【印象調査】青髭に対する女性の印象は?

女性の中には、青髭の目立つ男性を認識した際、恋愛対象から外した上「身だしなみに構わない、デリカシーの無い男性」と感じる人もいるそうです。

タバコと並んで不人気な青髭ですが、対女性だけでなく、ビジネスの場面で好感度を上げ、デキる男を爽やかに印象づけるには、青髭対策は本腰を入れて取り入れたいものです。

この記事の見どころ
  • 青髭の女性の本音が分かる
  • 青髭の対策方法を知れる
  • 青髭になる原因を理解する

なお青髭の対策について詳しく知りたい方は「青髭対策のすすめ!青髭解消に効果的な6つの対策方法」の記事を参考にしてください。

青髭に対する女性の印象を調査

髭が濃くなり始めるタイミングで男性が一番気になるのは女性からの印象です。たとえ友達から「髭がある方が男前じゃん」「髭羨ましいなあ」と言われても、正直どうでもよく男性が気になるのは女性からの印象なのではないでしょうか。

今回は女性の青髭に対するコメントをまとめて調査したので、参考にしてください。

Twitter上の青髭に関するコメント

Twitterは本音のSNSでも有名です。早速、Twitter上で「青髭」に関する女性のコメントを見ていきましょう

気持ち悪い

青髭に関する女性のコメント

いきなり厳しいコメントですが、これが青髭に対する女性の印象なのでしょうか。

見慣れている

青髭を見慣れている

青髭の方が周りにいる女性の方でしょうか?青髭を見慣れていて、周りの女性が結構苦手というツイートに捉えられます。

髭の人とキスしたことない

青髭に関するコメント

キス目線の青髭に関するツイートです。おしゃれな髭は女性にもこう評価だけど、キスの時に髭があることを気にする女性は多いみたい。

上記から、青髭の印象は見ての通り女性から最悪の評価ですね。。それではあまりいいことがない青髭の対策方法を紹介していきます。

髭のデザインをヒゲトリマーで楽しむ【20選】おしゃれ髭を目指せ!かっこいい髭のスタイル・デザイン

青髭に悩んでいる男性のコメントまとめ

青髭の女性に対する印象はお分り頂けたと思いますが、実際に青髭にそこまで男性が悩んでいるのか?こちらもツイッターに出回っている情報をもとにまとめて紹介します。

それば剃れるほど青髭が目立つ

青髭の悩み

こちらの男性はそれば剃るほど青髭が目立って辛いという悩みです。また繰り返す髭剃りにより引き起こされる肌荒れもあり、二重に辛い様子が伺えます。

髪の色と合わない

青髭に関する悩み

こちらの男性は髪を染めていて、青髭がさらに目立ってしまったようです。おしゃれな男子からすると髪の毛を染めたのに青髭が目立つのは最悪ですね。

上記のように青髭の悩みは普段からついえません。日々男性は青髭と戦っていると言えるでしょう。

青髭対策6つの方法とメリット・デメリット

毎日続く青髭との闘い。爽やかに解消するために一番有効な方法は何かを検証します。

青髭のメカニズムから、どれほど丁寧にマメに剃っても、カミソリの使用だけでは根本的に解決できないことが解明されています。対策として考えられることをいくつか見ていきましょう。

  • 男性用ファンデーションでカバーする
  • 日焼けで色白を解消し目立たなくする
  •  脱毛クリームで除去する
  • 家庭用脱毛機器で抜く
  • 男性用サロンでの脱毛施術
  • 美容皮膚科での医療脱毛

などが上げられます。価格、リスク、効果など、どれも一長一短と思われますので、青髭対策を一つずつ検証してみましょう。

男性用ファンデーションで青髭を隠す

男性用のファンデーションを利用

メリット

手軽で低コスト、準備するものが少ないくていいです。また大事な時に青髭を隠せればOKなので、忙しいメンズに便利です。

デメリット

男性が化粧をしていると女性に勘違いさせてしまう点、至近距離での違和感、衣服などへ付着してしまう可能性があることはデメリットと言えます。

日焼けで青髭を隠す

日焼けで青髭を隠す方法

メリット

手軽で健康的なのと、焼けている男性が好きな女性は多いので、青髭も隠せるし、日焼けもできる一石二鳥です。

デメリット

日焼け色のコントロールが難しい、シミと乾燥によるシワのリスクがある。日焼けをして青髭を隠せるのはいいですが、それによってシミと乾燥肌になってしまい、かえって逆効果になる可能性も高いのでは。

脱毛クリームで毛根から髭を除去する方法

ゼロファクター 5αSVリムーバークリーム

メリット

自宅で手軽にできる点、また医療脱毛と違って低コストであり、毛のタンパク質を溶かす作用で剃毛よりも深い部分まで脱毛が可能です。

また一定期間髭を剃らないで済む点も、メリットと言えるでしょう。

デメリット

脱毛クリームは基本的に髭への使用を推奨されていません。髭に脱毛クリームを使用することで青髭を消えるかもしれませんが、肌へのダメージは大きく、また痛みを伴う可能性が高いです。

脱毛クリームで髭の脱毛を考えている方は【メンズ専用】市販の髭脱毛クリームの人気おすすめ10選」の記事も参考にしてください。

家庭用脱毛機器で脱毛する

家庭用脱毛器

メリット

クリニックやサロンと同じレベルの脱毛効果で、毛根から脱毛できる優れもの。コストは除毛クリームに比べると高いですが、発毛周期のコントロールにも期待ができる商品です。

デメリット

脱毛時の痛み、脱毛後の肌ダメージ、機器購入のコストなどが考えられます。永久脱毛ではないため定期的に使用する必要があります。

家庭用脱毛器の相場は30,000円〜70,000万円とブランドによって値段が異なります。別の記事で家庭用脱毛器についてまとめている記事があるので、きになる方は「【2018年最新】髭の家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキング5選」を参考にしてください。

男性用脱毛サロンでの施術

専門のサロンやクリニックで脱毛

メリット

家庭用機器と違い、脱毛時にお肌アフターケアが期待できます。またプロによる脱毛施術への安心感もポイントです。

デメリット

高コストであることや、医療機関ではないため、脱毛マシーンの出力の高さ制限による効果の軽減があります。

また、脱毛に併せて他のメニューを営業されることも多く、コストコントロールへのスキルが必要でしょう。

エステティシャンの技量で効果の高低差があることも懸念です。

医療機関限定の医療レーザー脱毛

医療レーザーで脱毛

メリット

皮膚科医に管理されるため脱毛マシーンの高出力による効果が期待できます。脱毛時の痛みには麻酔対応なども期待でき、脱毛時とアフターの肌ケアも任せられます。総じて安心・安全・高い効果がメリットです。

デメリット

高コストであることや男性専用の美容皮膚科が少ないため、女性が多く来院する医院に出向くという、心理的なプレッシャーが考えられます。最近では男性専用の店舗も増えているようなので安心ですが。。

髭脱毛で青髭コンプレックスとおさらば

今すぐに青髭をなんとかした、髭の脱毛をしたいと考えられる方にはコストはかかりますが、クリニックやサロンでの脱毛がおすすめです。

髭の脱毛方法の種類

  • ニードル脱毛(針)
  • 光(フラッシュ)脱毛
  • 医療レーザー脱毛

青髭脱毛には、どの程度の痛みを伴うのでしょうか?

これまでの検証から、痛みと効果はほぼ比例すると考えられます。隠す、剃るなどの簡易的な方法は手軽で痛みなはく低コストです。

しかし、日々の青髭ケアは延々と続く事になるため、青髭の根本的な解消、つまり永久脱毛に近い効果を期待するならば、青髭は毛根から処理することが絶対条件になります。

青髭永久脱毛は主に3種類です。個人それぞれの痛みへの耐性や、コストなどを比較検討して自分に合った方法をチョイスし、青髭の悩みからの解放を目指したいものです。

ニードル脱毛(針)

Photo by Antonika Chanel on Unsplash

その名の通り、ニードル=針を毛穴のひとつひとつに入れて電流を流し、毛根を破壊する方法です。
一本ずつ抜いていくため、仕上がりの美しさ(効果)は最も期待できるポイントです。

一度脱毛した毛穴からは、二度と発毛することがありません。
反面、レーザー脱毛のように広い範囲を一気に脱毛する施術に比べてコスト高であり、痛みも強いため、とにかく効果へのこだわりが強く、仕上がりの正確さと美しさを求める人、コストと痛みは厭わないというこだわり派の方向けと言えるでしょう。

光(フラッシュ)脱毛

光脱毛

出典:Amazon

光を照射して脱毛します。照射するという施術ポイントとしては、レーザー脱毛と同じカテゴリーに入りますが、医療脱毛ではなく、主に脱毛サロンでの施術になります。

医療脱毛のように高出力が期待できず、回数や時間がかかることがデメリットとなり、毛が薄くなり生えてこなくなるまで二年ほどかかる例もよくあります。

しかし、その分痛みは少なく一回のコストは比較的低めに抑えられます。
効果へのこだわりは比較的緩く、痛み、コスト、効果のほどほどのバランスを重視する、緩バランス派の人向けの施術と言えます。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛
出典:http://www.asai-clinic.com/lazer/

医師免許を持つ医師による施術。医療行為扱いなので、脱毛時の痛みには「麻酔」、また脱毛後の肌トラブルには「薬の処方」もリクエスト可能です。

ニードル脱毛ほどの痛みも無くコストも抑えめです。レーザーの出力が高いので、少ない回数でも効果が望めのがおすすめのポイントです。

反面、肌への負担も大きいので赤みが出るなどの、ダメージが考えられます。
どうせ脱毛するなら肌ダメージのリスクを取っても医療レベルの効果を期待したいと考える、本格派の人向きの施術と言えましょう。

青毛対策の脱毛回数・コストについて

ニードル(針)脱毛

何が何でも脱毛したい!という強い意志のもと、ニードル脱毛にトライする人の考えるべき回数とコストについて検証していきましょう。

ニードル脱毛の場合、毛の一本あたり、もしくは15分あたりの料金が示されているサロンが多くあります。

15分で1万~1万5千円、髭の場合は10〜15時間程度を要すると言われており、回数では40回から90回、期間では1年〜2年、コスト的には40万〜90万円ほどが見込まれます。

特筆すべきは、体験者が必ず口にする「痛みの凄さ」でしょう。「泣くほど痛い」「あまりの痛みに途中で断念した」「毎回冷や汗が出るほどの痛み」などなど。

痛みの向こうには、二度と青髭に悩まされることのないスベスベの素肌が待っていますが、なかなかタフなトライと言えましょう。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛に関しては、光脱毛が医療レーザー脱毛の約2倍の時間を要すると考えると理解しやすいでしょう

医療レーザー脱毛は、一回2万円程度で、一ヶ月おきにほぼ1年。コストにして20万円程度が見込まれます。

光脱毛

光脱毛は、2~3ヶ月おきにほぼ2年、コストにして12万程度が見込まれます。
痛みは光脱毛が圧倒的に少ないと考えられます。

気をつけるべきことは、脱毛サロンではスタッフの質が一定でないため、効果にも幅が出てしまうこと、また、ニードル脱毛と違い、光脱毛、医療レーザー脱毛共に、終了後に待機中の毛が発毛したり数年後に産毛が生えてくるなど、完全に永久脱毛とは言い切れない例も数多くあることです。

しかし、青々とした髭の印象とは全く違う効果が手に入る事は間違いないと言えましょう。

まとめ

青髭の女性の印象調査から、その青髭を解消する方法についてご紹介致しました。またそれぞれの脱毛方法別のコスト、痛み、施術方法、メリット・デメリットなどを比較しました。青髭に悩んでいる方は自分に合った脱毛方法を探し、一日も早く青髭の悩みから解放されましょう。