KADASON スカルプシャンプー副作用・毒性を成分から分析!

頭皮環境を整える目的でスカルプシャンプーに替えたのに、症状が改善されない場合がありませんか?
今回紹介するKADASON スカルプシャンプーは頭皮のトラブルの改善が期待できるシャンプーで、荒れている地肌を鎮め、脂漏性皮膚炎をはじめとするフケや湿疹、かゆみなどに効果的な成分が配合されています。
痒み・フケ・脂漏性皮膚炎などの頭皮トラブルにお悩みの方は、ぜひご一読ください。

この記事の見どころ

  • KADASON スカルプシャンプーに副作用はあるのか検証
  • KADASON スカルプシャンプーの効果まとめ
  • KADASON スカルプシャンプーの口コミ

KADASON スカルプシャンプーの効果が気になる方は「KADASON スカルプシャンプーの効果・口コミ」の記事を参考にしてください。

KADASON スカルプシャンプーの概要

KADASON スカルプシャンプー

KADASONスカルプシャンプーはこれまでのスカルプシャンプーとは違い、脂漏性皮膚炎や湿疹、かゆみや肌荒れなどから起こるフケに効果がある有効成分が配合された、頭皮環境の改善を目的とした無添加シャンプーです。

商品名KADASON スカルプシャンプー
価格1,000円
内容量100ml
**商品名**の概要まとめ
  • 皮膚科医監修のスカルプシャンプー
  • 低刺激の天然成分が99%配合

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

KADASON スカルプシャンプーに副作用・毒性はあるのか?

KADASON スカルプシャンプーに含まれている成分から、副作用の可能性を見ていきましょう。KADASON スカルプシャンプーに含まれている成分はこちらです。

水・ココイルグリシンK・ラウラミドプロピルベタイン・コカミドDEA・PPG-2コカミド・プロパンジオール・ラウロイルメチルアラニンNa、エタノール・フェノキシエタノール・ポリクオタニウム-10・ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース・クエン酸・BG・ダイズ芽エキス・チャ葉エキス・シロキクラゲエキス・レイシエキス・グリチルリチン酸2K・サリチル酸

また成分一覧だけ見ても悪質な成分があるのかわからないので、一個ずつ毒性・刺激性・アレルギーの有無について調べてみました。

全成分の毒性判定について

○=安全性が高い成分
△=安全性は高いが、副作用がある成分
×=副作用がある成分

ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース△4
ココイルグリシン水クエン酸△5
ラウミドプロピルベタインBG
コカミドDEA△1ダイズ芽エキス
PPG-2コカミドチャ葉エキス
プロパンジオールシロキクラゲエキス
ラウロイルメチルアラニンNaレイシエキス
エタノール△2グリチルリチン酸2K
フェノキシエタノール△3サリチル酸△6
ポリクオタニウム-10○ 

 

引用元:化粧品成分オンライン

安全ではあるが、副作用の可能性がある成分

先ほど紹介した表に記載した「△」の成分について、どのような副作用があるのか具体的に紹介していきます。

1.コカミドDEA・・・職業的にコカミドDEAに毎日皮膚をさらす場合は、アレルギーを発症する可能性があり特にアレルギー性皮膚炎や金属アレルギーなどを発症しているとコカミドDEAのアレルギーの可能性も高まると考えられます。
2.エタノール・・・炎症を有していたり、バリア機能が低下してる場合は、まれに発赤、かゆみ、スティンギング反応などが起こることがあるので注意が必要です。
3.フェノキシエタノール・・・配合上限1%と決まっている成分で安全性は高いが、湿疹または皮膚炎を有する場合は、ごく稀に症状が悪化するケースが報告されていると言われています。
4.ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース・・・アレルギーのある方は肌に反応する可能性があり、使用前には確認をとってから使用するようにしてください
5.クエン酸・・・アトピー性皮膚炎を含むアレルギー性皮膚炎を有する場合はごくまれにアレルギー反応が起こることがあるため、注意が必要です。
6. サリチル酸・・・酸性度が高い場合や皮膚炎を有している場合、乾燥肌及び敏感肌の場合は皮膚刺激が起こる可能性が考えられるので注意が必要です。

KADASO スカルプシャンプーの効果を成分から分析?

ここまで副作用についてご紹介しましたが、ここからはKADASON スカルプシャンプーの効果について成分から分析します。

効果①頭皮環境の改善・脂漏性皮膚炎の緩和

脂漏性皮膚炎はマラセチア真菌という菌が繁殖することで、大きなフケやかゆみなどを伴い頭皮環境を悪化させる病気です。このマラセチア真菌を抑制するサリチル酸という成分がこの菌の働きを抑制します。またかゆみを抑える消炎作用のあるグリルリチン酸2Kの働きにより頭皮環境の改善・脂漏性皮膚炎の緩和につながります。

効果を支える成分

グリチルリチン酸2K、サリチル酸

商品の購入者

使いだして1ヵ月です。頭皮の状態が良くなり、かゆみもだんだん収まってきました。

効果②抜け毛を減らす

KADASONスカルプシャンプーには、消炎作用があるグリルリチン酸2Kという成分が含まれています。抜け毛予防に頭皮の消炎は重要なポイントになってきます。脂漏性皮膚炎の抜け毛を防ぐには効果的なシャンプーです。

また脂漏性皮膚炎の原因のマラセチア真菌の進行が進むと頭皮の毛穴のつまりや、フケの大量発生など抜け毛につながると言われています。KADASON スカルプシャンプーではこのマラセチア真菌の繁殖を防ぐサリチル酸という成分が配合されているので、菌による抜け毛を防ぐことができます。

効果を支える成分

サリチル酸

商品の購入者

かゆみやフケも治り、そのおかげか抜け毛も減ったように思います。

効果③保湿効果

KADASONスカルプシャンプーに配合されている19の成分のうち7成分が保湿効果をもたらすものでした。その中でも、シロキクラゲエキスがKADASON スカルプシャンプーを牽引しています。シロキクラゲエキスは、保湿力が非常に高くその力は重量に対して500倍にもなると言われています。その効果は昔からも言われており、あの楊貴妃も重宝していたと伝えられるほどです。

効果を支える成分

シロキクラゲエキス、レイシエキス、プロパンジオール、BG、チャ葉エキス、ダイズ芽エキス、ポリクオタニウム-10

商品の購入者

使用後、サラサラ感しっとり感を感じました。

副作用が起こる可能性が高い方

最後にKADASON スカルプシャンプーを利用して副作用が起こる可能性が比較的高い方についてまとめて紹介していきます。

①アレルギーに懸念のある方

KADASON スカルプシャンプーに含まれているコカミドDEA・ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース・クエン酸という成分により、アレルギー体質や接触性皮膚炎や手湿疹などアレルギーが原因と思われる皮膚炎を発症したことがある方は、アレルギー(皮膚感作)が起こる可能性が少し高くなるので使用前には注意が必要です。

②職業的に毎日接触している方

職業的にKADASON スカルプシャンプーに毎日皮膚をさらしている方は少し注意が必要です。長時間続けているとアレルギーが出てくる可能性があります。

③皮膚が弱い方

皮膚炎や湿疹を発症している方や皮膚が弱い方は、あらかじめパッチテストなどを行ってからKADASON スカルプシャンプーを利用するようにしてください。

KADASON スカルプシャンプーのまとめ

KADASON スカルプシャンプーの副作用・毒性について説明してきました。

どのシャンプーにも共通することですが、刺激を感じたり副作用が起こったりした場合は、直ぐに使用を中止して皮膚科を受診することが大切です。

そうならないために使用前に自分にあっているかの確認をすることが大事です。この機会にぜひシャンプーを選ぶ際は、成分を確認し自分との相性も確認してから使用するようにしましょう。