実は簡単に治せる?カミソリ負けに効く市販薬&自分でできる対策8選

まとめ

痛いし、見た目も悪いカミソリ負け。
大切なデートやプレゼンの日にカミソリ負けをしてしまうと、朝からテンションが下がりますよね。
カミソリ負けは単に髭剃りが雑なだけではなく、肌質や様々な要因が原因となっています。
今回は、カミソリ負けの効果的な対策方法や市販薬をご紹介していきます。

この記事の見どころ
  • カミソリ負けの原因について徹底解説
  • おすすめのカミソリ負けに効く市販の薬をご紹介します!

カミソリ負けってどんな状態?

カミソリ負けとは、シェービングの後に起こる様々な肌トラブルのことを言います。
具体的な症状やその原因について、ご紹介します。

カミソリ負けの症状例

カミソリ負けの症状は、髭剃りの後にすぐ出るものと、ある程度時間が経ってからわかるものがあります。

血がにじむ

髭剃りの後に血が滲んでしまうのは、肌や毛穴をカミソリの刃が傷つけてしまっているのが原因です。カミソリで髭を剃るときは、髭と一緒に肌表面の角質層を薄く剥がしています。その時に肌が薄かったり乾燥していると、血管が傷つけられて血が出てしまうのです。

また、カミソリの切れ味が悪いと髭をうまく剃れず毛穴を引っ張ってしまったり、ニキビなど肌の凹凸をカミソリが剃り落としてしまい血が出ることもあります。

かゆみがある

髭剃り後のかゆみは、角質層が剥がれて肌が敏感になることで起こります。また、カミソリが衛生的な状態でないと、カミソリの刃についた雑菌が皮膚に刺激を与え、赤く腫れたり痒くなる場合もあります。

敏感肌でかゆみが出やすい方は、肌に優しいシェービングクリームやアフターシェーブローションを使って、肌への刺激を抑えることが大切です。

ヒリヒリ・赤みがある

ヒリヒリしたり、赤く腫れてしまうカミソリ負けは、力を入れて深剃りしすぎた時に起こりやすいです。
これも、肌の角質層が薄く敏感になってしまうのが原因です。
カミソリで髭を剃るときは、切れ味のいいカミソリを使い、軽く滑らせるように剃りましょう。

ブツブツや湿疹ができる

ブツブツや湿疹は、髭剃り後に敏感で無防備になった毛穴に、黄色ブドウ球菌が入り込むことで起こります。
これを毛嚢炎といい、毛嚢炎には保湿などのケアよりも市販や皮膚科で処方される薬がよく効きます。
薬で炎症を抑えればすぐに改善する場合もあるので、カミソリ負けでできた毛嚢炎は放置しないようにしましょう。

カミソリ負けの原因・メカニズム

カミソリ負けは、乾燥・敏感肌・肌荒れなど皮膚の状態が原因で起こる場合と、間違ったシェービング方法が原因で起こる場合があります。肌が乾燥していたり、もともと皮膚が薄い体質だと、肌表面の角質層が薄くなってカミソリ負けが起こりやすいです。

こういった方はカミソリ負けが慢性化しやすいので、保湿や皮膚を保護する成分が入ったクリームなどでスキンケアを徹底して、荒れにくい健やかな肌を目指しましょう。生活リズムを整え、バランスの良い食生活で肌のターンオーバーを正常化するのも大切です。

カミソリ負けの原因になる間違ったシェービング方法には、様々なパターンがあります。
まず第一に、シェービングフォームやシェービングローションを使わないことです。肌が乾いた状態や、水で濡らしただけの状態でカミソリを使うと、刃の滑りが悪く皮膚を傷つけてしまいます。目に見えないほど小さな傷でも、そこから雑菌が入ると薬での治療が必要な湿疹ができてしまいかねません。

また、深剃りしようと力を入れすぎたり、刃が傷んだカミソリを使うのも、皮膚を傷つける原因です。
カミソリが衛生的ではなく、雑菌で汚れた状態だと、毛穴に菌が入り込んで毛嚢炎になりやすくなります。
髭剃り後の皮膚はとても敏感なので、殺菌効果や鎮静効果があるアフターシェーブローションや薬用のクリームなどでケアしましょう。

カミソリ負けが起こりやすい場所はどこ?

カミソリ負けをしやすい場所といえば、まず顔の頰や顎などです。顔の皮膚は他の部分の皮膚より薄く、敏感なので少しの刺激でも肌荒れが起こりやすいです。さらに髭が濃い男性は毎日髭を剃り、毎日顔の皮膚に負担がかかるので、とてもカミソリ負けしやすいのです。また、手足の甲、足のスネなどは顔と同じく皮膚が薄く、さらに顔の皮膚のよりも皮脂を分泌する力が弱いのでカミソリ負けしやすいです。

カミソリ負けに効果的な市販薬5選

カミソリ負けは、市販薬で意外と簡単に改善します。カミソリ負けに効果的な市販薬を、5つご紹介していきます。

カミソリ負けに特化した市販薬「メンソレータム ヒリプロ」

商品概要
  • メーカー名:メンソレータム
  • 価格:1,008円
  • 内容量:16g
  • 特徴:髭剃り後のヒリヒリや赤みを沈静して治す

こちらの「メンソレータム ヒリプロ」は、市販の皮膚薬のなかでもカミソリ負けに特化している薬です。
抗炎症成分のリドカインがヒリつきを沈め、グリチルリチン酸二カリウムが赤みやブツブツを抑えます。
さらにトコフェロール酢酸エステルが患部の修復を促進するので、症状を抑えながらダメージを受けた皮膚を早く治すことができます。
Amazonで詳細を見る

鳥肌のようなブツブツを治す「ケアノキュア」

商品概要
  • メーカー名:アットノン
  • 価格:1,280円
  • 内容量:20g
  • 特徴:ひどくなったブツブツを消してなめらかな肌に

カミソリ負けを繰り返すと、毛穴が開いて鳥肌のようなブツブツが慢性化してしまうことがあります。
顔の皮膚に起こることは少ないですが、足のスネなどに起こりがちな症状です。
こちらの「ケアノキュア」は、そんなブツブツを消してなめらかな肌に整える市販薬です。
血行を促進するトコフェロール酢酸エステルが肌のターンオーバーを促し、新しい健やかな肌を育てます。
Amazonで詳細を見る

ニキビケアにも使える万能薬「オロナインH軟膏」

商品概要
  • メーカー名:オロナイン
  • 価格:592円
  • 内容量:100g
  • 特徴:ニキビや怪我の手当にも使える、万能な市販薬

「オロナインH軟膏」は、カミソリ負けだけではなくニキビや顔の角栓取り、傷の手当にも使えることで知られている万能な市販薬です。
殺菌成分や抗炎症成分が含まれているため、カミソリ負けの沈静にも使えます。
取扱店が多く全国どこでも市販されていて、100g入りで500円前後というコスパの良さも魅力です。
Amazonで詳細を見る

敏感肌の方におすすめの「スキンセーフ APクリーム」

商品概要
  • メーカー名:エスエス製薬
  • 価格:1,376円
  • 内容量:15g
  • 特徴:敏感肌の炎症を非ステロイド系成分が沈める

こちらの「スキンセーフ APクリーム」の主成分は、非ステロイド系の抗炎症剤ウフェナマートです。
ステロイドは殺菌作用が強く治りが早いですが、刺激が強い成分のため敏感肌の方にはおすすめできません。
こちらは、薬の効きはゆっくりですが、肌に優しい成分を使っているので敏感肌でも安心です。
顔の皮膚は体の皮膚より薄く敏感なので、顔面によく湿疹が出るという方にもおすすめです。
Amazonで詳細を見る

化膿したひどいカミソリ負けに「テラ・コートリル」

商品概要
  • メーカー名:テラ・コートリル
  • 価格:791円
  • 内容量:6g
  • 特徴:優れた抗炎症成分がひどい化膿や湿疹を素早く治す

シェービングで開いた毛穴に雑菌が入ると、ひどい化膿を伴う肌荒れが起こることもあります。
そんなひどい肌荒れに効くのが、こちらの「テラ・コートリル」です。
ヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)配合なので、ひどい炎症にも素早く効き、すぐに皮膚炎を治します。
刺激が強い薬なので、アレルギー体質の方や患部が広範囲な場合、顔の皮膚に使いたい場合などは医師に相談するのがおすすめです。
Amazonで詳細を見る

薬だけじゃない!カミソリ負け対策8選

顔の皮膚に薬ほど強い成分は使いたくないという方は、化粧品でカミソリ負けを改善することもできます。
市販薬以外で、カミソリ負けに対策する方法をご紹介していきます。

アフターシェーブローションで美肌に!

アフターシェーブローションは、髭剃り後のデリケートな肌を保湿・保護・沈静する役割があります。
それほどひどいカミソリ負けではければ、日々の髭剃り後にローションをつけるだけでも十分ケアすることが可能です。

おすすめは「MONOVO ヘアアフターシェーブローション」

商品概要
  • メーカー名:MONOVO
  • 価格:4,968円
  • 内容量:120ml
  • 特徴:肌を保湿しながら、抑毛効果も期待できる

「MONOVO ヘアアフターシェーブローション」は、トリプルヒアルロン酸、トリプルコラーゲン配合でシェービング後の乾燥しやすい肌をしっかり潤します。さらに女性ホルモンに似た働きをする大豆エキス配合で、男性の硬い剛毛を柔らかくし、徐々に薄く剃りやすくします。次に生えてくる毛の成長もコントロールするので、髭が濃くて悩んでいる男性におすすめです。
Amazonで詳細を見る

抑毛ローションで髭を薄くしてしまう

抑毛ローションとは、パパイン酵素や大豆イソフラボンなど抑毛効果がある成分を含み、毛を薄くする効果があるローションです。
抑毛ローションを髭剃り後の保湿に使うことで、徐々に髭が薄くなっていきます。

おすすめは「ゼロファクター」

商品概要
  • メーカー名:ゼロファクター
  • 価格:9,800円
  • 内容量:100ml
  • 特徴:「還元酵素」に働きかけて剛毛の悩みを解決

男性の二次性徴期には、「還元酵素」という成分の分泌が盛んになり、この還元酵素が髭やスネ毛など男性特有の毛を毛深くしていると考えられています。こちらの「ゼロファクター」は、その還元酵素に働きかけることで、剃ったあと再生する毛を抑制して髭や体毛を薄くします。発売から18年以上愛され続けている、ロングセラー商品です。
Amazonで詳細を見る

剃り方を改善してカミソリ負けを予防

カミソリで髭を剃るときの手順をご説明します。

  • 手順1
    まず肌を湿らせます。
    水分を含むと毛が柔らかくなるため、軽い力で剃ることができるようになります。その後、シェービングフォームやジェル、クリームを顔に広げましょう。
    商品選びは好みで構いませんが、なるべく添加物が少なく肌に優しいものがおすすめです。

  • 手順2
    カミソリの切れ味をチェックしましょう。
    切れ味の悪い古い刃は、肌を傷つける原因となります。カミソリの替刃は、2〜3週間で交換するのが理想です。カミソリの刃を顔に当て、軽く優しく剃っていきます。刃についたジェルやクリームは頻繁にすすぎ、常に清潔な状態で剃りましょう。髭は様々な方向に向かって生えているので、ストロークの方向も様々に、順剃りと逆剃りを混ぜながら剃ると、力を入れなくても深剃りできます。

  • 手順3
    剃り終わったら残ったクリームを水で洗い流し、アフターシェーブローションで肌を整えます。
  •  

シェービングフォーム・ジェル・クリームを変えてみる

正しい剃り方をしてもなかなか改善しないカミソリ負けの原因は、シェービングの時に使っているジェルやクリームかもしれません。髭剃りの時の必需品であるシェービングフォーム・ジェル・クリームには、肌を保護する成分だけではなく様々な添加物が含まれている場合があります。

顔の皮膚は特に繊細なので、安全性が保証されて化粧品に配合されている成分でも、人によっては肌質に合わず炎症を起こしてしまうことも。成分が合う・合わないは人それぞれなので、なかなか改善しないカミソリ負けはシェービングフォームやジェルを変えると治るかもしれません。

おすすめは「ニュートロジーナ」

商品概要
  • メーカー名:ニュートロジーナ
  • 価格:1,404円
  • 内容量:150ml
  • 特徴:敏感肌用に開発された低刺激シェービングクリーム

ニュートロジーナは、アメリカの基礎化粧品ブランドです。
ニュートロジーナの敏感肌用シェービングクリームは、シンプルな成分で世界中の敏感肌の男性から人気を集めています。
クリームなので泡立てる手間もなく、肌に塗ってそのままシェービングできるのも魅力です。
Amazonで詳細を見る

カミソリ・シェーバーにこだわる

カミソリは、刃の数が多いほど肌への負担が少なく、軽い力で剃ることができます。
また、どうしても頻繁にカミソリ負けをしてしまうという方は、肌に直接刃が触れない電気シェーバーを使うのもおすすめです。

おすすめは「Schick ハイドロ5」

商品概要
  • メーカー名:Schick
  • 価格:3,380円
  • 内容量:ホルダー+替刃17個
  • 特徴:水に触れるとジェルが溶け出し、肌を守りながら剃る

替刃の上部に、水に触れるとジェル状になって溶け出す「モイスチャーソリッド」がついた5枚刃のカミソリです。
ヒアルロン酸配合で、肌を滑らかに潤しながら剃ることができます。
替刃が17個も付いているので、切れ味が悪くなったら気軽に交換できるのもポイントです。
Amazonで詳細を見る

おすすめは「フィリップス S9090/43」

商品概要
  • メーカー名:フィリップス
  • 価格:16,800円
  • 特徴:回転式で肌を傷つけず、72枚の刃が深剃りを実現

肌への負担を考えるなら、回転式の電気シェーバーがおすすめです。
回転式シェーバーの代表メーカーであるフィリップスの9000シリーズは、電気シェーバーの中でも最高峰の優しさと切れ味です。
お風呂剃り・丸洗い可能で、簡単な手入れで清潔に使い続けることができます。
Amazonで詳細を見る

脱毛クリニック・エステで悩みとおさらば

髭脱毛で髭剃りの必要を無くしてしまえば、もうカミソリ負けに悩むこともありません。
毎日の髭剃りの手間もなくなり時短にもなるので、コストはかかりますがおすすめの方法です。

おすすめは「メンズリゼ」

メンズリゼはクリニックのため、威力が高く早く効果が感じられる「医療レーザー脱毛」が可能です。レーザー機器は3種類あり、肌質や毛質によってセレクト可能です。髭脱毛は、6〜8週間の間隔で全5回の照射を行なっていきます。

そのため脱毛完了までは、7ヶ月〜10ヶ月くらいの期間がかかることになります。脱毛期間中も徐々に毛が弱く、薄くなっていくので、髭剃りが楽になるのを実感できるはずです。メンズリゼの髭脱毛は、2部位セレクトで56,800円〜髭全体で99,800円のコースが用意されています。

除毛クリーム・ブラジリアンワックスで「剃らない」

そもそもカミソリを使わなければ、カミソリ負けすることもありません。剃らない除毛の方法には、除毛クリームやブラジリアンワックスがあります。ただし除毛クリームやブラジリアンワックスは、残念ながら顔に使うことはできません。

そのため、除毛クリーム・ブラジリアンワックスを使うカミソリ負け対策は、スネや腕、脇などのカミソリ負けに悩んでいる方におすすめです。

おすすめは「MONOVO ヘアリムーバークリーム」

商品概要
  • メーカー名:MONOVO
  • 価格:3,218円
  • 内容量:140g
  • 特徴:男性の剛毛も10分でスッキリ溶かす

「MONOVO ヘアリムーバークリーム」は、除毛・保湿・抑毛の3つの効果がある除毛クリームです。
塗って待つだけで毛をしっかり溶かして除毛するので、カミソリ負けの心配がありません。
保湿効果や鎮静効果がある植物エキス12種類配合で、肌を守りながら除毛するので敏感肌の方も安心です。
Amazonで詳細を見る

おすすめは「Brabianca Moist Sugar WAX」

商品概要
  • メーカー名:Brabianca
  • 価格:3,600円
  • 内容量:150g
  • 特徴:自宅でサロン級の脱毛ができるシュガーワックス

ブラジリアンワックスは自宅での扱いが難しく、サロンに通っている人も多いです。
「Brabianca Moist Sugar WAX」は、自宅でも扱いやすく、かつしっかり抜けるよう3年間かけて開発された商品です。
主成分は水飴やスクロース、蜂蜜で、口に入っても安全な成分なので肌への刺激もありません。
毛を抜くときに痛みはありますが、自宅で綺麗にムダ毛を処理したい方におすすめです。
楽天市場で詳細を見る

気になったら皮膚科を受診しましょう!

カミソリ負けは、もちろん自宅のケアや市販薬でも改善しますが、最も確実なのは皮膚科を受診することです。特に、1週間以上長引くようなカミソリ負けは、自宅でのケアは難しいです。皮膚科ではカミソリ負けの原因に合わせ、適切な薬を処方してくれます。「カミソリ負けくらいで大げさ」と思わず、長引く肌荒れが気になるときは近くの皮膚科を訪れてみましょう。

まとめ

カミソリ負けは、普段は大丈夫でも体調次第で誰にでも起こり得ます。
放置するとひどくなったり、跡が残ってしまうこともあるので、カミソリ負けには早めに対処しましょう。
市販薬の効果がなければ、皮膚科を受診するのがおすすめです。