メンズ向けノンシリコンシャンプーのおすすめ人気ランキング11選

「ノンシリコン」を謳うシャンプーが市販品にも増えていますが、正直ノンシリコンシャンプーと言われても何のことかわからないというメンズが多いのではないでしょうか。

今回は、ノンシリコンシャンプーの特徴や選び方について解説していきます。シリコンシャンプーと比較してノンシリコンシャンプーを使うメリット・デメリットや、メンズにおすすめの商品もご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

この記事の見どころ
  • そもそもノンシリコンシャンプーとは何かを解説
  • メンズにおすすめノンシリコンシャンプーを紹介
  • ノンシリコンシャンプーの効果的な使い方

そもそも、ノンシリコンシャンプーってなに?

まず、ノンシリコンシャンプーを使ったことないからどんな商品なのか気になるという方向けに「ノンシリコンシャンプー」が何者なのか紹介していきます。

シャンプーにおけるシリコンとは

シャンプーにおけるシリコンとは

シリコンとは、成分表示では「ジメチコン」、「シリカ」、「ポリマー」、「シクロメチコン」といった名称になっている成分のことです。

このシリコンはオイルのような質感で、髪をコーティングして手触りの良い感触にする効果があり、多くのシャンプーに含まれる成分です。
 
しかし、このシリコンは流し残すと毛穴に詰まってしまったりフケが出やすくなったりと、頭皮環境に悪影響がある可能性があります。

ノンシリコンシャンプーの人気が急騰

ノンシリコンシャンプーの人気が急騰

ノンシリコンシャンプーとは、上記で紹介したように「シリコン」を使用していないシャンプーのことです。ただし、一概に比較してノンシリコンシャンプーが通常のシャンプーより優れてるとは言えないことも注意して知っておきたいポイントです。

ノンシリコンシャンプーと通常のシャンプーは共にそれぞれのメリット・デメリットがあります。

それではノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ノンシリコンシャンプーのメリット

シャンプーとノンシリコンシャンプーの違いという観点から、メリット・デメリットを解説していきます。

頭皮に優しい

頭皮に優しい

シリコンは、流し残してしまうと毛穴に詰まったり、頭皮環境を悪化させる可能性がある成分です。

そのシリコンが含まれていないノンシリコンシャンプーは、シリコン入りシャンプーと比較して頭皮に優しいと言えるでしょう。

また、シリコンで手触りをごまかさないため、使い続けていくことで徐々に髪が強くなり、健康な髪質を手に入れることができます。

べたつかない

べたつかない

シリコン特有のべたつきもないため、髪が軽く、ボリュームがある仕上がりになりやすいという特徴もあります。

頭皮に優しく、健康な髪を育てるノンシリコンシャンプーは、メンズ特有の悩みである薄毛の改善にも効果的です。

薄毛に悩んでいるメンズは、ぜひ一度ノンシリコンシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

続いてはノンシリコンシャンプーのデメリットを見ていきましょう。

きしみやすい

きしみやすい

シリコンが含まれていないため、洗い上がりの髪をコーティングする成分がなく、使い始めには髪のきしみが気になる場合があります。

シリコン成分で手触りをごまかせないため、素の状態の髪の質感が現れることとなり、ダメージの強い髪はギシギシ、バサバサとした質感になります。

最近はメーカーもきしみ解消の努力をしていて、「ノンシリコンでもきしまない」といった謳い文句の商品も多くあるため、きしみが気になる場合には、口コミなどを参考にきしみの少ない商品を選ぶようにしましょう。

洗浄力が物足りない場合がある

洗浄力が物足りない場合がある

優しい成分を用いたノンシリコンシャンプーには洗浄力が弱いものも多く、皮脂やスタイリング剤を十分洗い流せず頭皮の痒みやフケの原因となることがあります。

ただし、ノンシリコンかつ洗浄力が強すぎる場合も、髪や頭皮をコーティングする要素がないため洗浄成分が油分を奪いすぎてしまい、髪にダメージを与えてしまいます。

カラーが落ちやすい

カラーが落ちやすい

これは、シリコンが髪をコーティングして保護しないためにせっかく染めた髪の毛の色がすぐに落ちてしまうというデメリットがあります。

頻繁にヘアカラーをする方は、あまり使用をしない方がいいでしょう。

メンズがノンシリコンシャンプーを選ぶ時のポイント

ノンシリコンシャンプーの特徴やメリット・デメリットは理解したけど、自分に合う商品をどのように選べばいいのか迷う方もいると思います。

ここでは男性がノンシリコンシャンプーを選ぶときにチェックしておきたいポイントについて解説していきます。

髪と頭皮に優しい成分の商品を選ぶ

髪と頭皮に優しい成分の商品を選ぶ

ノンシリコンであれば必ず髪や頭皮に優しいというわけではなく、ノンシリコンでも他に強い成分が含まれていれば刺激が強く、髪や頭皮へのダメージに繋がってしまいます。

特に「ラウレル」や「ラウリス」といった名称がついた硫酸系界面活性剤は、刺激が強い成分のため避けるようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーを選ぶときには洗浄成分はアミノ酸系やペタイン系の、洗浄力が穏やかで刺激の弱い成分のものをおすすめします。

保湿成分が豊富な商品を選ぶ

髪と頭皮に優しい成分の商品を選ぶ

シリコンが含まれていないノンシリコンシャンプーは、髪のコーティング力や保湿力が弱い傾向があります。

これを補うために天然の植物オイルなど、シリコン以外の保湿成分が含まれた商品を選びましょう。

選ぶときの注意点

選ぶときの注意点

ノンシリコンシャンプーの流行で、市販の安いシャンプーでも「ノンシリコン」を謳った商品が増えているのが現状です。

でもノンシリコンシャンプーといっても少量のシリコンを含んでいるものや、分類上はシリコンではないもののシリコンと同じ働きをする成分が含まれるものもあります。

「メチコン」、「シラン」、「シリル」、「シロキサン」といった文字が名称に含まれる成分は、シリコンではなくてもシリコンと同じ働きをするものです。

ノンシリコンと謳っているシャンプーが、必ずしも髪や頭皮に優しいわけではないので、商品名や宣伝文句に騙されず成分をしっかりと比較して購入しましょう。

メンズにおすすめのノンシリコンシャンプー11選

さて、いよいよ男性に選んで欲しい!おすすめのノンシリコンシャンプーを紹介していきます。それぞれのシャンプーの特徴や効能についても解説していくので、自分に合った商品をお探してください。

HMENZ ボリュームアップシャンプー

HMENZ スカルプシャンプー

商品概要
  • 価格:2,380円
  • 内容量:250ml
  • 有効成分:グリチルリチン酸2K、ヒオウギ抽出液
  • ブランド名:HMENZ

Amazonベストセラー1位に選出されている「男の悩みとともに戦う」HMENZのノンシリコンシャンプーは企画にこだわり抜いて、良いとこづくしのシャンプーです。

アミノ酸系洗浄、弱酸性、頭皮のかゆみやフケの防止、臭い対策もしてくれる効果が優れた商品です。

ヒンヤリ感が嫌いな男性におすすめのシャンプーです。

Amazonで詳細を見る

スカルプD

スカルプD

 

商品概要
  • 価格:3,973円
  • 内容量:420g
  • 有効成分:クロレラ、セイヨウニワトコエキス、国産大豆など
  • ブランド名:アンファー

● お得な購入方法 ●

  • 購入方法:WEB限定定期購入
  • 価格:3,377円(通常価格:3,973円)
  • 特典:15%OFF、送料無料

メンズ用育毛シャンプーとして抜群の知名度を誇るアンファーのスカルプDも、ノンシリコンシャンプーです。豊富な育毛成分が頭皮環境を整え、発毛・育毛を促進します。

口コミではベタつかないさっぱりとした仕上がりがメンズに人気となっています。

WEB限定価格の詳細を見る

ボタニカルシャンプー

ボタニカルシャンプー(BOTANIST)

商品概要
  • 価格:1,400円
  • 内容量:490ml
  • 有効成分:ナノヒアルロン酸
  • ブランド名:ボタニスト

おしゃれなパッケージでバスルームのインテリアにも馴染むボタニカルシャンプーです。天然成分にこだわっていて、弱酸性のせっけんを洗浄成分として使用しています。

口コミでは男女ともに人気が高く、カップルや夫婦での使用にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

商品概要
  • 価格:3,600円
  • 内容量:300ml
  • 有効成分:センブリエキス、グリチルリチン酸、
    ジフェンヒドラミンHC
  • ブランド名:チャップアップ

● お得な購入方法 ●

  • 購入方法:WEB限定キャンペーン(定期便)
  • 価格:3,280円(通常価格:4,180円)
  • 特典:900円OFF、送料無料
    定期便にも全額返金保証あり(初回購入分)

将来、髪の毛で悩みたくないから若いうちから頭皮環境のケアを始めたい人におすすめの育毛ブランド「チャップアップ」のノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンでもきしまず、髪にハリとコシを与えながら地肌をしっかり洗い、健康な新しい髪を育てます。美容師も推奨、口コミ評価も高い薄毛に悩むメンズにおすすめのシャンプーです。

WEB限定価格の詳細を見る
Amazonで詳細を見る

ディアボーテ オイルインシャンプー

ディアボーテ オイルインシャンプー

商品概要
  • 価格:883円
  • 内容量:500ml
  • 有効成分:プレミアムヒマワリオイル
  • ブランド名:ディアボーテ

CMなどで有名なディアボーテHIMAWARIは、実は市販のシャンプーの中ではトップクラスに優れた成分であることで有名です。

アミノ酸系の洗浄成分使用で他の市販シャンプーと比較してもコスパが良く、「市販シャンプーで選ぶならこれ」という美容師も多いです。

口コミも高評価なものが多く、知名度・成分共に信頼できるノンシリコンシャンプーです。

Amazonで詳細を見る

ルミニーク ダメージリペア

ルミニーク ダメージリペア

商品概要
  • 価格:703円
  • 内容量:450g
  • 有効成分:ホホバオイル
  • ブランド名:ラックス

天然ホホバオイル配合で、ノンシリコンシャンプーの短所である潤いを補った商品です。口コミでは調香師が手がけたというローズの香りも人気となっています。

市販ノンシリコンシャンプの中でも比較的低価格で、購入しやすいのも魅力の一つです。

Amazonで詳細を見る

オクトセラピエ 薬用スキンケアシャンプー

オクトセラピエ 薬用スキンケアシャンプー

商品概要
  • 価格:800円
  • 内容量:230ml
  • 有効成分:ピクトロンオラミン
  • ブランド名:ライオン

フケ・かゆみを防ぐ有効成分ピクトロンオラミン配合の薬用シャンプーです。100%天然香料を使用したナチュラルアロマの香りも口コミで人気です。
美容師もおすすめする、フケやかゆみが特に気になるメンズ向けのシャンプーとなっています。

Amazonで詳細を見る

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

商品概要
  • 価格:2,460円
  • 内容量:360ml
  • 有効成分:ヒト型ナノヘアセラミド
  • ブランド名:アスタリフト(ASTALIFT)

エイジング化粧品で有名なアスタリフトが販売しているシャンプーです。
独自成分「ヒト型ナノヘアセラミド」が髪にハリとコシを与えます。

髪の細さや薄毛が気になっているメンズにもぴったりの、エイジングケアに向いているノンシリコンシャンプーです。

Amazonで詳細を見る

ティモテ ピュアクレンジングシャンプー

商品概要
  • 価格:709円
  • 内容量:500g
  • 有効成分:-ラウレス硫酸Na
  • ブランド名:ユニリーバ

こちらのティモテ ピュアクレンジングシャンプーは、シリコン成分や類似成分を一切使用していない100%シリコンフリーのシャンプーです。成分無添加で香りも優しい天然エッセンシャルオイルの香りとなっています。

口コミでは特に肌の弱い方でも問題なく使用できるとおすすめされており、他のシャンプーではトラブルが起きやすいメンズでも安心です。

Amazonで詳細を見る

馬油シャンプー

馬油シャンプー 600ml

商品概要

価格:426円
内容量:600ml
有効成分:馬油
ブランド名:熊野油脂

人の皮脂に最も近いと言われている馬油を保湿成分として含んだノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーなのに抜群に潤うという口コミでも話題になっています。

600ml入りで500円以下というコスパの良さも人気の理由です。

Amazonで詳細を見る

サロンリンク ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプー

商品概要
  • 価格:1,021円
  • 内容量:1000ml
  • 有効成分:高保湿成分配合
  • ブランド名:サロンリンク

馬油シャンプーと同じ熊野油脂が販売しているシャンプーです。

こちらのサロンリンク ノンシリコンシャンプーは馬油シャンプーと比較してさっぱりとした洗い上がりで、地肌のベタつきが気になるメンズにもぴったりです。

サロンリンクという名前の通りサロンのような仕上がりで、自宅で愛用している美容師も多いというコスパのいい商品です。

Amazonで詳細を見る

ノンシリコンシャンプーの正しい使用方法

ノンシリコンシャンプーには、特別に難しい使い方はありません。普通のシャンプーと同じように、髪を濡らして塗布し、泡だてて洗えばOKです。

よく泡立てよう

よく泡立てよう

しかし、ノンシリコンシャンプーは刺激の強い界面活性剤を使っていない商品も多く、シリコン入りシャンプーと比較して泡立ちにくい場合があります。

そういった場合には、手のひらで水と混ぜ合わせ、ある程度泡立ててから髪につけるのがおすすめです。

地肌までしっかり洗う

地肌までしっかり洗う

洗浄成分が弱めのノンシリコンシャンプーの場合、シリコン入りシャンプーと比較して地肌の汚れが取れにくい場合があります。

ノンシリコンシャンプーを使うときには、意識的に地肌までしっかりと指を立てて洗うようにするといいでしょう。

ノンシリコンシャンプーが合わない髪質とは?

ノンシリコンシャンプーが合わない髪質とは?

ダメージヘアの人はノンシリコンシャンプーはシリコンで手触りを補わないため、ダメージの強い髪には向いていません。

カラーリングしている髪はコーティング効果がないため、ヘアカラーをしている髪も色が落ちやすくなってしまいます。

しっとりさせたい場合はノンシリコンシャンプーは潤いすぎない素髪感のある仕上がりとなるため、しっとりとした仕上がりが好みの人にも向いていません。

まとめ

ノンシリコンシャンプーは流行中ですが、メリット・デメリットがあり一概に「ノンシリコンだから良い」「シリコン入りだから悪い」と言えるものではありません。

髪質により合う・合わないがありますが、頭皮や髪のベタつきに悩んでいるメンズや、薄毛が気になっているメンズとは相性が良い場合が多いです。

自分の髪質や、求める仕上がりを考えて、商品ごとの特性や成分を比較しながら使うシャンプーを選ぶようにしましょう。