洗顔の効果に関係アリ!?最適な温度とは

最適温度

メンズのみなさんが毎日何気なく行っている洗顔に、美容効果を高めるベストな温度があることを知っていましたか?

今回は意外と知られていない、洗顔時のお湯の最適な温度について徹底検証!

デリケートな肌をいたわりつつ美容効果も高まるので、ぜひ詳細を参考にしてくださいね。

この記事の見どころ
  • 洗顔に最適な水温は何度?
  • 水温の高さによって肌に負担が生じる原因とは
  • 洗顔にまつわる噂は本当か解説!

デリケートだからこそ注意したい「洗顔の温度」

メンズの美肌を叶える基本的な洗顔は、お湯の温度は気にしないことがほとんど。
ここで毎日の洗顔時の温度に気を配ることが、美肌を維持するコツです。

洗顔に最適で美容効果が期待できる水温は、ずばり32℃前後!

では、この水温で洗顔するメリットや目的についてご説明いたします。

32℃ってどんな感じ?

32℃はどんな感じ?

洗顔時の水温が32℃といっても、なかなかピンとこない男性は多いはず。
イメージ的には、水の冷たさを感じながらもお湯のやわらかな温かみも感じられる水温のような感覚。

32℃は、肌を冷やさずほのかに温めながら、不要な汚れを浮き出して洗浄できる最適な水温となっています。

この水温で洗顔するメリットとは

32℃洗顔のメリット一覧

やはりメリットが一番に気になりますよね。
メンズの美肌をサポートしてくれる魅力的なポイントをご紹介いたします。

汚れを落とすのにピッタリ

32℃の水温は美肌を維持するために、必要な皮脂を程よく残しながら洗顔できます。
そのため洗顔後には、うるおいを維持した状態をキープできるんです。

注意
冷たすぎる水温では、毛穴が開かず不要な汚れを落とすことができません。
逆に高温のお湯だと必要な皮脂までもを洗い流してしまうため、洗顔後の乾燥が気になることも。

毛穴トラブルの予防

32℃の水温は、毛穴を適度に開きながら汚れを洗浄できるため、負担を減らせるメリットがあります。
高い水温で毛穴が開き過ぎてしまうと、そこから必要なうるおいが流れ出し乾燥肌につながる恐れも。

乾燥肌の予防に◎

水温32℃での洗顔は上記2つのメリットからもわかるように、美肌に必要不可欠な水分を維持してくれます。
皮脂バランスが整ったお肌に仕上がるため、メンズの乾燥肌の改善や敏感肌の肌質強化にも効果アリ!

実際に計ってみよう!

32℃をスムーズに把握するため、実際の水温を測ってから洗顔をしてみましょう。
実際に計ってみないと間違いに気づけないこともあるので、おすすめです。

冷たすぎると危険!?

夏場はムシムシしていたり、皮膚に熱がこもっているように感じてしまったりしますよね。
冷水で顔を洗ってスッキリしたいと思う方も多いのではないでしょうか?

実は温度が冷たすぎると、さまざまな美容デメリットを引き起こしてしまいます。
ここでは意外に知られていなかった弱点についてご説明いたしますね。

毛穴が開かず汚れが残る

毛穴汚れが落ちにくい

先ほども述べたように、毛穴はある程度の温かいお湯によって開きやすくなります。
低い水温で洗顔をしてしまうと毛穴が閉じた状態になり、皮脂がなかなか落ちません。

これが原因で化粧水が浸透しにくくなったり、汚れが内部に蓄積されたままになってしまったりすることも。

洗顔料の効果が落ちる

洗顔料が効果なし

洗顔料は、ぬるま湯にてやわらかく溶け出す性質を持ちます。

水温が低いと、すすぎの際にいつもより時間がかかってしまいます。
そのことが原因で洗い流しがおろそかになり、皮膚に洗顔料が残り大人ニキビや肌荒れに繋がることも…。

洗顔のシメに引き締めるのはOK!

洗顔の締めに冷水

ここまで冷水の使用はデメリットがあることをお伝えしてきました。
ですが32℃洗顔を行った後、冷水で洗顔するのは大アリなんです。

開いていた毛穴がキュッと引き締まり、気持ち的にスッキリできるメリットも。

水温が高すぎるとどうなる?

寒い季節は洗顔時の水温が自然に高くなることでしょう。
ですが熱いお湯での洗顔は、美容のデメリットがたくさん潜んでいるんです…。

皮脂を落としすぎる

お湯の洗顔のリスク

メンズの乾燥肌の改善およびバリア機能を維持するために欠かせない皮脂。

高すぎる水温での洗顔は、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。
乾燥肌の悪化や、紫外線ダメージに弱い肌質へと変わってしまうリスクを伴います。

必要な水分まで蒸発する

お湯洗顔は逆効果

肌には、もともと水分が含まれています。

そしてこの水分は、熱や高温のお湯に弱いため水温が高いと洗い流されてしまいます。
水分を失うと肌がかさついて古い角質が溜まりやすくなり、不快感を感じてしまうのです。

また水温が高い状態で洗顔すると肌に熱がこもります。
これが原因でもともとあった水分やスキンケアアイテムの美容成分が蒸発しやすくなってしまいます。

殺菌効果は変わらない?

殺菌効果変化なし

洗顔の水温が高くても低くても、殺菌効果は変わらないという研究結果が出ています。

水温のコントロールは、あくまでも乾燥肌や敏感肌の改善にアプローチできる美容法。
ニキビの原因となるアクネ菌については、水温を調整してもあまり意味がないとされています。

また乾燥や敏感肌のバリア機能低下によって、ニキビのトラブルが出ることもあります。

洗顔に関する噂は本当なのか?

32℃洗顔を実践している男性は増えつつあります。
また、その美容効果についてメディアでの紹介も多くなってきました。

興味をお持ちの方のためにも、ここではリアルな体験談や気になるウワサの真相をまとめています。

冷水洗顔でニキビが消えた?

ニキビを気にしている

冷水洗顔でニキビが消えたという体験談、とても多いんですよね。

ニキビができている肌は、熱がこもっていたり、血のめぐりが不安定になっていたり、赤みを帯びていることが多いです。
冷水洗顔をすると、余計な熱を逃がし、皮脂分泌を収れんしてくれる効果が見込めます。

また、熱を冷水洗顔で逃がしてあげると肌の調子が安定します。
そのため肌色が良くなったり、サラサラの肌質に仕上げてくれたりするメリットも期待できるでしょう。

32℃の洗顔で肌にバリアが?

肌にベール

32℃の洗顔は肌のバリア機能が高まり、紫外線ダメージや摩擦に強い肌質になったなどの経験談も。
たしかにこの水温での洗顔は毛穴をちょうどよく開き、肌をじっくりと温めながら皮脂を残して不要な汚れを洗浄してくれます。

32℃水温の洗顔は、バリア機能を維持する皮脂の量を保てますので、肌質の変化に気付く男性が増えているのかも。

MEMO
紫外線ダメージや摩擦による刺激は、皮脂がない肌に直接ダメージを与えてしまいます。

まとめ

水温32℃の洗顔による美容効果は、メンズひとりひとりの美意識を高めることになりそうですね。

水温にフォーカスを向けて洗顔するだけで、乾燥肌や敏感肌の改善および予防にも一役買ってくれます。
ぜひこのコツを活かした洗顔を習慣化してみましょう!