今すぐ治したい!悩める男性の青髭の原因を徹底解説

髭は男性の印象を左右する大切な要素です。整えられた口ひげにワイルドさを感じる人は少なくありません。とはいえ、自分の青髭にコンプレックスを抱いている方も少なくないのではないでしょうか?
 
しかし、青髭は仕方ないと諦める必要はありません。青髭になる原因やその対策を知っておけば改善できます。この記事では、青髭になる原因や正しい髭剃りの方法、エステやクリニックの情報など幅広く解説していきます。

この記事の見どころ

  • 青髭の原因が理解できる
  • 青髭の改善方法を知ることができる
  • 青髭になる人の特徴を理解する

青髭の対策について詳しく知りたい方は「青髭対策のすすめ!青髭解消に効果的な6つの対策方法」の記事を参考にしてください。

青髭になってしまう原因とは?

青髭になる原因は髭の剃り方にあります。毎日髭剃りをする方は多いと思いますが、これが青髭になってしまう主な原因です。

日々の髭剃り

日々の髭剃り

日々の髭剃りは青髭を作る大きな原因です。髭を剃ると、毛の断面は肌の表面に露出した状態になります。髭は毛根に近づくほど太くなるという特徴があるため、深剃りするほど断面が大きくなり、青髭が目立ちやすくなってしまいます。

また、体毛は体を守ることを目的に生成されます。日々の髭剃りでも、身体はそれを皮膚へのダメージと受け取るため、どんどん青髭は進行していきます。

テストステロン(男性ホルモン)が原因

テストステロン

出典:https://ja.wikipedia.org/

また、テストステロンという男性ホルモンも青髭になる原因のひとつです。テストステロンとは髭を生成する際にきっかけとなる男性ホルモンであり、精神的に追い込まれる状況においても体を守るために分泌されます。

人間に備わっている基本的な機能ではありますが、青髭を進行させてしまう要因になるという副作用も備えています。

青髭の原因を抑える正しい髭剃り方法

正しい髭剃りの方法

正しい髭剃り

肌への刺激を減らす、という意識を持って正しい髭剃りをすることで、青髭は改善に向かいます。スッキリした感覚を味わうために髭を深く剃ろうとしてしまいがちですが、深剃りしようとすればするほど肌へのダメージは大きくなります。

青髭対策には肌への刺激を考慮した正しい髭剃りが重要です。

また、最近では肌への刺激が少ないシェーバーが多く販売されていますが、まったく刺激がないということはもちろんありません。カミソリの刃が肌に当たった時点で肌は刺激を受けています。

正しい髭剃りに必要な3つのステップ

3つのポイント

日常の髭剃りを正しく行うためには、保温と加湿をし、優しくカミソリの刃を当てるという3つのステップが必要です。

  • 手順1
    シェービングクリームを塗る
    シェービングクリームを使用することによって、肌へのダメージを防ぎます。
  • 手順2
    優しく洗い流す
    ぬるま湯で優しく剃った後を洗い流します。
  • 手順3
    お肌のアフターケア
    アフターシェーブローション や化粧水・乳液を使用して、お肌を乾燥から守りましょう。

朝の身支度の一環として髭剃りをされる方も多いかと思いますが、これは肌へのダメージとなりやすいため要注意です。起きたばかりの身体は体温が低く、毛穴が閉じています。

この状態でカミソリやシェーバーを当てると、毛穴から髭がちぎりとられるようになり、肌が傷んでしまいます。反対に、お風呂に入っているときなどは肌に優しい髭剃りをしやすい状態です。

湯船に浸かっているだけで、肌は保温・加湿され、毛穴が開きます。その状態でゆっくり優しく髭を剃ることで、肌へのダメージを抑えた正しい髭剃りが実現できます。

⽣活習慣から予防できる⻘髭対策

正しい生活習慣

生活習慣の改善も青髭対策に有効な方法です。特に十分な睡眠、禁煙、適度な運動を心がけることで、青髭は次第に改善されていきます。

テストステロンが発生するにはストレスが大きな要因でもあるため、身体がストレスと戦う機会が多いほど分泌量は増え、青髭は進行します。

そのため、日々の生活習慣の中でも十分な睡眠、禁煙、適度な運動は、青髭対策を行う上で重要な項目といえます。

青髭を抑えるのに抑毛ローションが有効?

抑毛ローションは?

髭が薄くなり、青髭の改善に効果があると謳われている抑毛ローションですが、特別な成分は含まれておらず、科学的な根拠はありません。

多くの抑毛ローションには大豆イソフラボンが配合されていますが、これはあくまで保湿効果のある成分であって、青髭の改善に効果があるという訳ではありません。

大豆イソフラボンの効果で肌の水分量が満たされれば、肌が傷みにくい状態となり、青髭が目立たなくなる、という間接的なアプローチであるという点には注意が必要です。

青髭をすぐに解消するなら専門のクリニック・サロンがおすすめ

クリニック・サロン

青髭を確実に解消したいのであれば、脱毛エステやクリニックへ行きましょう。エステやクリニックでは、専用の機器を用いた施術を受けられますので、ほぼ間違いなく青髭を解消できると言えます。 

髭全体の治療となると、一般的には15万円程度の費用と、1年の間に5回以上通院するという労力が必要となりますが、青髭を確実に解消するためであれば、これは決して無駄な投資ではありません。

青髭を一時的に隠す方法も

BBクリーム・ファンデーション

青髭はBBクリームやファンデーションを塗ることで隠すことができます。感覚としては女性の化粧と同じであるため、慣れるまでは面倒に感じられますが、すぐに対処でき、大きなコストもかからないという点がメリットといえます。

注意
BBクリームやファンデーションは、薬局などで手軽に購入できますが、使用方法をよく理解してから使用しましょう。突然の変化に皮膚が反応し、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが発生するという場合も考えられます。

肌が荒れている状態での髭剃りはダメージが大きくなり、逆に青髭を進行させてしまう恐れがあるため、充分な配慮が必要です。

青髭を隠すことができるBBクリームはこちら

意外かもしれませんが、青髭に悩む男性の数は非常に多く、ニキビ隠しのBBクリームを青髭に活用される方も多いようです。今回は人気のあるBBクリームの二つの商品を紹介します。

メンズ専用ブランドのNULL メンズBBクリーム

NULL BBクリーム

商品名:NULLメンズ BBクリーム
価格:1,500円

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
公式サイトで詳細を見る

オトコの速攻カバーのベジボーイBBクリーム

ベジボーイ BBクリーム

商品名:ベジボーイ BBクリーム
価格:1,728円

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る 

⻘髭になりやすい⼈の主な特徴

お風呂につかる習慣のない男性

お風呂につかろう

お風呂にゆっくり入って休む、という習慣のない男性は青髭になりやすいといえます。
最近ではシャワーを浴びるのみという方も少なくありませんが、正しい髭剃りに必要な保温と保湿が不足してしまい、正しい髭剃りが困難になります。

保温と加湿が十分にされず毛穴が開いていない状態では、髭を剃るために大きな力が必要となり、肌へのダメージも増加します。青髭を改善したいという方は、お風呂と髭剃りをセットで考えるようにしましょう。

大きなストレスを抱えている男性

ストレスを抱えている男性

日常生活でのストレスが多い方も青髭になりやすいです。具体的には、営業職などで数字に追われている、働く時間帯が不規則であるという方はストレスへの対策が必要です。

また、一般的には娯楽と考えられているスポーツやゲームにもストレスを感じさせる要素は含まれています。基本的に心拍数とストレスは連動しているため、息が上がるほどの運動やドキドキ感の強いゲームには注意が必要です。

時間が空けばついゲームをやってしまうという方は、それによって受けるストレスが大きいため、青髭が進行する可能性があります。

色素の薄い男性

色素が薄い

体質とはいえ、色素の薄い男性はどうしても髭が青く目立ってしまいがちです。毛穴の表面に露出している髭の点々は黒いため、肌の色が茶色の場合には色味が近いため目立ちにくいです。

しかし、肌の色素が薄く色白だと、肌と毛の色が白と黒で正反対なため、毛穴の状態を問わず目立っていまいます。

まとめ

  • 髭剃りは優しく
    肌へのダメージと髭の濃さは比例している。
  • 生活習慣を見直す
    十分な睡眠、禁煙、適度な運動を心掛け、できる限りストレスのない生活を送ること。
  • 脱毛エステやクリニック
    確実に改善したいなら、プロに任せる。
  • メイクで隠す
    BBクリームやファンデーションを使えばすぐに隠せる。

青髭の原因は理解できましたか?青髭になってしまう原因を理解することで、正しい対策を心がけていきましょう。