頭の悪い人に共通する特徴15選!うまく付き合う方法はある?

メンズ
皆さんは頭の悪い人に出会ったことがありますか?今回は頭の悪い人の特徴について紹介します。頭悪い人との付き合い方にも注目してみていきましょう!

目次

頭の悪い人に共通する特徴15選

頭の悪い人に共通する特徴はなんでしょうか?頭の悪い人によくある特徴をまとめています。

物事を深く考えずに直ぐに思いついた事を言ってしまう

会話

物事を深く考えずに「僕はこうだ!」、「私はこうだ!」と相手の気持ちや、周囲の雰囲気を考えずに思ったことを言ってしまう人はいませんか?

空気を読まずに相手にこちらの意図を伝えることは重要かもしれませんが、それは時と場合によりけりです。相手との距離感などを考えながら接するのが賢明でしょう。シンプルに「今の空気読めていないよ」って注意してあげましょう。

何度も同じミスを繰り返す。反省しない

ミス

間違いやミスは仕方ありません。こちらは疲れるのですが、繰り返されても仕方ないこともあるでしょう。問題になるのは、なぜ繰り返したかということ、そこに気づくことが出来たかという事です。

1回目のミスならいいでしょう、でも何回もミスをされると周りは困ったもんです!もしあなたの目の前でミスばかり起こす人がいて、「なぜ、ミスをしたのか?」を相手に聞いても求める答えは返ってきません。

この人には「向いていない」ときっぱり他の人に任せるのが賢明な対応なのかもしれません。

効率が悪く無駄が多い

効率が悪く無駄が多い

効率が悪い人に多い特徴として、一度に複数の物事を同時進行してしまう癖があります。結局すべてのが中途半端に終わってしまい、周りに迷惑をかけることもしばしば。

一人では抱え込めない量の仕事やタスクを持っている人がいたら「大丈夫?本当にできる?」と聞いてあげましょう。限界なのに「できる!」という返事が返ってくるかもしれないので、その場合は「どうこなす予定なのか?」も確認しておいてあげるといいでしょう。

相手の話が理解できずに何度も同じ事を聞く

相手の話が理解できないのにはいろんな理由が挙げられます。

  • そもそも話を聞いていない
  • 内容を理解できていない
  • あなたに興味がない

相手が理解できていないからと言って「頭の悪い人」とは言えませんが、それを差し引いても「理解力に欠ける人」は確かに存在します。

理解力の欠ける人に対しては「言葉」だけで伝えるのではなく、図で説明したり、他の物事に例えるなどして「話を噛み砕く」ことが必要なのではないでしょうか。

話が通じない

あれ、この人に話が通じない、、と感じたことがある人はいませんか?

それはきっと、話が通じないのではなくてお互いが相手の気持ちを汲み取ろうとしていないからかもしれません。相手に理解力がない、相手が頭が悪いと決めつけるのではなく、なぜ、そう解釈したのか?を聞いてみると納得できる答えが返ってくるかもしれません。

人をイライラさせる

人相手への配慮が足りなかったり、自分の気持ちが先行して話し相手と波長が合わない人は周りをイライラさせます。

この時に起こりがちなのが「イラっ」としてもほったらかしにすることです。ムカついてそれどころではないかもしれませんが、相手に本当に気付いてもらいたいなら、率直に意見をぶつけてみましょう。許すから、許されるのです。相手にあなたの気持ちを伝えて、どう感じているかを伝えましょう。

感情的になりやすくヒステリック

ヒステリック

感情的な相手に対して絶対にしてはいけないこと。それはあなたも「感情的」になることです。感情的VS感情的=解決ではありません。相手が感情的ならこちらは冷静に、その方が話をつけるのに効率的です。

自分の間違いを認めず、すぐに人のせいにする

言い訳

「人のせいにしがちだな」と思う人は、自分に自信がないからです。あなたの責任と言っても感情を逆撫でするようなものなので、優しく話を聞いてあげましょう。

何度同じことを言っても改善されない

同じ事を改善できない根本的な理由は一つと言えます。それは「何が悪かったのか」理解できていないからです。いじめを繰り返す子供は大人になってもいじめを繰り返すように根本的に「何が悪いのか」理解していない人に多いです。

何度も同じ過ちを繰り返す人には「言い方を変えてみる」「いったん距離を置く」「これでもかというぐらい怒ってみる」などその人に効果的な方法を探るのが得策でしょう。

どうでもいい悩みをうじうじと考え続ける

メンズ

こういった人には「どうでもいい!!」とはっきり、強めに言ってあげるのがいいでしょう。本当に重要なことに目を向けるように周りからのサポートが必須です。

人とうまく付き合えない

頭の悪い人=人とうまく付き合えないというわけではありませんが、どこかしら不器用な面が目立つ人はいます。

自分の身近な人で「こうすればもっと仲良くなれるのに」、「こうすればもっと先輩に可愛がってもらえるのに」と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。

そういう人は頭が悪いのではなく、不器用な人なんだと受け止めてあげる。そして、具体的に「こうすればいいよ!」というアドバイスをしてあげましょう。

柔軟に対応できない人

頑固というべきか頭が固いというべきか、頭が悪いというべきなのか。一度「こうだ!」と決めたことしかできないこと、うまい具合に方向転換できない人っていますよね。

そういう人に限って、物事を複雑に、難しく考える傾向にあるのでしょう。また本当は何が最善の策なのか分かっているのに、自分の意見が通るまで討論をしてしまう人もいます。

そういった人には「極めて論理的」に話をするのが効果的です。しかも、1対1ではなくグループで話をしているときに論理的に話すと効果があると言えます。

幼稚な話し方をする

馬鹿

男女問わず、幼稚に話すのが可愛いと思っているのか、何か得することがあると思っているのか。一つ一つの言葉に「だよ~~~~~~~」や「え~~~~~~~~~~~と」が多い人は確かに腹が立ちます。

「そのしゃべり方やめて!」と言っても傷つけてしまうだけなので、「ゆっくり過ぎるから聞き取りづらい」などの遠回しな表現で話をしてあげるといいでしょう。

抽象的な言葉を言いまくる人

抽象的な言葉を言いまくる人

「Appleは凄いよな!」

「IoTって知ってる?」

「ブロックチェーンって最先端だよ」

「ユニコーン企業って知ってる?」

この後に続く言葉でこの人が物事を理解できている人かどうか判断できると言っても過言ではないです。そう人には「なんで」攻撃が有効です。

2、3回「なんで」と聞くと本質的に理解できている人間か、流行りのワードに操られているだけかがすぐに分かります。

被害者意識が強い、常に悲劇のヒロイン

被害者意識が強い、常に悲劇のヒロイン

もはやこれは頭が悪いというよりも妄想が強すぎるパターンですね。現実世界と頭の中で考えている想像の世界の区別がつかなくなり、極端な結論を出しがちな人っていますよね。

よくあるのは恋人関係や、付き合いの浅い友達関係ではないでしょうか。被害妄想が激しい人に効果的な方法は正直ありません。いいように接していても返って逆効果になるパターンが多いです。時々、相手が気持ちよくなる言葉を伝えてあげることでおさまりますが、また再発する可能性はあるので気を付けましょう。

頭の悪い人になる原因5選

頭が悪い人は、なぜ頭が悪いのか?追求していきたいと思います。

一つ一つの出来事と真剣に向き合ってこなかったから

社会にでると、これまでは経験しなかった事柄や、意外な人物に悩みます。当然戸惑い、疲れます。しかし、このような体験を新鮮だと受け止めるのか、面倒くさいと背を向けるかで、頭の良し悪しが分かれます。

前者は興味に溢れ、向き合うことに楽しさを覚えるため、経験が蓄積していきます。後者は『とりあえず』という断片が散在するだけです。前者は上に向い、後者は現状維持、もしくは後退する一方です。

人任せにすることが多い

自分が気持ちよく生きていける「コンフォートゾーン(自分にフィットする場所)」から出ようとしないためです。その環境下では、誰かに守られてきたため、自分で判断することがありません。問

題が生じても自分で、その原因を探ることもできないので解決も改善も出来ないのです。人任せにすると判断力、自立性、問題解決能力がどんどん衰えていきます。

人との関わりを避けてきたから

社会の形成は結局のところ「人」によってすべてが進んでいきます。その「人」との関わりを避けてしまうと、得られることができたかもしれない「知恵・経験」を学ぶことができません。

先人の知恵という言葉があるように、まずは人の真似をすることから始めたり、自分の尊敬する人を見つけて追いかけたり、人に関わり続けることで必ず成長することができます。

自分自身と向き合うことや反省する事を避けてきたから

自分自身を理解できていない人に相手を理解することはできないでしょう。自分がどんな人間なのか、相手とはどんな関係性なのか、相手はどう思っているのか?

もちろん、常に考える必要はありません。寝る前の10分間でも、お風呂に入っている間だけでも「自分ってどんな人間なのか?」まずは、考え始めることが大切です。

物事を深く考えなかった

極端な例ですが「スマホの契約書を見ずに高額な料金が請求された」、「注文したはずの商品とモデルが違う」など小さなミスは誰でもあります。でもその時、私たちが思うのは「もっとしっかり見とけばよかった」、「ちゃんと考えていなかった」という後悔です。

スマホの契約書をちゃんと最後まで読んでいれば、商品のモデルを事前に調べておけば、これらの問題は未然に防ぐことができたでしょう。

かといって物事をなんでもかんでも深く考える過ぎる必要はありません。それはそれでつまらない人間になってしまいそうです。大切なことはここぞ!という大事な場面で自分が後悔しないように、日々、物事を考える力を身につけることが必要です。

頭が悪い人とうまく付き合う方法10選

ここまで、頭が悪い人の特徴と、その原因について解説してきました。上記で説明したように、頭の悪い人は物事を感情的で感覚的に捉えてしまう傾向があり、自分の基準だけで判断する癖があります。根本的に変えることは至難の業ですが、うまく付き合いたいという方向けにいくつか上手に付き合える方法を紹介します。

相手が置かれている状況を理解する

頭が悪いで終わらせるのではなく、その相手が今どんな状況でどういった心境なのかを理解してあげましょう。もしかしたら、誰にも言えないことがあったり、ストレスがあるかもしれません。相手の状況次第では、相談に乗ってあげたり、寄り添ってあげることで、相手の気持ちも楽になり見違えるような変化があるかもしれません。

単純な言葉だけではなく、例え話を使う

相手の理解能力がなければ、相手が好きな物や、相手が経験したことのあるもので例えて説明してあげましょう。理解能力が低い人は、いきなり説明をされても上手く整理できずに中途半端に理解をしてしまいます。それが初めて説明を受ける内容であればなおさらです。その人が分かりやすい例え話や、その人の経験に沿って話をしてあげることにより、頭の中で整理しやすくなるかもしれません。

図解して説明してあげる

言葉でどうしても伝わらない相手には、図解して説明してあげるようにしましょう。自分で考えていること、相手が考えていることが100%一致することはまずありえません。

相手が理解力の低い人であれば、なおさらです。そんな時は、図解をして説明をしてあげることで、物事の構造が整理されて自分と相手の間で共通のイメージを持つことができます。言葉だけで伝わりきらない場合は、図や絵を使って説明してあげましょう。

すぐ改善されるとは思わずに「待つ」

指摘したことがすぐに治らない場合は、「待つ」ということも必要です。誰でも得意不得意があり、指摘したことを修正するのに時間がかかる人もいます。押してダメなら、引いてみるのも一つの方法です。ひょっとするとあなたの説明が長すぎて、相手は頭の中がパンクしているのかもしれません。少し時間を空けてから、もう一度順を追って要点だけ伝えてあげると相手も頭の中を整理できるかもしれません。

寛大な心で接する、許してあげる

相手が感情的になったり、話が通じなくなった場合は相手がストレスを感じている証拠です。あなたも同じように感情的になるのではなく、寛大な心を持って接してあげましょう。
時間が経てば相手から、引き下がってくれる可能性もあります。

取り合えず、話をやめてみる

ダラダラ話していても解決しない場合は、話をやめてみる。というのも効果的かもしれません。ダラダラ話しをしても解決しない問題は大抵の場合、中途半端な結論に至ります。お互いが考え直す時間を作るためにも、一旦話をストップするのも一つの方法です。

自分のことを理解してもらう

相手と話が噛み合わない原因はあなたにあるかもしれません。相手に「こうしてほしい」ということだけを伝えて、自分の立場や役割などを相手に理解してもらっていないままだと、相手も自分のことだけを考えるようになってしまうかもしれません。そのため、自分が置かれている立場や役割をしっかり説明するのもいいかもしれませんね。

褒めれるようなポイントを探す

注意してばかりだとあなたの中の相手への先入観が「頭の悪い人には何を言っても無駄」だと決めつけてしまいます。そうではなく、相手の強みや褒めてあげられるようなポイントを探すことで、相手のいい一面を見つけることができ、相手への許容度が高くなります。また、実際にその相手を褒めてあげると、相手も自分に対する好感度が高くなりより円滑なコミュニケーションが取れるかもしれません。

思っていることを直接ぶつける

戦国時代には勝つためにいろんな戦略が使われてきましたが、最後に有効で最も強力なのは正面突破と言われています。人間も同じです。複雑に物事を進めれば進めるほど、決着がつかなくなります。人間相手でも正面突破は有効かもしれません。

相手の意見を尊重する

あなたが頭の悪いと思っている相手の意見を尊重するのは難しいかもしれませんが、あなたの考えが正しいと思っているのであれば、相手の意見を尊重して失敗を経験させるのも一つの方法です。

頭の悪い人を改善させる方法5選

頭の悪い人を改善したいと思っているなら、一筋縄ではいかないことを理解しましょう。ここではより具体的な方法で改善へと導く内容をお伝えしていきます。

論理的に物事を考えさせる

論理的思考力という言葉があるように、この力はすぐに身につけれる物ではありません。日々の特訓や実践が成長に繋がります。まずは相手が論理的に考えられるように相手の意見に対して「なぜ?」を問いかけるようにしてみましょう。

多くの人と接する機会を提供する

自分の現在地を知ることが改善への近道です。自分の現在地を知る方法は他人と繋がり、自分の何がダメなのか、自分はどういう人間なのかを知ることがスタート地点です。あなたの上司や、友人、職場の仲間などを通じて機会を提供してみましょう。

本や映画などを想像力が膨らむ作品をお勧めする

話題が豊富な大人は会話に富んでいます。本や映画、また絵画や音楽など仕事とは直接関係ないことも人の感性を養うのに重要な様子と言えます。座学ばかりしている人には映画や、他のアクティビティを、読書が苦手な人には読みやすい小説などを教えてあげるのがいいでしょう。

誰かと競争させる

友人関係で誰かと競争させるというのは難しいかもしれませんが、あえて相手に他の誰かに対抗意識を持たせることで改善されることはあると言えるでしょう。誰かに対抗意識を持つということは自分を見つめ直すいいきっかけになるかもしれません。

諦めないで付き合う

あなたがこの記事を読んでいるということは、まだ頭の悪い人だと思っている相手のことを諦めていない証拠です。その気持ちを大切にしましょう。もしかしたら、その人のことを気にかけている人はあなただけかもしれません。