最新の記事が20件UPされています。

ルシード(LUCID) アフターシェーブローションの使用方法と副作用

髭剃りの後には、肌の炎症を防ぐ成分などが配合されているアフターシェーブローションで肌のケアをしっかり行うことが大切です。この記事では、数あるアフターシェーブローションの中でも人気の「ルシード アフターシェーブローション」についてご紹介します。
使い方や効果だけでなく、気になる口コミや副作用についての情報もお伝えするので、ルシード アフターシェーブローションが気になっている方はぜひご覧ください。

この記事の見どころ

  • ルシード アフターシェーブローションに副作用はあるのか検証
  • ルシード アフターシェーブローションの正しい使い方
  • ルシード アフターシェーブローションの口コミ紹介

ルシード アフターシェーブローションの基本情報について

ルシード アフターシェーブローションの使用可能な箇所

ルシード アフターシェーブローションはフェイス用のアフターシェーブローションなので、使用可能な箇所は顔全体、髭剃り後や洗顔後などの清潔な肌に使用できます。

ルシード アフターシェーブローションは、髭剃り後の箇所にのみ使うという使用法でも、顔全体に使うという使用法でも使用できます。

ルシード アフターシェーブローションを塗るときは、指の腹を使って優しく肌になじませてください。

ルシード アフターシェーブローションは保湿効果のあるアフターシェーブローションなので、髭剃り後の肌トラブルが気になる箇所だけでなく、乾燥が気になる箇所にも使用するといいでしょう。

ルシード アフターシェーブローションの使用不可な箇所

ルシード アフターシェーブローションの使用不可な箇所はあるのか調べてみましたが、特に記載はありませんでした。

しかし、ルシード アフターシェーブローションは顔への使用を前提として作られたアフターシェーブローションなので、顔以外のデリケートな部分などへの使用はやめておいたほうがいいかもしれませんね。

POINT
また、ルシード アフターシェーブローションは、傷や湿疹など、肌に異常のあるときは使わないようにしてください。

ルシード アフターシェーブローションを使用して肌に異常が出るなど、肌に合わない場合にはルシード アフターシェーブローションの使用を中止して皮膚科専門医などへ相談するようにしましょう。

ルシード アフターシェーブローションの購入方法

ルシード アフターシェーブローションは、市販されているためドラッグストアなどで購入が可能です。

また、近く店舗に取り扱いがない場合などにはインターネットでも購入できます。

ルシード アフターシェーブローションは、インターネットでは楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの通販サイトで購入できます。

公式通販はなく、公式サイトではAmazonとLOHACOでの購入を勧めているようです。

ルシード アフターシェーブローションの使い方について

ルシード アフターシェーブローションの正しい使い方

ルシード アフターシェーブローションの正しい使い方の順序を説明します。

STEP1.ルシード アフターシェーブローションを使用する前に、洗顔や髭剃りをして肌を清潔にしておきます。肌の水気は拭き取っておきましょう。
STEP2.ルシード アフターシェーブローションを適量手のひらに取ります。十分手に馴染ませておきましょう。
STEP3.ルシード アフターシェーブローションを肌に塗るときは、指の腹を使って優しく馴染ませてください。髭剃り後の肌や、乾燥が気になる箇所に塗ってください。

以上の3ステップでルシード アフターシェーブローションでのケアは完了です。

ルシード アフターシェーブローションで髭剃り後の肌をケアした後に、普段使っている化粧品を使う場合は、ルシード アフターシェーブローションが肌にしっかり馴染んでから使うようにしてください。

ルシード アフターシェーブローションの間違った使い方

濃い髭を剃った後などの髭剃り後の肌のケアができるルシード アフターシェーブローションですが、使い方が間違っていては効果を最大限に引き出すことはできません。

ここでは、ルシード アフターシェーブローションの間違った使い方をご紹介します。

間違った使い方①清潔でない状態で使う

まず、肌に余分な皮脂や汚れが残っている状態で使用するのは間違った使い方です。

ルシード アフターシェーブローションを使用する前には洗顔や髭剃りをして肌を清潔にしておきましょう。

肌に余分な皮脂や汚れなどがついたまま使用しても、ルシード アフターシェーブローションの効果が十分に発揮できない恐れがあるので注意してください。

間違った使い方②肌を強くたたく・こする

また、ルシード アフターシェーブローションを塗る際に強く肌を擦ってしまうのも間違った使い方です。

ルシード アフターシェーブローションを塗るときには、指の腹を使って優しく馴染ませましょう。

肌を強くこすると、肌トラブルの原因となることがあるので注意してください。

ルシード アフターシェーブローションの副作用を紹介

ルシード アフターシェーブローションのよくある副作用について

濃い髭を剃った後などに肌のケアができるルシード アフターシェーブローションですが、肌に使用するものなだけに副作用が気になりますよね。

そこで、ルシード アフターシェーブローションの副作用を調べてみました。

ルシード アフターシェーブローションの副作用にして調べてみたところ、使用上の注意に次のような記載がありました。

「化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には使用を中止してください。1)使用中に、赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑等)・黒ずみ等の異常があらわれた場合 2)使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合 そのまま化粧品の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮フ科医等にご相談されることをおすすめします。」

ルシード アフターシェーブローションには、上記のような副作用が出る可能性があるのでしょうか。

刺激が強い?

また、ルシード アフターシェーブローションの口コミを調査していると、「髭剃り後の肌にしみて痛い」といった、刺激の副作用を感じたという内容の口コミが多くありました。

このような副作用の原因は、ルシード アフターシェーブローションに配合されているエタノールやメントールの影響が大きいと思われます。
 
エタノールやメントールは使用感をさっぱりさせたり肌を引き締める効果がある成分ですが、肌に刺激を与える成分でもあるのです。
 
人によって副作用を感じるかどうかは個人差がありますが、ちらほらと刺激を感じている方がいるようなので、肌の弱い方は注意したほうがいいかもしれませんね。

ルシード アフターシェーブローションの副作用を防ぐ正しい使い方

ルシード アフターシェーブローションには、稀に刺激などの副作用があらわれる可能性があることは先ほどご説明しました。
 
それでは、ルシード アフターシェーブローションの副作用を防ぐためにはどのような使い方をするのが良いのでしょうか。
 
ルシード アフターシェーブローションの副作用を防ぐためには、ルシード アフターシェーブローションを使用するときに、なるべく肌が敏感でない状態で使用することです。
 
例えば傷やはれもの、湿疹などがある箇所は、とても肌が敏感になっています。
 
肌が敏感な状態でルシード アフターシェーブローションを使用すると、副作用があらわれる可能性が高くなってしまうので、傷やはれもの、湿疹などがある場合は使用しないようにしましょう。

ルシード アフターシェーブローションの副作用に関する口コミ紹介

「使い心地はスッキリですが、私は肌が弱いので少しヒリヒリします。」

「私の髭剃りが下手で細かい傷を作ってしまっているみたいで、つけた瞬間少ししみます。」

ルシード アフターシェーブローションの効果と成分を紹介

ルシード アフターシェーブローションの効果

効果①肌を整える

ルシード アフターシェーブローションは、濃い髭を剃った後などに肌荒れしにくい肌に整えてくれる効果が期待できるアフターシェーブローションです。

効果②保湿

また、その保湿効果により、肌のカサつきや乾燥を防いでくれる効果も期待できます。

肌の保湿をすることによってさまざまな肌荒れを防げるので、髭剃り後の肌トラブルだけでなくその他の肌荒れにも効果が期待できそうです。

効果③使い心地◎

ルシード アフターシェーブローションは無香料となっているので、香りのある化粧品が苦手な方にも使いやすいアフターシェーブローションです。

また、使い心地がさっぱりしているのでベタつく使い心地の化粧品が苦手な方でも使用できます。

エタノールやメントールが配合されているので、肌が引き締まる効果も期待できるんですよ。

ルシード アフターシェーブローションに含まれている成分について

ルシードアフターシェーブローションは、濃い髭を剃った後などの髭剃り後の肌あれやカサつきを防ぐアフターシェーブローションですが、配合されている成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

保湿成分

ルシード アフターシェーブローションには、保湿効果のある成分が多く含まれています。

ルシード アフターシェーブローションに配合されている保湿成分はベタイン・グリセリン・乳酸ナトリウム・乳酸で、それぞれ優れた保湿効果をもっています。
 
肌を整え、健やかに保つスキンケアの基本は保湿です。肌が乾燥することによって肌のキメが乱れていたりすると、髭剃り後の肌荒れが起きやすくなってしまいます。
 
保湿ケアをして肌を潤った滑らかな状態に保つことで、髭剃り後の肌トラブルを起こしにくくなる効果が期待できます。

引き締め成分

また、ルシード アフターシェーブローションにはエタノールやメントールが配合されています。

エタノールは、肌を引き締める効果が期待できる成分、メントールは肌の引き締めや鎮痛・かゆみ防止作用のある成分ですが、エタノール・メントールともに肌に刺激を感じてしまう人もいます。

特に、濃い髭を剃った後の髭剃り後の肌など、肌が敏感になっているときには刺激を感じやすいです。

肌の弱い方や、メントールやアルコール配合のアフターシェーブローションが肌に合わなかったことのある方は注意が必要です。

POINT
ルシード アフターシェーブローションは、パラベンフリーのアフターシェーブローションではありますが、合成界面活性剤や防腐剤などの肌に刺激があるとされる成分が配合されています。敏感肌の方などは注意したほうがいいかもしれませんね。

ルシード アフターシェーブローションの効果に関する口コミ

良い口コミ

「今まで色々なシェーブローションを使ってきましたが、ルシードが一番使いやすいです。無香料というのもいいですね。」

「使用感が爽やかで気に入っています。コスパも最高です。」

「アフターシェーブローションはきつい匂いのものが多いので、無香料なのは嬉しいです。付け心地も低刺激でお気に入りです。」

「普段使いならやっぱりルシードがいいです。この手のローションは妙にスース―したりベタベタしたりするのが多いですが、これは大丈夫です。」

悪い口コミ

「理髪店で顔剃りしてもらったときにつけるのと同じような感じです。皮膚にいいのかは分かりません。」

「すこしとろみがあって、なんだか肌によさそうな感じがします。私としてはメントールが効いた清涼感がほしいです。」

「息子が髭剃りの後になにかつけたいと言うので購入しましたが、もうすこしスッキリ感が欲しいそうです。」

「あくまで無香料で無臭という訳ではないので匂いはあります。つけて数分でなくなるくらいなので許容範囲ですが。」

ルシード アフターシェーブローションのまとめ

いかがでしたか?この記事では、濃い髭を剃った後などの髭剃り後の肌のケアができる、ルシード アフターシェーブローションについてご紹介しました。

ルシード アフターシェーブローションの気になる効果や使い方だけでなく、副作用や口コミについてもご紹介しましたが、ルシード アフターシェーブローションは、基本的に副作用を感じずに使えている方が大半のようです。
 
しかし、肌の弱い方や肌の調子が悪いときなどに使用すると、副作用を感じることもあるかもしれないので、副作用が不安な方は使用する前にパッチテストなどで肌に合うかを確認してから使用すると安心ですね。
 
また、ルシード アフターシェーブローションはお手軽な値段で購入できることや、男性好みのさっぱりとした使用感、無香料なところなどが人気の理由のようです。
 
ルシード アフターシェーブローションの購入を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。