レーザー脱毛はどのくらい痛い?実体験を元に徹底解説

レーザー脱毛って本当に痛いのかな・・・
輪ゴムでパチンとされる程度って本当かな?

レーザー脱毛と調べると「痛い」というコメントをよく見かけませんか?この記事では、レーザー脱毛の痛みの理由や部位別に感じる痛さの度合いなどを中心に解説していきます。

レーザー脱毛は痛いって本当?痛みの理由とは

レーザー脱毛は、全員が痛いと感じるわけではありません。
人によって「麻酔なしでも痛みを感じなかった」という方もいますが、「痛みがつらい」という反対の意見もあります。

上記から、レーザー脱毛時の痛みには個人差があることが分かります。また、レーザー脱毛の痛みの特徴は「輪ゴムでぱちんと弾かれた感覚」とよく言われていますが、具体的にどんな痛みなのか想像できませんよね?

そこで、いろんな脱毛方法の中でレーザー脱毛の痛さレベルはどのくらいなのか?について紹介させていただきます。

▼脱毛の種類

  • ニードル:激痛レべル
  • レーザー:麻酔したら耐えられるレベル
  • 光脱毛:麻酔なしでも耐えられるレベル

ニードル脱毛を針を刺して電流を流すため、痛みが一番大きい脱毛方法と言われています。そのため、麻酔なしでは絶対に我慢できない脱毛方法と言われています。

レーザー脱毛に関しては、部位によっては麻酔なしでも耐えることができます。でも、基本的に麻酔しながらの脱毛がおすすめです。

最後に光脱毛ですが、麻酔なしでも耐えられるほど痛みがあまり感じない脱毛方法です。

なんで、レーザー脱毛って痛いのかな?

レーザー脱毛の痛みのメカニズム

それでは、レーザー脱毛の痛みはどこからくるのでしょうか?

医療脱毛で使用するレーザーは、黒い色(メラニン色素)に反応して熱に変わる特性があり、脱毛時には人の毛根に反応します。レーザー照射時に一瞬熱が加えられ、痛みを感じることがあります。

さらに日焼けの後などは、毛根だけではなく皮膚にもメラニンが含まれている状態になるため、照射時に発生した熱が皮膚にも広がります。この現象が激痛に繋がります。

注意

レーザー脱毛を使用しているクリニックは、日焼けした肌への照射をしてもらえませんので注意しましょう。

レーザー脱毛が光脱毛よりも痛いのはこの理由に加え、単純に照射するエネルギーの出力が強く、その分痛みも強くなってしまうからです。

レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位

レーザー脱毛の痛みは、部位によって全然違います。基本的に、以下の条件に当てはまると「痛みを感じやすい」と言われています。

  • 毛が太くて硬い
  • 毛が密集している
  • 皮膚が薄い
  • 神経が近くにある

レーザー照射時の各部位の痛みについて紹介します。

VIO(Vライン・Iライン・Oライン)

一番痛みが強いのは、陰部のVIO脱毛だと言われています。理由は、VIOの毛は太くて硬い。さらに、皮膚が全体的に薄い部位になるため痛みが伝わりやすいです。

さらに色素沈着がしやすい部位なので、レーザーが黒ずみにも反応して、それが痛みに繋がってしまいます。

ヒゲ(鼻下・あご・あご下・もみあげ)

男性特有の部位ですが、ヒゲや顔周りも痛みを感じやすい部位です。理由は、ヒゲの毛が太く硬いのと、顔周りには神経が通っているので痛みを感じる方が多いです。

さらに顔はずっと露出している部位です。日ごろから日焼け止め対策をしていない方は、日焼けしているかもしれません。その場合、痛みを感じるので注意しましょう。

脇(ワキ)

脇も痛みを感じやすい部位です。脇の毛はVIOと似ており、頑丈な毛が密集して生えています。さらに皮膚は薄くて弱いため、多くの人が痛みを感じやすいポイントです。

ただ、脇毛の処理は自宅でもされている方が多く、脱毛にいく頃には少しの痛みには慣れている方も多いので、個人差があります。

脚(ひざ下・太もも)

全身脱毛やボディパーツ脱毛をされる人は、脚の脱毛をされる人が多いのではないでしょうか。実は脚も痛みを感じやすい部位であり、ひざ下は毛が濃く、皮膚が薄いため痛みを感じます。太ももは普段露出する部位ではないため外的刺激に敏感で、痛みを感じやすいようです。

手足の指と甲

全身脱毛をされる方は、手足の部位を脱毛される方は多いでしょう。実はここも痛みを感じやすい部位なのです。

手足の指の毛はしっかりと生えており、毛が頑丈です。さらに皮膚が薄い部位であるため、痛みを感じやすくなっています。

痛くない部位とは?

反対に、一番痛みを感じにくい部位は、背中、腹部、二の腕です。これらの部位にはムダ毛が少なく、生えている毛は細くて柔らかいので脱毛するときもあまり痛みを感じません。

ただし、二の腕は皮膚が薄いため人によって痛みの感じ方は個人差があります。

レーザー脱毛の痛みに関する口コミ

レーザー脱毛の痛みについて、FORHER.編集部スタッフのA君が実際に体験した時の感想とその他の体験者の口コミを紹介します。

編集部スタッフの実体験・口コミ

FORHER編集部スタッフA君が実際にヒゲのレーザー脱毛を体験した時の写真です。

最初は麻酔なしで挑戦してもらいました。

スタッフA君の感想

A君 24歳

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛を体験しましたが、笑気ガスなしでは耐えられない痛みでした。感じたことのない痛みなので、最初はめちゃくちゃビックリします。でも、時間が経つと徐々に痛みに慣れてきます。いや、それでも痛いですけどね(汗)

A君は、開始30秒で麻酔をお願いしたらしいよw

A君はもともと我慢強いキャラではないこともあり、すぐに麻酔をお願いしたようですが、基本的に痛くないことはありません。絶対に痛みはある中で、どう耐えるかが重要です。笑

A君が我慢弱いだけじゃないの?他の人の口コミも見てみよう。

▼レーザー脱毛体験者の口コミ

ここからは一般の方で実際にレーザー脱毛を体験した人の口コミをいくつか紹介します。

湘南美容クリニックのヒゲ脱毛を体験

35歳 男性

湘南美容クリニックでヒゲ脱毛を体験しましたが、痛すぎません?(笑)あと、レーザー照射時に焦げ臭い臭いがとても気になりました。いや、耐えれる人凄いですw

メンズリゼのヒゲ脱毛を体験

28歳 男性

痛みに弱い人は普通に涙出ると思います。これを続けるのは流石にメンタル強くないと厳しいな(笑)通うけど・・・

口コミからも分かるようにレーザー脱毛の痛みは、ツルツルな肌を実現する為には避けて通れない道です。個人差は多少あるようなので、一度体験してみるのがおすすめです。

痛みの表現に関する口コミ

レーザー脱毛が痛いというのは口コミからも十分に伝わります。でも、痛みの表現がイマイチ分かりずらいと思いませんか。

▼レーザー脱毛の痛みの表現

  • 輪ゴムでパチンと弾かれた痛み
  • 今まで感じたことない痛み
  • ヒゲを抜いた時の痛みに似ている
  • ずーと痛い&熱い
  • 鞭で叩かれるような痛み

よく使われるレーザー脱毛の痛みの表現です。レーザー脱毛にはピンポイント系の痛みはなく、広範囲にわたる痛みが多い。

毛が濃い部位は痛さが増し、毛が薄い部位はほとんど痛みを感じないらしいね。

レーザー脱毛の痛みを感じやすい人は?

レーザ脱毛の痛みには個人差があります。ここでは、特に痛みを感じやすい人の特徴を紹介します。少しでもあてはまれば、クリニックの麻酔オプションを検討しましょう。

敏感肌の人

アトピーや敏感肌の方でもレーザー脱毛は可能です。ただし、炎症が出ている部位や色素沈着が強い部位にはレーザー照射ができない場合があります。

敏感肌の人でも脱毛を検討している人は、クリニックの医師に相談してみましょう。

レーザーは黒い細胞のみに反応するから、敏感肌の人でもダメージを軽減して脱毛することができるんだね。

肌が乾燥している人

肌が乾燥している方も要注意です。肌が乾燥しているときは外部刺激から肌を守る「バリア機能」が低下しているため、レーザー照射時に痛みを感じやすくなります。

レーザー脱毛前の保湿も大切ですが、レーザー脱毛後の保湿もしっかり行いましょう。

ちなみにA君はかなりの乾燥肌らしいね。

肌が黒い人

記事の冒頭でもお伝えしたとおり、レーザー脱毛は黒い色に反応して発生した熱で毛の成長に関わる細胞を破壊します。つまり、肌が黒い人は、毛だけではなく黒い肌にレーザーが反応してしまうリスクがあります。

注意

脱毛期間中は日焼けや日サロは避けることを勧めます。またレーザー脱毛に通っている期間は、日焼けの対策も行いましょう。

レーザー脱毛で痛みを抑える方法

レーザー脱毛に痛みは付き物ですが、レーザー脱毛の痛みを少しでも抑えることができれば、安心して通えますね。ここでは、レーザー脱毛の痛みを軽減する方法を紹介します。

麻酔を使用する

レーザー脱毛を採用しているクリニックは医療機関です。医療機関であれば、麻酔を使用することで、痛みを軽減することが可能です。

脱毛クリニックでは、主に以下の麻酔が使用されています。

  • 笑気ガス
  • 麻酔クリーム
  • 麻酔注射

笑気ガス・・・特殊な機械を通してガスを吸い、麻酔を行います。吸い始めてしばらくするとお酒を飲んで酔ったような感覚になり、ふわ~んとした状態になります。痛みをあまり感じない状態になります。

麻酔クリーム・・・施術する部位にクリーム状の麻酔を塗り、30分ほど待つと効果が現れてきます。効果がでたところで施術を開始します。

麻酔注射・・・主流ではありませんが、使用しているクリニックもあります。レーザーよりも痛みが強いとされている「ニードル脱毛」に使われていることが多い麻酔です。10分ほどで効果が表れ、脱毛箇所のみの感覚をなくします。

麻酔にもいろんな種類があるんだね。麻酔以外に痛みを軽減する方法はないのかな?

肌の保湿で乾燥を防ぐ

乾燥した肌は「バリア機能」が低下しているため、外部からの刺激を受けやすく痛みを感じてしまいます。特に冬場は乾燥しやすいので、保湿が必須です。

MEMO

施術予定日の2~3週間前から、化粧水・乳液・保湿クリームで毎日の乾燥対策を心掛けましょう。

日焼け対策をする

日焼けは乾燥だけではなく、レーザー照射時の痛みの原因に繋がります。もともと肌が黒い人は徹底的に日焼け対策を、あまり肌が黒くない人でも脱毛部位には気を使って日焼け対策をしましょう。

MEMO

脱毛している最中にはできるだけ、海に行かない、日焼けする場所に行かないことも立派な対策です。

レーザー脱毛で麻酔の使用率はどのくらい?

クリニックの人に実際確認をしたところ、レーザー脱毛をする人が麻酔を使用する割合はほぼ100%です。特に男性の場合は、ヒゲやVIOなどの毛量が多くて、毛が太い部位の脱毛を希望される人が多いため、自然と麻酔が必要になるようです。

麻酔の料金はクリニックによって違います。メンズリゼやゴリラクリニックの大手チェーンは、一律3,000円で笑気ガスのオプションを付けることが可能です。

注意

笑気ガスで気分が悪くなる人もいるようなので、少しでも違和感を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

まとめ

今回は、レーザー脱毛の痛みについて紹介しました。良薬は口に苦しという言葉があるように、ある程度のリスクがなければ確かな効果が期待できないということでしょう。