最新の記事がUPされています!

【Youtube】これでバレない!メンズの眉毛の書き方動画まとめ

眉毛が薄い・形が悪いなどといった悩みを抱えている男性は多いのではないでしょうか?

抜いたり剃ったりして処理するだけでは眉の形が整わないという方には、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使って描くのがおすすめです。

男性で化粧は恥ずかしいという方もおられるかもしれませんが、正しい描き方で自然に描き足す程度であれば、意外と周囲にはバレにくいです。
 
今回はYoutubeに紹介されているメンズの眉毛の描き方動画をいくつかご紹介しながらわかりやすく解説していきます。

髪色や悩み別に適した眉毛の描き方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Youtubeのメンズ眉毛描き方動画を紹介

基本的な眉毛の整え方をチェック

出典元:【テクニック】ナチュラル眉毛 お手入れ基礎編[公式]


基本的なメンズの眉毛の整え方を詳しく解説している動画です。
 
眉毛の始まりと終わりの位置、眉山の場所など、目や鼻など顔のパーツを基準とした「黄金率」と呼ばれるポジションを守れば誰でも簡単に理想の眉毛を作ることができます。
 
眉毛の形を整えないまま描き足しても、不自然になったり濃すぎる眉毛に見えてしまいます。眉毛を描く前には必ず不要な毛を処理し、全体の長さを揃えて整えるようにしましょう。
 
眉毛を整えた上で、足りないと思った場所に描き足すのがバレない眉毛の描き方の基本です。

お泊りも怖くない
セルフタンニングアイブロウ
の公式サイトはコチラ

ナチュラルな眉毛を描きたい方におすすめの動画

出典元:男が眉を書くと・・・【眉の書き方】KATE*アイブロウペンシル*メンズ


 
眉尻が薄いのが悩みという男性が眉毛の描き方を紹介する動画です。
動画の中でも紹介されているように、髪色が暗めの方や黒髪の方は髪色よりもわずかに明るめのアイブロウペンシルを選びましょう。

また、動画で使われているアイブロウペンシルのように、なるべく先が細いペンシルを選ぶのも自然に眉毛を描くコツです。
 
まず大まかに描きたい眉の形をとり、足りない毛を一本一本描き足すようにしてぼかしていくのがポイントです。
 
あくまでやりすぎないよう、足りないところのみを描く程度にしましょう。

髪色が明るい方向けの眉毛の書き方

出典元:「眉毛って顔の中で一番印象を変える」by叶姉妹


眉毛を描くのが下手なのがコンプレックスだという男性が、視聴者から寄せられた眉毛の描き方を試してみる動画です。

この動画の男性はかなり派手なピンク色の髪をしていますが、派手な髪色に合わせたアイブロウを探すのは難しいため、そういった方は明るいブラウンのものを購入しましょう。
 
髪色が明るい場合、ペンシルを使ってはっきりと濃く眉毛を描くと不自然に見えてしまいます。動画で紹介されているように、パウダーでふんわりと描くと明るい髪に馴染み、自然に見えるためおすすめです。

眉毛を隠すポイント
顔の印象を変えるために眉毛の位置を大きく動かす場合は、動画で紹介されているようにコンシーラーなどで元の眉を隠しましょう。

剃り跡が青く見えてしまう場所には、チークなど赤みのある色をかぶせると補色効果で目立ちにくくなります。

眉毛の書き方の注意点

髪色や元の眉毛の色と合わせる

眉毛の色は元の眉毛の色と合わせる

Photo by Joanna Nix on Unsplash

髪色や元の眉毛の色と違うアイブロウペンシルを使うと、描いた部分だけが浮いて不自然になってしまいます。

髪色が暗めの方や黒髪の方は髪色よりもわずかに明るい程度の色、金髪など明るめの髪の方は髪色と同程度の色のペンシルを選びましょう。

髪を明るく染めている方は、眉も脱色して色を明るくすると全体の統一感が出て垢抜けた雰囲気になりますし、髪と眉の色が違って眉毛が浮いてしまうという方は、眉マスカラを使うのもおすすめです。

足りない眉毛を一本ずつ描くイメージで

眉毛は一本ずつ描くイメージがベスト

Photo by JC Gellidon on Unsplash

太く描きすぎたり、足りない部分を塗りつぶすようにすると、眉毛を描いている感じが強く出てしまいます。

周りにバレずに眉毛を描きたい場合は、足りない毛を一本ずつ足すイメージで、細い線で描き足していくようにしましょう既に濃く眉毛が生えている部分には手を加えず、あくまで足りない部分を少し足す程度に留めておくと自然です。

眉毛の整え方の注意点

眉毛の量を処理しすぎないように注意

眉毛の剃りすぎには注意

出典元:Amazon

女性の場合は、化粧で眉毛を描き足すことを前提にわざと眉を薄く処理することもありますが、男性はなるべく元から生えている眉毛を生かして処理するのがおすすめです。

最近はジェンダーレス男子など、メイクをしても似合うメンズファッションも誕生していますが、一般的にはメイクをしている男性はまだ多くありません。
 
一般的なメンズファッションやスーツ姿で顔に化粧感が出ていると「なんだかクセが強い人に見える」など誤解を与えてしまいかねません。
 
化粧感が出ないように眉毛を描くには、元の眉毛を生かして自然に仕上げるのが大切です。眉毛を短く切りすぎたり、必要な毛まで抜きすぎないよう、ナチュラルな形に整えましょう。

眉ティントについて紹介

眉ティントを使ったメンズの眉毛の書き方動画

出典元:メンズも眉ティントで顔面偏差値を上げよう


眉ティントとは韓国生まれのコスメで、眉毛の地肌の部分の皮膚を染め、眉を数日から一週間持続させるアイテムです。

こちらの動画では、普段自分ではメイクをしないという男性が眉ティントを使っています。

眉ティントの使い方を解説

  1. 染まりやすいよう洗顔して顔の皮脂や汗を落とし、化粧水やクリームなどのスキンケアは何もつけていない状態で始めます。
  2. 一旦染めてしまうと数日間は落とせなくなってしまうため、参考にしたい芸能人などの写真を見ながら注意深く形をとりましょう。すぐに洗顔料などで洗い落とせば、失敗してしまっても染まらないため安心です。
  3. ティントを眉に塗ります。一度はマジックで塗ったような不自然な眉になってしまいますが、染まった後でジェルの部分は剥がしてしまうので心配ありません。
  4. 規定の時間を置くとジェルが適度に固まり、シールのように剥がすことができます。

染まった眉は数日から一週間持続しますが、洗顔のたびに色が落ちてしまうため、薄くなってきたと感じたらアイブロウペンシルやアイブロウパウダーで描き足すと良いでしょう。

Lipping アイブロウ ティント タトゥーパック
○ブランド名:Lipping
○価格:1,100円
○色:ブラウン

 

まとめ

いかがでしたか?メンズが眉毛を描くときのポイントは、まず元を生かして眉を整えることです。

そこから自分の髪色にあったアイブロウパウダーやアイブロウペンシルを選び、足りないところに一本一本眉毛を足すイメージで描くようにすると自然に仕上がります。

また、毎日眉毛を描いている時間がないという方や、気に入った眉毛の形を持続させたいという方は眉ティントを使うのもおすすめです。

周りにバレないよう自然な眉毛で、ぜひカッコいい顔立ちを手に入れてください!