トレーニングチューブのおすすめ10選【効果的な筋トレメニューも紹介】

暑かった夏も終わりに近づき、ダイエットや筋肉増強のためのトレーニングがしやすい時期になりましたね。
肉体改造を考えているみなさんは、どんなトレーニングメニューを検討していますか?

今回フォーカスを当てる「トレーニングチューブ」は、手軽で簡単に筋肉に負荷をかけられて、ダイエットや筋トレ効果が期待できるアイテムです。
トレーニングチューブの特徴や使い方、おすすめの商品など、知りたい情報をぎっしり集めて一挙にわかりやすくご紹介します!

この記事の見どころ
  • トレーニングチューブの特徴・効果を解説
  • おすすめのトレーニングチューブ10点紹介
  • トレーニングチューブの筋トレメニューまとめ

トレーニングチューブの特徴

筋トレやダイエット初心者であったり、仕事やプライベートで毎日忙しいという男性でも、トレーニングチューブが一つあれば手軽に効果的なトレーニングを始められます。
まずは、トレーニングチューブの特徴について詳しく解説していきます。

色々な種類がある

色々な種類がある

トレーニングチューブは、もともとは筋力トレーニングのパフォーマンスを高めるために開発されたアイテムで、求める効果や目的に合わせて様々な形状があります。

  • グリップ付きチューブ
  • グリップなしチューブ
  • 平たいゴムバンド
  • 輪状のゴムバンド

それぞれ持ちやすさや長さ調節のしやすさなどの特徴があり、チューブを用いたトレーニングでどのような効果を得たいのかによっても変わってきます。
また、トレーニングチューブの強度は色で見分けられるようになっており、マッサージやリハビリから負荷を上げた高強度トレーニングまで老若男女使えるアイテムです。

角度が自在に調整できる

角度が自在に調整できる

トレーニングチューブは軽くて伸縮性があるため、ダンベルなどのフリーウエイトではなかなか実現が難しい、斜めに押す動きや、上から引く動作なども自由にこなすことができます。
自然な動きを無理なく自在にできるため、ダイエットとしてはもちろん、筋肉への負荷を上げた高強度のトレーニングを行えるようになります。

ジムに行くことなく様々なトレーニングができるため、手軽に高い効果を得たい方には非常におすすめです。

筋トレ・ダイエット効果を高められる

筋トレ・ダイエット効果

高強度のチューブで筋肉にしっかり負荷をかけることで、脂肪燃焼・ダイエット効果も期待できます。

トレーニングチューブを両手に持ったり、足首や手首などの身体の一部に引っ掛けたりしてトレーニングを行います。
すると、チューブの弾力が抵抗する形になり、筋肉に負荷をかけながら高強度な筋力トレーニングができます。

自宅ではもちろん、公園や出張先などでも高強度なトレーニングができ、筋肉育成やダイエット効果を高めてくれます。

トレーニングチューブの期待できる効果

ここまでにご紹介したトレーニングチューブの特徴を見てみると、ダイエットや筋肉育成、健康促進やストレス解消など、たくさんのメリットが予想できますね。
ますます興味を惹かれるトレーニングチューブには、いったいどんな効果やメリットがあるのでしょうか?

あらゆる部位のトレーニングが可能

あらゆる部位のトレーニングが可能

トレーニングチューブは、足や手など、身体の一部分に引っ掛けて筋肉に負荷をかけたり、徐々に高強度にしていけたりします。
トレーニングチューブを持って身体を動かすと、大きな動作と細かい動作の両方が無理なく自然にでき、身体のあらゆるパーツが鍛えられ、筋肉に負荷をかけながらバランスの良いスタイルに整えられます。

負荷が自由

負荷が自由

トレーニングチューブは、筋肉にかける負荷を自由自在にコントロールできます。
これは、チューブの伸びが身体の動きによって大きくなったり小さくなったりでき、かかる圧力が変わってくるためでもあります。
筋肉にかかる負荷を自身でコントロールできるため、無理に筋肉を刺激することがなく、楽しみながら続けられます。

また、トレーニングチューブの負荷は色で見分けられるようになっており、マッサージやリハビリから負荷を上げた高強度トレーニングまで老若男女使えるアイテムです。

持ち運びに便利

持ち運びに便利

トレーニングチューブは、チューブの部分が細かくまとめられるので、持ち運びにもとても便利。
グリップやチューブの部分もとても軽くできているので、バッグの中にもコンパクトに収まり、いつでもどこでも好きなときにトレーニングできます。

コスパが良い

コスパが良い

トレーニングチューブは1,000~3,000円程度の商品が多く、安価に購入できます。
ダイエットや筋トレを始めたいけど、あまりコストをかけたくないという方には理想的なトレーニングアイテムですよね。

トレーニングチューブの選び方

トレーニングチューブのあらゆるメリットを知ると、ダイエットや筋肉に負荷をかけるアイテムとして、使ってみたい気持ちがますます高まりますね!
つづいては、お伝えしたトレーニングチューブのあらゆるメリット、効果を確実に実感するため、賢い選び方のコツについてレクチャーさせていただきます。

強度で選ぶ

強度で選ぶ

自身にマッチした強度でトレーニングチューブを選ぶと、筋肉にかかる負荷に負担を感じにくくなったり、より高強度なトレーニングができるようになります。
トレーニングチューブは、商品のほとんどが強度の記載をし、スムーズに選べる特徴を備えています。
カラーや太さによって、強度の違いをチェックできるので、まずは商品の内容をチェックしてみましょう。
一本のチューブを使って、高強度なトレーニングを行いたい場合は、強度の異なるチューブをいくつか揃えるのも◎!

種類で選ぶ

TheFitLife フィットネスチューブ

出典:Amazon

トレーニングチューブには、

  • ヒモ状のチューブタイプ
  • 平らなバンドタイプ
  • 特価タイプ

など、本当にたくさんの種類があります。
ヒモ状のチューブタイプはカットできるので、長さを自由に変えながら身体のコンディションにあわせたトレーニングが可能。
平らなバンドタイプは幅や長さの調整がしやすいため、より高強度なトレーニングをしたいメンズにおすすめです。
進化系タイプのトレーニングチューブは、形がもともと決まっているので、長さや幅の調整をする手間がなく、初心者でもすぐに慣れるメリットがあります。

グリップで選ぶ

グリップで選ぶ

トレーニングチューブには、縄跳びと同じようなカラー・形をしたまっすぐのタイプのグリップ、輪の形になったグリップがあります。
どちらかというと輪の形をしたグリップの方が初心者向けで、手にぴったりとフィットするため大きなトレーニングをしても手から外れてしまう心配がありません。

トレーニングチューブの人気おすすめ10選

ダイエットアイテムの専門店や、インターネットの通販サイトをチェックしてみると、本当にたくさんのトレーニングチューブがラインナップされています。
ここでは、口コミでも好評のおすすめトレーニングチューブ10選をずらりと集めてご紹介します!

リハビリ・マッサージ用の低負荷なものから高強度の筋トレができる高負荷なものまで、本当に売れているトレーニングチューブを集めました。

TheFitLife フィットネスチューブ

TheFitLife フィットネスチューブ

商品概要
  • 種類:グリップ付きチューブ
  • 強度:5~18kgまで5段階
  • 長さ:あり
  • その他:ハンドルグリップ、足首ストラップ、ドアアンカー、収納ポーチ付き
  • 価格:2,699円

利用者の声

一番高強度な黒でやってみたら、負荷がかかりすぎたのかかなりの筋肉痛になりました。チューブは軽いのにすごい。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Finoa トレーニングチューブ シェイプリング

Finoa トレーニングチューブ

商品概要
  • 種類:輪状のゴムバンド
  • 強度:4段階
  • 長さ:円周60cm/70cm
  • その他:なし
  • 価格:713円~

利用者の声

薄いゴムバンドなので持ち運びも楽で、出張先などにも持って行ってます。安いので切れてもいいやと思えるのも良いですね。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Trideer トレーニングチューブ

Tridder トレーニングチューブ

商品概要
  • 種類:グリップ付きチューブ
  • 強度:5~22kgの5段階
  • 長さ:記載なし
  • その他:アンカー、アンクルストラップ、バンドストラップ、防水バッグ付き
  • 価格:1,980円
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

SAKURAI プロマーク トレーニングチューブ

SAKURAIプロマークトレーニングチューブ

商品概要
  • 種類:ヒモタイプ
  • 強度:5段階
  • 長さ:3m
  • その他:トレーニングマニュアル付き
  • 価格:894円~

利用者の声

トレーニングマニュアル付きなので初心者でも使いやすいです。グリップ付きも考えましたが、僕はシンプルなタイプが好きです。慣れたらまた負荷の高いタイプを買おうと思います。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

DEEDRO フィットネスチューブ

DEEDRO フィットネスチューブ

商品概要
  • 種類:グリップ付きチューブタイプ
  • 強度:2.2~13.6kgの5段階
  • 長さ:不明
  • その他:ハンドルグリップ、足首ストラップ、ドアアンカー、ハンドグリッパー、収納袋付き
  • 価格:2,099円

利用者の声

普段はジムですが、忙しくて行けないときに家でも筋トレしたく購入。負荷も選べるし、高強度トレなど色んな使い方ができて全身鍛えられておすすめです。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

ALINCO マルチチューブ

ALINCO マルチチューブ

商品概要
  • 種類:リング型グリップ付きのチューブ
  • 強度:3種類
  • 長さ:約38cm
  • その他:なし
  • 価格:936円

利用者の声

負荷強めのハードタイプを買いました。最長伸長120cmとのことでしたが、180cmの私が思いっきり伸ばしても一応大丈夫でした。肩甲骨周りを伸ばしたりしていますが気持ちいいです。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

モビバン フィットネス トレーニングチューブ

モビバン フィットネス トレーニングチューブ

商品概要
  • 種類:リング型グリップ付きのチューブ
  • 強度:2種類
  • 長さ:シングル50cm、ダブル30cm
  • その他:QRコードで動画が見える全24種類のオリジナルメニュー付
  • 価格:1,336円~

利用者の声

数年前から使っています。家で手軽にエクササイズとストレッチできてとても気に入っています。高強度のトレーニングがしたい方には物足りないかも。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

FREETOO フィットネスチューブ

 FREETOO フィットネスチューブ エクササイズバンド

商品概要
  • 種類:平たいゴムバンド
  • 強度:7~57kgの4種類
  • 長さ:208cm
  • その他:セット販売もあり
  • 価格:880円~

利用者の声

筋トレ用に黒を購入しました。安いのに使い方次第で全身鍛えられますし、負荷を変えて高強度のトレーニングもできます。ゴム臭さもありません。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Patechトレーニングチューブセット

Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

商品概要
  • 種類:グリップ付きチューブ
  • 強度:5~14kgまで5段階
  • 長さ:126cm
  • その他:ハンドルグリップ、足首ストラップ、ドアアンカー、収納袋
  • 価格:1,999円

利用者の声

家で高強度のトレーニングがしたくて買いました。負荷も選べてとにかくコスパ最高です。ドアに引っ掛けられるのも良いですね。
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

セラバンドループ

セラバンドループ

商品概要
  • 種類:輪状のゴムバンド
  • 強度:4段階
  • 長さ:60cm/90cm
  • その他:なし
  • 価格:646円~

利用者の声

中殿筋を鍛えるのに使っています。負荷も丁度よく、効果も日々感じられ筋トレが楽しいです。
セラバンドの詳細を見る

トレーニングチューブのトレーニング方法

続いては、トレーニングチューブを使った効果的なトレーニング法をご紹介いたします。
高強度なチューブで行えば負荷の高いトレーニングができますし、低強度なものにすればストレッチ効果も得られますよ。

背筋に!リバースフライ

リバースフライ

出典:Youtube

  1. 両手にトレーニングチューブを握る
  2. 両足でチューブを踏み、固定させる
  3. 両手でチューブを握り、手を下ろした状態でチューブに少しゆとりを持たせるくらいに長さを調節する
  4. 上半身を前傾させ、腹筋を意識しながら体幹を安定させて両腕を左右に開く
  5. 肘を固定し、肩甲骨を寄せるイメージで両手を横に持ち上げる
    (反動を使ってあげたり、肩に力が入らないように注意しながら動作しましょう。)
  6. 大きくゆっくりと息を吐き、もとのポジションへと戻したら3セットを目安に行う

リバースフライは背筋に効果的なトレーニングです。
鍛えることで、背筋が伸び後ろ姿がすっきりします。負荷を上げれば筋肉が発達し広くてたくましい背中を作ることができます。

三角筋に!フェイスプル

フェイスプル

出典:Instagram

  1. トレーニングチューブを肩のラインと同じ高さにセットし、柱やドアノブなどに固定する
  2. 両足を肩幅程度に開いたら、両手でトレーニングチューブをつかむ
  3. 肘と肩のラインをまっすぐにキープし、チューブを引く
  4. 限界までトレーニングチューブを引いたら数秒止める
  5. ゆっくりと元の位置まで戻す

フェイスプルは三角筋(肩)に効果的なトレーニングです。
肩幅を大きくしたいという方は、このフェイスプルを高強度でやっていきましょう。
肩こり解消効果もあるため、負荷を上げすぎずストレッチ感覚で行うのもおすすめです。

大胸筋に!チェストフライ

チェストフライ

出典:Youtube

  1. トレーニングチューブを背中に回し、両腕を開いたら軽く肘を曲げ、トレーニングチューブの先端を持つ
  2. 肘を少しずつ伸ばしながら、前へ向けて両腕を閉じる
  3. 肘を曲げ、ゆっくりと両腕を開き、元の位置まで戻す

男性の憧れである分厚い胸板も、チューブトレーニングで手に入れることができます。
大胸筋は大きな筋肉であるため、負荷を上げて高強度のトレーニングに取り組むことでたくましい体にグッと近づけます。

大胸筋のトレーニングについては、筋トレで大胸筋を鍛える方法10選!自宅トレーニングも紹介!にて詳しくご紹介しておりますので、そちらもご覧ください。

上腕二頭筋に!チューブカール

チューブカール

  1. トレーニングチューブの中央をしっかりと踏み、腕を降ろしたままでチューブの両端をつかむ
  2. 肘を曲げ、上腕にある筋肉を収縮させるイメージでトレーニングチューブチューブを引く
  3. 肘を伸ばし、腕を下ろしたら、筋肉への負荷が抜けないところまでゆっくりと元に戻す

力強い男性の象徴とも言える大きな上腕二頭筋。
このチューブカールをしっかり負荷を上げて高強度で行えば、きっと大きな上腕二頭筋を手に入れられますよ。

上腕二頭筋のトレーニングについては、「上腕二頭筋の筋トレ方法12選!太い腕を手に入れよう」にて詳しくご紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

上腕三頭筋に!トライセプスエクステンション

トライセプスエクステンション

出典:Instagram

  1. トレーニングチューブの先端を握る
  2. もう一方の先端を片腕と同じ足で踏む
  3. 腕を頭の後ろにくるように肘を曲げ伸ばす
  4. 同じ要領でもう片方の腕も鍛える

腕を太くしたいという男性に絶対に鍛えてほしいのが上腕三頭筋です。
負荷の高いトレーニングチューブでトライセプスエクステンションに挑戦してみましょう。

上腕三頭筋は腕の中で一番大きな筋肉のため、二の腕を引き締めたいという方にもおすすめです。

まとめ

トレーニングチューブのまとめ

夏に水着やTシャツ1枚でカッコよく決めたいなら、今から筋トレをはじめるのがおすすめ!
まずはトレーニングチューブで手軽に始めてみませんか?

筋トレ以外にも、ダイエットやストレッチなど効果は無限大です。
運動不足な方でも、軽い負荷のものから簡単にチャレンジできますよ!