【オシャレメンズ】かっこいい眉毛のお手入れ方法・描き方

髭と同じように、眉毛の手入れをしたいと考える男性は少なくないでしょう。

しかし、メンズの眉毛の整え方は女性とは少し異なるようです。
今回はメンズの眉毛のお手入れの仕方や、使う道具などを詳しくご紹介します。

眉毛を整えることにより、見た目の印象も向上します。これまでやったことのない方も、これを機にぜひチャレンジしてみてください。

この記事の見どころ

  • 眉毛を描くのに必要な道具・やり方
  • その他眉毛を描く上でのポイント解説
  • おすすめのメンズ眉毛サロンを紹介

男性が眉毛を整えることに、女性は抵抗感はある?

メンズの眉毛整理への女性の抵抗感


眉毛を整えている男性は女性からはどんな印象なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
マイナビが行った調査では、メンズは眉毛を整えるべきだと思っている女性は全体の半数ほどだそうです。すなわち、残りのおよそ50%は自然なままの眉毛で良いと思っているということです。しかし、いくら自然なままでいいとは言っても、眉毛があまりにもボサボサだったり、繋がっていたりすると、女性からの印象が悪くなってしまうこともあります。手入れのしすぎで不自然になってしまう事態は避けたいですが、人に良くない印象を与えるようであればきちんと整えた方が良いですよね。
 
女性が抵抗感を持っているのは、きちんと整った眉毛ではなく、「整えすぎて細くなってしまったメンズの眉毛」。正しい眉毛の整え方や描き方を学んで、女性からも男性からも好印象を持たれるようにしたいですね。

眉毛を描く前に~必要な道具を揃えよう~

眉毛を整える上で必要な道具


男性が眉毛を描く場合、どのような道具が必要になるのでしょうか。初めてという方は、まずは以下の道具を用意してください。

必要な道具の基本3点セット

眉毛カット用のハサミ

眉毛カットしやすいハサミ

出典:www.amazon.co.jp

眉毛の長さを整えるためには欠かせないアイテムです。普通のハサミなどの大きいハサミでは失敗しやすいので、コンパクトな眉毛カット用ハサミを使うようにしましょう。使用するハサミは、メンズ用でなく女性用の眉毛カットハサミでも大丈夫です。

毛抜き

眉毛の毛抜き

出典:http://www.treep.jp

細かい部分の眉毛を抜くのに便利です。ハサミだけでは処理しきれない短い眉毛も、毛抜きがあれば簡単に抜くことができます。

眉毛コーム

眉毛コーム

出典:https://yabiiiiii.jp/?p=6531

ボサボサの眉毛を整えることができます。眉用ハサミ・ピンセット・コームはキットとして販売されていることも多いので、そちらを購入するのもおすすめです。

眉毛の剃りすぎを防止するには?

眉毛の剃りすぎ防止のアイブロウガード

出典:https://www.rakuten.co.jp/

お手入れ初心者の方は、アイブロウガードを使うことで綺麗に仕上げることができます。アイブロウガードは眉毛を剃りすぎないために使うアイテムです。これを当てながら剃ることで、剃りすぎて細くなってしまうリスクを減らせます。

眉毛を描く人はアイブロウがマスト

眉毛のアイブロウ

出典:http://www.shiseido.co.jp/wp/index.html

アイブロウは眉毛を描く時の必須アイテム。元々の眉毛が薄い方は、アイブロウを使って眉毛を描き足すのがおすすめです。
地毛とかけ離れた色のアイブロウを使うと、不自然になってしまうので、アイブロウの色選びは慎重に行ってください。

眉毛の形を整えよう

眉毛の形を整えよう

眉毛のデザインは奇抜なものにせず、ベーシックな形に整えるのがおすすめです。ベーシックな眉毛の形に仕上げるためには色々なポイントがあります。

太さ

眉毛の太さ

出典:Instagramの投稿

細すぎると不自然な仕上がりになってしまうため、自眉毛の太さはできるだけキープするようにしてください。 眉毛のラインからはみ出ている毛だけを抜いたり、カットしたりするようにしましょう。その際、アイブローガードを使うと細くなりすぎずナチュラルに仕上がります。

角度

出典:http://www.jprime.jp/

急になりすぎないように注意してください。角度をつけすぎてしまうときつい印象になってしまいます。もともとの眉毛の角度にもよりますが、できるだけ目と平行になるように整えてください。

眉頭

眉頭の場所

出典:dime.jp

眉毛カット初心者の方は、ここを剃りすぎてしまうことが多いので注意しましょう。眉頭が薄いと、いかにも手入れしたような雰囲気になり、仕上がりが不自然になってしまいます。ここが薄い眉毛は女性から敬遠される原因にもなるため、手入れの際には十分気をつけてください。

実際に眉毛を描いてみよう

実際に眉毛を描いてみよう


眉毛をある程度整えたら、今度はアイブロウで眉毛を描いていきましょう。コツを押さえて、自然な仕上がりになるように心がけてください。

眉毛を一本一本描き足すイメージで

一筆で眉毛を描ききろうとせず、一本一本描き足すイメージでゆっくり描いてみてください。眉頭はささっとアイブロウで撫でる程度で薄く描きます。地の眉毛は眉尻にいくほど薄くなっているので、眉尻はしっかり描き足すようにしましょう。
以下の動画で眉毛の描き方のコツが紹介されています。ぜひ参考にしてください。

左右のバランスは大丈夫?

眉毛を描く上で非常に重要になのが、左右のバランスです。綺麗に描けたとしても、左右で太さが違ったり、角度が違ったりすると、全体の見栄えは悪くなってしまいます。おすすめの描き方は、バランスを見ながら左右交互に描き足していくことです。片方だけに集中せず、両方を交互に描くときれいに仕上がります。

ブラシでぼかすときのコツは?

アイブロウで描くのみだと、どうしても不自然な仕上がりになりがちですが、仕上げとしてブラシでぼかすとナチュラルに見せることができます。アイブロウには、ペンの反対側にブラシが付いているタイプもあるので、初心者はブラシ付きタイプのアイブロウを選ぶと良いかもしれません。

ブラシで眉毛をぼかす際には、毛の流れに沿って小刻みにブラシを動かすようにします。アイブロウで描いたときに濃く描きすぎてしまった場合でも、最後にブラシでぼかすことで自然な仕上がりになるため、あまり気にしすぎなくても大丈夫です。

手入れの頻度はどれくらいがベスト?

メンズ眉毛の手入れ


毛が伸びる速さには個人差があり、眉毛を整える頻度も人それぞれです。眉毛が伸びる速度はさほど早くなく、髭のように毎日のように剃ったり切ったりする必要はありません。 一般的には3~4週間に一度で十分だと言われているようです。

眉毛だけで印象は大きく変わる!

眉毛だけで印象は大きく変わる


自分の外見に自信がないという方でも、眉毛を整えるだけで清潔感がぐっと高まります。メンズの整いすぎた眉毛は苦手という女性も多いですが、清潔感のある整った眉毛には好印象です。形や描き方を工夫して、自然な男の眉毛を追求してみてください。

男性もOK!な眉毛サロン一覧


自分で眉毛を綺麗に処理できるか不安という方は、サロンで整えてもらうという方法もおすすめです。最近ではメンズ用のサロンも増えてきていますので、是非利用してみてください。

粋華男製作所

完全個室のサロンです。駅からも近いので利用しやすいのが特徴です。芸能人にも利用している方が多いそうです。

イケメン製作所の公式サイトはこちら

プラスエイト

眉毛のデザインから行なってくれるため、 形に希望がある男性におすすめです。新宿・銀座・横浜に店舗があります。

プラスエイト 公式サイト

グランリール

銀座にあるこちらのサロンは、人相学から眉毛をデザインしてくれます。脱毛用ワックスを使用するため、一度セットした眉毛が長持ちするのが特徴です。

グランリール 公式サイト