最新の記事がUPされています!

【解説】もみあげの白髪の原因と5つ対処法

最近、もみあげのに白髪が生えてきて気になる…。そんな憂鬱な気分の方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

もみあげに白髪が生えるという現象は「加齢の証」といわれ、大人男性の悩みの種の一つです。

当記事では「もみあげの白髪」について、原因、改善策、隠す・染める方法など徹底的に解説いたします。
現在進行形でお悩みの方はもちろん、まだ白髪とは無縁だという方も、ぜひご一読ください。

もみあげに白髪がある原因とは?

身体機能の低下

髪の毛の色は、メラノサイトから生成される色素が毛先に届くことで自然に染まっていきます。

人間の体には必要な栄養素を届ける優先順位があり、先に心臓や脳などの重要な臓器に栄養素を届けてからその他の部分に栄養が供給されるシステムになっています。

もみあげは体の末端でかつ毛先であるため優先順位が低く、加齢や生活習慣などの影響で色素がもみあげまで届かなくなってくることが主な原因であると考えられます。

栄養素やストレス、紫外線が大敵

「加齢の証」とされるもみあげの白髪ですが、個人差があるのはなぜでしょうか。
それは、摂取する栄養素と疲労やストレスなどのバランス紫外線による頭皮へのダメージなどの要素によって、生え方が変わってくるからです。

もみあげの白髪に悩む人は、パソコンやスマホによる眼精疲労や、ストレスによる血行不良、紫外線によるダメージなどが慢性化していると言われており、日々忙しい生活を送っている社会人男性こそ対策しておくべき項目であると考えられています。

もみあげに白髪がある場合の対処法とは?

すでにもみあげに白髪がある場合は、「白髪隠し」「ヘアカラーシャンプー・トリートメント」が主な対策法となります。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

白髪隠しでの対策

白髪隠しは髪を染める手間なくもみあげの白髪を隠せるアイテムです。
シャンプーで洗い流せるため、根本からの対策と並行して活用することをおすすめします。

マスカラタイプやペンタイプなど種類にもバリエーションがあり、部分染めのしやすいアイテムです。コンパクトで持ち運びやすく、外でも気になったときにサッと付けられる手軽さが魅力です。

ヘアカラーアイテムでの対策

ヘアカラートリートメントやシャンプーは、日頃のヘアケアを白髪への対策に変えてくれるアイテムです。

自宅で手軽に白髪対策ができるアイテムとして重宝しますが、使用されている成分をしっかりチェックすることが必要です。

保湿効果を謳い、髪質や頭皮環境を改善しながら白髪対策もできるとアピールしてる商品もありますが、実際はそうではないアイテムも販売されています。
 
界面活性剤シリコンが含まれていると、髪質が悪化し白髪を進行させるおそれもあるため、多少コストをかけても質の高いアイテムを選びましょう。

もみあげに白髪を生やさないための予防法は?

そもそも白髪が生えてこないようにするためには、血行促進と紫外線ダメージへのケアがもっとも効果的です。

しっかり休む

誰にでも簡単にできる予防法が、しっかりと休息をとることです。
現代ではパソコンやスマートフォンが普及したことで、体への刺激がまったくない時間が少ないとされています。

体への刺激が続く限り、体が反応し筋肉がこわばった状態が続き血流が阻害され、慢性的な血行不良を引き起こすことになります。

特に血行不良がちな部分は目の周りに多いとされ、眼精疲労が進行しやすい状態にもなっています。
目の周りの血行不良は、頭皮への血流が妨げられている状態であるため、もみあげに白髪ができる要因にもなります。
 
しっかりと休むためには、体温をあげ就寝する前に光を浴びないことが大切です。
具体的にはウォーキングなどの激しすぎない運動や、入浴、就寝前の30分はパソコンやスマホの画面を見ないといった行動が挙げられます。

生活習慣を改善する

  • シャワーを浴びるだけでなく、ゆっくりお風呂につかる
  • 歩く距離をいつもより少しだけ伸ばす
  • 質の高い睡眠をとれる環境を整える

これらの工夫をするだけで、体を休ませる状態が整えられ、結果的にもみあげにできる白髪を予防できます。

紫外線対策をする

日常的に紫外線を浴びる環境にいる場合には、帽子を被る・ビタミンCの摂取を心がけるなどが白髪の予防につながります。

紫外線はメラノサイトを破壊してしまうため、日光を浴びているだけでも白髪は進行してしまいます。
ビタミンCはそんな紫外線と戦ってくれる栄養素で、アンチエイジングにも効果的とも考えられています。

もみあげの白髪は他の毛よりも目立つ?

髪の毛に生える白髪よりも、もみあげに生える白髪のほうが目立ってしまいがちです。
ここでは、なぜ目立つのか、どんな印象になるのかを説明いたします。

もみあげの白髪はなぜ目立ちやすい?

髪に数本白髪が生えていたとしても、毛の量が多く紛れやすいですが、もみあげは毛の量が少ないため数本だけでも白髪の割合が多く見えてしまいます。

また、もみあげは頭皮というよりも顔のパーツの一つです。
髪の毛をじっとを見る機会は限られていますが、もみあげは意識せずとも顔を見ただけで目に入ります。そのためどうしても他人の印象に残ってしまうのです。

もみあげの白髪はどんな印象?

白髪は一般的には老けた印象を与えてしまいます。
また、髪質が悪化しうねった状態ともなれば、不潔な印象を与える要素にもなってしまします。

他人にそのような印象を与えやすいパーツであるため、髪の毛の白髪よりももみあげの白髪への対策を優先すべきだとも考えられています。

若くまだ白髪に縁のない人でも、もみあげに白髪ができる前から対策をとってくことをお勧めします。

また、すでにもみあげに白髪がある方でも、正しい対策をとることで若々しい印象に戻ることができるはずです。

もみあげの白髪は染まりにくい?

もみあげの白髪は老けた印象を与えてしまう上に、染めるのが難しいという難点も抱えています。
一般的な白髪染めは髪になじませるだけですが、もみあげの白髪染めはすこし違います。

染まりにくいのは髪質のせい?

もみあげの白髪が染まりにくいとされるもっとも大きな要因は、髪質です。

もみあげは栄養が届きにくい場所で、トリートメントなどの日頃のケアも忘れられやすいパーツです。
そのため髪には毛を守るキューティクルがあるのに対し、もみあげには不足しがちという方も珍しくありません。

キューティクルは髪を染めた後の色の抜けを防止する働きがあるため、不足していると染めてもすぐに白髪が目立つようになってしまいます。

肌トラブルにも注意

白髪染めの工程にも注意が必要です。
ドラッグストアなどで販売されている白髪染めは、頭皮への刺激に配慮している商品はありますが、顔の皮膚には刺激が強いものばかりです。

白髪染めが顔に付いてしまった場合、湿疹がでるなどのトラブルが発生する可能性もあります。

もみあげの白髪を染める方法とは?

もみあげに白髪染めを使用する際には顔や耳に薬剤が付かないようにしましょう。

  • ワセリン、イヤーキャップなどのアイテムを準備する
    ドラッグストアなどで簡単に入手できますので、忘れずに用意しておきましょう。
  • ノンシリコンのシャンプーでスタイリング剤やホコリなどの汚れを落としておく
    シリコンが入っているシャンプーだと、髪の毛をパックする成分が残り白髪染めを弾いてしまいます。極力もみあげに何も付着していない状態にしてください。
  • 薬剤をたっぷりと揉み込むようにもみあげに浸透させていく
  • 記載されている時間が経過するのを待つ

また、これまでうまく染まらなかったという経験がある方は、ラップを活用してみましょう。

薬剤を付けた後にラップを巻いておくことで、もみあげを薬剤に浸らせた状態をキープでき、より効果的に染めることができます。

まとめ

もみあげ部分の白髪対策は極力早めに行っておくべきことの一つです。
特に20代~30代の男性にとって、見た目の印象はとても重要です。少しでも若々しく、清潔感のある印象を与えられれば、得られるものも多いでしょう。

ただし、もみあげの白髪対策は正しく行わなければ逆効果になってしまいますので、まずは正しいポイントを把握しましょう。
 
少し時間が必要ではありますが、体内からの対策がもっとも大切です。
生活習慣の中で改善を図りつつ、白髪染めや白髪隠しなどのアイテムを活用してください。