アウスレーゼ アフターシェーブローションの使用方法と副作用

男性の朝の日課と言えば髭剃りですが、そんな髭剃りに欠かせないのがアフターシェーブローションです。
その中でも昔から根強い人気を誇るのが資生堂のアウスレーゼ アフターシェーブローション。髭剃り後の肌に塗ると、スキッとした爽快感とともに肌を保湿してくれます。
ヒリヒリ感や肌荒れを防ぐだけではなく、香りも人気のポイントです。

この記事の見どころ

  • アウスレーゼ アフターシェーブローションの正しい使い方
  • アウスレーゼ アフターシェーブローションに副作用はある?
  • アウスレーゼ アフターシェーブローションに副作用はある?

アウスレーゼ アフターシェーブローションの効果が気になる方は「アウスレーゼアフターシェーブローションの効果・口コミ」の記事を参考にしてください。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの基本情報について

アウスレーゼ アフターシェーブローションの使用可能な箇所

アウスレーゼ アフターシェーブローションは基本的には髭剃り後の肌に使うアフターシェーブローションです。

長年のロングセラー商品で、髭剃り後の肌をスキッと気持ち良く仕上げるために使う人が多いです。

髭剃り後であれば毛穴もきれいになっているため、アウスレーゼ アフターシェーブローションの保湿効果も存分に感じることができるでしょう。

濃い髭の人の髭剃り後は普通よりも肌へのダメージが大きいですが、しっかりと潤いを与えてくれます。

体の中でもデリケートな顔の肌向けに作られているので、体の他の部位に対しても使えないことはありません。

しかし、アウスレーゼ アフターシェーブローション本来の爽快感や引き締め感を味わうためには、髭剃り後の顔に使った方がよいでしょう。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの使用不可な箇所

アウスレーゼ アフターシェーブローションを塗るのに最も適しているのは顔で、特に髭剃り後や洗顔後のきれいな状態で塗るのが良いですね。

デリケートな髭剃り後の顔に塗る目的で作られているので、応用して体のムダ毛処理後などに使う方もいるようです。

敏感肌の方はパッチテストをしよう

アウスレーゼ アフターシェーブローションには刺激の強い成分も含まれているため、敏感肌の人は顔に塗るとピリピリと痛みがあることも。

肌が弱いと感じる人は、実際に顔に塗る前に二の腕など柔らかい部分でテストをしてみてくださいね。

目などに入らないよう注意

また、アフターシェーブローションとしての使用を想定しているので、目や粘膜など敏感な部位に付着しないように気をつけましょう。
刺激が強く副作用が出てしまう可能性があります。

POINT
なお、アウスレーゼ アフターシェーブローションは男性向けの商品として開発されているので、女性の肌には刺激が強いと感じる可能性があります。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの購入方法

資生堂のロングセラー商品のため、気軽に購入できるのもアウスレーゼ アフターシェーブローションの魅力。

資生堂の通販サイトはもちろん、Amazonや楽天市場などのショッピングサイトからも購入することができます。

ネットショッピングだけではなく、ドラッグストアなどの店舗でも販売されています。

取扱い店舗はかなり多いので、家の近くのドラッグストアなどでも売っているかもしれませんよ。

いくらで買える?

資生堂通販サイトで購入した場合、100mlで1,620円、35mlで648円で購入できます。(どちらも税込)

値段は店舗やネットショッピングサイトごとに異なりますので、お得に買うためにはいくつかのサイトや店舗を確認してみると良いでしょう。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの使い方について

アウスレーゼ アフターシェーブローションの正しい使い方

濃い髭の髭剃り後などのダメージ肌にも有効なアウスレーゼ アフターシェーブローション。

間違った使い方をして肌荒れなどの副作用を起こさないためにも、正しい使い方をしたいですね。

  1. 肌をきれいな状態にする
    男性の肌は、荒れていたり脂が多く出ていたりしてアフターシェイブローションが浸透しにくくなっていることが多いです。
    洗顔や髭剃りを丁寧に行って、アウスレーゼ アフターシェーブローションが肌に浸透する土台を作りましょう。
  2. アウスレーゼ アフターシェーブローションを塗る
    手に取る量は、部分的に使う場合には10円硬貨程度、顔全体に使用する場合には500円硬貨程度の量が目安になります。
    塗る時に気をつけたいのが肌をマッサージするように塗り込むのではなく、軽くたたくようにすること。こうすることで、爽快感や肌の引き締め感が増します。

また、髭剃り後に使う場合には肌が荒れているため少し優しく塗ることをおすすめします。濃い髭の人の場合はなおさらですね。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの間違った使い方

せっかくアウスレーゼ アフターシェーブローションを使い始めたのは良いものの、間違った使い方をしてしまうと効果が出ないばかりか副作用を起こすことにもなりかねません。

それでは、どのような使い方を避ければよいのでしょうか。

  • 量を多く取りすぎる
    肌の乾燥がひどい日や荒れている日などには、つい普段よりもを多く塗りたくなりますよね。しかしそれが逆効果になることも。
    適量を超えて使用したことで、肌の荒れや痛みにつながることもあるので要注意です。
  • 強く塗り込む
    アウスレーゼ アフターシェーブローションを塗る際には、軽くたたくようにして使うのが理想です。他の商品では塗り込むようにして使うこともありますが、そのようなやり方はしないようにしましょう。
    特に濃い髭の髭剃り後などでは、肌の小さな傷に強く押し付けてしまい痛みや荒れの副作用が起きる可能性もあります。

アウスレーゼ アフターシェーブローションに副作用はある?

アウスレーゼ アフターシェーブローションのよくある副作用について

長年人気のアウスレーゼ アフターシェーブローションは使いやすさにも定評がありますが、刺激性の強い成分が含まれているため、人によっては肌荒れなどの副作用が出る可能性があります。

肌に塗った際にピリピリと痛みを感じた場合や、すっきりする感覚があまりに強い場合には、肌に対してアウスレーゼ アフターシェーブローションの成分が強すぎる可能性があるので要注意です。
 
他の商品で過去に肌荒れを経験した人や、肌が敏感だと自覚している人はアウスレーゼ アフターシェーブローションを顔に使用する前に一度チェックすることが大切です。
 
しっかりとチェックしてから使うことで思わぬ副作用が起きるのを防ぐことができます。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの副作用を防ぐ正しい使い方

アウスレーゼ アフターシェーブローションによって起こる副作用は、刺激性のある成分によって生じる痛みや肌荒れなどが考えられます。

副作用を防ぐためには正しい使い方をすることが大事になります。

  • 適量で使用する
    効果を期待して大量に使用することで思わぬ副作用が発生することもありますので、適量で使用しましょう。
    部分的に使用するのであれば10円硬貨程度、全体でも500円硬貨程度の量を使えば十分ですよ。
  • 肌が弱い人は事前にテスト
    アウスレーゼ アフターシェーブローションによって副作用が生じるのは、敏感肌の人の場合に多いです。
    自分の肌が弱い方だと感じている人は顔に使用する前に二の腕など体の中の柔らかい部分で事前にテストをすることで副作用を防ぐことができます。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの副作用に関する口コミ紹介

「髭剃りのときに傷ができてしまっているとしみてしまいます。」

「ぬってしばらくすると、ピリピリと染みるような感じがします。」

「つけると、サッパリ感と少し痛みを感じます。その後肌荒れなどが起こるわけではありませんが…。」

「アフターシェーブローションは色々試してきましたが、アウスレーゼのアフターシェーブローションは肌に合うようで副作用や肌荒れはありません。」

アウスレーゼ アフターシェーブローションの効果と成分を紹介

アウスレーゼ アフターシェーブローションの効果

アウスレーゼ アフターシェーブローションは資生堂のロングセラーで、長年使い続けているファンも多い商品です。

肌を整える

アウスレーゼ アフターシェーブローションは、髭剃り後の肌をスキッと引き締めて気持ちよい状態にしてくれます。
保湿力があり、乾燥肌が気になっているにも使いやすいです。

濃い髭の人の髭剃り後は、肌は大きなダメージを負っているもの。
その分しっかりとケアする必要があります。
 
そんなときにも、アウスレーゼ アフターシェーブローションを使用することで肌荒れやカミソリ負けを防止して潤いを与えてくれます。

良い香りで癒される

また、フローラルシトラスの香りを気に入ってアウスレーゼ アフターシェーブローションを購入する人もいます。

微香性のため強い香りではなく、塗った後はそっと香ってくれます。

アウスレーゼ アフターシェーブローションに含まれている成分について

アウスレーゼ アフターシェーブローションには髭剃り後の肌をいたわる成分が複数配合されています。

その中でも注目したいのがアロエエキスです。

アロエエキス
高い保湿力があり、肌に染み込んで長く保湿してくれます。
自然の成分なので体に悪くないことも魅力です。普段使いするにも使いやすいですよね。
肌に潤いを与える成分や肌荒れを防止する成分以外には香料も含まれています。

これは、アウスレーゼ アフターシェーブローションの特徴の一つでもあるフローラルシトラスの香りをつけるものですね。

アウスレーゼ アフターシェーブローションの効果に関する口コミ

アウスレーゼ アフターシェーブローションの良い口コミ

「髭剃りの後に肌がひりひりするので悩んでいましたが、このアウスレーゼ アフターシェーブローションを使うようになって改善されました。」

「爽やかな香りで、朝の髭剃りのあとに塗ると良い気分で過ごせます。」

「サラサラの液体なので夏でもサッパリ使えます。」

「肌がすっきりする感じが気に入って愛用しています。」

アウスレーゼ アフターシェーブローションの悪い口コミ

「刺激が強くて塗ったとき少ししみます。敏感肌の人には不向きかもしれません。」

「いわゆる理髪店のような香りであまり好きになれませんでした。」

「容器が小さく、コスパ的にはいまいちだと思います。」

「今までアフターシェーブローションはもっと安いものを使ってたのですが、それほど違いは感じられません。」

アウスレーゼ アフターシェーブローションのまとめ

アフターシェーブローションとして厚い支持を集め続けるアウスレーゼ アフターシェーブローション。

アロエエキス配合の保湿性と、フローラルシトラスの心地よい香りには定評があります。

ドラッグストアなどでも手に入り日常的に使いやすいアフターシェーブローションですが、刺激性が強い成分も含まれているので敏感肌の人は事前にチェックしてみると安心ですね。
 
適量で正しく使えば、きっとアウスレーゼ アフターシェーブローション本来のすっきりした引き締め感を楽しめるはずです。
 
アウスレーゼ アフターシェーブローションで発生する可能性のある副作用は、敏感肌や肌に合わない場合の肌の痛みや肌荒れが主なもの。
事前のチェックで防ぐことができますよ。
 
正しくアウスレーゼ アフターシェーブローションを使って、爽快感と心地よい香りを楽しんでくださいね。