これでもう痛くない!痛みを和らげるシェービングジェルのおすすめ5選!

髭剃り後に痛くなったり赤くなったり、いわゆるカミソリ負けをした経験はありませんか?

今回は、カミソリ負けを防ぐためのシェービングジェルについてお伝えいたします。
シェービングジェルの特徴や必要性や、初心者でも使いやすいシェービングジェルのおすすめ5選などをご紹介します。

上手に髭を剃ることは、デキる男の必須条件のひとつかもしれません。そのためには、肌表面に傷をつけない、必要な細胞や成分まで削りすぎないことが大切です。

この記事の見どころ

  • シェービングジェルの選び方ガイド
  • おすすめのシェービングジェルを紹介
  • シェービングジェルの正しい使い方を解説

なぜ髭剃り後に痛くなってしまうのか?

髭を剃った後、痒い・痛い・赤い。このような症状をカミソリ負けといいます。

痛くなる原因はカミソリ負け

痛くなる理由はカミソリ負け

Photo by Dollar Gill on Unsplash

乾いた髭の硬さは銅線と同じくらいと言われています。そんな髭を直に削ぎ落とすには肌に大きな負担が掛かってしまいます。

また、髭を剃るには肌表面の細胞まで同時に削ぎ落とすことになります。肌表面の細胞は、角質層と呼ばれ肌を守るバリア機能があります。その細胞が無くなれば肌はいろいろな影響を受けてしまいます。

カミソリ負けを防ぐには

髭剃りは毎日繰り返さなければなりません。

T字カミソリで剃る場合はもちろん、肌には優しいとされる電動シェーバーでもシェービング剤は使いましょう。

シェービングジェルの基本情報

シェービングジェルは軽くて伸びが良く、透明で肌につけた後も髭剃り箇所が見えるのが最大の特徴です。
剃る部分が見えるので深剃りで肌を傷つける心配も少なく、シェービングが苦手な方や、シェービング初心者に向いています。他のタイプと比べて刃が滑りやすく、肌と刃の間でクッションのような役割を果たして肌への摩擦の抵抗も軽減されます。

また、水分をたっぷり含んだシェービングジェルは乾きにくく、硬い毛を柔らかくして肌表面の古い角質を浮かせるという効果も期待できます。髭剃り後の敏感な肌を鎮めたり、保湿したりといった効果もあり、カミソリ負け対策にも効果的です。

シェービングジェルのメリット・デメリット

シェービングジェルのメリット

  • 泡タイプに比べ、細かい部分に伸ばしやすい
  • 肌や髭を見ながら剃れる
  • 髭剃りが苦手な人やオシャレで髭を伸ばしている人におすすめ
  • 髭を柔らかくする効果が高く、抵抗が少なくスムーズに剃れる
  • 美容成分が含まれたものが多い。
  • 肌荒れなどのトラブル改善が期待できる

シェービングジェルのデメリット

  • 他のタイプより冷たい、毛穴が閉じてしまうため、入浴時や入浴直後、蒸しタオルで毛穴を開かせてから使用すると効果的
  • 清涼剤が含まれたものが多い
  • 冷たい質感や清涼剤などは敏感肌には負担になることもある

シェービングジェルの選び方

無添加・無香料がおすすめ

基本的にシェービング剤は毎日使用するものです。シェービングジェルにはメントールなどの清涼剤が含まれたものがありますが、敏感肌という方は、肌に刺激になるような成分配合のものはできるだけ避けるのが無難です。

無添加、無香料なものを選ぶのがおすすめです。

有効成分にも気にかけて選びましょう

有効成分としては、アロエエキスやカミツレエキス、甘草エキスなどの消炎効果、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれたものが効果的です。また美容成分として様々な効果が期待できる、A、B、C、Eなどのビタミン群もおすすめです。

カミソリ用とシェーバ用の違いを知っておこう

シェービングジェルにもカミソリ用と電気シェーバー用の2種類があります。

違いは「ウェット対応」の濡れても大丈夫なタイプの電気シェーバーで使うか、T字カミソリで使うかどうかです。ウェット対応でない電気シェーバーで使用すると、故障の原因になる場合があるため使用は避けましょう。

シェービングジェルの正しい使い方

シェービングジェルも、基本的には他のシェービング剤と使い方は同じです。ただし、冷たいままだと毛穴が閉じてしまうことを考慮し、塗った後30秒程度おいて髭が柔らかくなるのを待ってから剃るとより効果的です。

STEP1
起床後15分程度は経ってから、起きた直後は、顔がむくんできれいに剃れません。
STEP2
ぬるま湯で洗顔後、お湯の温度も大切です。熱すぎると刺激になり、冷たすぎると毛穴が開かず剃り残しの原因になります。
STEP3
熱いお湯で絞ったタオルをしばらく当てて毛穴を開かせる
STEP4
シェービングジェルを剃る部分全体に塗る。
STEP5
しばらく(30秒程度)置いて髭が柔らかくなるのを待つ
STEP6
髭の目に沿って順剃り
STEP7
剃り残した部分には再度シェービングジェルをつけて順剃り、順剃りで剃りきれない剛毛は、優しく逆剃りしてください。
STEP8
ぬるま湯で洗い流し
そのままではシェービングジェルの成分が肌に残ってしまい要注意です。
STEP9
冷水または冷水タオルで引き締め
毛穴を開かせたら、引き締めて閉じておく必要があります。
STEP10
化粧水・乳液でアフターケア

毎日の何気ない髭剃りも、肌への負担をは大きいです。少しの刺激も毎日繰り返せば深刻なトラブルになってしまいます。使い方などのちょっとしたいたわりが肌のコンデションに大きく影響します。

おすすめのシェービングジェル5選

ゼロファクター5αSPシェイブジェル

ゼロファクター5αSPシェイブジェル
○ブランド:ゼロファクター
○タイプ:シェービングジェル
○特徴:再生毛ケア
○洗顔料としての使用:不可
○価格:2,743円/容量:150g

 

商品詳細
「抑毛効果」も発揮するシェービングジェル。カミソリ、電気シェーバーどちらでも使用が可能。硬い毛も柔らかくスムーズに剃り上げながら再生毛予防効果も期待できます。高い美容効果も魅力のひとつ。3年連続モンドセレクション受賞の実力です。

クラシエバサラシェーブジェル 201

クラシエバサラシェーブジェル 201
○ブランド:サロンモード(Salon Mode)
○タイプ:シェービングジェル/有効成分:ヒアルロン酸、クエン酸
○洗顔料としての使用:可能
○香り:オリエンタルシトラスの香り
○価格:1,728円/容量:140ml

 

商品詳細
うるおってなめらかなシェービング。エイジングケア成分を効果的に配合し、シェービングが肌の浸透力をアップ。新しい時代の男前エイジングケアシェーブジェルです。

フェザーハイシェーブモイストジェル

フェザーハイシェーブモイストジェル
○ブランド:フェザー
○タイプ:シェービングジェル/有効成分:トリプルヒアルロン酸
○洗顔料としての使用:不可
○香り:爽やかなマリンの香り
○価格:548円/容量:230g

 

商品詳細
ビタミンA(パルミチン酸レチノール)」、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10など5つの有効成分配合で髭剃り後の肌にうるおいと活力を与えます。

シックハイドロシルク シェービングジェル

シックハイドロシルク シェービングジェル
○ブランド:ハイドロシルク
○タイプ:シェービングジェル/有効成分:ヒアルロン祭(うるおい成分)
○洗顔料としての使用:不可
○価格:582円/容量:150g

 

商品詳細
女性にもおすすめできるシェービングジェル。Wヒアルロン酸配合。女性や敏感肌に優しいシェービングで肌本来の水分を保ち、潤ったスベスベ肌の仕上がり。

DHCforMEN 薬用シェービングジェル

DHCforMEN 薬用シェービングジェル
○ブランド:DHC
○タイプ:シェービングジェル(電気カミソリ専用)/有効成分:2種類のパウダー配合
○洗顔料としての使用:不可
○香り:無香料
○価格:856円/容量:140ml

 

商品詳細
男性のデリケートな皮膚生理に合わせたスキンケア効果を追求。2種のパウダー配合でスムーズなシェービングを実現。薬用成分、植物成分がカミソリによるあらゆるトラブルにアプローチ。

シェービングジェルと他の製品を比較

シェービングジェルとシェービングクリーム、シェービングジェルとシェービングムース(フォーム )、ジェルから泡に変わるジェルフォーム 、それぞれの違いとは、単に使い勝手だけではありません。

シェービングクリームタイプとの違い

シェービングジェルとシェービングクリームとの違いは、まずクリームは硬めのテクスチャーである点です。肌にしっかり密着して、水を加えれば好みの硬さに調節もできます。また、クリームは保湿効果に優れており、乾燥肌におすすめです。

シェービングフォーム(ムース)タイプとの違い

フォームはきめ細かな泡で肌を覆うため、肌への負担が少なく髭を柔らかくする効果も高いです。洗顔ができるものもあり、シェービングに手間をかけたくない方に向いています。泡の洗浄効果が過剰な皮脂を取り除くため、脂性肌におすすめです。

ジェルフォームとの違い

ジェルフォームジェルとムース両方の利点を生かしています。ジェルのきめ細かな成分が髭や毛穴にまでしっかり浸透して、泡に変わった状態で剃れるため剃り残しの心配がありません。肌に優しく深剃りができます。

まとめ

髭剃りは女性のメイクと同じです。美肌男子になるかイマイチ男子に甘んじるか、大きな違いにつながってしまいます。
上手に髭剃りをクリアして、次の自分にステップアップしましょう!