清潔肌を目指すためのメンズ乳液の使い方&選び方ガイド

 

男性のみなさん、「洗顔、化粧水・・・」で終わっていませんか?

スキンケアの基本中の基本である「化粧水のあとに乳液をつける」ことを忘れている人は意外と多いような気がします。では、なぜ乳液をつけないといけないのか?

今回はスキンケアの基本である、メンズ乳液の役割や選び方を中心にご紹介していきます。

この記事をざっくり説明すると

  • 乳液の役割を理解する
  • メンズ乳液を正しく選ぶ

乳液とは?

女性にとっては当たり前の乳液ですが、男性で利用している人は意外と少ないです。でも乳液は男性のスキンケアにとって、最も重要と言える役割を持っています。

乳液の役割

乳液とは?

乳液の役割は「保湿の締め」と覚えておきましょう。保湿に必要な油分と水分をバランスよく配合されているのが乳液です。

洗顔後に化粧水をつけてしばらく時間が経つと、「あれ、さっきより乾燥してる?」と感じたことはありませんか?

それは肌の表面から化粧水が蒸発して「うるおい」を失ってしまっているからです。そこで、油分を多く含んでいる乳液で化粧水のうるおいにフタをすることで、肌の内側に水分や有効成分を閉じ込めることができるのです。

乳液の主な効果は3つあります。

  • 化粧水のうるおいや美容成分の蒸発を防ぐ
  • 洗顔によって失われた肌表面を保護する
  • 乳液に含まれる美容成分で保湿する

化粧水と乳液の違いは?

化粧水と乳液の違いは?

前述にも記載しましたが、化粧水と乳液の役割は大きくことなります。化粧水の主な働きとしては「洗顔によって失った肌のうるおいを補填する」役割があります。

また、化粧水の7~8割は水でできているため、水に溶けて浸透しやすい美容成分が配合されています。

化粧水の効果は大きく3つあります。

  • 洗顔によって失われたうるおいの補填
  • 水に溶けた美容成分を肌に浸透させる
  • 肌の調子を整えて「乳液・美容液・クリーム」の効果を高める

乳液をつけないとどうなる?

乳液をつけないとどうなる?

ただえさえ髭剃りで毎日時間を取られる男性からしたら、洗顔→化粧水→乳液の工程はめんどくさいですよね?

では、乳液をつけなかった場合どうなるのか?

結論から言うと肌の乾燥が悪化して、肌トラブルの増加に繋がります。
より具体的なデメリットをいくつかご紹介します。

  • 肌がカサカサする
  • 肌がかゆくなったり、赤くなる
  • ニキビができやすくなる

メンズ乳液の選び方

乳液の必要性を理解された!という方は「乳液の選び方」について見ていきましょう。

季節に合わせて乳液のタイプを変える

乳液を選ぶときも、化粧水を選ぶときも肌のコンディションに合わせて選ぶのは同じです。

男性も乾燥しやすい冬場は「しっとりタイプ」の乳液を選びましょう。逆にテカリやすい夏場には「さっぱりタイプ」として質感の乳液を選ぶといいでしょう。

男性に多い混合肌には「保湿力」のある乳液を

男性に多い混合肌には「保湿力」のある乳液を

おでこから鼻(Tゾーン)はテカっているけど、目の周りや頬の周りは乾燥する混合肌の男性は多いです。

特にテカりやすい男性は保湿力の少ない乳液を選びがちですが、乾燥の原因も実は肌内側のうるおいが関係しています。皮脂量の多い男性は、テカりを除去してくれるビタミン類の成分を配合した乳液を選ぶと良いでしょう。

敏感肌の方は低刺激な乳液を

化粧水や洗顔料で肌が荒れやすいという男性は、できるだけ肌に刺激を与えない「無香料・無着色・弱酸性・アルコールフリー・パラベンフリー」の乳液を選びましょう。

もし肌に合わないと痛みや違和感を感じたら、すぐに洗い流して使用を中止しましょう。

男性にはジェルタイプがおすすめ

男性にはジェルタイプがおすすめ

ベタベタ質感が嫌いという理由で乳液を付けない男性も多いです。そんな男性には、さっぱりとした着け心地のジェルタイプ乳液がおすすめです。

そして、肌の乾燥が特に気になるという方にはクリームタイプの乳液がおすすめです。お肌に油分を与えて保湿してくれるので、乾燥しやすい部位に潤いを与えることができます。

乳液のベタつきがどうしても気になる人は、化粧水を選ぶ際に保湿力が高い商品を選ぶといいでしょう。

メンズ乳液の使い方

それでは最後にメンズ乳液の使い方・タイミングについて解説します。この順番を間違えると、化粧品の働きが無になってしまうので気をつけましょう。

洗顔料・化粧水・乳液・美容液の順番

  • 手順1
    洗顔料
    顔の汚れを洗い流す
  • 手順2
    化粧水
    肌にうるおい・美容成分を浸透させる
  • 手順3
    乳液
    浸透させたうるおい・美容成分にフタをする
  • 手順4
    美容液
    化粧水と乳液の効果を高める

ここまでお読み頂いている方は、すでにお分かりだと思いますが、化粧水の次に「乳液」です。乳液は化粧水によって浸透したうるおいや美容成分にフタをする役割があるので、順番には気を付けましょう。

乳液をつけるタイミング

乳液をつけるタイミング

乳液の順番は理解できましたね?では、乳液をつけるタイミングは化粧水をつけてから何分後が適切なのでしょうか?

一般的には「1分~2分後」と言われています。

理由は、化粧水のうるおいや美容成分が肌の内側にしっかりと浸透するまで待ってから乳液でフタをするのが良いとされているからです。知らなかった!という男性は今日のスキンケアのタイミングで試してみてください。

乾燥が気になる人は化粧水の二度塗りもおすすめ

乾燥肌の方は、1回目の化粧水が馴染んだ後、さらに化粧水を重ねづけするのもおすすめです。

顔パックのタイミング

男性でも顔パックを利用している人は増えてきています。顔パックのタイミングは、何もつけていない「洗顔後が一番良い」とされています。

まとめ

今回は男性におすすめの乳液と選び方について紹介しましたが、いかがでしたか?乳液の役割がとても重要だということがわかりましたが、一番大切なのは自分の肌質を見極めて適切なスキンケアを心掛けることです。

男性にとって分かりにくい「化粧品」を選ぶ際にお役に立てたら幸いです。