【タイプ別】メンズの顔・目・眉におすすめな眉毛のデザイン6選

顔の印象を左右する眉毛の形。かっこいい印象になれるデザインや形が気になりますよね。
ここでは、顔や目元にマッチする眉毛の形やその整え方をわかりやすくご紹介!

この記事の見どころ

  • タイプ別眉毛の整え方を解説
    (濃い/薄い・一重/二重・顔の形)
  • 眉毛を濃く/薄くする方法紹介

眉毛のメカニズムについて

意外と知られていない眉毛のメカニズムをご紹介します。
眉毛が薄いことでお悩みの方は、これを知ることで自然と対処法がわかるかもしれませんよ。

眉毛のメカニズム①毛包

毛穴の表面にある太く濃い眉毛が簡単に抜けてしまわないよう、包み込む役割を持ちます。

眉毛のメカニズム②毛母細胞

皮膚内部に存在する眉毛を生やすための細胞。
この毛母細胞が増殖すると、太くて濃い眉毛の発毛につながります。

眉毛のメカニズム③毛乳頭

毛細血管で運ばれてきた酸素やビタミンなどの栄養素を毛母細胞に伝え、眉毛の成長をサポートします。

加齢で眉毛の形が変わるって本当?

年齢を重ねると、身体や肌と同じように眉毛のコンディションや形も変化が現れていきます。

高校生の頃は眉毛が濃かったのに、30代を過ぎたあたりから薄くなってきた…。この変化はなぜ起こるのでしょうか?

眉毛は、一定の長さまで伸びると成長が止まり、寿命がくると抜け落ちるメカニズムがあり、これを毛周期といいます。

年齢を重ねると、若いころよりも細胞が老化してしまいます。
すると、眉毛の生長に関わる毛母細胞の機能が低下し、眉毛の生え方がまだらになり、形も自然と変わってしまうのです。

濃い眉毛/薄い眉毛の場合

年齢を重ねても自然な眉毛をキープするため、濃い眉、薄い眉ごとに整え方をご紹介します。

自分の眉毛に合う方法で、ステキな眉毛を目指しましょう。

濃い眉毛の場合

男らしくワイルドな印象の濃い眉毛は、ときに顔立ちがキツく見えてしまうデメリットもあります。
濃い眉毛を自然に整えるためのノウハウをマスターしましょう。

  • 手順1
    眉周辺の産毛を処理1
    眉の周りや眉間に生えた不要な毛をシェーバーやカミソリで処理します。
    毛の流れに沿って剃ることがポイント。
  • 手順2
    コームで眉毛を整える
    眉頭は下から上にコームを滑らせ、眉中央から眉尻では上から下へ根元からしっかりとかします。
    眉毛のクセを整えるイメージで行ってください。
  • 手順3
    眉の形をライン付け
    アイブロウペンシルを使って、好きな眉毛のラインを描きます。
  • 手順4
    枠外にある眉毛をカット
    ラインからはみ出た眉毛にコームを当て、毛を上向きにしながらカットします。
    大き目の鏡で顔全体を見ながらカットすると失敗しにくくなります。
  • 手順5
    余分なムダ毛を抜く
    眉毛をカットしたら、毛抜きでその部分を抜き、再度流れを整えて完了です。
    痛みを感じる際は、肌を温めておくと負担が軽減されます。

薄い眉毛の場合

ナチュラルな魅力があるものの、ちょっぴり男らしさに欠けてしまう薄い眉。
くっきりとした眉毛へ整えるためのノウハウをご紹介します。

  • 手順1
    眉毛の流れをコームで整える
    眉頭は下から上にコームを滑らせ、眉中央から眉尻では上から下へ根元からしっかりとかします。
  • 手順2
    眉頭から眉山へ持ち上げる
    眉毛の頭から眉山にかけて、コームでグッと持ち上げてブラッシングします。整える前よりも眉毛にボリュームや密度が出てきます。
  • 手順3
    ムダ毛をカット
    眉のラインからはみ出たムダ毛をカットし、完了です。
    剃ってしまうと細くなりすぎてしまうリスクがあるため、毛先を軽くカットする程度がオススメです。

一重/二重の眉毛の整え方

眉毛は、目の形に合わせた整え方もあります。
ここでは、一重と二重
それぞれにマッチする眉毛の整え方をご紹介します。

一重まぶたの場合

一重まぶたには、目の印象が強く残る濃く太目の眉毛がマッチしています。現状の形を残し、眉尻のみをキュッと持ち上げるようなデザインが良いでしょう。

眉尻の下の部分を軽くカットし、無駄な部分は剃るか抜きましょう。
キュッと上がった濃い目の眉が、一重まぶたを大きく見せたり、目力をアップさせる効果も期待できます。

二重まぶたの場合

もともと目元の印象が強い二重まぶた。ナチュラルで薄いデザインの眉毛は、主張しすぎないというメリットがあります。

伸びた部分の眉毛を軽く切り、コームで整えることで、ボリュームを均一にします。細めにしたい場合は、アイブロウペンシルで枠を決め、それに合わせてカットまたは剃るようにしましょう。

薄くても幅があって太めであれば、二重まぶたとのバランスがマッチします。

顔の形別に眉毛の整え方を紹介

続いては、顔の輪郭別に合う眉毛の整え方をご紹介します。
丸顔・四角顔に合う眉毛のスタイルとは、どんな特徴があるのでしょうか?

丸顔の眉毛の場合

幼い印象になりがちな丸顔には、キリッとした太くて濃いへの字型の眉が似合います。

への字型にライン付けをし、そのラインに沿ってカットをしたら、コームで梳かして整え無駄な部分を処理しましょう。

四角顔の眉の場合

ハードな印象が強い四角顔は、柔らかさや優しさを演出できる丸めの眉がオススメです。

アイブロウペンシルで、眉の流れに沿ってカーブをつけず丸くライン付けをします。
はみ出した眉毛をカットし、シェーバーでサッと処理しましょう。

初心者の方は眉毛サロンもオススメ!

眉毛を整えることが初めてという方は、セルフでは上手くできるか不安になってしまいますよね。

今では男性が通える眉毛サロンも多く展開されていて、手軽に理想の眉毛にイメチェンできます。

プライベートな空間で安心

眉サロンは落ち着いたプライベートな空間でリラックスしながら施術してくれます。

男性の眉の特徴や性質に着目し、専門のスタッフが素敵な眉デザインを提供してくれます。

親切丁寧なカウンセリング

眉サロンでは、眉の形を綺麗にキープできるよう、座った状態でデザインされ崩れを予防してくれます。
理想の眉をしっかりヒアリングし、不安な要素なく眉デザインができます。

男を上げる仕上がり

一般的な形からトレンドのデザインまで、顔立ちにマッチした眉デザインで魅力が格上げされます。

眉毛を薄く/濃くするには?

眉毛を薄くしたり濃くしたりするのは、なんだか難しそうですよね。
ここでは、手軽に挑戦できる方法をご紹介します。

眉毛を薄くする方法

カットすることが一番簡単です。
眉毛にコームを当て、眉ハサミで毛先を2mm程度カットすると、それだけで薄くできます。

また、眉毛を脱色し明るめのカラーにすると、薄くトレンド感もある眉になります。

眉毛を濃くする方法

一番手っ取り早いのは、アイブロウペンシルで薄い部分を埋めてしまうこと。

薄い眉はまだらに生えていることが多いため、密集した印象に変えるために描き足しましょう。

また、馬油を眉に塗ると産毛が濃くなってくるという口コミも!馬油を塗ると、毛に艶が出るため眉毛の印象が強くなります。

まとめ

眉毛のお手入れをしっかりしていると、魅力がさらにアップ!
顔の形や目元にマッチしたデザインをマスターし、男らしさと美意識をさらに高めてくださいね。