運命の人は本当にいる!?運命の人に出会う前兆と特徴をご紹介

結婚を考えている人や本気の恋をしたい人は、つい「運命の人」との出会いを望んでしまいますね。そうは言っても、「この人と結ばれる運命にあるんだ」と感じられるほど相性がぴったりの人は、本当に現れるのでしょうか。

今回は、運命の人とはどんな人か、また運命の人と出会う前兆について考えていきます。占いや心理的・生理的な作用など、様々な面から運命の人とは何なのかを分析してみました。

運命の人はいるのか?

「運命の人」というものが本当にがいるかどうかは、断言できません。

「運命」とは占いなどのスピリチュアルな考えに基づくものなので、信じるかどうかは人それぞれなのです。占いの種類や占い師によって、言っていることがまちまちということもしばしば。

そのため、目の前に現れた人が運命の人かどうかは、最終的には自分の目で見極めるしかないのです。

運命の人の意味

運命の人はいる?

運命の人には、大きく分けて以下の3タイプがあります。

性格などの相性がぴったりで、生涯を共にする人

これは結婚や恋愛の相手に限らず、友人関係にも当てはまります。出会ってから人生の終わりまで関係が途切れない、または一度途切れてもまた復活する相手は、運命の人と言えるでしょう。

あなたの人生を変えるきっかけになる人

例えば、悩みがある時に的確なアドバイスをくれる誰かや、あなたが目指したいお手本となる誰かのことです。また、全く違う価値観を持っていて、それまでのあなたの考えを覆してしまうような人も人生を変えるきっかけになりますね。

その人がきっかけで人生が変わったと言える人も、運命の人なのです。

あなたを強くするための試練として出会う人

長い人生、どうしても性格が合わない人に出会うことや、ひどい裏切りに遭うこともあるでしょう。そんな人は、あなたを強くするために巡り合った運命の人かもしれません。

その誰かに出会わなければ、試練を乗り越える術を知らず弱いまま生きていくことになったはずです。嫌な思い出を残した人も、あなたの人生に何の影響も及ぼさない人に比べれば運命の人とも言えるのです。

運命の人は診断できる?

診断できる?

運命の人を診断するという占いは数多くあります。血液型や誕生日などの相性で、運命の人は誰か当てるという占いですね。

もしあなたが占いを信じるならば、運命の人は占いで診断できると言えるかもしれません。なぜなら、その占い結果によってあなたが周りの人を見る目が変わり、そのことが人生を変えるきっかけになるかもしれないためです。

占いの結果、運命の人とされた人にあなたが好意的に接すれば、多くの場合相手も好意を返してくれるでしょう。
運命の人が占いで診断できるかどうかは、あなたが占いを信じるかどうか次第と言えます。

運命の人に感じる8個の特徴

運命の人に出会ったら、すぐに何かを感じ取れるものです。占いは信じていなくても、こんな特徴を持つ誰かに出会ったら、それは運命の人かもしれません。

ここでは、これら8つの特徴についてそれぞれ解説していきます。

一緒にいて落ち着く

落ち着く

  • なんとなく最初から好意を持てる
  • 一緒に過ごしたいと思える
一緒にいて落ち着くというのは、運命の人の一番の特徴です。
誰でも、一緒にして落ち着かない人とは長い時間を過ごせませんよね。

一緒にいて心地いい人は、自然とまた会いたくなりますし、共にする時間が長くなるはずです。

一緒にいてドキドキする人は?

逆に、顔が好みの人や尊敬している・憧れている人など、好きすぎて一緒にいるとドキドキしてしまうという相手もいると思います。
「ドキドキしなければ恋愛じゃない」といって、こちらのタイプを恋人に選び続けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、結婚して一緒に生活していくなら、緊張しっぱなしで過ごすのはとてもしんどいことです。
恋愛は楽しめてもなかなか結婚に至らないという人は、一度一緒にいて落ち着く相手を選んでみるといいかもしれません。

いざというときに親身になってくれる

親身になってくれる

  • 一緒に解決策を考えてくれる
  • 自分を犠牲にしてでも助けてくれる

悩んでいるときや困っているとき、このように親身になってくれる人は貴重な存在です。

調子がいいときは仲良しでも、いざという時に助けてくれない人は運命の人とは言えません。
本当にあなたを思いやってくれる運命の人は、あなたが悩んでいる時や困っている時に親身になってくれるはずです。

調子のいい人に注意!

落ち込んでいる時やお金がなくなった時に見捨てる人は、要はあなた自身ではなく、あなたの陽気さやお金に魅力を感じていたということ。同じ要素を持っている人なら、あなたではない他の誰かでもいいと思っているということです。

ピンチの時もあなたを見捨てず、そばにいてくれる人は、あなた自身に魅力を感じてくれているということ。本当の運命の人かどうかは、ピンチに陥った時にこそはっきり分かるのです。

自分の弱みを受け入れてくれる

弱みを受け入れてくれる

弱みを見せたら離れていくような人は、運命の人とは言えません。
落ち込む時やダメなところをさらけ出せず、自分を飾らないと付き合えない人とは、正直な関係を築けません。

誰でも、欠点やトラウマなど、人に誇れない部分を持っているものです。そんな弱みごとあなたの個性として受け入れてくれる誰かこそ、運命の人かもしれません。

自分が受け入れられるかも大事

また、受け入れられる欠点というのも、人によって異なります。あなたにとっては何でもないような欠点も、他の人は絶対に受け入れられないという可能性も。

相手の弱みを自分が受け入れられるかどうかも、運命の人かどうか判断するのに役立つでしょう。
人は誰しも欠点がありますから、欠点を受け入れる気持ちがパズルのようにぴったりはまるというのも運命の人の条件なのです。

言葉で表現しなくても察して理解してくれる

言葉が無くても分かり合える

  • 食べたいものや行きたい場所をなんとなく察してくれる
  • こちらから頼む前に適切なアシストをしてくれる
  • 自分にとっての常識や基本的な価値観が同じ

運命の人とはなんとなくフィーリングが合うものです。性格や考え方が近いので、言葉で表現しなくても言いたいことを察してくれます。

以心伝心で分かり合える人とは一緒にいて心地いいので、生涯にわたってうまく関係を築いていけるでしょう。

注意
逆に、言っていないことを変に勘違いされたり、誤解されるのは関係が壊れる原因です。

そういった人とは、根本的な価値観や考え方が違う場合がほとんど。

笑うタイミングが同じ

笑うタイミングが同じ

  • 笑いのツボが同じである
  • 人を貶めるジョークや下品な下ネタなど、笑えないポイントが同じ

何を面白いと思うかには、性格や育ちなどその人自身が出るもの。同じタイミングで笑えるという相手は、性格の根本が似ている可能性が高いです。

また、相手が面白がっていても、自分にとっては許せない笑いというものもあるでしょう。
面白いと思うものが同じなら会話も弾むので、笑いのツボは相性がいい人を判断するのに役立つポイントです。

些細なことにも思えますが、笑いのツボは自分でコントロールするのは難しいもの。
この部分が合わないと、コミュニケーションに齟齬が出ててきて関係は長続きしないでしょう。

価値観が似ている

価値観

価値観の違いは、喧嘩になりやすいポイントです。
お金の問題や、人生の中で何を優先するかということは、仲良しの間柄でも譲れないことが多いですよね。
そういった価値観が合う相手とは、物事がスムーズに進みやすく、いい関係を築きやすいです。

結婚相手との価値観のすり合わせは特に大事

特に結婚相手になるような人は、経済的なことや子供のことなど、意見を合わせていかなければいけないことが多いです。
好き同士で結婚しても、どこか決定的な価値観が合わずに離婚してしまうカップルもいます。

結婚を考えるなら、普段はなかなか明かさないようなことについてもしっかり話し合っておくべき。
絶対に譲れない部分が合わない相手のことは、運命の人とは言えないでしょう。

なんとなく顔が似ている

なんとなく似ている

仲良しのカップルや夫婦は、なんとなく顔が似ていると感じたことはありませんか?
顔には、その人の性格や考え方生活や育ちなど、その人自身が出るものです。

出会った時からなんとなく顔が似ているという人は、性格の相性がいい運命の人と言えるでしょう。
同じものを食べたり同じものを見て一緒に過ごすうちに、自然と顔が似て来るという場合もあります。

MEMO
また、人は毎日鏡で自分の顔を見ているので、自分と顔が似た人は見慣れた感じがして一緒にいて心地いいと感じることが多いです。

似すぎは注意かも!

ただし、顔の作りがあまりに似ていると遺伝子が近いということなので、恋人や結婚相手としては魅力的に思えないことも。

顔の作りではなく、表情の雰囲気などが似ている人は、性格や価値観が合う運命の人の可能性が高いです。

自分に足りないものを持っている

自分に足りないものを持っている

性格や考え方が合うのとは逆に、自分にないものを持っているのも運命の人の特徴です。

性格が似ている人は欠点も似ていることが多く、弱みを許し合う馴れ合いの関係になりやすいのも事実。自分にないものを持っていて、欠点を補い合える相手とは、互いに高め合える良い関係を築けます。

例えば、神経質で細かい自分とおおらかで大雑把な相手なら、お互いの欠点を補完してちょうどいい具合に擦り合わせることができるでしょう。
自分と正反対のパートナーが近くにいることで、それまで感じていた生きづらさが解消されることもありますね。

注意
ただし、あまりにも正反対だと、相手に許せない部分が多すぎて喧嘩になってしまうこともしばしば。

似ている部分と、自分にない部分を両方兼ね備えた相手こそ、運命の人と言えるでしょう。

運命の人とはスピリチュアル的に相性が良い

運命の人は、顔の好みや性格の相性以前に、生物的にピンとくるという場合が多いです。

これらに当てはまる人は、スピリチュアル的に相性がいい運命の人かもしれません。

そんな運命の人の特徴について、解説していきます。

初めてなのに懐かしい感じがする

懐かしい

  • 初対面なのにすぐに会話が盛り上がる
  • 初対面同士の探り合いが必要ない

運命の人と出会った時、初めて会ったはずなのにずっと前から知っていたような感覚になることがあります。

これは、相手がそれだけ自分に近しい要素を持っているということです。

初めて会ったはずなのに昔からの知り合いのように接することができる相手は、性格などの相性もいいことが多いです。

初対面でも緊張しない、懐かしい感じがする相手は運命の人と言えるでしょう。
一目見て親しみを感じる相手と出会ったら、ぜひ積極的にアプローチしてみてください。

いつでも本音で関わりたいと思う

本音で接する

  • 相手に嘘をつきたくないと思う
  • 本音で関わりたいと感じる

そういう場合、相手もあなたに心を開いて、正直に接してくれている場合がほとんど。
相手の誠意に応えるためにも、嘘や建前は使わない方がいいでしょう。

逆に、なんとなく本音を正直に言いたくないと思うのは、相手を警戒している証拠です。はっきりと理由はわからなくても、なんとなく信頼できないと感じる要素があるはずです。

飾らない関係が理想!

また、気を惹くために自分を飾る必要がある相手とは、長続きしない場合がほとんどです。
背伸びして釣り合わない相手と付き合っても、いつかはボロが出てしまいます。

隠し事や演技は積み重なるごとにストレスになりますから、本音をさらけ出せる相手の方が快適に付き合えるのは当然です。初対面から本音の付き合いができる相手とは、長く継続するいい関係を築けるでしょう。

沈黙になっても苦にならない

沈黙になっても苦にならない

  • 一緒にいても気を遣わない
  • 会話がなくても落ち着いて過ごせる

沈黙が苦にならないのも、運命の人の特徴です。
特に、出会って日が浅い相手の場合、会話が途切れてはいけないと焦って空回りしてしまうという人も多いですね。

そんな人とは、会ったあと気疲れしてしまいなかなかまた会いたいと思わないはずです。
そういった焦りを感じないのは、相手に気を使わず過ごせている証拠。

気を許せるということは、本気の恋愛や結婚相手として重要です。

お互いに気を使わず沈黙も許せる相手なら、同棲や結婚して一緒に暮らしていくのも苦になりません。
本気の交際や結婚を考えている誰かがいるなら、沈黙の時間も平気かどうか試してみてはいかがでしょうか。

その人のにおいが良い匂いだと感じる

良い匂いだと感じる

  • 顔が好みではないのに匂いに惹かれてしまう
  • 性格が合わないのに匂いに惹かれてしまう

男女ともに、ヒトにはフェロモンといわれるほのかな体臭があります。その体臭が良い匂いだと感じるのであれば、遺伝子レベルで相性がいい運命の相手かもしれません。

好きになった異性が良い香りの香水をつけていると思ったら、実は相手の体臭だったというケースもあるんだとか。

人は遺伝子的な欠点を補い合い、優秀な子供が生まれる相手とは、お互いの体臭を心地よく感じるようにできています。

注意
逆に、体臭をどうしても受け付けられないという人は、性格などの相性がよくても結婚は無謀と言えるでしょう。

自分の努力では変えられない部分だからこそ、遺伝子の相性がいいのは重要なことなのです。

手をつないだときにしっくりくる

手をつないだときにしっくりくる

  • 手を繋いだ時に体温や感触、大きさがしっくりくる

匂いと同じように、体のフィット感も遺伝子の相性がいいことを示します。

逆に、どんなに顔や性格が好みでも、体がしっくり馴染まない場合は友達の関係にとどめておいたほうがいいかもしれません。
遺伝子レベルの相性は、理屈や占いの相性とは違って直感的にわかるものです。

相手の声を心地よいものに感じる

声を心地よく感じる

  • 話し声をずっと聞いていたいと思える

相手の声を特別心地よく感じるなら、それは運命の相手かもしれません。
人は相性のいい相手のそばにいると、安心して眠たくなるという習性があります。
声を聞いているとつい眠くなってしまうという相手は、本当に気を許せる運命の人と言えるでしょう。

MEMO
人の五感は、相性のいい相手を見極めるために大切な機能です。
自分と相性のいい人は、目や耳、肌から無意識に感じる情報でピンとくるもの。
顔や性格の好みだけではなく、五感で心地いいと感じるのも、運命の人を見極めるための重要な要素なのです。

その人との未来が想像できる

未来が想像できる

  • 相手が歳をとった姿や、家族として過ごしていく日常が想像できる

どこかしっくり来ていない相手とは、今はよくても未来の想像がなかなかできません。

運命の相手とは、出会ってすぐでも長い将来の想像がつくものです。
結婚願望があるのに、未来が想像できない恋人と付き合っているという人は、早めに別れて運命の人を探したほうがいいかもしれませんね。
将来を考えている相手がいるなら、自分たちがパパ・ママになった姿や、おじいちゃん・おばあちゃんになっても仲良くやっていけるかどうか考えてみるのがおすすめです。

運命の人に出会うかも?5つの前兆

占いでいうと、運気が変動して運命の人に出会いやすい7つの時期というものがあります。

それぞれどんな時なのか、運命の人に出会う前兆を解説していきます。

大失恋の後

大失恋の後

もう立ち直れないと思うほどの大失恋は、運命の人と出会う前兆かもしれません。

失恋をすると、傷ついて「もう誰も信じられない」と思う人も多いもの。そんなあなたを親身になって支えてくれる人は、心からあなたを思ってくれているということです。

この人といると失恋の痛手が癒されると思う人こそ、運命の人かもしれませんよ。
もし辛い失恋をしてしまっても、運命の人と出会う前兆と考えて気持ちを切り替えてみてください。

大きなショックを受ける出来事の後

大きなショックの後

  • 失職した
  • 大切な誰かを失った

このような大きなショックの後に、運命の人と出会う場合もあります。

占いでも、運気が大きく変動する時期は良いことも悪いことも起こりやすいとされています。占いを信じていないという人も、人生の波乱は特定の時期に集中して起こるというのは肌で感じたことがあるのではないでしょうか。

人生が大きく動く中で出会った人は、あなたの人生を変える運命の人かもしれません。ショックを受けている時は、支えてくれる人の存在が重要なもの。

傷ついた心を開いて相談できる人こそ、運命の人と言えるのです。大きなショックを一人で抱え込もうとせず、手を差し伸べてくれる人には頼ってみるのも大切です。

ネガティブな印象をもっていた何かに吹っ切れる

何かに吹っ切れる

  • 外見が派手な人は不良である
  • アニメ好きはキモいオタクだ

このような考えや偏見などを取り払えられれば、周りをフラットで新しい視点で見ることができます。
占いでは、自身の考え方が変わることで運命が切り開けるとされています。

そうすることで、今まではわからなかった周囲の人の魅力が見えてくるかもしれません。偏見がなくなれば、これまで気にもしていなかった誰かが恋愛対象として急浮上するかもしれませんよ。

なんでもポジティブに捉える人や偏見がないオープンマインドな人は、誰から見ても魅力的に映り周囲も近寄りやすいはず。

今まで見えていなかった世界が広がることで、きっと新たな出会いもあるでしょう。何でもネガティブに捉えてしまう人は、一度視点をリセットしてみるのがおすすめですよ。

以前よりも積極的に行動するようになった

積極的に行動

  • なんとなく人に会いたい気分である
  • 新しいものに挑戦してみたい

こんな時は迷わず行動に移しましょう。

積極的に行動をするのも、運命を自分で切り開いていく方法です。
運命は生まれてから死ぬまで完全に決まっているものではありません。自分の行動次第で、いくらでも運命は変えられるのです。

積極的に行動をすると、出会いの数や誘いの数も多くなります。運命の人が向こうから来るのを待っているのではなく、出会いを求めて行動してみるのも大切なのです。

今までにない雰囲気のファッションに挑戦したくなる

違う雰囲気のファッション

  • 髪型を変えてみたいと思う
  • 違うファッションに挑戦してみたくなる

ファッションを変えるなど、新しい雰囲気に挑戦してみたくなるのは運気が変動している時の特徴です。

イメチェンをすると周囲から指摘されたり褒めることが多くなり、自然と人と会話する機会が増えます。人との関わりが増えることで、新たな出会いが舞い込むかもしれませんね。

新たなファッションで自分に自信を持てれば、立ち居振る舞いや顔つきも変わって来ます。運命の誰かが、新しいあなたに魅力を感じて近寄って来るかもしれませんよ。

出会いがない・何かを変えてみたいと思っている人は、新しいファッションに挑戦してみましょう。

運命の人に出会うタイミングはいつ?

運命の人と出会いやすいとされているタイミングは、主に次の4つです。

運命の人との出会いは、予期せぬタイミングで起こることが多いです。また、自分の心の準備ができていないと運命の人との出会いを見逃してしまうこともあります。

本当に運命の人なら、出会おうとしなくても自然と出会うもの。身構えすぎず、自然体で過ごすことが大切なのです。

恋人を特に求めていない

恋人を求めていない

恋人を求めていないタイミングで出会うというのは、運命の人の特徴です。

恋人が欲しいということばかり考えていると、出会う異性をすぐに恋愛視点でジャッジしてしまいがち。付き合えるか・付き合えないかで判断してしまうので、恋愛以外で自分にいい影響を与えてくれる人を切り捨ててしまう可能性があります。

MEMO
また、恋人が欲しいわけではないのにどうしても惹かれてしまうという人も、運命の人と言えます。
運命の人には、出会おうとして出会うものではないのです。
なかなか良い相手に出会えないという人は、一度出会いにガツガツするのをやめて、他のことに熱中してみてはいかがでしょうか。

自分軸で物事を判断できる

自分軸で考えられる

あなたの個性や判断を尊重してくれる人というのが、運命の人の特徴です。
そのため、運命の人と出会うには、まず自分をしっかり持つのが大切。

自分を持っていなければ、相手が自分にとっていい影響を及ぼす人かどうか判断することもできません。

相手に合わせてばかりで、振り回されるような人との関係は長続きしません。人生の舵を自分でしっかりと握り、そこで出会う人こそが運命の人と言えるでしょう。

失恋から立ち直る

立ち直る

失恋した相手に未練を持ったままでは、もし運命の人に出会っていても気づくことができません。運命の人と出会うには、過去の恋愛を自分の中で整理し、立ち直る必要があるのです。

過去の恋愛を断ち切って、スッキリした気持ちで相手に向き合うことで、前の恋人とは違う相手の魅力に気付けるはず。

過去の恋愛もあなたを形作る要素のため、完全に忘れ去るはありませんが、前の人と比べたりせず相手と真正面から向き合うのが大切なのです。

久しぶりの人から連絡がくる

久しぶりの人から連絡がくる

運命の人と出会うタイミングでは、他の出会いや人との関わりも多くなるのが特徴。
疎遠にしていた昔の知り合いから、連絡が来ることもあるかもしれません。あるいは、その人が縁が復活した運命の人という可能性も。

久しぶりの人から連絡が来たら、面倒がらずに会いに行ってみましょう。
積極的に人に会うことは、必ず新たな発見や新たな出会いに繋がるはずです。

こんな人は運命の人じゃないかも!?

ここまで運命の人の特徴をご紹介して来ましたが、逆に運命ではない人はどんな人でしょうか。ここでは以下の3点をご紹介いたします。

もし周りに合致している人がいたら、その人には要注意かもしれません。

全て理想通りの人

全て理想通り

顔や性格、占いでの相性まで、全て理想通りの人がいたら「運命の人かもしれない」と思ってしまいますよね。しかし、現実にはそこまで都合がいい人はなかなか現れないもの。

どんなに相性がいい人でも、顔はそこまで好みではないとか、性格に合わない部分があるというのは当然のことです。

そういった合わない要素が全くない人は、あなたの理想に合わせるためにどこか演じている場合がほとんど。あるいは、あなたを故意に騙そうとして近づいている可能性もないわけではありません。

全て理想通りの人が絶対に運命の人ではないとは言えませんが、もしかしたら要注意人物かもしれません。
喜んで飛びつく前に、相手の言動に嘘がないかどうか観察してみましょう。

付き合ったり別れたりを繰り返す人

付き合ったり別れたり

  • 同じ人と何回も付き合ったり別れたりを繰り返している

こんな人は意外に多いく、「何回別れても結局また付き合うのは、運命の人に違いない」と思ってしまいがち。

しかし、何回も別れるということは、それだけ我慢ならない部分や合わない部分が多いということ
あるいは、欠点は直っていると信じて付き合っても、結局付き合ううちに悪い部分が出てしまうのかもしれません。

そういった相手は、多くの場合運命の人とは言えません。あなたの人生を停滞させる原因になっている場合も多いので、腐れ縁の相手とはきっぱり別れた方がいいでしょう。

何でも言うことを聞いてくれる人

言うことを聞く

  • わがままを何でも許してくれる
  • 何でも言うことを聞いてくれる

こんな人なら、もちろん一緒にいて心地いいですよね。居心地がよく身を任せられる相手なので運命の人と勘違いしてしまいがちですが、果たして相手も同じ気持ちでしょうか。

あなたが一方的に居心地がいい関係は、相手の我慢の上に成り立っていることがほとんど。あなたに気に入られるために、相手は無理をしすぎているかもしれません。

どちらかが負担を感じている関係は、絶対に長続きしません。相手と誠実に向き合いたいのなら、自分に合わせるために無理をしていないかどうか尋ねてみた方がいいでしょう。

MEMO
尽くしすぎる相手は、あなたを堕落させる原因にもなります。

運命の相手とは、それぞれが自分を持って高め合える相手のこと。
運命の人と出会うためには、何でも言うことを聞いてもらえる心地よさからは抜け出さなければいけないのです。

まとめ

顔や性格の好みが決まっている人でも、運命の人に出会うと全てが覆ってしまうもの。

運命の人に出会うためには、積極的に人と接して出会いの数を多くするのが一番です。初めて会った瞬間からしっくりくるような運命の人に、誰もが出会えるといいですね。