脂ギッシュな顔とはさよなら!お湯だけ洗顔、ホントのところ

スキンケア

メンズの美肌を実現するための基本となる毎日の洗顔。

お肌に必要なうるおいを残したまま洗うという「お湯だけ洗顔」は、女性や美容家からの推奨の声が多く、興味を惹かれている男性も多いのではないでしょうか?

脂ギッシュなお肌とサヨナラするため、今回はメンズのお湯だけ洗顔にフォーカスを当て、気になるメリットや洗顔法を徹底解説してご紹介します!

毎日の洗顔どうしてる?

洗顔

実際に毎日の朝と夜の洗顔法について調査してみると、多くの男性が洗顔料を使っていることが判明!

一方で、忙しい朝はぬるま湯のみで洗顔するという男性も多く、その方たちからは「洗顔料を使うよりも乾燥しにくく、日中でも肌コンディションが良いままキープできる」といった興味深い声があがっているのです。

お湯だけ洗顔とは?

そもそも、お湯だけ洗顔とはどんなスキンケア、メンズの美容法なのでしょうか?お湯だけ洗顔の他と違った特徴、メソッドについて一緒に見ていきましょう。

お湯だけで洗うこと

お湯

お湯だけ洗顔とは、その名の通り「洗顔料や石鹸を使わず、ぬるま湯のみで洗顔する方法」のこと。

「うるおいを必要以上にお肌から奪わない」といった効果があるらしく、以前からインターネットでは話題となっています。

お湯だけ洗顔のメリット・デメリット

間違った洗顔方法

メンズの健やかで美しい美肌を叶えるために、お湯だけの洗顔のメリット・デメリットにも興味を惹かれますよね。
まず、お湯だけ洗顔には

  • 肌に必要なうるおいを残して洗浄できる
  • 日中になっても乾燥しにくい
  • 洗顔料による肌への摩擦や刺激、添加物によるダメージを軽減できる
  • 肌がやわらかく、なめらか、しっとりした質感になる
といったたくさんのメリットがあり、保湿されやすくなることで、刺激や摩擦、紫外線に強い肌質へと強化できる効果が期待できます。
注意
一方でお湯だけ洗顔のデメリットは、脂っぽい肌の洗浄がイマイチなこと。
皮脂分泌が過剰な男性にとって、お湯だけでは物足りなく、洗顔料を使った際のフレッシュな感覚を実感できないようです。

ぬるいくらいの温度がマスト

おすすめな人

お湯だけ洗顔の「お湯」とはだいたい33℃前後がセオリーとなっています。
ぬるいくらいの温度で、熱すぎず冷たすぎないくらいがベストです。

このくらいの温度であれば、毛穴の汚れを浮かび上がらせることができますよ。

肌をやさしく洗う

安心感

洗顔料を一切使わないお湯だけ洗顔は、洗顔料による手肌の刺激や添加物の負担をかけることなく、お肌をいたわりながら洗浄できます。

ここで注意なのが、肌をゴシゴシと擦ってしまうこと。
洗顔料がないぶん刺激が肌へダイレクトに伝わり、却って逆効果となってしまいます。

こすらずやさしく洗うことだけは徹底してくださいね。

お湯だけ洗顔のポイント

朝のぬるま湯のみのお湯だけ洗顔で美しいメンズ肌を実現するため、ここではお湯だけ洗顔の知っておきたいポイントについてご紹介いたします。

前の晩のケアが酸化していることも

夜のスキンケアで化粧水や乳液を塗ると、翌朝その美容成分が肌の上で酸化していることもあります。そのため、お湯だけ洗顔は肌のコンディションを見ながら実践することがポイント

朝になってケアした成分が残って脂っぽく感じる場合は、洗顔料を使って不要な物質を洗浄してあげましょう。

ときには洗顔料も必要

こする

お湯だけ洗顔は肌のコンディションをチェックして実践することがポイントなので、脂っぽさや毛穴の汚れが気になる場合は洗顔料や石鹸が必要になります。

また、日焼け止めやBBクリーム、メンズコスメなどを使っている場合は洗顔料とクレンジングのW洗顔もしなければなりません。

注意
そもそも、お湯洗顔は肌の不要な汚れや皮脂を洗浄することはできますが、メイクオフはできません。

なお、夜は洗顔料を使って一日過ごしたお肌の汚れやくすみをオフする必要があります。

ここからは、洗顔料を使う際の洗顔のポイントについて説明いたします。

洗顔料はしっかり泡立てる

肌への摩擦や過度の刺激は、脂っぽい肌が悪化したり、くすみや毛穴トラブルに繋がったりしてしまうことがあります。
そのため、洗顔料はネットなどを利用しよく泡立てましょう。

丁寧に洗う

濃密な泡を作ってお肌全体に馴染ませたら、手のひら全体でマッサージするようにくるくると伸ばしていきます。

その後、泡を洗い流す時間を短縮するため、手のひらでお肌の上にある泡をカットするようにしましょう。

また、泡が洗ってしまうと、肌に雑菌が繁殖したり毛穴が詰まってニキビの原因となってしまったりします。
30回以上を目安に時間をかけて丁寧に洗い流してくださいね。

水分はやさしくふきとる

ニキビなど肌に何らかのトラブルがあると、ついタオルでゴシゴシと拭いてしまうことは少なくないのでは?

摩擦は、シミやシワ、極度の乾燥や敏感肌が悪化してしまうリスクがあります。
タオルでふき取る際には、ソフトなタッチで肌にのせるようにタオルを当ててみましょう。

お湯だけ洗顔も保湿は大事

お湯だけ洗顔は保湿や保水の効果も期待できるため、洗顔後にスキンケアをしなくてもよい、というイメージを持っている男性も多いかもしれません。

しかし、お湯洗顔は潤いを残して洗浄できるものの、その後のスキンケアをしないと、乾燥したりお肌に必要な油分や栄養成分を補えなくなってしまいます。

ここでは、お湯だけ洗顔を行ったのちのスキンケアの正しいメソッドをまとめました。

洗顔後の保湿を忘れずに

美容液

お湯だけ洗顔の後は、お肌に必要なうるおいや油分・栄養成分を補い、肌バランスを健やかな状態に整えるため、化粧水・乳液・美容液での保湿ケアを行いましょう。

特に脂ギッシュな肌に悩むメンズの場合は、収れん成分と保湿成分の両方がブレンドされたスキンケアアイテムもおすすめですよ。

お肌に摩擦を与えないよう、ソフトなタッチでやさしく包み込むように保湿をしてくださいね。

化粧水はこすらずにそっとつける

肌の乾燥に悩む

乳液やクリームのように油分が配合されていないため、化粧水の水分は蒸発してしまいやすいと言われています。

化粧水のうるおいをお肌の奥深くにまで浸透させるよう、使用後は手とお肌が密着するように感じるまでハンドプレスを念入りに繰り返してくださいね。

肌の調子に合ったスキンケア方法を

スキンケア

最後に、メンズのお肌状態に合わせた洗顔方法のメソッドをおさらいしてみましょう。

  1. 「お湯だけ洗顔」は基本的には朝のみ
  2. 「お湯」はだいたい33℃前後
  3. 朝に前日のケアの成分が残っているように感じたら、洗顔料を使う
  4. 肌質がいつもよりも敏感になっていると感じたら、負担をかけないお湯だけ洗顔を続けてみる
  5. 肌も夜には疲れやストレスが蓄積している状態になるため、洗顔料をしっかりと泡出ててケアをする
  6. 日焼け止めやメンズコスメを使った場合は、クレンジング料・洗顔料・ぬるま湯で丁寧に洗う
このように、肌のコンディションによっては、お湯だけ洗顔が必要なときやそうでないときがあるため、毎日鏡でお肌状態をチェックする習慣を持ってくださいね。

まとめ

メンズの新たな美容法、お湯だけ洗顔の目的やメリットを知ると、今までよりもずっと健やかな美肌を目指すことができそうですね◎
脂ギッシュな肌質は、お顔立ちにも違和感を感じたり、不潔な印象を持たれてしまうこともあるため、さっそく今日からお湯だけ洗顔のうるおいケアをスタートしてくださいませ!