男の敏感肌におすすめのシェービングの方法って?ジェルとクリームどっちがいい?

敏感肌のシェービングは肌が傷つきやすい!

敏感肌のシェービングは肌が傷つきやすい!

敏感肌のシェービングは肌が傷つけやすいので注意が必要です。肌が傷ついてしまうと血が出たり、傷口に雑菌が入りニキビなどの炎症の原因になってしまいます。本記事では敏感肌な方におすすめしたいシェービングのコツを紹介していきます!

敏感肌向け!シェービング剤の選び方

敏感肌向け!シェービング剤の選び方

まずは、シェービングには欠かせないシェービング剤の選び方とおすすめのシェービング剤を紹介していきます。

敏感肌な方は低刺激なシェービング剤を選ぶ

敏感肌な方は低刺激なシェービング剤を選びましょう。

シェービング剤はシェービング時のカミソリ負けを防ぐために欠かせませんが、中には爽快感を得られるメントールやアルコールが配合されているものがあります。このメントールやアルコールは人によっては、使用後肌がヒリヒリしてしまう原因になることがあるんです。

なので、敏感肌が気になる方はメントールやアルコールが配合されていない低刺激なシェービング剤を選ぶようにしましょう。

乾燥肌な方は保湿成分配合のシェービング剤を選ぶ

乾燥肌な方は保湿成分配合のシェービング剤を選ぶ

乾燥肌な方は保湿成分配合のシェービング剤を選びましょう。

シェービングは肌に負担をかけます。特に乾燥肌の場合、シェービング後はより乾燥してしまいがち。

そこで、敏感肌で乾燥肌な方はシェービング後の肌の乾燥対策に保湿成分が配合されてるシェービング剤を選びましょう。

ニキビ肌な方は殺菌成分配合のシェービング剤を選ぶ

ニキビ肌な方は殺菌成分配合のシェービング剤を選ぶ

ニキビがよくできやすい方は殺菌成分配合のシェービング剤を選びましょう。
肌に合わないシェービング剤を使ってシェービングするとニキビを傷つけてしまい、症状を悪化させる危険があります。なので、敏感肌でニキビができやすい方は抗菌・殺菌成分配合のシェービング剤を選びましょう。

カミソリ負けしやすい方は抗炎症成分配合のシェービング剤を選ぶ

カミソリ負けしやすい方は抗炎症成分配合のシェービング剤を選ぶ

カミソリ負けしやすい方は抗炎症成分配合のシェービング剤を選びましょう。

シェービング後に肌がヒリヒリしがちな敏感肌な方は、ヒリつきを抑える抗炎症成分配合のシェービング剤を選ぶようにしましょう。

敏感肌向けおすすめのシェービング剤8選

敏感肌向けおすすめのシェービング剤8選

それでは続いて、敏感肌な男性におすすめな8つのシェービング剤を紹介していきます。

シックハイドロプレミアムシェービングジェル

  • 商品名:シックハイドロプレミアム̪シェービングジェル
  • メーカー:シック
  • 価格:¥ 439(税込)
  • 容量:200g
  • 有効成分:PEG-115M(ヒゲのひっかかりを防ぐ),ヒアルロン酸(うるおい成分)

剃り残しが分かる!シェービングジェル

この「シック ハイドロ プレミアム シェービングジェル」にはうるおい成分「ヒアルロン酸」が配合されてるので、シェービング後の肌に水分を補い保ちます。また「PEG-115M」という潤滑成分が、シェービング時のヒゲのひっかかりを予防し、肌トラブルを防ぎます。

また口コミでは「敏感肌なので頼りにしてます。剃り心地がいいのも気に入ってます」と紹介されており、敏感肌な男性でしっかりシェービングしたい方におすすめなシェービングジェルであることがわかります。

Amazonで詳細を見る

ジレットフュージョンプログライドシェービングジェル

ジレットフュージョンプログライドシェービングジェル

  • 商品名:フュージョン プログライド シェービングジェル
  • メーカー:ジレット
  • 価格:¥ 615(税込)
  • 容量:195g
  • 有効成分:シアバター(保湿成分)

敏感肌に起こりがちなシェービング後の肌荒れを防ぐ!

フュージョンプログライドには保湿成分「シアバター」が配合されてるので、肌にうるおいを与え、肌の乾燥を防ぎます。もちろん、ノンアルコール、ノンメントールのシェービングジェルです。

口コミにも「肌によく馴染み、剃り心地もいいのでとても気に入ってます。肌荒れもありません」という声もあることから、敏感肌で起こりがちな肌荒れを心配することなく使えるシェービングジェルであることがわかります。

Amazonで詳細を見る

ヴェレダ シェイビングクリーム

ヴェレダ シェイビングクリーム

  • 商品名:ヴェレダ シェイビングクリーム
  • メーカー:ヴェレダ
  • 価格:¥ 1,296(税込)
  • 容量:75ml
  • 有効成分:アーモンドエキス(保湿成分)

 

保湿効果あり!シェービングクリーム

この「ヴェレダ シェイビングクリーム」には保湿成分の「アーモンドエキス」が配合されてるので、なめらかな剃り心地を実現し、肌のうるおいを保ちます。また、ヴェレダ シェイビングクリームが持つハーブの香りも魅力の一つで、シェービングの時間をさわやかに彩ります。

口コミでは「元々敏感肌で、ジェルや石鹸タイプ、フォームタイプのシェービング剤を数多く使ってきましたがどれも肌に合わなかったんです。でも、このヴェレダ シェイビングクリームは私の敏感肌に合うシェービングクリームでした」とあることから、敏感肌でシェービング剤選びに悩んでる男性の方におすすめなシェービングクリームであることがわかります。

楽天で詳細を見る

メンソレータム 薬用シェービングクリーム

メンソレータム 薬用シェービングクリーム

  • 商品名:メンソレータム 薬用シェービングクリーム
  • メーカー:メンソレータム
  • 価格:¥ 454(税込)
  • 容量:70g
  • 有効成分:イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分),グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)

 

皮膚を保護してカミソリ負けを防いでくれる

メンソレータム 薬用シェービングクリームには殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」そして抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されてます。なので、ニキビの改善に効果的で、シェービング後の肌のヒリヒリ感を防ぎます。

口コミでは「私は肌が弱くて、シェービングするとよくカミソリ負けして肌が荒れてしまうんです。でも、このメンソレータム 薬用シェービングクリームを使うようになってからカミソリ負けはしなくなりました。本当に感謝してます」とあることから、ニキビの改善効果だけでなく、シェービング後の肌のヒリつきを抑えてくれる効果的な商品であることがわかります。

Amazonで詳細を見る

ニベアメン シェービングフォーム

 

ニベアメン シェービングフォーム

  • 商品名:ニベアメン シェービングフォーム スムー
  • メーカー:ニベアメン
  • 価格:¥ 397(税込)
  • 容量:195g
  • 有効成分:グリセリン,カミツレ花エキス(うるおい成分)

肌への刺激が少ない!シェービングフォーム

この「ニベアメン シェービングフォーム スムース」は敏感肌にやさしいノンメントールでノンアルコールのシェービングフォームです。また、うるおい成分である「グリセリン」「カミツレ花エキス」が配合されてるので、ニキビの元になる肌の乾燥を防ぎます。

また口コミでは「メントールやアルコールでよく肌荒れする敏感肌な私ですが、このニベアメン シェービングフォーム スムースでは肌荒れの心配はありません。泡切れもよく、洗い上がりもさっぱりしてるので、とても気に入ってます」と紹介されており、敏感肌な男性におすすめなシェービングフォームであるのがわかります。

Amazonで詳細を見る

サクセス 薬用シェービングフォーム

サクセス 薬用シェービングフォーム

  • 商品名:サクセス 薬用シェービングフォーム
  • メーカー:サクセス
  • 価格:¥ 517(税込)
  • 容量:250g
  • 有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)

高密度の泡が髭を柔らかくするから剃りやすい!

この「サクセス 薬用シェービングフォーム」には抗炎症成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されてるので、ニキビなどの肌の炎症に悩む男性にはおすすめなシェービングフォームです。ただ、エタノールが配合されてるので敏感肌が気になる男性の方は注意してください。

商品の口コミ

口コミでは「シェービング後の肌のヒリヒリ感はありません。カミソリ負けもないですし、肌に優しいシェービングフォームです。敏感肌な方にはおすすめしたいですね。」とあることから、ニキビなどの肌の炎症に効くだけでなく、シェービング後のヒリヒリ感やカミソリ負けのない使用感のいいシェービングフォームであることがわかります。

Amazonで詳細を見る

シック 薬用シェーブガード シェービングフォーム

シック 薬用シェーブガード シェービングフォーム

  • 商品名:シック 薬用シェーブガード シェービングフォーム
  • メーカー:シック
  • 価格:¥ 756(税込)
  • 容量:200g
  • 有効成分:イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)

フレッシュライムの香りだから爽やかな剃り心地!

シック 薬用シェーブガードシェービングフォームには殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」が配合されています。なので、ニキビでお悩みの男性におすすめのシェービングフォームです。ただ、メントールが配合されてるので注意してください。

商品の口コミ

また、口コミでは「シック 薬用シェーブガード シェービングフォームは肌によく馴染むシェービングフォームです。また、ヒゲが濃い体質なので逆剃りをよくするんですが、カミソリ負けもありません。さらに、敏感肌なのですがシェービング後の肌がピリピリする感じもないのでとても気に入ってます」とあることから、敏感肌でヒゲの濃い男性にはおすすめな商品であることがわかります。

Amazonで詳細を見る

プリシェーブオイル オレンジサンダルウッド

プリシェーブオイル オレンジサンダルウッド

  • 商品名:プリシェーブオイル オレンジサンダルウッド
  • メーカー:イーシェーブ
  • 価格:¥ 3,024(税込)
  • 容量:56g
  • 有効成分:ビタミンA,ビタミンE(肌荒れを防ぐ)、アーモンド油(肌に潤いを与える)

乾燥から肌を守り、滑らかでしっかりした剃り心地。

このプリシェーブオイル オレンジサンダルウッドには肌荒れを防ぐ成分「ビタミンA」「ビタミンE」が配合されています。なので、シェービング後の乾燥しがちな敏感肌の肌トラブルを防いでくれます。また、肌に潤いを与える天然由来成分「アーモンド油」も配合されてるので、シェービング後のデリケートな肌に潤いを与えます。

この商品の口コミ

口コミには「剃り心地がよくなり、肌はしっとりします。そして何より、私はこのプリシェーブオイル オレンジサンダルウッドのオレンジサンダルウッドの香りが大好きで、とても気にっています」という声がありました。この口コミからカミソリ負けから肌を守り、香りもいい使用感バツグンな商品であることがわかります。

Amazonで詳細を見る

【敏感肌な男性へ】シェービング前にやるべきこと

【敏感肌な男性へ】シェービング前にやるべきこと

ここまで、敏感肌な男性向けのシェービング剤の紹介をしてきました。ではここから、敏感肌向けのシェービング方法について紹介していきます。

まずは、シェービングをする前に押さえてほしいポイント3つを紹介します。

ヒゲは剃りやすい長さにカットしておく

ヒゲは剃りやすい長さにカットしておく

シェービングをする前に、あらかじめヒゲを剃りやすい長さにカットしておきましょう。

5~10cmぐらいの長さのあるヒゲをカットせずにシェービングすると、ヒゲがひっかかることでカミソリ負けしてしまう危険があるので注意です。

毎日シェービングされている男性の方はカットする必要はありませんが、カミソリ負けによる肌荒れを防ぐために、長いヒゲはカットしておきましょう。

肌を守るためにカミソリは定期的に交換する

肌を守るためにカミソリは定期的に交換する

カミソリ負けから肌を守るためにカミソリは定期的に交換しましょう。

劣化したカミソリでシェービングをすると、カミソリ負けのリスクが高まります。替え刃にもよりますが、T字カミソリは1ヶ月に1回、電気シェーバーは1年に1回は交換しましょう。

汚れを落とし、剃りやすくするために顔を洗う

汚れを落とし、剃りやすくするために顔を洗う

シェービングの前には、必ず洗顔料を使ってぬるま湯で顔を洗いましょう。

顔の汚れや皮脂はスムーズなシェービングの妨げになり、カミソリ負けの原因になります。なので、洗顔料を使って肌の汚れや皮脂をしっかり落としましょう。さらに、ヒゲをやわらかくし、剃りやすくするために洗顔はぬるま湯でやりましょう。

【敏感肌な男性へ】T字カミソリでのシェービング方法

それでは、敏感肌な男性向けのT字カミソリでのシェービング方法を紹介していきます。

伸びたヒゲを順剃りする

伸びたヒゲを順剃りする

まずは、伸びたヒゲを順剃りしましょう。

順剃りとは、ヒゲの生えてる向きに沿ったシェービング方法です。指でヒゲを上下になでてみてください。ヒゲの抵抗が弱ければ順剃りの向きです。逆に、ヒゲの抵抗が強ければ逆剃りに合った向きです。

ヒゲの生えてる向きを見極めたら、シェービング剤をしっかり馴染ませて順剃りをしましょう。

肌を傷つけないように滑らすように剃るのがコツ

伸びたヒゲを順剃りする

シェービングは肌を傷つけないように滑らせるように剃るのがコツです。

手に力を入れてシェービングすると肌を傷つけてしまうことがあるので、敏感肌な男性は特に注意が必要です。滑らせるようにシェービングするだけでも、ヒゲは十分剃れます。

剃り残しがあれば、逆剃りをする

順剃りをしても剃り残しがあれば、逆剃りをしましょう。

ヒゲの生えてる向きに逆らって剃る「逆剃り」はヒゲを深く剃れます。ただ、順剃りに比べて、カミソリ負けのリスクが高いので注意が必要な剃り方でもあります。

順剃りし終わったら、シェービング剤を再び馴染ませて、力を入れずに滑らせるようにシェービングしましょう。

剃り味維持のためにカミソリをすすぐ

シェービング中、剃り味を維持するためにカミソリは適時すすぐようにしましょう。

シェービングを重ねると、シェービング剤が刃と刃の間に付着してしまい剃り味が悪くなります。ヒゲを1度で剃りきるために、カミソリをすすぎながらシェービングしましょう。

時間経過で剃りやすくなる濃いヒゲは最後に剃る

時間経過で剃りやすくなる濃いヒゲは最後に剃る

時間経過で剃りやすくなる濃いヒゲは最後に剃りましょう。アゴや口周りなどの太く濃いヒゲは剃りにくいので、洗顔やシェービング剤がしっかりと浸透してやわらかくなったシェービング終盤で剃りましょう。

肌を守るために化粧水で保湿する

シェービングが終わったら、肌を乾燥から守るために化粧水で保湿しましょう。

正しいシェービング方法でカミソリ負けは防げても、アフターケアなしでは肌が乾燥してしまいます。特に、敏感肌のようなデリケートな肌は乾燥に弱いんです。肌の乾燥はニキビの原因になるので、シェービングの後のスキンケアは必ず行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで、敏感肌におすすめのシェービング剤、そして敏感肌向けの正しいシェービング方法の紹介をしてきました。

本記事を参考に、カミソリ負けや乾燥による肌荒れのない清潔な肌を目指してください!

それでは!