最新の記事がUPされています!

【保存版】男性必見!就活のための正しい眉⽑の整え⽅

就職活動の際は、普段とは違う身だしなみが必要です。これまでは自分好みにお洒落をすることができましたが、社会人としてふさわしい格好をしなければなりません。

その第一歩となる就活では、「真面目さ」「フレッシュさ」といった要素をアピールすることが大切です。
男性は女性のように化粧で印象を変えることはなかなか難しいですが、眉毛の形や太さで顔の印象は変えられます。

眉毛が他人に与える印象を知ることによって、志望する企業が求める人物像に合わせて整え、好印象を残すことも可能です。

今回は、就活の際の眉毛について気をつけるポイントをご紹介していきます。

眉⽑は第⼀印象を左右する?

眉毛で顔の印象の80%が決まる

眉毛は顔の額縁とも言われるパーツで、顔の印象を大きく左右します。
その割合は80%とも言われていて、顔立ちの印象を強めるだけではなく「若々しい」「意思が強そう」といった内面のイメージまで伝えることができます。

就活の際、男性は髪を短髪にしたり前髪をあげるたりすることが多いため、整えていないボサボサの眉毛は好印象には繋がりにくいです。
 
企業によっては、まず履歴書の証明写真の印象で審査をするというところもあるため、眉毛による顔の印象の違いはとても重要になってきます。
 
希望の業界や職種に合わせた眉毛で印象を変え、就活対策することがおすすめです。

男性におすすめの就活用眉ってどんな形?

「フレッシュさ」を強調する眉毛

就職活動でまず求められる要素といえば「若々しさ」「フレッシュさ」です。
若々しい印象を与える眉毛を作るためには、眉尻の高い眉毛にするのが効果的です。眉尻の位置が下がっていると、無気力そうな老けた印象になってしまいます。

眉を長めにすることで、落ち着いた真面目な印象になり、逆に短めだと活発で溌剌とした印象となります。

「意思の強さ」を強調する眉毛

後にリーダーとなる社員を採用したいと考えている企業は、意思の強いリーダーシップに溢れた学生を求めています。
意思の強さを感じさせる眉毛にするためには、濃く直線的な形に整えるのがおすすめです。

薄い眉毛は顔の印象を弱め、細い眉毛は繊細そうな印象を与えてしまうため、意思の強さを強調するには不向きです。
元々薄めの方が意思の強さを感じられる眉毛にしたいときは、眉毛を長めに残すと比較的濃い印象を与えられます。

 
また、元から生えている眉毛が薄い・細いからといって眉毛を描くことで補うのはあまりおすすめできません。男性の化粧はまだ一般的ではなく、眉毛を描いているのがバレてしまうとマイナスの印象を与えてしまうおそれがあります。
 
眉毛を描く際は、企業側に分からないよう十分注意し自然にさりげなく描いてください。

「コミュニケーション能力の高さ」を強調する眉毛

営業職や接客業などコミュニケーション能力が求められる職種の場合には、柔和な印象を与える曲線的な眉毛がおすすめです。
顔全体の印象を和らげることもできるため、元の顔立ちが濃い、キツいのがコンプレックスという方にもぴったりです。

POINT…比較的外見の規定が緩い業界・業種であれば、前髪を下ろした髪型にするのも優しい印象にするのに役立ちます。
眉毛や目が隠れるほど長い前髪はNGですが、前髪を下ろすとやや幼く人懐っこい印象を与えるため、より優しげでコミュニケーション能力の高い印象を与えられるのです。

綺麗な眉⽑の作り⽅・整え⽅

健康な眉毛を生やすことが大切

男性は眉毛を描いて補うのは難しいため、綺麗な形に整えるためには元の眉毛に濃さ・太さが必要になります。

過去に眉毛を抜きすぎたり、剃りすぎたりしていて、眉毛が細い・薄いことがコンプレックスという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな場合は、就活が始まる数ヶ月前から食生活を改善したり、眉毛用の育毛剤を使ったりするなど、健康な眉が生えてくるよう対策をしましょう。
 
また、健康な眉毛を生やすためには、鉄分を多く含んだレバーやほうれん草、不飽和脂肪酸を多く含んだナッツ類やオリーブオイルを食生活に取り入れるのもおすすめです。

好印象を与える眉⽑の太さは

太めの眉毛が真面目な印象を与える

就活対策には、太めの眉毛がおすすめです。
細すぎる眉毛はヤンキーやホストを彷彿とさせ、「不真面目そう」「チャラチャラしている」といった印象を与えてしまいます。
就職活動には、目の縦幅を基準に太めに整えると良いでしょう。

しかし、太すぎるとかえって「野暮ったい」「流行に疎そう」といった印象を与えてしまうため、アパレル系などのトレンド感が大切な業界では太すぎる眉毛はNGな場合もあります。
 
POINT…写真だと眉毛は実際よりも薄く写ってしまうことがあります。そのため、証明写真を撮る際は実際よりも濃いめ、太めに整えて写真を撮るとバランスが良いでしょう。
写真であれば眉毛を描いていてもバレにくいため、写真を撮る時のみ描くのも一つの方法です。

印象が悪くなってしまう眉毛の色

就活時の眉毛の色は黒が基本

普段はお洒落のために眉を脱色していても、就活の時には黒に戻すのが無難です。金・茶など明るい色に眉毛を染めていると、不真面目な印象を与えてしまいます。

アパレル系など、普段しているお洒落を面接で見せる必要がある場合は別ですが、多くの企業では黒髪・黒い眉の学生に好感を持ちます。

眉毛は生え変わるのが早いため、脱色している場合でも数週間で元の色に戻すことができますが、どうしても面接に間に合わないという場合は暗めの色の眉マスカラで染めると良いでしょう。
 
POINT…体質や病気などで髪や眉の色が薄い、白髪が混じっているという場合は必ずしも黒く染める必要はありません。
しかし、面接の時間が短い時などは自分の体質について説明する時間がない場合もあり、面接官にとっては脱色した眉と同じ扱いを受けてしまうこともあります。病気や体質であっても、心配であれば事前に眉や髪を黒染めしてから就活に臨むことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?就職活動では、企業側は数多くの学生を相手にするため外見が残す印象はとても大切です。

男性は女性のように化粧が一般的でなく、生まれ持った顔を変えることは難しいですが、眉毛は見た目の印象を変えられる数少ない方法の一つです。

眉の形によって顔立ちだけではなく内面の印象まで変わるので、ぜひ自分の志望する業界や業種に合わせた眉毛で自分の内面をアピールしてください。