大人気ヒゲ脱毛!最速でツルツルになるまでの回数は?【VIOや他パーツも徹底調査!】

最近では女性だけではなく、男性がするメンズ脱毛も当たり前の時代になりました。毎日の髭剃りや体毛処理から解放されるために、脱毛に行きたいと思う男性はこれからもっと増えるでしょう。

今回は脱毛をする前に知っておきたい自分の希望する状態になるまでどれぐらいの回数がいるのか?どれぐらいの期間がかかるのか?という部分を徹底的に調査しました。

脱毛される前に是非参考にしてください!

脱毛に長時間かかるのは毛周期の影響!

メンズ脱毛に通う場合、できれば最短でしっかりと効果を実感したいですよね。それには、毛が生え変わる周期「毛周期」を知ることが最も重要なポイントです。

メンズ脱毛を受けるに前に、自身でも脱毛のメカニズムを知ることがとても大切なポイントになります。是非参考にして下さい。

毛周期とは?

毛周期(もうしゅうき)とは、毛が生えてから抜けるまでの活動サイクルのことを指します。

体に生えている毛は、毛周期に従って「成長初期 → 成長期 → 退行期 → 活動休止期」の4段階サイクルを繰り返し生え変わっています。

この毛周期は、脱毛の施術によってムダ毛が処理できる仕組みと深く関係しています。脱毛機には、毛色の元である「黒いメラニン色素」に反応する長波が用いられています。

光やレーザーを照射すると、毛根部分のメラニン色素に反応して熱が発生します。その熱によって毛根を破壊し、新しく毛が生えてこないようにするという仕組みです。

そのため、抜け落ちている時期に脱毛を受けた場合、毛のメラニンに光やレーザーが反応する事ができず脱毛効果をはないという事になります。

よって脱毛を受ける際は、毛が生えるメカニズム「毛周期」をしっかり理解する事でキレイに無駄なく脱毛が完了できます。

どの程度の減毛目指す?ヒゲ脱毛の平均回数

男性に一番人気の部位であるヒゲ脱毛!そんな、ヒゲ脱毛にかかる脱毛回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする10回1.5年
ほぼ無毛15回2.5年
ツルツル20回3.5年

光脱毛でヒゲをツルツルにするには、合計15回以上の照射がひつようでしょう。髭はメンズの毛の中でも特に濃く、1本1本の毛がしっかりとしているので時間がかかります。光脱毛なので痛みは少ないですが、長い期間かかることを覚悟しておく必要があるでしょう。

レーザー脱毛回数期間
薄くする5回8ヶ月~1年
ほぼ無毛8回1.5年
ツルツル10回2年

すぐに効果が表れやすいと言われる医療レーザー脱毛ですが、ヒゲには時間がかかります。濃いヒゲの人がツルツルにしたい場合は「最低12回以上必要だった」という口コミが多かったです。

ニードル脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5年

ニードル脱毛は1本1本の施術なので確実に効果があります。1回脱毛したところは生えてこないので、毛深い人でも早く効果を実感することができます。ツルツルになるまでは最低6回の照射が必要です。

以上の3つの脱毛方法を踏まえると、ヒゲ脱毛はおおよそ以下の回数が必要になることが分かります。

  • 永久脱毛でツルツルにしたい・・・平均20回以上
  • 生えているか分からない程度にしたい・・平均10回以上
  • 毛を全体的に薄くしたい・・・平均5回以上

期間で換算すると平均8ヶ月~3年です。

VIO脱毛もツルツルになるまで1年かかる

女性ウケが良く、最近男性にも人気が高まってきたVIO脱毛脱毛ですが、一体脱毛完了までにはどのぐらいの期間がかかるのでしょうか?

ここでは、VIO(陰部)脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする8回1.5年
ほぼ無毛12回2年
ツルツル18回3年

VIOは1回の手入れでは効果が実感できず、効果が実感できるまでに8回~12回以上は最低でも必要です。ツルツルにするには15回以上の脱毛がマストになります。あくまでも目安なので、回数には個人差があります。

レーザー脱毛回数期間
薄くする5回10ヶ月
ほぼ無毛8回1~1.5年
ツルツル10回1.5年

男性のVIOの部位は毛が頑丈な部分なので、通常よりも時間がかかります。また毛が濃くて太い部位のため、レーザー脱毛による痛みも大きいです。

ニードル脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5年

ニードル脱毛は1本1本の施術なので時間はかかります。痛みは強いですが、VIOのようにデザイン脱毛をしたい場合にはおすすめです。VIOは毛量が多いので、1本あたりの料金で精算するニードル脱毛だとコストは高くなります。

以上の3つの脱毛方法を踏まえると、ヒゲ脱毛はおおよそ以下の回数が必要になることが分かります。

  • 永久脱毛でツルツルにしたい・・・平均15回以上
  • 生えているか分からない程度にしたい・・平均10回以上
  • 毛を全体的に薄くしたい・・・平均5回以上

期間で換算すると平均8ヶ月~3年です。

≪必見≫脱毛方法により異なる!脱毛回数

メンズ脱毛の回数は脱毛方法で違う?

メンズ脱毛と言っても施術内容によって費用や脱毛にかかる期間や回数も様々です。

ここでは、

について、効果が期待できる回数などを紹介していきます。ぜひチェックしてください。

フラッシュ脱毛のかかる期間と回数

光脱毛で満足するまで脱毛するには、短い方で1年半、長い方で3年ほどかかります。回数では、10回~30回です。

▼光脱毛の回数と期間

毛量状態回数期間
少し薄くなる1~4回~半年
効果が見え始める5~8回半年~1年
減毛状態9~15回1年半
ほとんど見えない16~20回2年
永久脱毛成功21~30回3年

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれていて、主にエステサロンで行われる施術です。皮膚組織のメラニン色素に光を照射することで毛の働きを抑制します。

レーザー脱毛に比べると低出力のためメンズ脱毛の中でも痛みが少なく肌への負担も小さいが、納得いく効果が表れるまで時間がかかるというデメリットもあります。

フラッシュ脱毛のここがいい!

▼費用が安いランキング

順位種類料金
光脱毛5~12万
レーザー7~15万
ニードル40~60万

▼痛みが少ないランキング

順位種類痛さ
光脱毛ほぼ感じない
レーザーパチンとする
ニードル電気が走る

光脱毛は費用が安く、痛みが少ないため誰でもトライできそうな方法ですね。

以下からは、おすすめの光脱毛のサロンを紹介します。

おすすめのフラッシュ脱毛サロン3選

順位サロン
クリニック
料金
メンズ
クリア

メンズクリア
ヒゲ脱毛
最大80%OFF
リンクス
お試しプラン
最大70%OFF
メンズ
キレイモ

ヒゲ脱毛
50%OFF

医療レーザー脱毛のかかる期間と回数

レーザー脱毛で満足するまで脱毛するには、短い方で8ヶ月、長い方で2年ほどかかります。回数では、5回~20回です。

▼レーザー脱毛の回数と期間

毛量状態回数期間
少し薄くなる1~2回1~2ヶ月
効果が見え始める3~4回4~6ヶ月
減毛状態5~6回8~10ヶ月
ほとんど見えない10回前後1年半
永久脱毛成功15回前後2年

医療レーザー脱毛は国家資格である医師免許、もしくは看護師免許を持っている人のみが施術できるメンズ脱毛方法です。出力の高いレーザーが毛を再生させる細胞を破壊するので、半永久的な脱毛効果を期待できます。

光脱毛と比べると、費用は高くなりますがツルツルにしたい方、できるだけ早く確実な効果が欲しい方におすすめの施術です。

医療レーザー脱毛のここがいい!

▼脱毛の安全さランキング

順位種類要因
レーザー医療機関である
光脱毛ダメージ少ない
ニードル肌トラブル多い

▼効率のよい脱毛ランキング

順位種類要因
レーザーコスパが◎
ニードル効果抜群
光脱毛期間長い

レーザー脱毛は医療機関であるため安心かつコスパが良いようですね。

以下からは、おすすめのレーザー脱毛のクリニックを紹介します。

おすすめの医療脱毛クリニック3選

順位サロン
クリニック
ヒゲ脱毛の料金
(全体)
メンズリゼ
34,000円
(1回)
ゴリラ
48,000円
(1回)
湘南美容
クリニック

24,370円
(1回)

ニードル脱毛のかかる期間と回数

ニードル脱毛で満足するまで脱毛するには、短い方で半年、長い方で1年ほどかかります。回数では、4回~6回です。

▼ニードル脱毛の回数と期間

毛量状態回数期間
少し薄くなる1~2回1~2ヶ月
効果が見え始める3回4~6ヶ月
減毛状態4回6~8ヶ月
ほとんど見えない5回8~10ヶ月
永久脱毛成功6回1年

ニードル脱毛とは、1本1本の毛根に針をさして電気を流して、毛根にあるムダ毛を生やす組織を破壊する施術方法です。

ニードル脱毛はメンズ脱毛の中でも特に効果が高く、1度破壊した組織部分は二度と生えてこないので、小さい範囲なら少ない回数で終わらせることができます。

また、他のメンズ脱毛と違って細かなデザインも可能です。全部脱毛するのではなく、ヒゲをかっこよく整えたい!など考えている男性におすすめです。

ニードル脱毛のここがいい!

▼脱毛期間が短いランキング

順位種類期間
ニードル最長1年
レーザー2年
光脱毛3年

▼効果が強い脱毛ランキング

順位種類効果
ニードルその場で抜ける
レーザー永久脱毛〇
光脱毛永久脱毛×

ニードル脱毛は、他の脱毛方法と比べてダントツで効果があり、短期間で永久脱毛できます。

以下からは、おすすめのニードル脱毛のエステを紹介します。

おすすめのメンズ脱毛エステ2選

順位サロン
クリニック
キャンペーン情報
メンズTBC
1,000円
(ヒゲ脱毛)
ダンディ
ハウス

5,000円
(初回限定)

ヒゲとVIO以外はどのぐらいの期間かかる?パーツごとに徹底比較!

メンズ脱毛は脱毛する部位や個人の毛の濃さによっても回数が変わってきます。ここでは、脱毛の部位ごとに効果が表れ始める回数・ツルツルまでにかかる期間などを紹介します。メンズ脱毛の種類別にも分けているのでチェックしてください。

今回紹介する部位は以下の通りです▼

足(すね毛・もも)脱毛にかかる回数と期間

足(すね毛・もも)脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする8回1.5年
ほぼ無毛10回1.5~2年
ツルツル13回2年~3年

足の毛は比較的柔らかくて薄い部位となっているので、光脱毛でもツルツルにするまで最短で5回で効果が実感できます。

また足の脱毛はヒゲと比べても、痛みが少なく広範囲にわたって施術が必要なため、光脱毛が向いています。

レーザー脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5~2年

足は脱毛効果が表れ始めるのが早いため、ツルツルが実感できるまで短い期間(3回ほど)で可能です。

医療レーザー脱毛なので痛みはありますが、皮膚が分厚いためヒゲ脱毛ほど痛みがないのも特徴です。

ニードル脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5~2年

ツルツルを実感できるまでのスピードはダントツですが、1本1本毛を脱毛するため、施術時間が長くなってしまうのがデメリットです。

ヒゲのようにピンポイントであればおすすめですが、足の脱毛などの広範囲の脱毛にはあまりおすすめできません。

脇毛脱毛にかかる回数と期間

脇脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする10回1.5年
ほぼ無毛15回2年
ツルツル20回3年

脇脱毛もヒゲ脱毛と同じように密度が濃い部位になるので、ツルツルになるまで脱毛するのにかなりの時間がかかります。

光脱毛で脇毛をツルツルにしたいという方は最低15回以上通うことを覚悟しましょう。

レーザー脱毛回数期間
薄くする5回1年
ほぼ無毛8回1年~2年
ツルツル10回2年~

脇毛脱毛をレーザー脱毛で施術した場合の期間は、ヒゲ脱毛と同じくらいかかりますが、ヒゲ脱毛よりも痛みは軽減されます。

とにかく脇毛の量を減らしたい!という方は短い期間でできるレーザー脱毛がおすすめです。

ニードル脱毛回数期間
薄くする4回半年~1年
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回2年

脇毛脱毛は毛の密度が濃くなればなるほど、脱毛の期間は増えます。ニードル脱毛は1分間で10本のペースで施術を行います。

脇毛をツルツルにするには最低でも5回以上は必要でしょう。

胸毛脱毛にかかる回数と期間

胸毛脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする15回2年
ほぼ無毛20回3年
ツルツル25回4年

足と毛質が似ているので、胸毛の量次第では早く脱毛することが可能です。

光脱毛は出力が低いのでレーザー脱毛などと比べると時間がかかってしまいますが、コスパを抑えられて痛みも少ないので広範囲の脱毛におすすめです。ツルツルまでは20回を目安に通いましょう!

レーザー脱毛回数期間
薄くする8回1.5年
ほぼ無毛10回1.5~2年
ツルツル12回2年

胸毛は毛が柔らかく繰り返し生えてくる力も弱いので、比較的少ない回数で脱毛できます。

ツルツルにしたい場合は少し期間が必要ですが、8回以上通えば綺麗にツルツルに仕上げられますよ。

ニードル脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5年

胸毛は広範囲に生えている男性が多いですが、毛の密度自体は少ない方です。痛みを我慢する必要がありますが、比較的少ない回数でツルツルにすることができますよ。

背中脱毛にかかる回数と期間

背中脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする10回1.5年
ほぼ無毛13回2年
ツルツル15回2.5年

背中に毛の量が多い人は15回以上必要ですが、毛の密度が高い部位ではないため、光脱毛で背中をツルツルにするのは10回以上あれば可能です。

背中は普段見られない場所だからこそ、しっかりとケアをしておきたいですね。

レーザー脱毛回数期間
薄くする5回10ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5年

広範囲なので照射漏れなどを考えると少し期間が必要ですが、レーザー脱毛であれば5回以上でツルツルを実感できます。

痛みもヒゲや脇などと比べるとマシになります。

ニードル脱毛回数期間
薄くする3回半年
ほぼ無毛5回10ヶ月
ツルツル6回1年

背中をニードル脱毛で施術した場合は、半年ほどでツルツルを実感できるぐらいまにではなります。

ただし、料金面を考えると光脱毛やレーザー脱毛で十分だったという声もあります。

へそ周りの脱毛にかかる回数と期間

へそ周りの脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする8回1~1.5年
ほぼ無毛10回1.5年
ツルツル12回2年

へそ回りの腹毛は女性に不潔な印象を与えやすい部位ですが、毛量が他の部位と比べてもそこまで多くないため、胸毛などと比べると比較的早い期間でツルツルを目指すことができます。

レーザー脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛6回1年
ツルツル8回1.5年

へそ回りの太い毛の脱毛は多少痛みが伴うことがありますが、腹毛には産毛も多いため産毛はほとんど痛みを感じません。

また施術は仰向けで行うため、骨に近づけば近づくほど痛みは増します。腹毛をツルツルにするには5回以上を目安にしておきましょう!

ニードル脱毛回数期間
薄くする4回8ヶ月
ほぼ無毛5回10ヶ月
ツルツル6回1年

コストは高くなりますが、確実に毛の組織を破壊するので確実に脱毛することが可能です。

ただし、へそ回りは痛みが生じるので濃い人はレーザー脱毛がおすすめです。毛が薄い人は、ニードルでも我慢できるでしょう。

全身脱毛にかかる回数と期間

全身脱毛にかかる回数と期間の目安を、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛に分けて紹介します。

光脱毛回数期間
薄くする12回2年
ほぼ無毛18回3年
ツルツル24回4年

光脱毛は出力が弱いので、全身脱毛を完了させるまでにかなりの時間がかかります

また、産毛には反応しにくいので、完全にツルツルにしたい方はレーザー脱毛の方が短期間で実現できます。

レーザー脱毛回数期間
薄くする5回10ヶ月
ほぼ無毛8回1~1.5年
ツルツル12回2年

3回目ぐらいで毛が薄くなってくるのを実感できますが、ほとんどの人に変化が見られません。

効果の表れは脱毛の部位によってもちろん異なりますが、医療レーザー脱毛であれば2年以内にツルツルを目指せます。

ニードル脱毛回数期間
薄くする6回1年
ほぼ無毛8回1.5年
ツルツル12回2年~

ニードル脱毛の回数や料金は個人差が大きくあります。毛が少ない方であれば、短期間での施術も可能ですが、毛が濃い人であれば長期の施術となります。なので、レーザーで脱毛できなかった箇所をニードルで脱毛するというパターンが多いようです。

また、全身脱毛をニードルでする場合はある程度お財布に余裕がないと難しいです。

脱毛を早く終わらせるためにできる工夫3選

最後にどのタイプの脱毛方法を選んでも実践できる、脱毛効果を最大限まで高める工夫を3つ紹介してきます!

①自己処理は電気シェーバーを使用する

脱毛前の自己処理は電気シェーバーを使いましょう。それ以外のカミソリなどを使用すると、肌に強い負担がかかり、知らぬ間に肌を傷つけてしまい肌トラブルの原因になることがあります。

肌トラブルは脱毛効果を下げることにも繋がりますのでくれぐれも注意しましょう。

②保湿することを心掛ける

乾燥して肌自体が固くなっていると、いくら機械を当てても脱毛効果が出にくくなるので、脱毛期間中は日ごろからお風呂上りなどに保湿をする習慣をつけておきましょう。

また、施術後の肌は非常に乾燥しやすいので、乾燥による肌トラブルを予防するためにも施術後は特にしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。

③毛周期に合わせてサロン・クリニックに通う

早く脱毛を終わらせたくて通いつめたくなる気持ちは分かりますが、脱毛はむやみに回数を重ねるよりも、ベストなタイミングで効率的に肌のダメージを軽減して照射することが重要です。

また、反対に2か月以上の間隔が空いてしまう場合には、脱毛効果が下がってしまう恐れもあります。

仕事が忙しい、人気サロンで予約が取れないなどの理由はあると思いますが、特に脱毛を始めたばかりであれば、何か月も間隔を空けてしまうことは避けた方が良いです。

まとめ

メンズ脱毛の種類や効果・回数について紹介してきましたが、参考になりましたか?

量が少ない箇所はニードル脱毛やレーザー脱毛、量が多くて痛みが伴う部位は光脱毛など、ツルツルにしたい部位に合わせて最短で自分の理想の仕上がりになる脱毛方法を選びましょう!