薬剤は普段の暮らしの中でも使用しています。たとえば消毒液、洗濯するときの漂白剤などにも入っていますが、この過酸化水素の濃度はだいたい3~5%です。ホワイトニングで使用されている過酸化水素はその何倍もの強い濃度で施術するので、痛みが出てくるのでしょう。

照射するライトも原因?

またオフィスホワイトニングでは薬剤を浸透させるためにライトを照射します。このとき薬剤が浸透することによって痛みが出ます。私たちの歯は内部は3層で構成されています。その中でも小さなヒビがあってその隙間から薬剤が内側に入ってしまい、薬剤を付けている時間も長いほど痛みは強くなります。

そして、神経に到達してしまうととても激しい痛みになってしまいます。

痛みはいつまで?痛み止めは効くの?

痛みはいつまで?痛み止めは効くの?

なぜこんな痛いのか、いつまでこの痛みは続くのか、理由もわからなければ不安になりますよね。個人差ですが、だいたい24時ぐらいで痛みは収まるといわれています。

我慢できないほどの痛みや、痛みから肩こりや頭痛なども引き起こすこともあり生活に支障がでるような強い痛み場合は、市販の痛み止めでも効くので我慢せずに飲みましょう!

ホームホワイトニングも痛むの?

ホームホワイトニングも痛むの?

ホームホワイトニングでま痛いときもあるようです。痛みがでたらすぐにマウスピースを外し、歯歯についているホワイトニング剤を歯磨きで落とし、そしたら痛みは落ち着くのであわり心配する必要はないかと思われます!我慢できないようであれば痛み止めを服用しましょう!

痛みが続く場合は病院で診てもらいましょう

痛みが続く場合は病院で診てもらいましょう

痛み止めを飲んでも、1~2日たっても痛みが治まらなかったり、我慢できないほどの痛みが続くようであれば、なにか口の中に異常があるのかもしれないので、なぜ痛むのか理由も少し気になるので病院で診てもらうことをオススメします!

ホワイトニング後に痛みの症状があったという口コミ

SNS上で、ホワイトニングを体験された方の中で「痛みが生じた」という口コミを紹介します。

ホワイトニングで1番痛くならない方法はどれ?

ホワイトニングには、

ホワイトニングの種類
  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • セルフホワイトニング

の3種類あります!それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

オフィスホワイトニング

まずオフィスホワイトニングとは、歯医者さんで専用の機械を歯に当てて施術してもらいます。最初にお口の中の綺麗にしてから、濃度の高い薬剤を丁寧に歯に塗布していき、専用のライトを当てて歯を白くしていきます。

1本1本色の調整もでき、1回の施術でも効果が出る人が多く、手っ取り早く歯を白くしたい人にはおすすめです!しかし薬剤の濃度が1番高くなるので、ほかの種類のホワイトニングに比べると痛みは1番高くなります。

ホームホワイトニング

次にホームホワイトニングです。ホームホワイトニングは歯医者さんの指示通りに自宅で行うホワイトニングです。まず歯医者さんで型をとってもらい、自分に合うマウスピースを作ってもらいます。そのマウスピースに薬剤を注入して、毎日一定時間そのマウスピースを装着して施術していきます。薬剤の濃度が薄いので白さを実感できるのにだいたい2~4週間くらいかかりますが、痛みは比較的少なくなります!

セルフホワイトニング

そして最後にセルフホワイトニングです。セルフホワイトニングは全て自分で行います。全ての作業を自分で行うので、他のホワイトニングに比べてとても安くで施術できます。

セルフホワイトニングで使う薬剤は医薬品ではなく、ほかのホワイトニングのように歯の漂白をしているのではなく、表面にこびりついた汚れを落とすのが限界となります。

個人差ですが、セルフホワイトニングでは効果を感じにくい人もいて回数が多くなる人もいますが、痛みもほとんどないので、その安さと気軽にいつでも行えるホワイトニングとして、最近ではとても人気が出ています!

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングをするなら、ホワイトニングの仕組みについて正しく理解しておいてから施術を受けることをおすすめします。

そもそもどうして歯は汚れていくの?

歯の汚れ、着色原因は、内部からのものと外部からの原因があります。1つ目は加齢による原因が挙げられます。

人は歳をとっていくと白色だった歯は黄色に変色していくのです。この理由は、表面を半透明の白色物質である「エナメル質」が覆っているため、加齢によってだんだん薄くなっていき、内側の象牙質が透けてみえやすくなり黄ばんでいきます。

そして、2つ目の原因がステインによるものです。お茶やコーヒーなどに含まれている色素が歯の表面に沈着し、着色を引き起こします。ステインによる歯の黄ばみの原因になりやすい代表的なものといえば、

黄ばみの原因
  • タバコ
  • お茶やコーヒー
  • 紅茶やチョコレート
  • 色素の強いカレー
  • ミートソース
  • 赤ワインやうがい薬の色素

お茶は普段の生活でもよく口にしますよね。そのお茶ですら、黄ばみの原因になってしまうのです。

また、口呼吸で歯が乾燥するのも原因の1つだそうです!水分を意識的によくとるようにするだけで、少しは変わってくるのかもしれませんね!1日1回しか歯磨きをしていない人は、毎食後に歯磨きをするだけで全然違うとでしょう!

これらの黄ばみの原因をどのようにしてホワイトニングで白くしていくのでしょうか。

ホワイトニングで使用されている薬剤が、歯の色素を化学反応によって分解するのです。オフィスホワイトニングは専用の機械で光の力を利用しているので化学反応を強めることができます。

ホワイトニングで使用する薬剤とは?

ホワイトニングで使用する薬剤とは?

最初にも説明しましたが、ホワイトニングに使う薬剤には漂白剤が含まれています。主成分に過酸化水素が約35%ほど使用されており、普段の生活にも使用している過酸化水素は3~5%ですが、ホワイトニングでの過酸化水素は濃度が高いため、痛みが出てくるのです。

ホワイトニングの期間と効果

実際にホワイトニングをしてみたいけど、どれくらいの期間で歯が白くなるのか疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。お仕事が忙しい方、中々外出する時間が取れない方も事前にスケジュール感を掴んでおきましょう。

効果を実感できるまでの期間は?

ホワイトニング期間
  • 「オフィスホワイトニング」
    オフィスホワイトニングは1回の施術で白くなったと実感できることが多いようです。
    時間は30分~1時間程度なので早く白くしたい人はオフィスホワイトニングがオススメですね。
  • 「ホームホワイトニング」
    ホームホワイトニングは毎日したとして効果を実感するまでに早くても2週間ほどかかります。

どのぐらいの期間、白さをキープできるのでしょうか?

どのぐらいの期間、白さをキープできるのでしょうか?

一般的に、ホームホワイトニングの場合は約1年で、オフィスホワイトニングの場合は3か月~半年といわれており、多少の個人差はあるようです。

白い歯を長持ちさせる方法

白い歯を長持ちさせる方法

せっかくお金をかけて白くしたのですから、長持ちさせたいですよね。歯の着してしまうのにはいくつか予防法があり、本人の努力次第で未然に防ぎ綺麗な歯を保つ事も可能なのです!

丁寧に歯磨きをする

丁寧に歯磨きをする

歯の着色はよっぽど理由でなければ、歯磨きをする事でしっかり洗い落とせれば未然に予防できます。 特に食後やコーヒーを飲んだ後やチョコレートを食べた後などに歯磨きをしっかりしておけば、効果は抜群です。

濃い色の食べ物や飲み物、たとえばコーヒーなどは歯に付着し、また黄ばみとなる原因となる可能性があるので、ホワイトニング後1日目、2日目は特に注意しておいたほうがいいでしょう!

ガムを噛む

ガムを噛む

人はガムを噛むと多めの唾液が分泌されます。唾液で着色成分が洗い流せることもあるので、立派な予防の1つになります。食事の後の歯磨きが面倒くさければ、ガムを噛む習慣をつけるのもひとつの手ではないでしょうか。

うがいをする

うがいをする

水を含みガラガラとうがいをするだけで、歯に付着した着色成分を水と一緒に洗い流すことができます。本当は歯磨きも一緒できればいいのですが、時間がないときなどはうがいだけでもしといた方がいいでしょう!

そして、歯磨きを丁寧にするのはもちろんなのですが、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらうと更に黄ばんだ歯にならないための予防につながります。自分では取りきれない歯の隙間の汚れなども綺麗にしてくれ、口臭予防にもつながります!

自宅で簡単!ホームホワイトニング5選

まだホワイトニングに通うまでの時間の余裕、お金の余裕がないという方には通販で購入できるホームホワイトニングのキットがおすすめです。初心者でもわかりやすく、誰でも簡単にホワイトニングを始めることができます。

ビースマイルホワイトニング

ビースマイルホワイトニングキット

商品概要
  • 価格:4.800円
  • 特徴:LEDライト、歯磨きジェル
  • 内容量:15g
  • 全成分:水、グリセリン、エタノール、キサンタンガム、酸化チタン、クエン酸、ステビア葉/茎エキス、メントール、メタリン酸Na、ヒドロキシアパタイト、セルロースガム、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-150、香料、赤102、青1、安息香酸Na

電池式なのでどこでも気軽にホワイトニングができます。専用のマウスピースにジェルを塗って10分間口に入れるだけなのです。そして軽くゆすいだ後に仕上げにブラッシングをすれば完了という、とても簡単な流れでできる人気の高い、ホームホワイトニング商品です!

公式サイトで詳細を見る

 

ホワイトニング キラルンペースト

ホワイトニング キラルンペースト

商品概要
  • 価格:1,264円
  • 特徴:歯磨きペーストタイプ
  • 内容量:100g
  • 全成分:研磨剤/炭酸カルシウム、ヒドロキシアパタイト 基剤/精製水 湿潤剤/グリセリン、ソルビトール 甘味剤/キシリトール 粘結剤/セルロースガム 発泡剤/コカミドプロピルベタイン 清涼剤/l-メントール 香味料/香料(ペパーミントタイプ)

天然アパタイトの効果により歯垢やタバコのヤニ取りに優れています。虫歯を防ぎ、口内を浄化してくれるハミガキ粉になります!安全性が確認された成分を使っているので、妊婦さんやお子様にも安心してご利用できるみたいです!

Amazonで詳細を見る

スパークリングイレーサー

商品概要
  • 価格:7,344円
  • 特徴:マウスピースタイプ、LED、炭酸専用ジェル

炭酸ジェルを歯に付着させてLEDライトを照射すると、光の力で汚れが浮き上がります。週1回たった10分で好きな時間にテレビなどを見ながらでもホワイトニングできます。

Amazonで詳細を見る

GC ルシェロ ホワイト

GC ルシェロ ホワイト

商品概要
  • 価格:3,800円
  • 特徴:歯磨きペーストタイプ
  • 内容量:60g

着色やヤニ汚れが気になる人向けのハミガキ粉です。こちらの商品は汚れを浮かすことで着色を落とすため、毎日使用しても歯に傷がつくことがなく安心して使っていただけます。ルシェロの歯ブラシも非常に人気があります!

Amazonで詳細を見る

サンギ アパガード プレミオ

サンギ アパガード プレミオ

商品概要
  • 価格:1,243円
  • 特徴:歯磨きペーストタイプ、医薬部外品
  • 内容量:100g

このハミガキ粉は、薬用成分ナノ(Mhap)を配合しているので白くキレイな歯に仕上げてくれます。白色度もアップし、歯垢などを除去し、目に見えない傷を埋めてくれてむし歯も予防し、白く健康な歯に導いてくれます。

Amazonで詳細を見る

いかがでしたでしょうか。
ホワイトニングといってもいろんな種類があり、自宅でも気軽に試せるハミガキ粉なども最近はたくさん出ているので、自分にあったホワイトニングをみつけ、清潔感のある白い歯を手に入れてみませんか!