これが正しい洗顔方法!よくありがちな間違ったやり方も紹介

男性の洗顔

誰もが毎日何気なく行なっている洗顔。
しかし、自分の洗顔方法は正しいと、自信を持って言えますか?

習慣になっていることだからこそ、きちんと洗顔方法を意識したことがない方は多いです。
今回は、正しい洗顔方法とありがちな間違いをご紹介。
基本に立ち返って、毎日の洗顔方法を見直してみましょう。

毎日する洗顔!日々の積み重ねが大事!

洗顔は、誰もが毎日することですが、正しい洗顔方法を意識したことはありますか?
何気なくしている洗顔方法が、実は肌に負担を与えているかもしれません。

毎日することだからこそ、正しい洗顔方法を知っておくのが大切。
1回1回はわずかな差でも、なんども繰り返すことでダメージが蓄積し、肌トラブルの原因になってしまいますよ。
肌トラブルを予防する、正しい洗顔方法について解説していきます。

正しい洗顔方法を紹介

それでは、毎日行いたい正しい洗顔方法をご紹介します。
これまでの洗顔方法が間違っていたという方は、ぜひこの機会に正しい洗顔方法を実践してみてください。

①最初は手を洗おう!

手を洗う

まず、洗顔をする前に手を清潔にします。
手が汚れていると、雑菌やアクネ菌が手から顔にうつり、肌荒れの原因になります。
さらに、手に油分が多いと洗顔料もうまく泡立ちませんので、必ず先に手を洗ってください。
水で流すだけではなく、ハンドソープでしっかり洗うのがポイントです。

②ぬるま湯で顔を濡らして簡単に汚れを落とす

顔を蒸らす

洗顔料を使う前に、ぬるま湯で顔をすすいで予洗いをします。
ぬるま湯の温度は、手で触って熱くも冷たくも感じない、人肌程度の温度がベスト
これは、冷たい水では毛穴が閉じてしまって汚れが落ちず、熱いお湯だと必要な皮脂まで落としてしまうためです。
健康的な美肌を保つ洗顔方法には、こうした小さなこだわりが重要なのです。

③洗顔料をきちんと泡立てよう

泡立てる

次に、洗顔料をしっかり泡立てます。
泡立ての基準は、泡をつけた手を逆さにしても泡が落ちてこないくらい。

まず、手に2cmほど洗顔料を出し、水を数滴加えてゆるいペースト状にします。
そこに2〜3回に分けて少量ずつ水を足しながら、指で混ぜて泡立てましょう。
抹茶を点てる時のようなイメージで、空気を含ませるように混ぜるとよく泡立ちます。

泡立てが苦手な方は、市販の泡立てネットやブラシを使いましょう
時間がない朝には、最初から泡で出てくる洗顔料を使うのもおすすめです。

最近ではクリーム洗顔も

近年は、クリーム洗顔やジェル洗顔といった、泡立てない洗顔料も増えています。
個々の商品の使い方に、泡立て不要と書いてあればもちろん泡立ては必要ありません。
泡立てない洗顔料も、泡と同じように円を描くように肌になじませ、たっぷりのぬるま湯ですすぎましょう。

④泡でやさしく洗おう、小鼻や顔の中心線上は念入りに!

洗顔料を使って顔を洗う

洗顔料を泡立てたら、泡を顔に乗せて転がすように洗っていきます。
指先で1cmほどの円を描くイメージで、くまなく顔を洗いましょう。

ただし長時間洗い続けると、必要な皮脂まで落ちてしまうためNG。
顔全体を1分程度で洗い上げ、特に乾燥しやすい頰周りは最後にさっと洗うようにしましょう

⑤ぬるま湯ですすぎ漏れがないようにしっかりとすすぐ

洗顔料を洗いあがす

顔全体を洗い終えたら、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。
お湯の温度は、予洗いの時と同じ人肌くらい。
先の項目でもお伝えしましたが、シャワーの水を直接当ててすすぐのはNGです
肌に負担を洗えないよう、両手ですくったお湯で優しく20〜30回すすぐのが理想的と言われています。
なかには洗顔後、100回すすぐのを提唱している美容法もありますよ。
肌に残った洗顔料は、肌荒れの原因になります。
耳の周辺や顎の下まで、すすぎ漏れがないようにしっかり洗顔料を落としましょう。

⑥肌を傷つけないようにタオルで優しく拭き取る

顔を拭く

洗顔後は、柔らかく肌触りのいいタオルで優しく拭き取りましょう。
ゴシゴシと上下左右にこするのはNG。
タオルの摩擦は、指でこするよりずっと強い負担を肌に与えてしまいます。
そのため水気を拭き取る時は、ぽんぽんと押し当てるようなイメージで、優しく水を吸い取りましょう

そして、ニキビや肌荒れが気になる方は、タオルの使い回しは厳禁。
家族に肌荒れをうつさないためにも、タオルは洗顔1回ごとに洗い換えましょう。

洗顔後のケアも絶対忘れずに

他のスキンケア

洗顔方法が正しくても、その後のケアがおざなりでは台無し。
正しい洗顔方法で顔を洗った後は、しっかりスキンケアをして肌を整えましょう。

化粧水で保湿スタート

洗顔後の肌は、とても水分が蒸発しやすい状態です。
そこにすぐに化粧水で水分を補うことで、肌の水分バランスやキメを整えます。
商品によっても異なりますが、化粧水の適量は500円玉大程度。
手のひらになじませて、顔全体に広げましょう。
手で顔を覆ってプレスすることで、浸透力が高まります。

物足りない人は収れん化粧水も使おう

これだけでは物足りない方や、毛穴の開きが気になる方には収れん化粧水がおすすめ
収れん化粧水は、毛穴を引き締めて肌を滑らかに保つ働きがあります。
スッキリした使い心地のものが多いので、基礎化粧水のベタつきが苦手な男性にもぴったりです。

乳液でさらにうるおいをプラス

化粧水で補った水分も、そのままではすぐに蒸発してしまいます。
水分を保持する乳液を重ね付けして、長く潤いを保ちましょう。
乳液の適量は、化粧水より少なめで100円玉大ほど
こちらも手のひらでプレスして、顔全体に浸透させます。
乾燥しやすい冬場や、もともと乾燥肌の方は、さらにオイルやクリームを重ねるとしっかり保湿ができますよ。

実はデメリットの方が多い洗顔の仕方

間違った洗顔方法

自己流の洗顔方法で間違いがちなポイントをご紹介します。
よかれと思ってやっていることが、実は肌に負担を与えている場合も。
次の洗顔方法に当てはまっている方は、今日からやり方を改めましょう。

洗えば洗うほどいい?

洗顔は、洗えば洗うほど汚れが落ちて肌に良いと思っていませんか?
実は、その考えは間違いです。
一日に何度も顔を洗ってしまうと、本来は必要だった皮脂まで落としてしまい、乾燥肌や皮脂の過剰分泌の原因になります

特別に顔が汚れてしまった時以外は、洗顔回数は一日二回がベスト
もしそれ以上の頻度で洗う場合には、洗顔料を使わず水やぬるま湯だけで洗顔しましょう。
適度な洗顔回数にとどめて、肌の自浄能力を養うのも大切なのです。

冷たい水の方が顔が引き締まる?

タレントや美魔女と呼ばれる人が、冷たい水を使った洗顔方法をすすめていることがよくあります。
実際、冷たい水に毛穴を引き締める効果があるのは事実です。
ただし、その引き締め効果の持続時間は30分程度。

冷水を使った洗顔方法は、顔のたるみや毛穴の開きの根本解決にはなりません
また、毛穴が閉じてしまうと汚れを落としきれなかったり、洗顔後の基礎化粧品が肌に入りにくいというデメリットもあります。

ただし、冷水は温水より皮脂を溶かしにくいため、普段皮脂を落としすぎている人は冷水洗顔で肌の調子が良くなることも。
冷水を使った洗顔方法は一概に悪いものとは言えませんが、デメリットもあるということを知っておきましょう。

シャワーで直接流せば清潔?

お風呂で顔を洗う時、すすぎをシャワーで行う人がいます。
手で水をすくうより、シャワーから直接の方が水が清潔で、肌に良いようなイメージですよね。

しかし、シャワーで直接すすぐのはNGです。
なぜなら、シャワーの水圧が肌への負担になってしまうためです。

痛みや刺激を感じないような水圧でも、肌はピンポイントにかかる刺激にとても弱いのです。
このすすぎ方を繰り返すことで、肌荒れや乾燥、顔のたるみが引き起こされてしまいます。
両手ですくったぬるま湯で、優しくすすぐのが正しい洗顔方法です。

ニキビはよくこすれば菌を殺せる?

ニキビが気になる方、肌表面にいるアクネ菌を殺すイメージで、強くこすっていませんか?
その洗顔方法は、肌に大きな負担を与えてニキビを悪化させてしまいます

そもそも、アクネ菌は指の摩擦で潰せるようなサイズではありません。

肌の摩擦は、ニキビには大敵。
炎症がひどくなって、より広範囲に広がってしまいます。
また、ニキビを触った指で他の部分の肌に触れることで、ニキビがうつってしまうことも。
ニキビがある部分には直接触れず、泡を転がすように優しく洗うのが正しい洗顔方法です。

成分が薄まるから出来るだけ泡立てない?

水で薄めて泡立てるより、洗顔料を直接塗った方が成分が濃くて肌にいいと思っていませんか?
成分の濃さという意味ではその考えは合っていますが、肌にいい洗顔方法という観点では間違いです。

洗顔料は、洗浄成分だけではなく、泡が汚れを浮かして吸い取る力が重要。

また、泡がクッション代わりになることで、肌に負担を与えずに洗うことができます。
クリームやジェル状の洗顔料など例外もありますが、基本的には洗顔料はしっかり泡立てて使いましょう。

力を入れた方が肌の汚れも落ちる?

力を入れて肌をこする洗顔方法は、絶対にNG。

顔の皮膚は全身の中でも特に薄く敏感で、とても摩擦に弱いのです。
痛みを感じない程度のこすり方でも、すぐに角質が剥がれたり炎症を起こしてしまいます。
肌の汚れや雑菌はこすって落ちるものではないので、しっかり泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう。

肌トラブル別の洗顔方法で対策!

肌トラブルの解決方法

ここからは、肌トラブル別におすすめの洗顔方法を解説します。

毛穴の黒ずみが気になるならこれ

毛穴の黒ずみには、酵素洗顔パウダーがおすすめ
酵素の力で、頑固な毛穴の黒ずみを分解し、浮かせて洗い流します。
ひどい黒ずみの場合、1度で全て綺麗にはならないかもしれませんが、週に1度ほど習慣的に続けてみてください。

全体的なくすみがなくなると話題なのが、雪肌精の洗顔フォーム
雪肌精は美白で有名な基礎化粧品ブランドで、口コミ評価が非常に高いです。

Amazonで詳細を見る

また、毛穴の黒ずみを根本改善したい方には、ピーリングがおすすめ
これは、毛穴の黒ずみは肌のターンオーバーがうまくいっていないせいで起こるため。
ピーリングで角質層を優しく取り除くことで、ターンオーバーの正常化を促します。

角栓毛穴(皮脂がつまった毛穴)にはパックかスクラブ

毛穴の角栓には、パックかスクラブがおすすめ

ただし、パックといっても、角栓に貼り付けて無理やりはがすような毛穴パックはNG。
このタイプは開いた毛穴が閉じなくなり、余計に角栓がひどくなってしまいます。

パックで角栓対策をするなら、保湿効果や酵素の力で毛穴の中の汚れを柔らかく、落としやすくするタイプがおすすめです
角栓を柔らかくしたところで、スクラブで掻き出すように落とせばより効果を実感できますよ。

たるみ毛穴は肌の水分と油分のバランスを保つ

毛穴とたるみの原因は、肌内部のバランスが崩れることによる老化現象
保湿成分でしっかり潤いを与え、油分で蓋をしてふっくらとした肌を保ちましょう。

油分が多めでテカリとたるみが気になる方には、酵素洗顔パウダーがおすすめ
酵素洗顔パウダーは余分な皮脂をしっかり落とし、バランスのとれた健やかな肌にしてくれます。

まとめ

肌に負担を与えない、正しい洗顔方法はわかりましたか?
肌トラブルに悩んでいる方は、もしかすると自己流の洗顔方法がその原因になっているかもしれません。
毎日することだからこそ、洗顔は正しいやり方で行うのが大切。
正しい洗顔方法が習慣になるように、これから心がけていきましょう。