洗顔料使わないって効果あるの?自分に合う洗顔方法の選び方

man washing his face

男性でも肌に気を使い、スキンケアやお化粧を行うようになってきた時代。

でも、肌をきれいにするためにわざわざ洗顔料を買わなきゃいけないの?
もっと簡単なやり方はないの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、洗顔料を使わない洗顔の仕方と、その効果やメリットをご紹介します!

洗顔料を使わないという選択肢はアリ?

毎日何気なく行っている洗顔ですが、顔の洗い方は人それぞれ。
洗顔料でしっかり洗う、お湯を使う、冷水を使う、そもそも洗わない…。
それぞれの洗顔方法で、肌はどんな影響を受けるのでしょうか。

そもそも顔を洗わない

「洗顔」というものをしない。すると肌はどのように影響を受けていくのでしょうか?

毛穴に汚れがたまってしまう

elephant

肌表面に存在する毛穴には、生活しているうちにホコリや皮脂が溜まっていきます。これは男性でも女性でも同じこと。
もしそれらを放置したままにしておくと、汚れと空気が混じりあい毛穴はどんどん詰まっていきます
そういう状態でいきなり化粧水をつけても、当然ながら化粧水はしっかり浸透することができません。

化粧水や乳液の保湿効果をあげるためには、洗顔でまず汚れをしっかりと落とすことが必要です。
さらにそのまま化粧をしてしまうと毛穴に汚れを埋め込んでしまうことになり、さらに肌にとっては大ダメージです。

ニキビや黒ずみの原因になる

ニキビ

洗顔は汚れを落とすだけでなく、肌に付着した余分の脂(油分)を取り除くためにも大切です。
油分は肌の調子を整えるために必要なもの。でも上手に付き合っていかなくてはいけません。

肌の乾燥を防ぐために塗ったクリームや美容液は、余分な油分として肌に残ることがあります。
さらに夜眠っている間に汗をかくことで、油分が付着することもあります。

特にもともと油分の分泌量が多いオイリー肌の人にとっては洗顔は大切。
肌に残った皮脂が原因となって、ニキビ・黒ずみなどのトラブルが起きかねません。

お湯だけで洗顔をする

では、お湯だけで洗顔を行うとどうなるでしょうか?
全く洗わないのとは、差が大きく出るようです。

乾燥肌に潤いを取り戻せる

moisture

肌には本来、乾燥や外部からの影響から守るためのバリア機能があります。
この機能は、肌表面に0.02mmという薄さで存在している角質層によって働いています。

ところが肌が乾燥している状態だと角質層に隙間ができ、隙間から水分や油分が逃げてしまいます。
お湯で軽く洗顔することで、バリア機能をもつ角質層を洗い流さず保持することができます。
結果的に水分が保たれ、肌をきれいな状態に保てます。

ベタベタの肌がサラサラになる

肌がべたつきがちでテカりやすいオイリー肌の人は、「お湯だけ洗顔」を心がけてみませんか。

余分な皮脂を落とそうとするあまり、洗顔料を使って1日に何度も何度も洗顔するのは逆効果です。
肌は皮脂がなくなったことに危機感を持ち、これまでより多くの皮脂を分泌します。
洗顔料を使わなくてもお湯で洗顔することで、皮脂の過剰分泌を十分防ぐことができます

シミの予防や改善になる

皮脂分泌が少ない

いくら洗顔料を泡立ても、ゴシゴシと肌の表面を何度もこすって洗顔してしまうと肌にとっては大ダメージ!
肌表面は傷つき、シミ・しわの原因になります。

お湯で優しくすすぐことで肌への負担を減らし、シミを防止することができます。
シミが濃くなってきた…と感じる人は洗顔の方法を見直し、お湯で優しく洗うようにしましょう。

毛穴が引き締まりやすくなる

皮脂の分泌量が多過ぎると毛穴が広がり、汚れが溜まりやすくなってしまいます。
「お湯だけ洗顔」で皮脂の過剰な分泌を抑えられれば、毛穴を引き締めることができます。
毛穴を引き締めることで、ニキビなどの肌トラブルも避けることができます

冷たい水で洗顔する

ではお湯と冷水ではどのように効果の差があるでしょうか?

皮脂の洗い過ぎを防げる

お湯ではなく、冷水で洗顔するほうが気持ちいいと感じる人もいます。
確かにお湯の温度が高すぎると、肌に必要な皮脂までごっそり落ちてしまいます。
ですが冷水での洗顔は、皮脂が落ちにくいという欠点があります。
冷水で洗顔すると肌表面に存在する皮脂が固まってしまい、その結果、洗っても落ちにくくなります。

毛穴を引き締められる

a baby doubting

確かに冷たい水で洗顔すると、毛穴が引き締まるのを感じられます。毛穴を引き締めれば毛穴汚れを防ぎ、ニキビなどのトラブルも防げそうな気がしますよね。

でも残念ながら、冷水洗顔での引き締めの効果はわずか30分ほど
30分では肌トラブルの改善は期待できませんし、引き締められた肌に化粧水をつけても逆に浸透が悪くなってしまいます。

洗顔料を使わない洗顔方法

洗顔料を使わなくても十分な効果を上げられる2つの洗顔方法をご紹介します。

お湯だけで洗顔する方法

hot water

1つ目は、30℃前後の「ぬるま湯」で洗顔する方法です。出来る限り体温に近く、熱すぎない温度で行うことがポイントです。
お湯の温度が高すぎると皮脂を全部落としてしまい、乾燥を招きかねないので要注意。

洗顔をするときは、髪の毛の生え際までしっかり洗いましょう。生え際にメイクや汚れが残ったままで放置すると、肌荒れに繋がります。

また、お湯のみの洗顔を行う方はそのあとの「保湿」も欠かせません。詳しくは「お湯だけ洗顔の場合、保湿はどうする?」をチェック!

冷水だけで洗顔する方法

washing with water

2つ目は、10℃度以下の冷たい水で洗顔する方法です。顔に適度な皮脂を残して洗うことができるので、夏場やオイリー肌でない人は試してみるといいかもしれません。
ただし、氷水など、肌の温度が下がり血行不良が起こるほど冷たい水は使わないように気をつけましょう。
肌の温度が急激に下がると、赤ら顔や乾燥に繋がります。

お湯だけ洗顔の場合、保湿はどうする?

お湯だけで洗顔をする場合、気をつけたいのが「保湿」です。肌の調子を整えるために、洗顔後に心がけたいことをご紹介します。

洗顔後に化粧水を塗る

lotion

化粧水は、肌に水分を与えることが主な役割です。
必要な油分を残せる「お湯だけ洗顔」でも、洗顔後の肌はデリケート。保湿をしっかりと行うことで、外的刺激から守るためのバリアを作ります

特に敏感肌の人は、化粧水や乳液も「敏感肌向け」のものを使うとより効果が期待できます。
化粧水は、その後の乳液やクリームの効果を高めるための大切なステップ。保湿効果を力を高めるためにも、必ずつけるようにしましょう。

乳液で水分が逃げないようにフタをする

milk lotion

保湿に欠かせないスキンケアが「乳液(またはクリーム)」です。洗顔後に化粧水をつけだけでは、水分がただ肌に乗っているだけ。

時間が経つと、水分は肌表面から蒸発してしまいます。
蒸発を防ぐためには、乳液でしっかりとフタをすることが大切です。

洗顔料を使わない方がいい理由

洗顔料を使用し続けることで、どんなデメリットが考えられるでしょうか。
現在、肌のトラブルに悩んでいる人は、使っている洗顔料が原因かもしれません。

逆に肌が乾燥する

dry

洗顔料の種類によっては肌への負担が大きく、乾燥をひどくしてしまうことがあります
洗浄力の強い洗顔料は肌に必要な皮脂までそぎ落としてしまうので、ますます乾燥が深刻になりかねません。肌の乾燥は、赤みやニキビなどの肌トラブルにも繋がります。

乾燥を防ぎたいのであれば、洗顔料を使うことを控えてみましょう
夜は洗顔料を使ってしっかり洗うとしても、朝は「お湯だけ洗顔」にするなど、必要な皮脂を落とさないように意識しましょう。
洗顔料の泡立てが不十分な場合も、肌への摩擦が強くなり乾燥の原因になることもあります。

化粧水&乳液が必須になる

skincare

洗顔料を使って何度も肌をこすることで、肌には余分の刺激が生じます。角質層が傷つき、乾燥しやすくなります。
そのため洗顔料で洗顔した後は、お湯や水だけで洗顔した時以上に、化粧水や乳液での保湿に気を配らなければなりません
洗った直後に保湿ケアを行う必要があります。

肌のコンディションが狂う

man skin

洗顔料は、毛穴に詰まっている汚れや日中分泌された過剰な皮脂を落とすのには役立ちます。
でも洗顔料を朝晩過剰に使用することで、肌の負担が大きくなり肌荒れを招くこともあります。
肌のコンディションが狂い、肌本来の強さが失われ、その結果として肌荒れに悩まされることも少なくありません。

界面活性剤の存在

oil

ほとんどの洗顔フォームには、合成界面活性剤(合成洗剤)が含まれています。
合成界面活性剤は油汚れを落とすためには必要な成分ですが、その多くは石油から作られています。そのため、肌にはダメージを与えることも
もし自分の肌に合わないと感じた場合は、使用するのをすぐにやめましょう。

洗顔料を使わないことで得られる効果

洗顔料を使わない洗顔には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

お肌のツッパリがなくなる

洗顔料を使って洗顔すると、洗顔後にひどいツッパリを感じることはありませんか?
それは肌を守っている角質層が傷つき、十分な水分が行き渡っていない状態です。
洗顔料を使い過ぎると、季節や肌の状態によっては、多少の保湿では内側まで十分水分を浸透させられないこともあります。
保湿をしても乾燥を感じるなら、「お湯だけ洗顔」に変えるタイミングかも。

肌へのダメージが小さくなる

紫外線や大気からも、肌は影響を受けています。
外回りをしている人など外で過ごす時間が長い人は、知らず知らずのうちに紫外線の影響を受け、日焼けしたり、肌が敏感になっています。
日焼けによる肌の炎症はシミやしわの原因にもなり、いったん出来てしまえば取り除くのが難しいもの。

外で過ごす時間の長い人は、いっそう肌の状態に気をつけることが必要です。
紫外線やホコリから肌を守るためのバリア機能を守るためにも、洗顔料を使い過ぎないようにしましょう。
洗顔料やスキンケア製品の成分表もチェックし、できるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。

必要な皮脂を落とさない

紫外線対策

洗顔料は強い洗浄力によって肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。
ですから朝だけでも「お湯だけ洗顔」に変えることで、肌に必要な油分や水分を残した状態をキープしましょう。

朝の支度がかなり楽になる!

in the morning

洗顔料を使わないことで、時間に余裕が生まれるのもメリットの1つ。朝は男性も女性も忙しいもの。
洗顔料を使わずに、お湯だけで洗顔することでかなりの時短になります。
洗顔料を泡立てたりしっかりすすいでいた時間を、化粧水や乳液などによる保湿に回せます。

さらに「お湯だけ洗顔」は、お財布にもやさしいと言えます。洗顔料を朝晩使えば消費ははやいですが、夜だけならその半分ですみますよね。

まとめ

洗顔料を使わずに洗顔をするのは最初はちょっと不安かもしれません。
でもしっかりケアしているのに肌荒れが改善されないという方は、朝晩2回の洗顔料使用を見直してみてはいかがでしょう。
もしかすると乾燥や肌荒れの原因は、洗顔料の使い過ぎかもしれません。毛穴に溜まった汚れを落とすことは大切ですが、肌に必要な皮脂まで落としてしまっては逆効果。

洗顔料を使わないことで、肌本来のコンディションを取り戻せるかもしれません。必要なものを揃えなくても、すぐ始められるのも「お湯だけ洗顔」のいいところ。
早速今日から「お湯だけ洗顔」を始めてみてはいかがでしょうか。