【2020年版】シェービングフォームのおすすめランキング10選。乾燥肌・敏感肌の男性は必見!

シェービングフォームは、髭剃りの刺激から肌を守る大切なアイテム。

しかし、意外に軽視されがちで、全く使っていなかったり、石鹸や洗顔料で代用しているメンズも多いです。

しかし、専用のシェービングフォームを使うと全く剃り心地が違うので、ぜひ使ってみることをおすすめします。シェービングフォームの選び方と、人気のおすすめ商品10選を掲載しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シェービングフォームとは?

シェービングフォームとは?

シェービングフォームとは、髭剃りの時に滑りを良くするための泡状の化粧品。ボトルから泡で出てくるタイプのものと、自分で泡立てるタイプのもの、肌に馴染ませると自然に発泡するタイプのものがあります。

主な目的は、肌とカミソリの刃の摩擦を減らして肌を保護することですが、プラスアルファの要素として整肌効果や抗炎症効果がある商品もあります。

洗顔料や石鹸の泡で代用するメンズもいますが、そういった商品は汚れを落とすことがメインの目的。皮脂を取りすぎてしまう可能性があり、専用のシェービングフォームを使うのがベストです。

シェービングフォームの選び方

それでは、シェービングフォームのタイプ分けと、どのように選べば良いのかを解説していきます。

シェービングフォームのタイプで選ぶ

シェービングフォームには、「フォームタイプ」と「ジェルタイプ」の2種類があります。

肌に優しい「フォームタイプ」

肌に優しい「フォームタイプ」

フォームタイプのシェービングフォームとは、スプレー缶状のボトルから泡で出てくるタイプや、洗顔料のようなクリーム状のものを自分で泡立てるタイプの商品です。

ふわふわの泡で肌を保護することができるので、より肌に優しいものを求めている方はフォームタイプを選びましょう。

ただし、肌への密着度が低く、泡でヒゲが見えにくくなるため、髭剃りに慣れていない方や深剃りしたい方には、次にご紹介するジェルタイプの方がおすすめです。

深剃りしたい方は「ジェルタイプ」

深剃りしたい方は「ジェルタイプ」

ジェルタイプのシェービングフォームは、塗る前はジェル状で肌に馴染ませると発泡してフォーム状になるものです。比較的新しいタイプの商品で、「ジェルフォーム」と呼ばれることもあります。

発泡しないジェルタイプの商品もありますが、それらは「シェービングジェル」と呼ばれています。ジェルタイプは、肌への密着度が高く深剃りできるのがメリット。

またシェービングフォームのように泡の層が厚くないため、髭剃りに慣れていない方も剃り残しなく処理することができます。

電気シェーバー専用のタイプも

電気シェーバー専用のタイプも

髭剃りに電気シェーバーを使っている場合、電気シェーバー専用のシェービングフォームを選ぶのがおすすめです。

電気シェーバー用のものは、剃りやすいよう毛を柔らかくする成分が含まれていたり、水でサッと洗い流せる成分になっているという特徴があります。

カミソリ負けを防ぐタイプのものを

シェービングフォームを使うメインの目的は、肌への負担を抑えてカミソリ負けを防ぐことです。特に肌が荒れがちな方は以下のポイントをチェックしましょう。

肌を保護する「抗炎症剤」配合のものを

肌を保護する「抗炎症剤」配合のものを

シェービングフォームは、雑菌の繁殖を防いだり、すでにある炎症を抑えたりする「抗炎症剤」を配合している商品が多いです。髭剃り後の肌はとてもデリケートな状態になるため、しっかり炎症を抑えておくことが大事です。

特にニキビや吹き出物が気になる方は、抗炎症成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」「L-アスコルビン酸2-グルコシド」などが配合されているものを選びましょう。

乾燥肌の方は保湿力の高いものを

乾燥肌の方は保湿力の高いものを

髭剃り後にはカミソリの刃が肌表面の皮脂や角層を削いでしまい、肌が乾燥しやすい状態になります。そのため、乾燥肌の方は保湿力が高いシェービングフォームを選びましょう

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」等の保湿成分が含まれたシェービングフォームがおすすめです。シェービング後に乾燥が気になる方は、化粧水・乳液でしっかり保湿して肌を保護しましょう。

爽快感(メントール)の有無も確認

爽快感(メントール)の有無も確認

シェービングフォームには、メントール配合のものとそうでないものがあります。基本的には使用感や好みによって選ぶのがベターですが、メントール配合の商品は肌への刺激が強いため、敏感肌の方は注意が必要です。

そのため、肌荒れしがちな時期や、敏感肌の方にはメントール無配合のシェービングフォームをおすすめします。

泡立ちの良さ・密着度で選ぶ

泡立ちの良さ・密着度で選ぶ

シェービングフォームは、泡立ちが良いことと泡がへたりにくいことも重要です。泡の密度が高く、細かい泡が立つものは肌にしっかり密着してくれるため、シェービング時のダメージを大幅に軽減することができます

購入前に確かめるのは難しいので、商品のレビューなどを見てチェックしましょう。

髭剃り以外の機能面にも注目

髭剃り以外の機能面にも注目

シェービングフォームには、洗顔料としても使える2wayタイプの商品もあります。洗顔の後に髭剃りをしている方は、こういった商品を選ぶと手間が減り、洗面所周りもスッキリします。

ただし、先にも少し触れましたが「洗顔料にもなるシェービングフォーム」と「普通の洗顔料をシェービングフォーム代わりに使う」は少し目的が違うので洗顔専用の商品を選ぶのがベターです。

ニオイが苦手な方は無香料をチェック

シェービングフォームは、様々な香りがついているものと、無香料のものがあります。香りがついていることで目が覚めたり、リラックスできたりという効果もありますが、人口的なニオイが苦手な方には無香料タイプがおすすめ。

大手メーカーの場合、同じ商品で香料/無香料タイプの2種類を販売していることが多いです。

シェービングフォームのおすすめランキング10選

それでは、数あるシェービングフォームの中から、おすすめ商品10選をランキング形式でご紹介していきます。

10位 ジレット プログライド シェービングフォーム

10位 ジレット プログライド シェービングフォーム

出典:Amazon

  • メーカー名:ジレット
  • 価格:444円/245g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:グリセリン(保湿)、シアバターノキエキス(保湿)
  • メントール:あり
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:ミント

カミソリ・電気シェーバーも有名な「ジレット」で定番人気となっているシェービングフォームです。泡で出てくるフォームタイプ、メントール入りでミントの香りがする爽快感のあるシェービングフォームです。

シェービングだけではなく、スキンケアもできる2-in-1タイプで、さっぱりしつつ潤いも残るので、乾燥肌の男性にもおすすめです。

レビューでは「濃密な泡で出てくるのが便利」という声が多く、朝の身支度を時短したいメンズにも。逆に匂いがきつすぎるという意見もあるため、強い香りが苦手な方はあまり適さないかもしれません。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

9位 シック Schik ハイドロ シェービングフォーム

出典:Amazon

  • メーカー名:シック
  • 価格:420円/250g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:加水分解ヒアルロン酸(保湿)、ヒアルロン酸ヒドロキシ、プロピルトリモニウム(保湿)
  • メントール:なし
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:ミント

Schik ハイドロ シェービングフォームは、2種類のヒアルロン酸が肌をしっかり守り、しっとりすべすべの肌に仕上げるのが特徴。

また泡の濃密さや肌への優しさもレビューで評価が高く、「濃密な泡で髭剃りしやすい」「敏感肌でも肌荒れしない」等の口コミが集まっている人気商品です。

ただボトルが金属製で、お風呂に置くと錆びやすいという意見もあるため、置き場所には注意が必要です。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

8位 スパイラル シェーブフォーム メントール

8位 スパイラル シェーブフォーム メントール

出典:Amazon

  • メーカー名:貝印
  • 価格:844円/415g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:成分表示なし
  • メントール:あり
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:ミント

スパイラル シェーブフォーム メントールは、まず一般的なシェービングフォームの2倍近い容量が特徴です。ホテルや温泉施設に置かれていることもある使い勝手のいい商品です。

大容量で長期間使えるため、頻繁にシェービングフォームを買い足すのが面倒な男性におすすめ。また、泡の濃密さもレビューで高評価となっていて「玉のような泡で、これを使うと他には戻れなくなる」といった声が多数。

成分が非表示というマイナスポイントもありますが、コスパ重視でシェービングフォームを選びたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

7位 炭シェービングフォーム

7位 炭シェービングフォーム

出典:Amazon

  • メーカー名:貝印
  • 価格:1,500円/220g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:イソプロピルメチルフェノール(抗炎症)
  • メントール:なし
  • 洗顔料として使用:可
  • 香り:不明(香料あり)

貝印の炭シェービングフォームは、炭を配合した黒い泡が特徴。肌に密着し、炭の力で毛穴の汚れを吸着します。洗顔料としても使えるので、シェービングと洗顔を一緒にまとめたいメンズにおすすめです。

また、メントール無配合でマイルドな使い心地なので、ヒゲだけではなくスキンヘッドにも使えるという声もありました。

Amazonで詳細を見る

6位 GATSBY(ギャツビー)シェービングフォーム

6位 GATSBY(ギャツビー)シェービングフォーム

出典:Amazon

  • メーカー名:ギャツビー
  • 価格:324円/190g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:カミツレエキス(保湿)
  • メントール:あり
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:フレッシュシトラス

ギャツビー シェービングフォームは、ギャツビーのシェービング剤の中で唯一のフォームタイプ商品です。爽やかなフレッシュシトラスの香りと強めのメントール感でさっぱりするので、忙しい男性の身支度に最適。

ヒゲ剃り後の肌荒れ・乾燥を防ぐカミツレエキス(保湿成分)が配合されています。300円台で購入できるコスパの良さや、スーパーやドラッグストアどこでも購入できる点もポイントです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

5位 サクセス 薬用シェービングフォーム

5位 サクセス 薬用シェービングフォーム

出典:Amazon

  • メーカー名:サクセス
  • 価格:495円/250g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:グリチルリチル酸ジカリウム(抗炎症)
  • メントール:なし
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:不明(香料あり)

サクセス 薬用シェービングフォームは、抗炎症成分「グリチルリチル酸ジカリウム」を配合した薬用商品。メントールも無配合で低刺激なので、ニキビが気になる方やアトピー肌のメンズにおすすめです。

香りも、無香料というわけではありませんが「あまり強くない」という口コミがあり、全体的に優しい使い心地となっています。ただし、マイナス評価として「泡がスカスカ」「泡立ちが良くない」という声があり、泡立ち重視の方にはあまり人気がありません。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

4位 ニベアメン シェービングフォーム スムース

4位 ニベアメン シェービングフォーム スムース

出典:Amazon

  • メーカー名:ニベア
  • 価格:345円/195g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:カミツレ花エキス(保湿)
  • メントール:なし
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:不明(香料あり)

ニベアメン シェービングフォーム スムースは、ノンアルコール・ノンメントールで低刺激なのが魅力。また、もちもち濃密泡なので髭剃り時の肌との摩擦をしっかり防いでくれます。

マイナス意見は匂いに関するものが多く、「おじさんの匂い」という声がある反面、「今まで使ったシェービングフォームで一番いい匂い」という口コミもあるなど、人によって好みが分かれるようです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

3位 ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ

3位 ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ

出典:Amazon

  • メーカー名:ジレット
  • 価格:313円/245g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:ユーカリ油(保湿・抗炎症)、アロエベラ液汁末(保湿・抗炎症)
  • メントール:あり
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:ラベンダー(微香性)

ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブは、5種類あるジレットのシェービング剤の中でもっとも低刺激なタイプです。

微香性で人工香料ではなくラベンダー油を使用しているので、レビューでも「ナチュラルな香り」「心地いい」と香りが高評価となっています。

また、泡立ちと密着感も評価が高く、「なかなか消えない」「ねっとりした肌にまとわりつく泡」という声がありました。ただ、低刺激タイプではありますが、メントールは配合されているので、爽快感が苦手なメンズや敏感肌のメンズは注意が必要です。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

2位 フェザー 薬用ハイシェーブフォーム

2位 フェザー 薬用ハイシェーブフォーム

出典:Amazon

  • メーカー名:フェザー
  • 価格:407円/260g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)
  • メントール:あり
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:グリーンフローラル

フェザー 薬用ハイシェーブフォームはシリーズ累計1,000万本を突破するなどシェービング業界では定番の人気商品となっています。レビューでも、「剃りやすい」「剃った後肌がモチモチする」など多数の高評価を受けています。

抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を含む薬用商品なので、ニキビや肌荒れが気になる方に特におすすめです。ただし、特徴的なグリーンフローラルの香りは「床屋さんの香り」「漢方っぽい」等と例えられることが多く、好みが分かれるようです。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

1位 シック(SHCICK)薬用シェーブガード

1位 シック(SHCICK)薬用シェーブガード

出典:Amazon

  • メーカー名:シック
  • 価格:418円/200g
  • タイプ:フォーム
  • 有効成分:イソプロピルメチルフェノール(抗炎症)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)
  • メントール:あり
  • 洗顔料として使用:不可
  • 香り:ライム

シック 薬用シェーブガードは、抗炎症成分「イソプロピルメチルフェノール」「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合した薬用シェービングフォームで、髭剃り後のカミソリ負けを防いでくれます

肌の炎症をしっかり抑えられるので、ニキビや肌荒れが気になるメンズにおすすめです。香りはライムの香りで、「爽やか」「無香料の方がいい」と好みは分かれるようですが、レビューに強いマイナスコメントはありませんでした。

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

シェービングフォームの正しい使い方

シェービングフォームの正しい使い方

シェービングフォームの正しい使い方は、以下の通りです。

  1. 洗顔し、肌を清潔にする
    ※洗顔料兼用でない商品の場合
  2. 水気をしっかり拭き取る
  3. シェービングフォームを適量(ヒゲ全体の場合ピンポン球2個分程度)手に出す
  4. 剃りたい場所に塗り広げる
  5. ヒゲの生えている方向に向かって、カミソリを軽く滑らせる
  6. 剃り終わったら、水で流す
  7. 化粧水・乳液等で保湿する

シェービングフォームは洗顔の後に使いますが、顔が水で濡れていると泡がダレやすくなります。清潔なタオルで、しっかり水気を取ってから髭剃りを始めましょう。

また、シェービングフォームの量は、少なすぎると肌をしっかり保護できませんし、多すぎるとヒゲが埋もれて剃りにくいです。ピンポン球2個分の量を目安にして、剃りたい範囲に対する適量を見つけましょう。

髭剃りが終わったら、肌にシェービングフォームが残らないようしっかりすすぎ、スキンケアを行うのも大切です。

電気シェーバーを使う場合は防水のものを

電気シェーバーを使う場合は防水のものを

先の項目で、電気シェーバー用のシェービングフォームも販売されていることをお伝えしました。しかし、ドライ剃り専用の電気シェーバーだとシェービングフォーム自体を使うことができず、無理に使うと故障の原因になります。

使用前に必ず、お手持ちの電気シェーバーが「お風呂剃り」や「ウェット剃り」対応かどうか確認してください。

まとめ

シェービングフォームは、髭剃りの刺激から肌を守る大切なアイテムです。ドライ剃りをしている方や、水・洗顔料などで代用している方は、ぜひ一度シェービングフォームを使ってみてください。

保湿や抗炎症といったスキンケアを兼ねられる商品もあるので、キレイな肌を保つためには成分にまでこだわって選びましょう。